霧ヶ峰鷲ヶ峰の霧氷

2_20191214162801
今日の朝、ライブカメラでチェックすると霧ヶ峰にガスが流れていたため、霧氷目当てで鷲ヶ峰い出かけてきた。期待通りの霧氷を楽しむことが出来たが、稜線は風が強く極寒だった。また登山道の積雪はまだゼロだった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 霧ヶ峰鷲ヶ峰登山 2019年12月

|

今日の八ヶ岳 2019-12-13

今日の15時30分頃の八ヶ岳である。昨日は上の方に雪雲がかかっていたのでもう少し白くなったかなと期待していたが、依然として雪が少ない状態の八ヶ岳が継続している。

20191213

|

最近買ったCD(XXXTentacion)


●XXXTentacion「Bad Vibes Forever」
Bad Vibes Forever
2018年6月に強盗に撃たれて20歳で亡くなったラッパー、XXXTentacionの死後2枚目となるニューアルバムである。未発表曲を集めたアルバムではなく、生前にオリジナルアルバムとして制作が進んでいたものである。ラッパーではあるもののほとんど歌っており、ジャンルもR&B、ポップ、フォーク、ロックなどジャンルレスで、例えば2曲目や7曲目などはアコギの弾き語りバラードそのもので、彼らしい美の世界を感じることが出来る。ちなみにラストの曲はBlink-182がフューチャーされたロックナンバーである。
ところでiTunesストアで本アルバムは762円で販売されており、ニューアルバムとして破格の安さであるがなぜ?。

|

経営参謀としての士業戦略

「経営参謀としての士業戦略 AI時代に求められる仕事 Kindle版」 藤田耕司 / 日本能率協会マネジメントセンター

弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、司法書士、行政書士、中小企業診断士、弁理士といった士業が、これからのAI時代にどのように対応していけば良いかが丁寧に書かれている。最終的には経営参謀にということであるが、それに至るまでの業務の獲得方法やマーケティング、人事面についても書かれているので、士業の事務所の経営者には特に参考になるのではと感じた。

|

全米ビルボード最新チャート 2019-12-14


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は1枚のみだった。1位は先週の3位から首位に立ったSoundtrack「The Frozen 2」。80,000 units。2位は先週の4位から順位を上げたPost Malone「Hollywood’s Bleeding」。65,000。3位は先週の1位から後退したTrippie Redd「A Love Letter to You 4」。54,000 units。
6位は先週の17位からTop10 Re-EntryのMichael Bublé「Christmas」。48,000 units。毎年この時期になるとチャートを駆け上がってくる定番のアルバムとなった。7位初登場はヒップホップ、Fabolous「Summertime Shootout 3: Coldest Summer Ever」。44,000 units。8位は先週の18位から上がってきたPenatonix「The Best of Pentatonix Christmas」。43,000 units。彼らにとって10枚目となるTop10アルバムとなった。9位も先週の21位から上がってきたMariah Carey「Merry Christmas」。37,000 units。
11位以下で気になったものとしては、先週31位今週14位のNat King Cole「The Christmas Song」、先週32位今週15位のVince Guaraldi Trio「A Charlie Brown Christmas (Soundtrack)」、先週43位今週20位のFrank Sinatra「Ultimate Christmas」、21位Re-EntryのKacey Musgraves「A Very Kacey Christmas」、先週50位今週26位のVarious Artists「A Christmas Gift For You From Phil Spector」、先週52位今週30位のJohn Legend「A Legendary Christmas」、41位初登場のラテンポップ、Ozuna「Nibiru」、45位Re-EntryのPrince「1999」、81位初登場のロック、Pearl Jam「MTV Unplugged」など。
今週のチャートは過去のクリスマスアルバムが軒並み順位を上げていて1/3がクリスマスアルバムではという感じだ。

シングルチャート:
今週の1位は先週の31位から2週目にして首位に立ったThe Weeknd「Heartless」。彼にとってNo.1ソングは4曲目。2位は先週の1位から後退したPost Malone「Circles」。3位は先週の18位から一気に上がってきたMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」。24年前の曲がその時期とは言えここまで上がるとは。せっかくなのでぜひ1位も。
以下10位内で順位を上げているのは、先週29位今週8位のBrenda Lee「Rockin' Around The Christmas Tree」のみ。この曲も1958年リリースの曲であるが、なぜ今ここまでヒットする?。
11位以下で気になったものとしては、11位初登場のThe Weeknd「Blinding Lights」、先週48位今週18位のBurl Ives「A Holly Jolly Christmas」、先週47位今週23位のBobby Helms「Jingle Bell Rock」、先週49位今週24位のAndy Williams「It's The Most Wonderful Time Of The Year」、先週46位今週27位のWham!「Last Christmas」、28位Re-EntryのDean Martin「Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow」、33位Re-EntryのNat King Cole「The Christmas Song (Merry Christmas To You)」、39位Re-EntryのJose Feliciano「Feliz Navidad」など。
アルバムチャート同様にHot 100でも新旧のクリスマスソングがチャートを駆け上がっている。まあこれも恒例行事ではあるが。

|

最近買ったCD(Camila Cabello / Liam Payne)


●Camila Cabello「Romance」

元Fifth Harmonyのメンバーというよりも2018年の「Havana」の世界的大ヒットでソロとして大成功を収めたキューバ出身のシンガーソングライター、Camila Cabelloの待望のセカンドアルバムである。本作からも先行シングルの「Señorita」がすでに全米No.1の大ヒットを記録しているが、そのラテンとポップがほどよくミックスされたサウンドは、情熱的でありながらどっぷりラテンで無くアメリカンポップよりの点が今の時代広く受けているのだと感じる。

●Liam Payne「LP1」

One Directionのメンバーの一人、Liam Payneのソロデビューアルバムである。すでにシングルは何曲も発表しており、今作でも10曲目までと20曲目は新曲、11曲目から16曲目の6曲は既存のヒット曲、17曲目から19曲目までは日本語盤ボーナストラックという構成で、ニューアルバムとベストアルバムがミックスされたようなアルバムになっている。ポップ、R&B、ダンスを中心にした極上のポップアルバムと言える。

|

大川入山登山

68_20191208222901
快晴となった今日の午前中、霧氷を期待して初となる大川入山に出かけてきた。南面側は霧氷がうっすらで残念だったっが、北面には一面の霧氷があって楽しめた。天気、展望も最高だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 大川入山登山 2019年12月

|

全米Billboard Year End Chart 2019


全米ビルボードの2019年の年間チャート(Year End Chart)が発表された。集計期間は2018年11月24日から2019年11月16日の間である。

アルバムチャート:Top Billboard 200 Album
1位:Billie Eilish「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」
2位:Ariana Grande「Thank U, Next」
3位:Lady Gaga & Bradley Cooper「A Star Is Born (Soundtrack)」
4位:Taylor Swift「Lover」
5位:Post Malone「beerbongs & bentleys」
6位:Drake「Scorpion」
7位:Meek Mill「Championships」
8位:Travis Scott「ASTROWORLD」
9位:Post Malone「Hollywood's Bleeding」
10位:A Boogie Wit da Hoodie「Hoodie SZN」
今年はアルバムチャートの上位4位までが全て女性かつポップフィールドという珍しい年となった。それにしてもBillie Eilishの今年のぶっちりぎでのブレイクぶりは凄かった。自宅で兄と録音したアルバムがここまで売れるというシンデレラストーリーである。またPost Maloneはアルバムが2枚Top10に入るなど、まさに人気絶頂と言える勢いである。

シングルチャート:Hot 100 Songs
1位:Lil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus「Old Town Road」
2位:Post Malone & Swae Lee「Sunflower (Spider-Man: Into The Spider-Verse)」
3位:Halsey「Without Me」
4位:Billie Eilish「Bad Guy」
5位:Post Malone「Wow.」
6位:Marshmello & Bastille「Happier」
7位:Ariana Grande「7 Rings」
8位:Khalid「Talk」
9位:Travis Scott「Sicko Mode」
10位:Jonas Brothers「Sucker」

今年の1位は過去最高だった16週という記録を大きく塗り替えて1位19週というという大記録を打ち立てたLil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus「Old Town Road」。ラップとカントリーの融合がいかにもUSらしい曲だ。

|

最近買ったCD(Summer Walker)

●Summer Walker「Over It」

アトランタ出身のR&Bシンガーのデビューアルバムである。すでに本アルバムは全米アルバムチャートで初登場2位を記録するなど大いに注目を集めているが、メローなR&Bが聞いていて実に心地よく、ネクストエラ・メイの最有力候補と言えそう。あ、もしエラ・メイを知らなければぜひエラ・メイの「ブード・アップ」から聞いてみて(^^)。

|

Mt.乗鞍スキー場かもしかゲレンデで初滑り

23_20191206202901
今日の早朝、今シーズンの滑り始めとしてまだオープン前のMt.乗鞍スキー場に出かけてきた。ただ雪が思った以上に少なく、かろうじて滑れたのはかもしかゲレンデ上部だけだった。
Fujimori World : 趣味の部屋 : Mt.乗鞍スキー場テレマーク 2019年12月

|

«最近買ったCD(Tones & I)