« The truth is out there. | トップページ | 最近買ったCD(3 Doors Down / Michael Buble / Keane) »

MacOS X 10.3での問題

最近客先のMac(OS X 10.3)で出くわしたいくつかの問題について簡単に報告したい。

●Atok16の文字パレットの問題
Atok16の文字パレットがいつの間にか表示されなくなった。メニューから選んでも表示されない。別ユーザでログインすれば問題なく表示されることから、なんらかのユーザ毎の環境に影響を受けていると予想された。もちろんAtok16を再インストールしても駄目。その状態でAtok17をインストールしてみても、Atok17でも文字パレットは表示されなかった。(インストール直後は1回だけ表示されたが、再起動したらもう表示されなくなってしまった)
ジャストシステムのユーザ・サポートに電話してアドバイスを受けながらいろいろやってみるも、結局駄目。設定ファイルでもフォント絡みでも無さそうで、システムが管理するユーザ毎のプロファイルに関する問題ではないかと言われてしまった。

●ファイル共有のエイリアスの問題
これも不思議な現象だった(^^;。OS X 10.3.7のMacで、ネットワーク上の他のMac(仮にMac1という名称とする、OS 8.*)の共有フォルダをマウントし、そのエイリアスをデスクトップに作成する。エイリアスを作成したら、Mac1の共有フォルダはいったんアンマウントしておく。次にネットワーク上の別なMac(Mac2、OS 8.*)の共有フォルダをマウントし、同様にエイリアスを作成しておく。Mac2の共有フォルダはエイリアス作成後にアンマウントしておく。ちなみにMac1、Mac2共に共有フォルダの名称は共に「Macintosh HD」で同じだった。
Mac1の共有フォルダのエイリアスをダブルクリックすれば、ちゃんとMac1の共有フォルダがマウントされるし、その後Mac1の共有フォルダをいったんアンマウントしてからMac2の共有フォルダのエイリアスをダブルクリックすれば、ちゃんとMac2の共有フォルダが開くのは確認した。
さてMac1の共有フォルダのエイリアスをダブルクリックしてマウントしたあと、アンマウントせずにそのままの状態でMac2の共有フォルダのエイリアスをダブルクリックするとどうなるだろうか。
なんとMac2の共有フォルダの代わりにMac1の共有フォルダが開いてしまったのだ。そしてMac1の共有フォルダをアンマウントしたのちも、Mac2の共有フォルダのエイリアスをダブルクリックしてもMac1の共有フォルダが開いてしまうのだった。(エイリアスのリンク情報が書き換わったと思われる)
複数のMacで同様だったので、どうやらそういう仕様のようである(^^;。
共有フォルダの名称を複数のMacで同じで使っている場合は注意した方が良いと思う。

●共有名(ホームフォルダの名前でもある)を変更するには
Mac OS Xの最初の起動時にユーザ情報を登録するが、その時にユーザ名を間違えて登録してしまった(と思われる)。その後その間違いに気が付き、システム環境設定のユーザでユーザの名前を変えてみるものの、ネットワーク共有の名称は当初のままで変わらなかった。(他のMacからこのMacに接続しようとすると、このMacの中の共有フォルダ名が当初のユーザ名のままになってしまっている)
結局、その共有名であるが、ユーザ登録時に作成されるユーザ毎のディレクトリの名称がそのまま共有名になっているようで、これを変更するのは簡単そうでなかったため、結局正しい名称で新規にユーザを作成し、環境を移行することにした。
(補足)Application-Utilities-NetInfo Managerを使うことでユーザの情報をいろいろ変更出来る様だが、そこでhomeのパスを変更しても新しいパスに既存の設定がそのまま引き継がれる訳では無さそうだったので、それなら新規にユーザを登録するのと変わらないと思ったのだった。

|

« The truth is out there. | トップページ | 最近買ったCD(3 Doors Down / Michael Buble / Keane) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacOS X 10.3での問題:

« The truth is out there. | トップページ | 最近買ったCD(3 Doors Down / Michael Buble / Keane) »