最近買ったCD(All Time Low)


●All Time Low「Last Young Renegade」

人気ポップパンクバンド、All Time Lowの2年ぶり通算7枚目となるニューアルバムである。アルバム毎にだんだんとパンク色が薄れポップロック系になってきていた彼らであるが、本作ではほぼパンク色が無くなり、かつテンポもミディアム系が主体となり勢いのある曲は数曲しか無い。でもアルバム全体の出来は極めて良く、なんと言っても全編にただようさわやかさは彼らならではのもの。ところで本アルバム、全米アルバムチャートで9位とTop10入りしたが、これで彼らのアルバムは5枚連続でTop10入りしたことになる。

| | トラックバック (0)

恋するソマリア


「【電子特別カラー版】恋するソマリア (集英社文芸単行本) Kindle版」 高野秀行 / 集英社

Amazon Kindleストアで今日の日替わりセールで599円で販売されている1冊である。まだ半分しか読んでいないがなんとか今日中に感想を。辺境探検家として知られる彼であるが、本書の紹介に「講談社ノンフィクション賞受賞第一作」とあり、なにか真面目な内容をレポートしているのかなと興味を持ち読んでみた。私も本書を読むまでアフリカにあるソマリアのことをほとんど知らなかったが、現在どんなところなのかと言うことが何となく分かってきた。堅苦しい文章では無く彼らしいユーモアたっぷりの文章なのでまるで娯楽小説のようにも読んでしまうが、でも行動中銃を持った兵士が護衛につくなどリアルな現実もある。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Lindsey Buckingham Christine Mcvie)


●Lindsey Buckingham / Christine Mcvie「Lindsey Buckingham / Christine Mcvie」

70年代を代表するロックバンドの一つ、Fleetwood Macの黄金期のメンバーであるLindsey BuckinghamとChristine Mcvieの2人による初のデュオアルバムである。Fleetwood MacのメンバーのMick FleetwoodとJohn McVieもリズムセクションとして演奏に参加しているので、ヴォーカルにStevie Nicksがいないだけでサウンド的にもまさにFleetwood Macの今と言っても良い内容となっている。Fleetwood Macの「噂」が好きだった人ならマストバイな1枚といえる。まさにグッドミュージック。

| | トラックバック (0)

車山・車山肩のニッコウキスゲ ちょうどピーク

15
青空の広がった昨日の早朝、5日ぶりに車山肩を訪れてみたが、ニッコウキスゲがちょうど満開になっていて見事だった。その後訪れた車山高原側上部斜面も見頃を迎えていた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 車山肩・車山ハイキング 2017年7月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(佐野元春)


●佐野元春 & The Coyote Band「Maniju」

佐野元春 & The Coyote Band名義としては4作目、2年ぶりとなるニューアルバムがリリースされた。前作がロックアルバムだったのに比べると、今作はフォーク、ロック、サイケ、ソウルなど様々な音楽がミックスされたポップアルバムに仕上がっていると感じる。サイケの雰囲気が随所にあり、どこか懐かしさを感じさせてくれる。また2曲目でのVisitorsの頃のような語り(ラップ?)もかっこいい。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2017-07-29


アルバムチャート:
1位: 2位:Issa Album 3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位初登場はヒップホップ、JAY-Z「4:44」。262,000 units。彼にとって14枚目のNo.1アルバムとなり、これはソロアーティストとしては歴代最多となるもの。ちなみにNo.1アルバム数で過去最多はThe Beatlesの19枚。2位初登場はヒップホップ、21 Savage「Issa Album」。77,000 units。デビューアルバムとのこと。3位は先週と変わらずKendrick Lamar「DAMN」。54,000 units。
7位初登場はロック、Haim「Something to Tell You」。32,000 units。3人姉妹によるバンドで、2013年の前作でデビュー作の「Days Are Gone」も6位を記録しており、2作連続でのTop10入りとなった。
11位以下で気になったものとしては、23位Re-EntryのRadiohead「OK Computer: OKNOTOK 1997 2017」など。

シングルチャート:
今週の1位はいよいよ連続10週目に達したLuis Fonsi & Daddy Yankee Featuring Justin Bieber「Despacito」。2位は先週の4位から上がってきたDJ Khaled Featuring Rihanna & Bryson Tiller「Wild Thoughts」。そろそろ首位交代か。3位は先週の2位からワンランクダウンのDJ Khaled Featuring Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne「I'm The One」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週14位今週8位のShawn Mendes「There's Nothing Holdin' Me Back」、先週10位今週9位のFrench Montana Featuring Swae Lee「Unforgettable」の2曲。
11位以下で気になったものとしては、先週15位今週13位のCharlie Puth「Attention」、先週18位今週17位のHalsey「Now Or Never」、先週22位今週19位のNiall Horan「Slow Hands」、25位初登場のKesha「Praying」など。
25位に初登場したKesha「Praying」、5年ぶりの復活である。2009年の「Tik Tok」のNo.1ヒットでデビューして以来、7曲連続Top10ヒットを放つなど大活躍していたが、元プロデューサーからの様々な虐待に対して訴訟を起こしたことから活動停止を余儀なくされていた。そして復帰作となるシングルは「祈り」。歌詞にはそんな彼女の思いが込められている。

| | トラックバック (0)

Kindle Unlimitedをやめた理由


今までAmazonの電子書籍読み放題サービスのKindle Unlimitedを使っていたが、私の読みたい本のほとんどがKindle Unlimitedの対象で無いため、Kindle Unlimitedをやめることにした。新刊本もほとんどが対象で無いのも大きいし、さらには同時に購読できるのが10冊というあまりに少ない制限も痛い。もちろん一度対象から外した本を再び読みたいときに対象に出来れば良いのだが、多くの本で以前はKindle Unlimitedの対象だったのに今は違うということが起きているため、どの本を外すか毎回悩むのであった。

| | トラックバック (0)

稲子岳のコマクサはそろそろ見頃

43
快晴が期待出来た海の日を含む三連休の初日の今日、どこに出かけても大混雑だろうなと行き先に悩んだ結果、そういえば稲子岳のコマクサがそろそろ見頃を迎えているに違いないと、人が確実に少ないこのバリエーションルートを1年ぶりに歩いてみることにしてみた。稲子岳のコマクサはまだピークでは無いもののそろそろ見頃を迎えていて、今年初めてのコマクサを楽しむことが出来た。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 北八(ニュウ・稲子岳・中山)登山 2017年7月

| | トラックバック (0)

車山肩のニッコウキスゲはもう見頃

3
そろそろ車山肩のニッコウキスゲが見頃を迎えていると聞き、青空が見えてきた今日の夕方、急いで様子を見に出かけてきた。車山肩周辺のニッコウキスゲは五分から六分咲きという感じでほぼ見頃という感じだった。その後で訪れた富士見台のニッコウキスゲは、斜面が南面で標高が少し低いと言うこともあってか、ちょうど満開で見事だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 車山肩ハイキング 2017年7月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Jason Isbell)

●Jason Isbell & The 400 Unit「The Nashville Sound」

元Drive-By Truckersのメンバーでアラバマ出身のシンガーソングライター、ルーツロッカー、Jason Isbellのソロ6枚目となるニューアルバムである。
前作がフォーク寄りの作風だったのに比べると、今作はヘヴィーなサザンロックからアコギの弾き語りバラード、カントリーまでバラエティに富んだ仕上がりになっていると感じる。前作「Something More Than Free」は全米チャートで6位、今作も4位を記録するなどあちらでは彼の人気が最近急に高まってきているが、日本ではほぼ無名というのは少し残念。それにしても彼のその真っ直ぐで真面目な姿勢はとても共感するなあ。

| | トラックバック (0)

«未来の年表