乗鞍 富士見沢テレマークBC

40
快晴が期待出来たこの日、久しぶりに乗鞍にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけてきた。ただ朝は位ヶ原から先は暴風が吹き荒れていたのに加え最近の降雪で真っ白になり、まるで厳冬期の様だった。富士見沢は上部は重い雪で滑りにくく、下るにしたがってゆるんできたものの快適ザラメにはほど遠い状態だった(^^;。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍テレマーク 2017年4月

| | トラックバック (0)

霧訪山・大芝山のオキナグサとカタクリを見に

29
快晴が期待出来た昨日の早朝、そろそろオキナグサとカタクリが咲いているのではと期待して霧訪山・大芝山に出かけてきた。ただ霧訪山山頂のオキナグサはやっと咲き始めという感じで、見頃は来週以降という感じだった。カタクリもまだ咲いているものはほんの数株でまだまだこれからだった。それでも大芝山ではカタクリが沢山咲いていてそろそろ見頃を迎えたかなという感じだった。霧訪山山頂からの大展望も素晴らしかった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 霧訪山・大芝山登山 2017年4月

| | トラックバック (0)

庭の芝桜

今日の朝はかなり寒かったが、その後強い日差しでぽかぽかの陽気となった。庭の芝桜も一気に咲いてきている。

201704281

201704282

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(John Mayer)


●John Mayer「The Search for Everything」

ギタリスト、そしてシンガーソングライターであるJohn Mayerの約3年半ぶりとなるニューアルバムが届けられた。なお本アルバムリリースに先立ち、アルバム収録曲の内4曲を納めたEP「The Search for Everything: Wave One」を1月に、同じく4曲収録の「The Search for Everything: Wave Two」を2月にリリースしており、その2枚のEPに4曲の新曲を加えたのが本アルバムという流れになっている。彼の今までの音楽性を包括したアルバムとも言われているが、フォーク、カントリー、R&B、ポップの要素がほど良く配合されたマイルドなポップアルバムに仕上がっていると感じる。もう少しロックやブルースがあればモアベター。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2017-05-06

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位初登場はヒップホップ、Kendrick Lamar「DAMN」。603,000 units。2016年の「Untitled Unmastered」、2015年の「To Pimp a Butterfly」に続き3枚連続でのNo.1アルバムに輝いた。そしてこのセールスは今年の最高となる。2位初登場はロック/ポップ、John Mayer「The Search for Everything」。132,000 units。「The Search for Everything: Wave One」、「The Search for Everything: Wave Two」と2枚のEPが続いた後のフルアルバムであるが、彼にとって9枚目となるTop10アルバムとなった。3位は先週の2位からワンランクダウンのDrake「More Life」。87,000 units。
6位は先週の7位から順位を上げたSoundtrack「The Moana」。50,000 units。9位も先週の11位から上がってきたSoundtrack「Beauty and the Beast」。37,000 units。10位初登場はSoundtrack「The Fate of the Furious」。37,000 units。この映画は邦題は「ワイルド・スピード アイスブレイク」である。
11位以下で気になったものとしては、先週122位今週25位のラテン、Various Artists「Dance Latin #1 Hits 2.0: Los Exitos del Momento」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の3位から首位に立ったKendrick Lamar「Humble.」。2位は先週の1位から後退したEd Sheeran「Shape Of You」。3位も先週の2位からワンランクダウンのBruno Mars「That's What I Like」。
以下10位内で順を挙げているのは、4位初登場のKendrick Lamar「DNA.」、先週7位今週5位のFuture「Mask Off」、先週14位今週7位のZedd & Alessia Cara「Stay」、先週48位今週9位のLuis Fonsi & Daddy Yankee Featuring Justin Bieber「Despacito」の4曲。
11位以下で気になったものとしては、14位初登場のKendrick Lamar Featuring Rihanna「Loyalty.」、先週19位今週15位のPost Malone Featuring Quavo「Congratulations」、16位初登場のKendrick Lamar「Element.」、18位初登場のKendrick Lamar Featuring Zacari「Love.」、32位初登場のKendrick Lamar「Yah.」、33位初登場のKendrick Lamar Featuring U2「XXX.」、35位初登場のKendrick Lamar「Feel.」、37位初登場のKendrick Lamar「Pride.」、39位初登場のLady Gaga「The Cure」など。
Kendrick Lamarは41以下でも42位初登場Lust.」、50位初登場「Fear.」54位初登場「Blood.」、58位初登場「God.」、63位初登場「Duckworth.」とニューアルバムの全14曲がHot100にチャートインしている。

| | トラックバック (0)

茅野市運動公園の桜も満開に

1
茅野市運動公園の桜も満開に
私が住んでいる茅野市の市街地にも平年より10日ほど遅れてやっと桜前線が届いたので、今日の朝、仕事に出かけるついでに近くの運動公園に立ち寄って桜を見てみた。ちょうど満開を迎えたばかりという感じで、まだ全く散っていない桜を楽しむことが出来た。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 茅野市運動公園の桜 2017年4月

| | トラックバック (0)

白馬乗鞍岳テレマークBC ザラメシーズン開幕

51
ここ2週間ほど、天気が良くない日が多く、また良い日は仕事や用事があったりしてなかなかバックカントリーに出かけることが出来ずにいたため、快晴が予想されたこの日、たまらずに今シーズン2回目となる白馬乗鞍岳に急きょ出かけてきた。白馬乗鞍岳東斜面、天狗原から下る斜面のいずれも強い日差しですっかりゆるんで快適ザラメとなっていて、気持ち良く滑ることが出来た。いよいよザラメシーズンの開幕である(^^)。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 白馬乗鞍岳テレマーク 2017年4月

| | トラックバック (0)

諏訪市西山公園の桜と鯉のぼり

5
今日の午前中、仕事に出かけた先が西山公園のすぐ近くだったので、自宅に戻る前に立ち寄ってみた。快晴の休日と言うこともあり、多くの地元の人がお弁当を持って訪れていた。一つの山が丸ごと桜に埋め尽くされていて、ちょうど満開気持ちピーク過ぎだったが、たっぷりと楽しむことが出来た。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 諏訪市西山公園の桜 2017年4月

| | トラックバック (0)

守屋山登山 座禅草と水芭蕉

25
この日はBCの予定だったが急な仕事と法事が入ったため、それならばと早朝に守屋山に出かけてきた。守屋山で座禅草が咲いているらしいと聞いたためで、確かに分杭平で座禅草が2つ咲いているのを見つけた。守屋山で座禅草を見るのはこれが初めてである。水芭蕉も咲いていた。また山頂からのクリアな大展望も最高だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 守屋山登山 2017年4月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Sheryl Crow / Barry Manilow)


●Sheryl Crow「Be Myself」

Sheryl Crowの3年半ぶり通算9枚目となるオリジナルアルバムである。過去に出したアルバム8枚がすべて全米アルバムチャートでTop10入りするという絶大な人気を誇る彼女の新作は、カントリーよりだった前作から一転、初期の彼女を思わせるロックやブルース色が濃いエネルギッシュなアルバムに仕上がっていてうれしい限りである。彼女にはこんなアメリカンロックなアルバムが一番似合っていると思うな。

●Barry Manilow「This Is My Town: Songs of New」

Barry Manilowの2年半ぶりのニューアルバムである。本作では彼の生まれ故郷であるニューヨークをテーマに新曲からスタンダードナンバーまで幅広く取り上げ歌い上げている。彼の楽しそうに歌っている様子が目に浮かぶようなアルバムである。中でもアルバム最後のクライマックスナンバー「NYC Medley」は「New York State Of Mind」から「New York New York」までNew Yorkを歌った名曲がずらりと並び圧巻である。まさにエンターテナーとしての彼の魅力が発揮された傑作である。

| | トラックバック (0)

«最近買ったCD(Northern19)