« 全米ビルボード最新チャート | トップページ | エンデュアランス号漂流 »

2005年アフターサービス調査

日経ビジネス誌2005.5.30号の特集は「2005年アフターサービス調査」だった。それによると、パソコン部門では昨年まで4年連続1位だったデルが7位に転落し、変わって1位となったのはエプソンダイレクトであった。2位は松下電器産業、3位は日本IBM。以下、NEC、日本ヒューレット・パッカード、富士通と続き、最下位は定位置となっている(^^; ソーテックだった。自らの成長スピードに負けてしまったのが原因というが、それにしても直販のデルがサポート評価を落とすというのは良くないと思う。なお日本IBMのサポートは以前より定評があるが、レノボになった今後もぜひ変わらないで欲しいと願う。

|

« 全米ビルボード最新チャート | トップページ | エンデュアランス号漂流 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/4304486

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年アフターサービス調査:

» エプソン [パソコン図書館]
エプソンセイコー エプソン は、長野県諏訪市に本社を置く情報関連機器や精密機器の製造者である。手掛ける製品は幅広く、水晶振動子(クォーツ)などの単体部品から、液晶|液晶デバイスなどの半製品、各種のプリンターやプロジェクター、パーソナルコンピュータといった最終製品までを自社名で世に送り出し、また、セイ...... [続きを読む]

受信: 2005.06.07 01:21

« 全米ビルボード最新チャート | トップページ | エンデュアランス号漂流 »