« 全米ビルボード最新チャート | トップページ | マクドナルドの復活 »

iBookメモリ増設でどきっとしたこと

先日、MacのノートパソコンのiBookのメモリ取付の作業をしていた時のことである。メモリスロットはキーボードの下にあるので、まずキーボードを外し、それからメモリ取付作業を行った。(正確にはキーボードを外したのち、AirMac Extremeカードを外し、その下の金具を外してやっとメモリスロットに到達出来る。ちょっと面倒(^^;。)とりあえずここまでは特に問題なし。
取付後、キーボードを元の位置にはめ直すのだが、その際なぜかちょっときつめにはまってしまったので、多分どこかうまくかみ合っていないのだろうと再びキーボードを外そうとしたところ、今度はきつくてなかなか外れない。うーん、おかしいな、この辺を持って引っ張れば外れるかなとちょっと力を入れて引っ張ったところ、なんと持っていた部分のパーツが「パリン」と音を立てて折れてしまったのだ。ああ、新品を納品前に壊してしまった、なんてことだとショックを受けるも、よくよくその外れたパーツを見てみると、単に元の位置にぱちんとはまっていただけのものだったため、元の位置にはめ込み直してこと無きを得たが、それにしてもどきっとさせられた(^^;。

|

« 全米ビルボード最新チャート | トップページ | マクドナルドの復活 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iBookメモリ増設でどきっとしたこと:

« 全米ビルボード最新チャート | トップページ | マクドナルドの復活 »