« 夢の丸太小屋に暮らす | トップページ | 日本雪山登山ルート集 »

2005秋期情報処理技術者試験

今日実施された2005年秋期情報処理技術者試験のシステムアナリストを受けてきた。受験は今回で4回目である(要は3回連続不合格(^^;)。私が受験した甲府会場では全部で7名であった。
ただ先週に中小企業診断士二次試験を受けていたため、それが終わってからの勉強開始と言うことで日程的に非常にきつかったのは分かっていたのだが、結局今回も課題の午後IIの小論文対策がほとんど出来ないまま試験当日となってしまった。
午前はいつも8割ほどは取れるので全く心配なく、今回も朝会場に行く列車の中で1時間ほど復習しただけだったが、試験終了時の手応えは8割ほどの出来で、実際先ほどiTACの速報でチェックしてみたら44/55でぴったし80%だった。午後Iは問1/2/4を選択して、何とか全問答えを書いたものの、一部多少自信が無く6割強ほどの手応え。そして問題の午後II。問1の人材確保・育成計画に意表をつかれて展開が思いつかず(^^;、問2のIT基盤の整備計画を選択して書き始めたが、やはり事前に準備論文を用意していなかったことが響き、なかなかペースが上がらず焦った。残り10分の時点でもまだイ+ウで1200文字しか書けておらず、ああ今回は文字数が規定の1600に届かずで終わるかと思ったが、なんとかその後無我夢中で書き続けて1600をぎりぎり超えることが出来た。ただ慌てたせいで一部文章になっていなかった気もする(^^;。いや文章どころか文字にもなっていなかったかもしれない。ぎりぎりC、多分D、そんな手応えであった。
今回勉強時間が無いのを承知で受けてみたのだが、やはり自分の弱点をきちんと克服してからでないと合格ラインには手が届かないと言うことがよく分かった気がする。次回受ける時はきちんと論文対策をし、自信を持って書けるようにしたいと思う。

|

« 夢の丸太小屋に暮らす | トップページ | 日本雪山登山ルート集 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/6428692

この記事へのトラックバック一覧です: 2005秋期情報処理技術者試験:

« 夢の丸太小屋に暮らす | トップページ | 日本雪山登山ルート集 »