« 全米ビルボード最新チャート 2006-02-04 | トップページ | ホリエモンの錬金術 »

博士の愛した数式

「博士の愛した数式」 小川洋子/新潮文庫
book
今話題の本で映画化もされたということもあり、興味を持ち買ってみた本である。記憶が80分しか持たない老数学者と、その家に派遣された家政婦とその息子「ルート」の心温まる物語である。そこに数式とタイガース江夏の話題が絡んでいて、こんなタイプの小説はあまり読んだことがないなあと妙に新鮮に感じた。そう言えば最近はビジネス系の本ばかり読んでいたので、こういった純文学の本を読むのは本当に久しぶりである。

|

« 全米ビルボード最新チャート 2006-02-04 | トップページ | ホリエモンの錬金術 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博士の愛した数式:

« 全米ビルボード最新チャート 2006-02-04 | トップページ | ホリエモンの錬金術 »