« 最近買ったCD(Carrie Underwood) | トップページ | 年賀状印刷 »

全米ビルボード最新チャート 2006-01-07

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。それにしてもクリスマスシーズンのピークに当たる週ということで、いずれのアルバムも非常に好調なセールスを記録している。1位初登場はR&B、Mary J. Blige「The Breakthrough」。約2年ぶりの新作であるが、727,000枚と驚異的なセールスである。2位初登場はR&B、Jamie Foxx「Unpredictab」。こちらも598,000枚のビッグセールス。Ray Charlesの伝記映画で主役を演じた男優でもあり、歌唱力は折り紙付きである。3位初登場は今は亡きラッパー、The Notorious B.I.G.「Duets: The Final Chapter」。4位は先週1位から後退したEminem「Curtain Call: The Hits」。ただしセールスは430,000枚と先週より増えている。5位も先週2位から後退したものの、401,000枚と大幅な売上増を記録したCarrie Underwood「Some Hearts」。
なお11位以下で気になったものは今週は無し(^^;。と言うのも、11位以下100位まで初登場は無く、順位も大幅な変動はあまりなかったからだ。ただしほとんどのアルバムが赤丸付きで、今週のセールスの好調さがよく分かるチャートとなっている。

シングルチャート:
今週1位は先週と変わらずのMariah Carey「Don't Forget About Us」。2週連続となるが、毎年年明け前後はチャートの動きが鈍くなるので、もうしばらくこのまま1位を突っ走りそうである。2位のChris Brown「Run It!」、3位のNelly「Grillz」、4位のD4L「Laffy Taffy」はいずれも先週と変わらずで、NellyとD4Lは赤丸付き。以下10位内で赤丸付きは、先週8位今週7位のBeyonce「Check On It」と先週10位今週9位のJuelz Santana「There It Go! (The Whistle Song)」の2曲のみ。今週は上位はあまり動きのないチャートであった。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週20位今週12位のMary J. Blige「Be Without You」、先週24位今週15位のFall Out Boy「Dance, Dance」、先週27位今週21位のThe All-American Rejects「Dirty Little Secret」、先週47位今週26位のJamie Foxx「Unpredictable」、先週37位今週29位のWeezer「Beverly Hills」、先週33位今週31位のGreen Day「Wake Me Up When September Ends」、先週45位今週37位のThe Pussycat Dolls「Don't Cha」、先週51位今週40位のNatasha Bedingfield「Unwritten」など。
29位のWeezer「Beverly Hills」、31位のGreen Day「Wake Me Up When September Ends」、37位のThe Pussycat Dolls「Don't Cha」など前のヒット曲が再びチャートを上がっているが、これは多分年末にかけて今年のヒット曲が再びオンエアーされていることで、チャートを上げているものと思われる。年末特有の現象である。(ちなみにアルバムについては、2月にグラミー賞が発表になると受賞アルバムがチャートを急上昇するのは毎年のことである)

|

« 最近買ったCD(Carrie Underwood) | トップページ | 年賀状印刷 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/7896050

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ビルボード最新チャート 2006-01-07:

« 最近買ったCD(Carrie Underwood) | トップページ | 年賀状印刷 »