« 今日の八ヶ岳 | トップページ | 2005年アフターサービス調査 »

全米ビルボード最新チャート

アルバムチャート:
今週は動きが激しい週で、Top10内初登場は5枚だった。1位初登場はロック、System Of A Down「Mezmerize」。3枚目ということだが私は彼らをまだ聴いていなかった(^^;。基本はヘヴィーでメロディアスなロックなんだけれど、とにかく非常に癖が強いグループである。来月になったらアルバムを買ってみようと思う(今月はもう予算オーバー(^^;)。2位初登場はカントリー、Toby Keith「Honkytonk University」。3位変わらずはMariah Carey「The Emancipation Of Mimi」。粘っているなあ。5位初登場はR&B、Kem「Album II」。洒落たソウルフルなヴォーカルをじっくり聴かせてくれる(以前はこんな感じをブラコンって言ってたっけ)。6位初登場はSoundtrack「American Idol Season 4: The Showstoppers」。タイトル通りAmerican Idolがらみのものだろう。10位初登場はロック、Def Leppard「Rock Of Ages: The Definitive Collection。ベスト盤だ。80年代から活躍しているヘヴィー・メタル・バンドで、私も当時何枚かはアルバムを聴いた記憶がある。まさに80年代の香りたっぷりである。
10位以下で気になったものとしては、11位初登場のヒップホップ、Memphis Bleek「534」、15位初登場のヒップホップ・カントリー?、Cowboy Troy「Loco Motive」、16位初登場のR&B、Natalie「Natalie」、20位初登場のヒット曲集、Various Artists「Totally Hits 2005」、25位初登場のロック、Van Morrison「Magic Time」など。
15位のCowboy Troy「Loco Motive」、カントリーとヒップホップがミックスされたユニークなサウンドだ。このジャンル、つい先日もNellyとTim McGrawが「Over and Over」を大ヒットさせているが、アメリカならではのものだろう。25位のVan Morrisonは個人的にも懐かしいロック・ヴォーカリストだ。74年発表の名作「Veedon Fleece」は大好きだったなあ。今作でも相変わらず彼らしい味わい深いヴォーカルを聴かせてくれていて、思わずうれしくなってしまった。

シングルチャート:
今週1位は先週2位から上がったMariah Carey「We Belong Together」。彼女にとって本当に久しぶりのシングルNo.1である。一度どん底に落ちただけによくぞここまでと思う。2位は1位から後退したGwen Stefani「Hollaback Girl」。ただしまだ赤丸付き。3位のCiara「Oh」、4位の50 Cent「Just A Lil Bit」は変わらずながら赤丸付き。先週6位今週5位はThe Black Eyed Peas「Don't Phunk With My Heart」。しばらくはこの上位6曲は混戦状態が続きそうだ。そしてその上位に食い込むべく先週18位から今週8位にジャンプアップしてきたのがKelly Clarkson「Behind These Hazel Eyes」。これでアルバム「Breakaway」からシングルカットされた3曲がいずれもBest10に入ったことになる。今最も勢いがある一人だろう(^^)。Will Smith「Switch」は先週11位今週9位ととうとうBest10入りを果たした。
10位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週16位今週15位の3 Doors Down「Let Me Go」、先週74位今週17位のGorillaz/De La Soul「Feel Good Inc」、先週55位今週24位のNelly「Errtime」、先週43位今週27位のSystem Of A Down「B.Y.O.B.」、先週30位今週29位のColdplay「Speed Of Sound」、先週37位今週30位のBaby Bash「Baby I'm Back」、先週42位今週33位のLifehouse「You And Me」、先週41位今週39位のPapa Roach「Scars」、先週51位今週47位のR. Kelly「Trapped In The Closet」、先週59位今週49位のGavin DeGraw「Chariot」など。
今週の注目は先週74位から今週17位に一気に上がってきたアニメキャラのヴァーチャル・ロックバンド、Gorillaz/De La Soul「Feel Good Inc」。ヒップホップにテクノなどいろんな要素がミックスされたロックが印象的だ。今週49位はGavin DeGraw「Chariot」で、Billy Joelに似た雰囲気を持つ個人的にも結構好きなピアノマンである。「I Don't Want to Be」に続くヒットとなるかどうか。

|

« 今日の八ヶ岳 | トップページ | 2005年アフターサービス調査 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/4289745

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ビルボード最新チャート:

« 今日の八ヶ岳 | トップページ | 2005年アフターサービス調査 »