« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

久々に風邪をひいてしまった

日曜日の午後からちょっとのどと鼻に来ていたのだが、昨日には軽い頭痛もしだしたため、これ以上悪化してはたまらないと昨日から今日にかけてほぼ2日間寝て過ごした。おかげで今はかなり回復し、明日からはいつも通り仕事が出来そうでほっとしている。
それにしても夜普通に寝て、昼間も寝ていて、これだけ寝ていたら夜眠れないだろうと思うのだが、夜になるとやっぱり普通に寝てしまうのだった(^^;。おかげで日頃の睡眠不足が若干解消出来た。

| | トラックバック (0)

諏訪湖安全利用区分図

昨日、今年最後のカヌーをしようと正午頃に諏訪湖へ行ってみた。ところが風が思いのほか強く、若干白波も見える状況だったため、この状況で出ても楽しくないなあと思い、諦めて帰ってきた。その際、ヨットハーバーに立ち寄ったのだが、そこに以下の諏訪湖安全利用区分図が掲げてあった。(今まで知らなかったなあ(^^;)
それによるとウインドサーフィンは岡谷の横河川の沖合が指定されていた。道理で最近はあの辺にウインドが多かったわけだ。
20041129.jpg

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート

アルバムチャート:
今週のTop10内初登場は2枚。ただ先週、発売日の関係か、なぜかチャート下位にランクインしてしまった3枚が急上昇してきたため、実質的には5枚と言っても良いだろう。今週1位は先週と変わらずEminem「Encore」。2週目で売上は160万枚を突破し、もうぶっちぎりの1位と言っていい。2位は先週の19位から予想通り上がってきたDestiny's Child「Destiny Fulfilled」。Eminemと発売時期がずれていたら間違いなく1位になっていただろうに(^^;。3位も先週31位から急上昇してきたR&B/ヒップホップ、Lil Jon & The East Side Boyz「Crunk Juic」。4位初登場はAmerican Idol出身のポップ・ヴォーカリスト、Clay Aiken「Merry Christmas With Love」。クリスマスアルバムである。6位初登場はSnoop Dogg「R&G (Rhythm & Gangsta): The Masterpiece」、先週172位今週10位はChingy「Powerballin'」でいずれもヒップホップ。以下気になったところとしては、16位初登場Pearl Jam「rearviewmirror: Greatest Hits 1991-2003」、27位初登場Neil Young「Greatest Hits」、38位初登場、The Beatles「The Capitol Albums Vol. 1」など。
シングルチャート:
今週1位はまたもやUsher And Alicia Keys「My Boo」で連続6週目。個人的にはTop10内のどの曲よりも好きなので、ぜひこのまま年内はTopで突っ走って欲しい(^^)。2位変わらずはSnoop Dogg「Drop It Like It's Hot」。先週4位今週3位はNelly Featuring Tim McGraw「Over And Over」。先週9位今週5位と上がってきたのはMario「Let Me Love You」。まだこの曲は聴いたことが無いので、早く聴いてみたい。先週13位今週9位はCiara「1, 2 Step」。以下気になった動きとしては、先週41位今週20位のDestiny's Child「Soldier」、先週26位今週23位のJoJo「Baby It's You」、先週55位今週44位の久々の Ashanti「Only U」など。JoJo、この間初めてPVを見たが、思ってた以上に可愛かった(^^)。

| | トラックバック (0)

今年は暖冬か

billborad.comのチャートの更新が今週はなぜか遅く、毎週恒例の「全米ビルボード最新チャート」がまだ報告できずにいる(^^;。
さて今年の冬は今のところ暖冬気味ということで、私の周りの山を見回してもほとんど白くなっていない。1週間ほど前には上の方だけちょっと白くなっていた時期もあったが、その後の晴天続きで皆解けてしまった。一番困るのはスキー場で、今日仮オープンを予定していた地元のスキー場(日本ピラタススキー場)は雪が全くないためにオープンが延期となった。来週の正式オープンまでに雪が間に合うのかどうか、ちょっと心配である。

| | トラックバック (0)

木曽駒ヶ岳

今日の午前中、仕事で駒ヶ根まで行ってきた。途中、木曽駒ヶ岳方面がきれいに見えていたので、おもわずデジカメを取り出して写真を撮ってきた。そう言えばこのあたりの山はまだ一度も登ったことがない(^^;。来年にも登ってみようかなと思う。それにしても今年は暖冬で雪があまり降らないせいか、山にもまだあまり雪が無い。
20041126.jpg

| | トラックバック (0)

試験の予約

来月試験を予定しているCompTIAのServer+の受験予約をしようとしたら、長野県内または比較的近い山梨のプロメトリックの会場では年内はほとんど空いていないということがわかり、ちょっとショックを受けた。この試験は試験時間が長く、試験会場の時間帯の二枠を連続して確保しないと受験できないため、連続して二枠空いている時間帯、会場を探してみたのだが、近場で年内という条件では今日の時点で見つけることが出来なかった。一枠なら空いている会場・日にちは多いのだが、二枠となるとなかなか難しい。多分キャンセル可能な日ぎりぎりまで待てば、仕事の都合等で受けられない人のキャンセルがぽつぼつ出てくる可能性があるため、まだ諦めたわけではないが、東京までの出張も覚悟しないといけないかもしれない(^^;。ああ、列車代が...。

| | トラックバック (0)

ペイ・フォワード

「ペイ・フォワード」という映画を久しぶりに見てみた。学校の社会の宿題として、人からもらった善意を他の3人にお返しすることを繰り返すことで世界を変えようと提案したトレバー少年。その運動が失敗したかなと思い始めた頃から、その思いが徐々に周りの人の心を動かし始めたのだった。
元々善意とは見返りを期待してはいけないものなのだが、人間にはなんと下心のある(見返りを期待する)行為の多いことかと反省することしきりであった(^^;。

| | トラックバック (0)

ボーリング

突然なぜかボーリングがしたくなり、今日の午後、子どもを連れて近くのボーリング場に行ってきた。私自身はボーリングは嫌いではない。かといって積極的にする方でもなく(^^;、今回のボーリングは多分3年ぶりくらいになると思う。私のスコアは2ゲーム行って、135、128だった。2ゲーム目は一投目の丸付き(スプリット)が4回もあって、なかなか厳しかった。ちなみに過去最高のスコアは、遠い昔に170台を取ったことを覚えているが、最近はあまりしていないせいか150を超えるのも難しくなってきている。それにしても小四の息子が、方向は全く定まらないものの(^^;、それなりに力のあるボールを投げるのにはびっくりした。

| | トラックバック (0)

青い星と君の言葉

今年、年間を通して良く聴いているアルバムにTHE STAND UPの「青い星と君の言葉」がある。(今月良く聴いたCD Best7を参照)青春の甘酸っぱさがいっぱいつまった青春パンクのアルバムである。今年の前半は#4の「突撃物語」が特に好きで良く聴いていたのだが、最近は#13のタイトルチューン「青い星と君の言葉」の切なさが心にしみて(^^;、このところ良く聴いている。特に「青い星と君の言葉」の歌詞の一節にある、何一つ無駄なことはないんだという言葉にすごく勇気づけられている。いつもああすれば良かったと反省することばかりだけれど、でもどんなつらいことも苦しいことも、きっと後になって振り返れば自分にとっては何一つ無駄なことはなかったと言えるはず。いやそう言えるように強くならなくてはいけないのだ。

| | トラックバック (0)

高速道路の追い抜き

例えば高速道路の走行車線を90kmで走っていて、前方に85km位で走る車がいたとしよう。前の車に接近したところであなたは追い越し車線に出てその遅い車を追い抜こうとする。ところがその遅い車がなぜか速度を上げたためなかなか抜くことが出来ない。さてあなたはどうするだろうか。多分、なんだこのとアクセルを踏んでさらに加速して追い抜く人が多いと思う。でも私は多分、追い越しすることなく走行車線に戻る方を選ぶ。なぜなら前の車をなにがなんでも追い抜くことが目的なのではなく、90kmで走り続けることが目的なのだからだ。
このところ遠くへ出かける仕事が連日続いており、今日は長野市まで高速道路を往復したが、途中で上記に書いたことを2回経験した。ちなみに私は高速道路とは90kmで走るものだと思っている。そして私の愛車も90kmで走り続けることが限界なのだ(^^;。

| | トラックバック (0)

テンダー・ラブ

「テンダー・ラブ」 日野原重明/ユーリーグ
今週末の日商簿記1級の受験を諦めたせいもあるが、このところいつもなら勉強している時間に本を読むことが多くなった。昨日から今日にかけては「テンダー・ラブ」という新書版の本を読んでみた。90歳を超えてなお現役の医師である作者が愛について語った本である。
そう言えば若い頃はいつも「愛」について考えていたのに、最近はあまり考えなくなってしまったなあと感じる(^^;。もう一度この本をじっくりと読んでみようと思う。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート

アルバムチャート:今週は新作ラッシュの週となり、Top10内でも初登場が6枚もあった。まず1位初登場は白人ラッパー、Eminem「Encore」。さすが強い。2位初登場はポップ・カントリーの女性シンガーShania Twain「Greatest Hits」。彼女の声質は結構好きである。3位初登場はカントリーのToby Keith「Greatest Hits 2」。4位初登場は新妻となったアイドル、Britney Spears「Britney Spears Greatest Hits: My Prerogative」。やはり年末が近づくとベスト盤が多い。6位初登場、Fabolous 「Real Talk」、7位初登場Ja Rule「R.U.L.E.」は共にヒップホップ。さて10位以下で気になった初登場アルバムは以下。12位はR&BグループのNew Edition「One Love」。16位は全盲のオペラ歌手、Andrea Bocelli「Andrea」。その優しい歌声に思わず注文してしまった。17位は3年ぶりの新作となる大御所、Elton John「Peachtree Road」。最近は男性と結婚するなどゴシップ系の話題も多い(^^;。19位はDestiny's Child「Destiny Fulfilled」。ただデスチャがこんな順位のはずがなく、おそらく発売時期の影響と思われる。23位はBee Geesの1枚組ベスト「Number Ones」。33位は女性シンガーソングライター、Vanessa Carltonのセカンドアルバム「Harmonium」。前作とくらべるとちょっと低調なスタートだ。これも欲しいけど予算が...。
シングルチャート:今週も1位は変わらずUsher And Alicia Keys「My Boo」で5週目。ただ赤丸が消えているので、もしかするとそろそろ天下も終わりか?。以下4位まで順位は変わらずで2位Snoop Dogg「Drop It Like It's Hot」、3位Destiny's Child「Lose My Breath」、4位Nelly Featuring Tim McGraw「Over And Over」と強力な曲がひしめきあっている。そんな中、先週9位今週5位とジャンプアップしてきたのがJa Rule Featuring R. Kelly & Ashanti「Wonderful」。もう1曲、先週15位今週9位と一気に上がってきているのがMario「Let Me Love You」。この辺は全然知らないなあ(^^;。以下気になるところとしては、16位のピアノマン、Gavin DeGraw「I Don't Want To Be」、23位のSeether Featuring Amy Le「Broken」、26位のJoJo「Baby It's You」、31位のU2「Vertigo」、40位のJohn Mayer「Daughters」、41位(初登場)のDestiny's Child Featuring T.I. & Lil Wayn「Soldier」、49位のSimple Plan「Welcome To My Life」など。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD

●Simple Plan 「Still Not Getting Any...」
ポップ・パンクのSimple Planのセカンドアルバムである。ファーストは聴いて無かったのだが、このアルバムからのシングル「Welcome To My Life 」がメロディアスなポップ・チューンで気に入り、アルバムも買ってみた。パンクにジャンルされるものの、幅広い音楽性とポップさで聴きやすいサウンドである。ただ最近、いやにポップ・パンク的なグループが多いせいか、あまり個性が感じられなくなってきている(^^;。
●Seether 「Disclaimer II」
シングルとしてヒットしているSeether Featuring Amy Lee「Broken」のEvanescenceっぽい雰囲気が気に入り、アルバムを買ってみた。ちなみにAmy Leeは個人的にも大好きなEvanescenceのヴォーカリストである。思った以上にヘヴィーで重厚路線のロックで、かつメロディアス。今はなきCreedを思い出してしまった。
●Destiny's Child 「Destiny Fulfilled」
ガールズR&Bグループとして世界の頂点に立つデスチャことDestiny's Childの最新作である。前作「Survivor」も良かったが、4枚目となる今作も3人のコーラスがたっぷりと楽しめる傑作に仕上がっている。
●U2 「How To Dismantle An Atomic Bomb」
前作「All That You Can't Leave Behind」が7つのグラミー賞を受賞し、名実共に現在世界のトップに君臨するバンド、U2の4年ぶりとなる最新作がいよいよ発売となった。発売前からいろいろと話題に事欠かなかったが、アルバム自体もこれぞU2、これぞロックというサウンドに満ちている。名作「Joshua Tree」を思い出せる、彼らの原点復帰とも言えるサウンドである。それにしてもこの優しさは何なのだろう。久しぶりに身も心も音楽に包み込まれるような気がした。

| | トラックバック (0)

今日の常念岳

昨日に続いて今日も快晴の良い天気だった。昼前から長野方面に車で出張したのだが、高速から白くなりかけた北アルプスがとてもきれいに見えていた。梓川SAで休憩がてらデジカメで撮ってみたのだが、ちょうど正面の常念岳方面には高圧線が走っていて撮影には実にじゃまだった(^^;。
20041117.jpg

| | トラックバック (0)

晩秋の八ヶ岳

今日は朝から良い天気で、昨日の雨で上の方がちょっと白くなった八ヶ岳がきれいに見えていた。この写真は午後3時頃、客先に向かう途中で撮ったものである。
冬が一歩一歩近づいてきている。
20041116.jpg

| | トラックバック (0)

学研の科学

私の二人の子ども(小2、小4)用にと学研の雑誌「科学」を取っているのだが、毎月、届く頃になると学校から帰るたびに「今日はまだ?」とうるさいほどで、本当に「科学」の届くの楽しみしているようだ。もちろん一番の楽しみは付録(教材?)である。私もかつてはそうだったなあ。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート

アルバムチャート:
今週Top10内初登場は2枚とちょっと寂しい週だった。1位初登場は定番のヒット曲集「Now 17」。2位初登場はロック、A Perfect Circleのサードアルバム「eMOTIVe」。以前から興味があるものの、まだほとんど聴いたことがないグループである。10位以下初登場で気になったところとしては、31位のJohn Lennon「Acoustic」、48位のTrain「Alive At Last」、50位のThe Rolling Stones「Live Licks」など。「Acoustic」はJohn Lennonの未発表曲、未発表音源を集めたアコースティックギター・アルバムということで、興味がないことは無いのだが、純粋にコレクターズ・アイテムと言うことで、まあ買うまででもないかなと(^^;。TrainとThe Rolling Stonesは共にライブ盤ながら、予想以上に低調なランクインになってしまった。
シングルチャート:
今週1位は先週と変わらずUsher And Alicia Keys「My Boo」で、連続4週目。さすがに強い。2位も先週と変わらずSnoop Dogg「Drop It Like It's Hot」。3位は先週4位から再び赤丸付きで上昇してきたDestiny's Childのご機嫌なナンバー「Lose My Breath」。国内で先行発売されたニュー・アルバム「Destiny Fulfilled」を早速聴いているが、アルバムの方も良い出来である。4位は先週5位から1ランクアップのNelly Featuring Tim McGraw「Over And Over」。上位はしばらく混戦状態が続きそうだ。先週8位今週6位はKelly Clarkson「Breakaway」。ロングヒットになってきた。先週13位今週9位はJa Rule Featuring R. Kelly & Ashanti 「Wonderful」。まだ曲は聴いてないがなんとも豪華なゲストである。10位以下では先週31位今週24位と相変わらず好調なGavin DeGraw「I Don't Want To Be」、先週36位今週30位のJoJo「Baby It's You」、先週56位今週45位のJohn Mayer「Daughters」などが気になったところ。John Mayerの「Daughters」はアコースティックな弾き語り風の曲でなかなか渋くて気に入っている。

| | トラックバック (0)

2004年度上期国内パソコンシェア

MM総研が発表した「2004年度上期国内パソコン出荷概要」によると、2004年度上期の国内パソコン出荷台数のシェアは1位がNEC、2位が富士通で前年同期と変わらず。3位はデルで、4位から順位を上げてきた。逆に前年3位だったソニーは5位と順位を大きく落としている。ソニーはかつてマルチメディア機能を他社に先んじて搭載するなど、家庭向けでは人気を得ていたのだが、最近は各社ともほとんど機能に差が無くなってきているため、苦戦している。もう一度ソニーらしい魅力を打ち出して欲しいと思う。
ちなみにアップルはここ数年(10年近く?)「その他」にひとくくりにされてしまっている(^^;。かつてアップルが国内シェア2位を記録した時もあったことを、今は知らない人が多いんだろうな。

| | トラックバック (0)

無人島キャンプ

ぜひやってみたいと思いつつ、なかなか実現出来ていないのが無人島キャンプである。一番大変なのはその島を探すことで、ゲリラ的に勝手にするのでなくちゃんと認められた形で行うことを前提とすると、なかなか良い場所が見つからないのである。場所が無いと言うよりも、良い場所がどこにあって誰に確認すればよいかを調べるのがかなり大変なのである。希望としては海がきれいで、キャンプできる広い場所があって、危険な動物がいなくて、それほど遠くなくて、交通手段も容易に確保できて...、そして出来たらトイレとビールの自販機があること(^^;。

| | トラックバック (0)

スープ春雨 2

スープ春雨/春雨ヌードルの味見第二弾である(^^;。
ちなみに第一弾はこちら

●永谷園 スープ麻婆春雨四川風(128kcal)
スープにこくがあっておいしい。春雨も細めで独特の食感。ただもうちょっと量が欲しいところ。
●永谷園 スープ麻婆春雨(134kcal)
ひと言で言えばスープ麻婆春雨四川風から四川風を抜いた味。個人的には四川風の方がマッチするが、こちらも悪くない。
●旭松 スープアジア巡り中華風担々春雨(123kcal)
スープにこくがあっておいしい。ピリ辛系。
●マルちゃん(東洋水産) アジアンカレー春雨(175kcal)
スープのカレーが結構いける。
●クノール スープ春雨鶏だしすりごま(140kcal)
あっさり風味ながらごまのつぶつぶがおいしい。まあまあ。
●エースコック スープはるさめ ふんわりかきたま
名称からあっさり系かと思ったのだが、意外と濃い目の味でかきたまスープにおまけで春雨が入っているという感じで、春雨の存在感があまり無いものの、まあまあ。

いかん。だんだんとスープ春雨コレクターになってきた(^^;。

| | トラックバック (0)

万水川

この土日で安曇野の万水川〜犀川にカヌーに行ってきた。詳細はこちら
このあたりはそう大した瀬は無いはずだし、今回参加したメンバーは皆カヌー歴も長いベテランなので、沈をすることは想定していなかったのだが、同行した1艇が万水川と犀川の合流地点でいきなり沈をしてしまった。慌ててレスキューをしたのだが、やはりアウトドアではどんなときでもリスクを想定して行動しなくてはいけないなと言うことを思い知らさせた一件でもあった。

| | トラックバック (0)

世界一安全なOS

「世界一安全なOSはMac OS XとBSD」との英調査結果
WindowsはともかくLinuxもサーバ系では多く使われていることからアタックが多く、従い決して安全なOSとは言えないという。ただMacOS Xはアタックがあまり無いと言うが、これはOS自身の堅牢性うんぬんと言うよりも、単にシェアが低いということの証とも感じる(^^;。
個人的には今後使いやすいMacOS Xのシェアが高まって欲しいと思うが、でもそれで危険が増えてもうれしくないなあ。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート

アルバムチャート:
Top10内初登場は4枚。まず1位初登場はR. Kelly & Jay-Z「Unfinished Business」。R&BのR. KellyとラッパーのJay-Zが組んだヒップホップアルバムだ。ただ二人が行っているツアーが大もめの様でどうなることやら。2位初登場はヒップホップ、Trick Daddy「Thug Matrimony: Married To The Streets」。3位初登場はロック、Simple Plan「Still Not Getting Any...」。まだシングル「Welcome To My Life」しか聴いてないのだが、なかなか良さそうである。9位初登場はAORヴォーカリスト、Michael McDonald「Motown Two」。Motownの名曲を取り上げた作品集の第二弾にあたる。彼のヴォーカルは元々ソウルフルなので、MotownのR&Bには実に良く合うのだ。ところで10位には先週23位からRay Charlesの伝記映画「Ray」のサントラ盤が上がってきた。Ray Charlesは8位の「Genius Loves Company」とあわせ、Top10内に2枚のアルバムがチャートインしていることになる。
シングルチャート:
今週1位は先週と変わらずUsher And Alicia Keys「My Boo」で3週目。もしかしたら長期政権になるかも?。先週4位今週2位はSnoop Dogg「Drop It Like It's Hot」。それにしてもこの手のヒップホップは自分には合わないなあ(^^;。Nelly Featuring Tim McGraw「Over And Over」は先週と変わらず5位ながら赤丸付き。先週8位今週6位はEminem「Just Lose It」。先週9位今週8位はKelly Clarkson「Breakaway」。以下興味のあるところとしては先週42位今週24位のCiara Featuring Missy Elliott「1, 2 Step」。Ciara、一発屋じゃなかったんだ(^^;。先週29位今週25位はSeether Featuring Amy Lee「Broken」。Amy LeeはEvanescenceのヴォーカリストである。曲もEvanescenceっぽい雰囲気もあり、かなり興味が出てきた。意外とブレイクするかも。先週51位今週31位と急上昇はGavin DeGraw「I Don't Want To Be」。新人のシンガーソングライターで21世紀のBilly Joelとの評判だが、確かに歌声はBillyに通じるものがある。こちらも猛烈に興味が出てきた。先週43位今週36位はJoJo「Baby It's You」。やっとアルバムが国内でも発売になったようだ。それにしても13歳か...。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD

●Rod Stewart 「Stardust...The Great American Songbook: Vol. III」
Rodのスタンダード集3作目である。Rodのスタンダード集は聴く前から雰囲気が思い浮かんでしまうので、なんとなく聴いたつもりになって前2作は買わなかったのだが(^^;、今作はRodにとって20数年ぶりの全米No.1になったアルバムということもあり、一応記念に買ってみることにした。予想通りと言えばそれまでなんだけれど(^^;、でも予想通り極上の上品なスタンダード集だと思う。特に今回はEric ClaptonやStevie Wonderを始めとする豪華絢爛なゲストとの競演も楽しみの一つ。
●Celine Dion「Miracle」
カナダの女性シンガー、Celine Dionの1年半ぶりのオリジナルアルバムである。母親と生まれてきた赤ちゃんの愛と絆がテーマの作品と言うことで、母としての愛情をたっぷりと感じることが出来る。じっくりと聴きたいアルバムである。
●John Mellencamp「Words & Music: John Mellencamp's Greatest Hits」
1978年から活躍しているロック派シンガーソングライターである。デビュー当時はJohn Cougarと名乗らされていたものの、その後John Cougar Mellencampを経由して本名のJohn Mellencampを名乗るようになった歴史を持つ。決して風貌は格好良くないんだけれど(^^;、でも彼の雰囲気は結構好きだった。

| | トラックバック (0)

ポータブルHDD

客先での緊急なデータバックアップ等の作業に便利なようにと、普段鞄の中に入れておいてもじゃまにならないサイズのポータブルHDDを購入した。ロジテックのLHD-PBA80FU2で、容量は80GB、USB2.0に加えIEEE1394のデュアルI/Fである。以下は私の携帯電話と一緒に撮った写真である。
20041103.jpg
ところでロジテックと言えば、昨日のエレコムがロジテックを買収するというニュースにちょっとびっくりした。
エレコム、ロジテックを買収
ロジテックは代表的な周辺機器メーカの1社であるが、ほかの周辺機器メーカ(バッファロー、アイオーデータ機器)と比べると、確かにこのところちょっと元気がないとは感じていた。地元企業(長野県伊那市)ということもあり、ぜひ頑張って欲しいと思う。

| | トラックバック (0)

Win2000のマルチモニタの問題

つい先日のこと。客先のPCでマルチモニタ(1台のPCに複数のモニタを接続)で問題が発生したので、簡単に報告したいと思う。OSはWindows 2000 Professional、オンボードのモニタ出力にメインディスプレイをつなぎ、追加したPCIのビデオカードにはサブモニタをつないで使っていた。当初はメインモニタとサブモニタが同じサイズだったため同じ解像度(1024*768)を指定しており、特に問題なく使えていた。ところがここでサブモニタを大きいサイズに入れ替えたため、サブモニタ側の解像度を1280*1024に上げようとしたところ、なぜか解像度を上げることが出来ないという問題が発生したのだった。ビデオカード自身は1280*1024に対応しており、Windows2000上でもいったんは切り換えることが出来るのだが、画面解像度が変わる瞬間、640*480の解像度に落ちてしまうのだ。
いろいろ調査してみた結果、以下のサポート情報に従いレジストリを操作してみたところ、なんとか問題は解決した。
マルチモニタを使用すると、コンピュータのシステムページテーブルエントリが不足する
それにしてもモニタを単に入れ替えるだけの作業料しか見ていなかったので、良い勉強にはなったけれどちょっと痛かった(^^;。思わぬところに落とし穴があるものである。

| | トラックバック (0)

いま、会いにゆきます

「いま、会いにゆきます」 市川拓司/小学館
話題になっている本と言うこともあり、興味を持って読んでみた。ただ文章が自分に合わないのか(^^;、感動するというよりも推理小説のごとくいったいこれからどんなストーリー展開になるのだろうという点が、読んでいて一番気になった点であった。最後でこれはそう言う話だったのかと分かるのだが、納得出来たようなちょっともやもや残るような(^^;。

| | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »