« ITエンジニアが独立して成功する本 | トップページ | New PowerBook G4 »

ネットワークHDDの高速化

最近客先のシステム構築の際に、簡易ファイルサーバまたはデータバックアップ先としてネットワークHDD(Lanに直接つなげることが出来るHDD)を使うことが増えてきている。それにしても最近のネットワークHDDは速くなったと感じる。つい先日も、以前に導入したネットワークHDD(アイオーデータ HDA-i120G/LAN)への書き込みに時間がかかりすぎるという問題を解決するため、これを新しいモデル(アイオーデータ LHD-160U)に入れ替えたのだが、計1.6GBのファイルの転送時間が24分から6分ほどに短縮されたのだった。まあHDA-i120G/LANは3年ほど前のモデルで、リーズナブルなネットワークHDDとしては本当に初期の製品だったため、転送速度はあまり速くないし、それ以上に扱えるファイルが最大2GBに制限されるという問題もあった。今はそのファイル容量の制約もなくなり、その点も非常に助かっている。
なおネットワークHDDの評価についてはPC Watchの以下の記事が参考になると思う。
PC Watch アイ・オーとバッファローの最新ネットワークHDDを検証

|

« ITエンジニアが独立して成功する本 | トップページ | New PowerBook G4 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットワークHDDの高速化:

« ITエンジニアが独立して成功する本 | トップページ | New PowerBook G4 »