« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

Nifty-serveパソコン通信終了

WebBCN:さよなら「パソコン通信」、最後のサービスが19年の歴史に幕
2006年3月31日の今日をもって19年の歴史を持つニフティのパソコン通信サービスが終了した。ここ数年はもうパソコン通信サービスを使うこともなくなり、特に感傷に浸るほどの思いは無いのだが(^^;、それにしても今すでにパソコン通信という言葉が懐かしい響きにすら感じてしまうほど、時代の流れは速いということはしみじみと感じる。
さて次の20年後、インターネットという言葉が懐かしいものになっているのだろうか。

| | トラックバック (1)

全米ビルボード最新チャート 2006-04-08

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週Top10内初登場は4枚だった。1位初登場はR&B、Prince「3121」。183,000枚のセールス。2004年の前作「Musicology」で華々しく第一線に復活したPrinceであるが、確か「Musicology」は最高位3位だったはず。ちなみにPrinceのアルバムが一般チャート(Billboard 200)で1位になるのは1989年の「Batman」以来とのこと。今作でもメロディアスなファンクを中心にR&B、ファンク、ダンス、ポップ、ロックなど様々な音楽が入り交じったPrinceサウンドを聴かせてくれている。2位は先週の1位からワンランクダウンのSoundtrack「High School Musical」。ただしセールスは152,000枚と、順位に関係なく相変わらず増え続けている(^^)。3位は先週2位のJames Blunt「Back to Bedlam」。111,000枚のセールス。4位は先週24位から再びTop10入りしたBarry Manilow「The Greatest Songs of the Fifties」。78,000枚のセールス。6位初登場はヒップホップ、B.G.「The Heart of Tha Streetz, Vol. 2: I Am What I Am」。62,000枚のセールス。7位初登場はR&B/ロック、Ben Harper「Both Sides of the Gun」。59,000枚のセールス。Ben Harperは黒人のギタリストで、R&B、ソウル、レゲエ、ロック、フォークと幅広い音楽性が特徴である。今作は彼にとって初のTop10入りアルバムとなる様だが、かなり渋めの通好みのサウンドということで、今回なぜ売れたのか気になるところではある。8位初登場のロック/ポップス、Teddy Geiger「Underage Thinking」。56,000枚のセールス。弱冠17歳の新人アーティストで、詳しいことはまだ分からないが、雰囲気はJohn Mayerに近いものを感じる。9位は先週14位から再び上がってきたAlan Jackson「Precious Memories」。
11位以下で気になったものとしては、14位初登場のカントリー、Kenny Rogers「Water & Bridges」、25位初登場のロック、From First To Last「Heroine」、30位初登場のロック、My Chemical Romance「Life on the Murder Scene」、36位初登場のラテン系?、Various Artists「NOW iEsto Es Musica! Latino」、41位初登場のロック、Chicago「Chicago XXX」、45位初登場のロック、Kutless「Hearts Of The Innocent」など。
41位初登場のChicago「Chicago XXX」、なんと30枚目ということか!。15年ぶりのスタジオ新録らしいが、そう言えばここ20年近く彼らのアルバムを聴いてないなあ(^^;。

シングルチャート:
今週1位はなんとDaniel Powter「Bad Day」。チャートインして本当にあっという間に1位になってしまった気がする。2位は先週1位からワンランクダウンのSean Paul「Temperature」。ただしまだ赤丸付きと言うことで、しばらくは「Bad Day」と「Temperature」の上位独占が続くかも。以下10位までで赤丸付きは、先週と変わらず6位のNatasha Bedingfield「Unwritten」、7位変わらずのDem Franchize Boyz Featuring Lil Peanut & Charlay「Lean Wit It, Rock Wit It」、先週13位今週9位のBubba Sparxxx Featuring Ying Yang Twins & Mr. ColliPark「Ms. New Booty」の3曲のみ。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週14位今週13位のThe Pussycat Dolls Featuring will.i.am「Beep」、先週16位今週15位のKelly Clarkson「Walk Away」、先週32位今週16位のThe All-American Rejects「Move Along」、先週27位今週21位のChamillionaire Featuring Krayzie Bone「Ridin'」、先週42位今週23位のNickelback「Savin' Me」、先週31位今週27位のP!nk「Stupid Girls」、先週43位今週28位のThree 6 Mafia「Poppin' My Collar」、先週44位今週31位のTeddy Geiger「For You I Will (Confidence)」、先週38位今週35位のRihanna「SOS」、先週48位今週37位のThe Fray「Over My Head (Cable Car)」、先週54位今週39位のT.I.「What You Know」など。
それにしても今週はロック系の曲の躍進が目立つ。15位のKelly Clarkson「Walk Away」、16位のThe All-American Rejects「Move Along」、23位のNickelback「Savin' Me」、31位のTeddy Geiger「For You I Will (Confidence)」、37位のThe Fray「Over My Head (Cable Car)」など。うれしいなあ。それにしても16位のThe All-American Rejects「Move Along」は先週32位からのジャンプアップで、この勢いだと連続Top10ヒットになりそうだ。彼らの人気もいよいよ本物か。

| | トラックバック (1)

今日の河口湖・富士山

今日、仕事で山梨県の河口湖に近くに行ったのだが、その際に河口湖大橋の上から撮った富士山と河口湖の写真である。時間は午後3時頃。残念ながら山頂までは見えなかった。それにしても長野に戻ると、雪は舞い出すし、真冬のような寒さで震え上がってしまった。
20060330

| | トラックバック (0)

山岳保険加入

山岳保険・野外活動保険−モンベル傷害総合保険受付
最近テレマークスキーでバックカントリーに出かけることが増えているため、以前から気になっていた山岳保険にそろそろ加入しておいた方がよいかなと思い、早速モンベルの山岳保険に加入してみた。このモンベルの山岳保険はネット上でカードですぐに加入できるのがメリットである。他の山岳保険も検討してみたが、冬山も含む保険はそれほど数が多くなく、共済系以外では価格的には似たり寄ったりかなという感じがした。
ま、これで安心することなく(^^;、今後も事故を起こさないように気をつけたいものである。

| | トラックバック (0)

ATOK 日本語テスト集計結果

ATOK presents 全国一斉!日本語テスト
ジャストシステムが2006年1月12日から2月28日までネット上で実施していた「ATOK presents 全国一斉!日本語テスト」の結果が公開された。年代別ランキングでは60代が1位、最も正解率が低かった問題が「かつを入れる」の正しい書き方を活 / 喝 / 渇から選択する問題の23.26%だったという。それにしても70万人以上が受けたということで、かなりの反響があったようだ。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Daniel Powter)

●Daniel Powter 「Daniel Powter」

カナダ出身のシンガーソングライターで、これが彼にとってデビューアルバムとなる。既にブレークしているJames Bluntと同様にハイトーンなヴォーカルが特徴的なアーティストである。ヨーロッパで先にブレークし、続いて米国でも現在シングル「Bad Day」がヒットチャートを急上昇している(最新チャートでは2位まで上がってきている)。確かにシングル「Bad Day」は実にキャッチーなメロディーを持つ懐かしい感じのポップスで、この曲がヒットするのはよく分かるなあ。

| | トラックバック (0)

富士見パノラマ・入笠山テレマーク

今日、富士見パノラマスキー場、そしてその上の入笠山にテレマークスキーに行ってきた。一番の目的は買ったばかりの新しいテレマークの板の滑りとシールの具合を確認するためである。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 富士見パノラマ・入笠山テレマーク 2006年3月
とりあえず山頂までテレマークのまま登ることが出来た。新しい板の滑りも快調であった(^^)。
それにしてもこれで今年のウインターシーズンがもう終盤だというのは本当に悔しい。まだまだテレマークで滑りたい私であった。

| | トラックバック (0)

今日の八ヶ岳 2006-03-25

今日の午後0時頃の八ヶ岳である。今日はまさに春と言った感じのぽかぽかの良い天気であった。山が私を呼んでいるのだが、残念ながら今日は1日忙しくて出かけることが出来なかった。
20060325

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2006-04-01

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週Top10内初登場は1枚のみと、久々に寂しい週となった。今週1位は先週3位から再び首位に返り咲いたSoundtrack「High School Musical」。セールスは142,000枚と、過去一番の売上を記録しているが、チャートイン以降ほぼ一貫して売上を伸ばしてきているのがすごい。2位は先週と変わらずJames Blunt「Back to Bedlam」。126,000枚のセールス。3位初登場はヒップホップ、E-40「My Ghetto Report Card」。94,000枚のセールス。E-40はほとんど知らないなあ。9位は先週42位からいきなりTop10に返り咲いたFall Out Boy「From Under the Cork Tree」。52,000枚のセールス。どうやら従来盤に5曲を追加して再発売されたものらしい。うーん、従来盤を買ったばかりの私としては、これはちょっと悔しい(^^;。
11位以下で気になったものとしては、22位初登場のカントリー、SheDaisy「Fortuneteller's Melody」、26位初登場のロック、Donald Fagen「Morph the Cat」、44位初登場のSoundtrack「Dave Chappelle's Block Party」、先週89位今週53位のCeltic Woman「Celtic Woman」、60位初登場のゴスペル系女性シンガーっぽいMartha Munizzi「No Limits...Live」、81位初登場のクリスチャン・ロック、Building 429「Rise」、86位初登場のロック、Joe Satriani「Super Colossal」、96位初登場のロック、Black Sabbath「Greatest Hits 1970-1978」など。
26位初登場のDonald Fagenはロック・デュオ、Steely Danの主要メンバーで、今作「Morph the Cat」はソロとしては13年ぶり3枚目となるアルバムだ。アルバムの出来としては悪くないと思うのだが、セールスは意外に低調である。

シングルチャート:
今週1位は先週の2位から上がってきたSean Paul「Temperature」。ダンスホール・レゲエとしては久々のNo.1ヒットとなった。そして2位は先週5位から上がってきたDaniel Powter「Bad Day」。こちらも驚異的な勢いで上がってきている。個人的にはぜひこの曲も1位になって欲しい。3位は先週1位のNe-Yo「So Sick」で、どうやらこのまま下降モードか。Top10内で赤丸付きは上位2曲以外では、先週7位今週6位のNatasha Bedingfield「Unwritten」、先週9位今週7位のDem Franchize Boyz Featuring Lil Peanut & Charlay「Lean Wit It, Rock Wit It」の2曲のみ。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週16位今週14位のThe Pussycat Dolls Featuring will.i.am「Beep」、先週19位今週16位のKelly Clarkson「Walk Away」、先週23位今週20位のKeyshia Cole「Love」、先週29位今週23位のBow Wow Featuring J-Kwon & Jermaine Dupri「Fresh Azimiz」、先週32位今週25位のBon Jovi「Who Says You Can't Go Home」、先週36位今週27位のChamillionaire Featuring Krayzie Bone「Ridin'」、先週51位今週32位のThe All-American Rejects「Move Along」、先週58位今週35位のE-40 Featuring Keak Da Sneak「Tell Me When To Go」、先週44位今週38位のRihanna「SOS」、41位初登場のPearl Jam「World Wide Suicide」、先週75位今週42位のNickelback「Savin' Me」など。
今週16位のKelly Clarkson「Walk Away」、これまでの4曲と比べるとちょっとキャッチーでないため、あまりヒットしないのではと危ぶんでいたが、いつの間にかTop10手前まで上がってきた。これがTop10入りを果たすと、同一アルバムから連続5曲シングルがTop10入りという記録を残すことになる(^^)。また今週32位のThe All-American Rejects「Move Along」は大ヒットした「Dirty Little Secret」に続くセカンドシングルで、彼ららしいメロディアスなパワーポップである。

| | トラックバック (2)

最近買ったCD(Prince)

●Prince 「3121」

前作「Musicology」で華々しく第一線に復活したPrinceの最新アルバム。今作でもメロディアスなファンクを中心にR&B、ファンク、ダンス、ポップ、ロックなど様々な音楽が入り交じった、バラエティに富んだPrinceサウンドを聴かせてくれている。前作も良かったが、今作も傑作と言って良いだろう。勢いを感じるなあ。

| | トラックバック (0)

新しいテレマークの板、買っちゃいました

もうウインターシーズンも終盤だというのに、なんとテレマークスキーの板、ビンディング、プラブーツを新たに買ってしまった。原因は先週末に行った乗鞍ダウンヒルである。雪の状態が悪かったせいもあるが、私の15年以上前の細身のツーリング用の板+革靴ではまったく思い通りに滑ることが出来ず、同行者からも初めてスキーを履いた人のようだと言われるほどの滑りであった。でも滑り降りてくる他のテレマーカーは、雪を蹴散らしてきれいに滑っていくのであった。自分の滑りのあまりのひどさにショックを受け、思わず衝動買いに走ってしまったのだった。(全てを板のせいにしたのである(^^;)
それにしても今のテレマークの板はゲレンデ用の短い幅広のカービングスキーとほとんど変わらないのには、しみじみと時代の流れを感じてしまったのだった。ブーツもしかりである。(写真の左側が今まで使っていた板&革靴、右側が新しい板&プラブーツである)
そういえばゲレンデ、バックカントリーを含め、自分のスキーの板を新しくするのは10何年ぶりのことになる。
と言うことで私のテレマークシーズンは、春が訪れてももうしばらくは続きそうである。そして目指すは乗鞍リベンジである(^^)。
20060321

| | トラックバック (0)

八ヶ岳阿弥陀岳で遭難

今日、八ヶ岳阿弥陀岳で3人の登山者が凍死するという遭難事故があった。
山岳遭難:長野、新潟、群馬で計16人 うち3人凍死−今日の話題:MSN毎日インタラクティブ
18日午後から前線の通過の影響で県内の山には雪が降ったが、その前線の通過後19日、20日と強い冬型の気圧配置となり、長野県内も山岳を中心に強い風が吹いて冷え込んだ。ここ、地元の茅野の市街地でも、本格的な冬に逆戻りしたかのような寒い日であった。

| | トラックバック (0)

乗鞍テレマーク

昨日(3月18日)今日(3月19日)と乗鞍にテレマークスキーをしに行ってきた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍テレマーク 2006年3月
天気予報では2日間ともあまり良くなく、ただ18日が午前中は晴となっていたため、位ヶ原に着く頃までは晴れていて欲しいと思っていたのだが、結局登り始めてすぐ曇ってしまった。考えてみると昨年来たときも、上に登ったときは曇っていた。今度は是非晴れたときに登ってみたいものである。

| | トラックバック (0)

FileMaker Pro試験

今日、FileMaker Proの試験を受けてきた。試験は「FM0-302J FileMaker 8 Developer Essentials」という名称で、FileMaker Proを使って業務システムを開発している方向けの内容となっている。結果だが、試験範囲の半分も勉強できていなかったため、当然のごとく不合格。それにしてもひさびさの惨敗であった(^^;。詳細は以下。
Fujimori World : IT資格情報 : FileMaker資格認定
多分「FileMaker 8 Essentials」という試験だったら私も合格できたかもしれない。でもこの試験はそれに「Developer」が付く。対策本や問題集が無い現時点では、この試験に合格できるのは実際にFileMaker Pro Advanced/Server Advancedで業務システムの開発経験のある人に限定されそうである。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2006-03-25

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週Top10内初登場は3枚だった。1位初登場はヒップホップ、Juvenile「Reality Check」。174,000枚のセールス。彼にとって初のNo.1アルバムとなった。2位は先週9位から一気に上がってきたJames Blunt「Back to Bedlam」。161,000枚のセールス。2位は今回のチャートインの中では最高位になる。3位は先週2位からワンランクダウンのSoundtrack「High School Musical」。セールスは138,000枚。それにしても1位2位3位と順位が下がるに従ってセールスが伸びているのが面白い(^^;。4位初登場はレゲエ、Matisyahu「Youth」。119,000枚のセールス。Matisyahuは個人的に初めて見る名前であるが、Sean Paulのよりダンスチューンに近いレゲエと比べると本来のレゲエに近いリズムと感じる。6位初登場はロック、David Gilmour「On an Island」。96,000枚のセールス。Pink Floydのギタリストのソロアルバムである。後期Pink Floydの延長線上とも言えるサウンドで、全体的にゆったりとした幻想的な美しい曲が多い。9位は先週11位から上がってきたSoundtrack「Walk the Line」。
11位以下で気になったものとしては、12位初登場のヒップホップ、Scarface「My Homies Part 2」、26位初登場のロック、Van Morrison「Pay the Devil」、44位初登場のSoundtrack「
That's So Raven Too!」、48位初登場のカントリー/ジャズ、Little Willies「Little Willies」、54位初登場のカントリー、Neko Case「Fox Confessor Brings the Flood」など。
48位初登場のLittle Willies「Little Willies」、誰かと思ったらあのNorah Jonesの新バンドであった。カントリー系の曲を中心に軽やかな演奏を繰り広げているが、Norah Jonesがメインのアルバムにしてはずいぶんと順位が低いと感じる。

シングルチャート:
今週1位はNe-Yo「So Sick」で連続2週目。以下2位Sean Paul「Temperature」、3位James Blunt「You're Beautiful」と上位陣は先週と変わらず。5位は先週14位から一気にTop10入りしてきたDaniel Powter「Bad Day」。いったいどうしたんでしょ、このヒットぶりは。ロック/ポップス系の曲はなかなか今のHot100では1位になりにくいのだが、この調子だとJames Blunt「You're Beautiful」に続いてNo.1を記録するかも。7位は先週10位から再び上がってきたNatasha Bedingfield「Unwritten」。
11位以下で気になったものとしては、先週25位今週16位のThe Pussycat Dolls Featuring will.i.am「Beep」、先週26位今週19位のKelly Clarkson「Walk Away」、先週24位今週20位のCarrie Underwood「Jesus, Take The Wheel」、先週61位今週28位のMatisyahu「King Without A Crown」、先週32位今週29位のBow Wow Featuring J-Kwon & Jermaine Dupri「Fresh Azimiz」、先週34位今週32位のBon Jovi「Who Says You Can't Go Home」、先週35位今週33位のSheryl Crow & Sting「Always On Your Side」、先週57位今週36位のChamillionaire Featuring Krayzie「Bone Ridin'」など。

| | トラックバック (1)

今日の八ヶ岳 2006-03-15

今日の午後1時半頃の八ヶ岳である。今年はもう雪は終わったかなと思っていたのだが、一昨日、昨日と冬に逆戻りしたかのような寒い日が続き、市街地でもうっすらと白くなる程度に雪が舞ったのだった。山の雪も多少は増えただろうか。
20060315

| | トラックバック (0)

Yahoo!ブログ検索

Yahoo!ブログ検索
Yahoo!ブログ検索のベータ版が公開された。早速使ってみたが、私が以前からブログ検索に使っているgoo ブログsearchと比べて検索結果にそれほど差はなかった。ただまだベータ版だからか、妙に古いブログの記事が新着順の上位に来ていたりすることもあった。なお表示される検索ワードの注目度のグラフは、このワードの注目率が分かるのでそれなりに便利だと思う。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Fall Out Boy / Donald Fagen / David Gilmour)

●Fall Out Boy 「From Under The Cork Tree」

ポップパンクバンド、Fall Out Boyのメジャー・デビューアルバムである。(彼らにとってアルバム自体は2枚目のようだ)「Sugar, We're Goin' Down」、「Dance Dance」の全米連続Top10ヒットでも注目されているのだが、最初はごく普通のポップパンク系のバンドかなと思ってそれほど強い興味は持たなかったのだが、セカンドシングル「Dance Dance」を聴いて、その乗りの良さ、構成のうまさに、こいつらなかなかやるなあと唸らされたのだった。アルバムも予想以上に良かった。

●Donald Fagen 「Morph The Cat」

アメリカン・ロックを代表する洗練されたロック・デュオ、Steely Danのメンバーの一人、Donald Fagenの最新ソロアルバムである。ソロとしては82年の「The Nightfly」、93年の「Kamakiriad」に続く13年ぶりのアルバムとなる。
相変わらず良い味出しているなと思う。一人Steely Danと言っても良いサウンドである。独特かつ洗練された抜群のセンス。ロック、ジャズ、R&Bなど様々な音楽の要素が絡み合った、まさにこれぞ大人のためのおしゃれなロックである。

●David Gilmour 「On An Island」

伝説のプログレッシブ・ロックバンド、Pink Floydのギタリスト、David Gilmourの22年ぶり?となる3枚目のソロアルバムである。私自身、David Gilmourの過去のソロアルバムは聴いたことがないのだが、今作はまさに後期Pink Ploydの延長線とも言えるサウンドに仕上がっていると思う。中でも圧巻なのは#2「On An Island」で、聴いていると一気にその美の世界に引きずり込まれていくのであった。それにしてもこのギターの音色は陶酔させてくれるなあ。全体的にゆったりとした幻想的な美しい曲が多い。
ちなみにこのCD、とても凝ったCDジャケット(ケース)で、まるで本の様な作りになっている。

| | トラックバック (0)

OnTrack DataRecovery

あり得ない!?空恐ろしいおかしなデータ復旧事件
データの復旧(サルベージ)業務を行っているワイ・イー・データのオントラック事業部による、2005年における「あり得ない!?空恐ろしいおかしなデータ復旧事件」ベスト10事例である。ま、メーカサイトの事例なので半分PRも兼ねているとは思うのだが、それにしてもつくづく感じるのはバックアップの大切さである。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Ne-Yo / Hawthorne Heights)

●Ne-Yo 「In My Own Words」

美しいR&Bバラードの「So Sick」のNo.1ヒット、そしてこのデビューアルバムが全米Billboardアルバムチャートで初登場No.1を記録するなど、今まさにブレークしているNe-Yoであるが、何より彼の場合は過去にMary J. Blige、Faith Evans等に曲を提供してきたというソングライターとしての高い才能が評価されていると思う。乗りの良い曲からバラードまで、ヴォーカル自身もうまいしはじける若さがある。極めて上質なR&Bアルバムである。なおBonus Trackとして13曲目に「Let Me Get This Right」のRemixが入っていた。

●Hawthorne Heights 「If Only You Were Lonely」

2006-03-18付けの全米Billboardアルバムチャートで3位にチャートインしたことから興味を持ち、このアルバムを買ってみた。私自身初めて見るグループであるが、過去に何枚かアルバムはリリースしているようで全くの新人というわけではない様だ。パワーポップ系のメロディアスなロックに甘めのふわふわしたヴォーカルが印象的だが、ヴォーカルが複数人いるようで時々入るスクリーモ系の叫び声が曲にメリハリを付けている。どこかで聴いたことのあるスタイルなんだけれど、えーと誰だっけ?という雰囲気である(^^;。

| | トラックバック (0)

守屋山登山

昨日(3月11日)の朝、地元の守屋山に登ってきた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 守屋山登山 2006年3月
天気予報は晴となっていたのだが、実際に天気が回復したのは私が下りかけた頃からであった(^^;。それにしても週末と言うことで多くの人が登りに来ていた。下る途中で30人ほどの人とすれ違っただろうか。

| | トラックバック (0)

ひどいぞ!ココログ

20060310障害情報報告ブログ
昨日、ココログのメンテナンスが10時から15時まであったのだが、その後メンテナンスが21時まで伸び、21時に再開後もほとんど管理画面にログイン出来ない状況となってしまった。そして結局深夜まで待ってもアクセスできず、再びメンテナンス中との表示が出るしまつであった。翌日の今日の朝になっても状態は変わらず、結局再度記事を登録できるようになったのはもう夕方になってからだった。実質30時間に渡ってココログに記事が登録できなかったことになる。
原因が何であれ、半日停めたメンテナンス終了の時間が夜9時では、普段から一番アクセスが集中する時間帯にさらに半日分のアクセスがそれに加わったのだから、そりゃ過負荷になるだろうにと思ったのだった。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2006-03-18

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週Top10内初登場は3枚だった。1位初登場はR&B、Ne-Yo「In My Own Words」。301,000枚のセールスと、久々のビッグセールスとなった。美しいR&Bバラードの「So Sick」のヒットでも注目されているが(というか今週のシングルチャートですごいことに!)、何より彼の場合は過去にMary J. Blige、Faith Evans等に曲を提供してきたというソングライターとしての高い才能が評価されていると思う。私も早くこのCDをじっくりと聴いてみたいと思う(^^)。2位は先週1位から後退したSoundtrack「High School Musical」。ただしセールスは128,000枚と先週より増えている。3位初登場はロック、Hawthorne Heights「If Only You Were Lonely」。114,000枚のセールス。個人的には初めて見る名前であるが、パワーポップ&若干スクリーモのメロディアスなロックで悪くない。でもいきなりなぜ売れたんだろう。4位初登場はカントリー、Alan Jackson「Precious Memories」。今作はクリスチャン系の内容となっているようだ。6位は先週20位から再び上がってきたJohnny Cash「The Legend of Johnny Cash」。
11位以下で気になったものとしては、先週45位今週11位のSoundtrack「Walk The Line」、12位初登場のロック、Kid Rock & The Twisted Brown Trucker Band「'Live' Trucker」、先週25位今週19位のThe Pussycat Dolls「PCD」、73位初登場のカントリー、Hank Williams III「Straight To Hell」、93位初登場のロック、Bruce Springsteen & The E Street Band「Hammersmith Odeon, London '75」など。

シングルチャート:
今週の1位はなんと先週の9位から一気に首位に立ったNe-Yo「So Sick」。アルバムチャート、そしてシングルチャートの両方で同時No.1を飾ったことになる。美しいR&Bのバラードで、私もお気に入りの曲だ。2位は先週3位からじりっと順位を上げたSean Paul「Temperature」。先週1位のJames Blunt「You're Beautiful」は、今週は残念ながら3位に後退。先週5位今週4位はロングヒットとなっているMary J. Blige「Be Without You」。今週Top10入りしたのは先週11位今週9位のDem Franchize Boyz Featuring Lil Peanut & Charlay「Lean Wit It, Rock Wit It」のみ。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週29位今週14位のDaniel Powter「Bad Day」、先週21位今週15位のBubba Sparxxx Featuring Ying Yang Twins & Mr. ColliPark「Ms. New Booty」、先週25位今週20位のKeyshia Cole「Love」、先週28位今週24位のCarrie Underwood「Jesus, Take The Wheel」、先週31位今週25位のThe Pussycat Dolls Featuring will.i.am「Beep」、先週39位今週31位のDaddy Yankee「Rompe」、先週37位今週34位のBon Jovi「Who Says You Can't Go Home」、35位初登場のSheryl Crow & Sting「Always On Your Side」、先週43位今週36位のKeith Urban「Tonight I Wanna Cry」など。
今週14位のDaniel Powter「Bad Day」、相変わらず急上昇を続けていてずいぶんと人気のようだがどうしたのだろう(もちろん曲はグッドである)。同様に今週35位初登場のSheryl Crow & Sting「Always On Your Side」もどうしたのだろう。この曲、Sheryl Crowの最新アルバムに収録されていたしみじみとしたバラードであるが、もしかしてグラミー賞絡み?。

| | トラックバック (2)

世界で一番おもしろい地図帳

「世界で一番おもしろい地図帳」 おもしろ地理学会/青春出版社
book
世界そして日本の地図や地理に関する雑学の本である。雪国の定義、「関東地方」と「首都圏」の違いなど、分かっているようで意外と知らないことも多く、純粋に読んでいて面白かった。

| | トラックバック (0)

英文タイピングエキスパート2級の練習

Yahoo!インターネット検定の英文タイピングエキスパートであるが、相変わらず2級の練習を続けている。(続けていると言っても毎日しているわけではなく、あくまで気が向いたときに練習するだけであるが(^^;)昨年12月に英文タイピングエキスパートの3級に合格後、次の2級に向けて練習をしているのだが、正直なかなか点数が伸びないでいる。ただ当初は400〜450点で低迷していたのが、昨日やってみたら初めて500点を超えることが出来た。目盛りからすると2級の合格ラインはおそらく600点あたりっぽいので、まだまだ先が長いことになりそうだ(^^;。もう少し練習を続けてみたいと思う。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(175R / Switchfoot)

●175R 「7-SEVEN-」

1曲目の「ボクハナンダ」を聴いて、彼らしくない歌詞(ポジティブ指向でない)にちょっと違和感を覚えた。どうしたんだろう。また全体的にインディーズっぽさが無くなり、普通のロックバンドっぽくなった気がする。それを成長と表現しても良いのかもしれないが、個人的にはもう少し青春パンクのポジティブ路線で行って欲しいと思う。でも#9「シャイン、光の道しるべ」は彼ららしい良い曲で気に入った。

●Switchfoot 「Nothing Is Sound」

Switchfootはすでに10年近いキャリアを持つ米サンディエゴ出身のクリスチャン系ロックバンドだ。サーファー仲間だったメンバーが集まって結成されたのだが、サウンドは大人向けのモダンロック系で特にサーフ系という訳ではない。このアルバムは昨年9月に発売されていたもので、当時全米Billboardアルバムチャートで最高位3位を記録したこともあって興味を持ってはいたのだが、買うのが今になってしまった。ミディアムテンポのメロディアスな曲が多く、聴いているとけっこうじわじわ来るのである。

| | トラックバック (1)

Hi-Wind 2006.4

ウインドサーフィンの雑誌「Hi-Wind」の最新号(2006.4号)は毎年恒例のカタログ特集号「CATALOG 2006」だったので、早速買ってきた。Hi-Windであるが、最近は買うのは1年に1度、このカタログ号だけになってしまっている(^^;。それにしてもボードのカタログを見ていて感じるのは、スラローム系のボードが少ないと言うこと、そしてあってもボードの全長が250cm前後が主流で、かつての270〜290といった長さのボードはほとんど無いと言うことである。オールラウンド艇ですら250前後が主流なのだから。時代は変わったなと感じる(^^;。ちなみにDVDが付録で付いていた。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(High School Musical)

●Soundtrack 「High School Musical」

Disneyの子供向けTV番組のサントラ盤である。TV放映直後にこのアルバムと納められている多くの曲も一斉に全米チャートにランクインし旋風を巻き起こしたが、その旋風も一瞬のみで終わるかと思っていたら、なんとこのアルバム、その後じわじわと順位を上げて最新チャートでNo.1を獲得してしまったことから、どんな内容なのだろうと興味を持ち買ってみることにしてみたものだ。ドラマの内容は高校のバスケットボールチームに関するストーリーらしく、曲のタイトルを見るだけでなんとなくストーリーも分かる気がするのだが、そんなストレートさ、若さも悪くないと思う。曲自身は主に出演者が歌っている。

| | トラックバック (0)

北八テレマーク

4日は天気が良かったため、思わずその天気に誘われて地元の北八にテレマークツーリングに出かけてきた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 北八テレマーク 2006年3月
本当に雲一つ無い良い天気で風もほとんど無く、また前夜降ったと思われる多少の新雪もあり、最高の北八テレマークを楽しんでくることが出来た。

| | トラックバック (0)

今日の八ヶ岳 2006-03-04

今日の午後4時頃の八ヶ岳である。おそらく昨夜、八ヶ岳の上の方では降雪があったようで、久しぶりにずいぶんと白くなっている。それにしても今日は朝から雲一つ無い快晴となり、本当に気持ちよい日だった(^^)。
20060304

| | トラックバック (0)

Filemaker Pro 8 Advanced

データベースソフト、Filemaker Pro 8 Advancedが手元に届いた。Filemaker Pro通常版からの特別アップグレードキャンペーンとして、2006年6月30日まで29400円でアップグレード出来き、これで申し込んだものだ。キャンペーンの期限もあったが、もう一つFileMaker Pro 8が欲しくなった理由が今年になって始まったFilemakerの資格である(Version 8対応)。ぜひそう遠くないうちに受けてみたいと思っている(^^)。
ちなみにAdvancedであるが、ランタイム版の作成機能はもちろん、Pro版には無いカスタムメニュー、ポップアップヘルプ、データビューア、スクリプトデバッガ等の機能が魅力である。と言うか、データビューアとスクリプトデバッガはPro版にも最低限備えて欲しい機能だと思う。それがないためにどれくらい苦労してきたことだろう。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2006-03-11

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週Top10内初登場は1枚のみだった。1位は先週の6位から一気に首位に立ったSoundtrack「High School Musical」。101,000枚のセールス。旋風は一瞬のみで終わってしまったかなと思っていたのだが、アルバムも着実に売れ続けている。2位初登場は子供向けシリーズ「Kidz Bop」の最新作、Kidz Bop Kids「Kidz Bop 9」。98,000枚のセールス。最近のヒット曲を子供がうたっているものだ。3位は先週2位からワンランクダウンのJack Johnson「Curious George (Soundtrack)」。89,000枚のセールス。5位は先週の8位から上がってきたJames Blunt「Back To Bedlam」。72,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、24位初登場のロック、Arctic Monkeys「Whatever People Say I Am, That's What I'm Not」、26位初登場のSoundtrack「Tyler Perry's Madea's Family Reunion」、先週70位今週36位のBon Jovi「Have A Nice Day」、先週125位今週40位のJuanita Bynum「A Piece Of My Passion」、先週61位今週47位のNatasha Bedingfield「Unwritten」、67位初登場のポップス/ダンス、Cascada「Everytime We Touch」など。
24位のArctic Monkeys「Whatever People Say I Am, That's What I'm Not」、思ったより全米デビューの順位が低かった。UKでは1週間で360,000枚を売り上げてNo.1を記録したのに、全米では34,000枚の売上にとどまっている。

シングルチャート:
今週1位は先週2位から上がってきたJames Blunt「You're Beautiful」。UKのシンガーソングライターの曲が全米でNo.1を記録するのは本当に久しぶりのことで、1997年のElton Johnの「Candle in the Wind 1997」以来となるらしい。美しい曲である。2位は先週1位から後退したBeyonce Featuring Slim Thug「Check On It」。3位は先週4位からワンランクアップのSean Paul「Temperature」。8位は先週9位からワンランクアップのNatasha Bedingfield「Unwritten」。10位は先週16位から一気にTop10入りしてきたCascada「Everytime We Touch」。
10位のCascada「Everytime We Touch」、この曲で初めて聞く名前であるが、曲自体は懐かしい感じのするダンスチューンで非常にポップ&キャッチーである。もしかしてこれ、トランス系というのか?。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週24位今週16位のBusta Rhymes「Touch It」、先週20位今週18位のThe Black Eyed Peas「Pump It」、先週31位今週21位のBubba Sparxxx Featuring Ying Yang Twins & Mr. ColliPark「Ms. New Booty」、先週28位今週25位のKeyshia Cole「Love」、先週32位今週27位のKelly Clarkson「Walk Away」、先週41位今週29位のDaniel Powter「Bad Day」、先週50位今週31位のThe Pussycat Dolls Featuring will.i.am「Beep」、先週38位今週32位のBow Wow Featuring J-Kwon & Jermaine Dupri「Fresh Azimiz」、先週54位今週37位のBon Jovi「Who Says You Can't Go Home」、先週44位今週38位のJosh Turner「Your Man」など。
今週29位のDaniel Powter「Bad Day」、カナダ出身のシンガーソングライターで、この「Bad Day」はポップでキャッチーな曲である。注目したいアーティストである。今週31位のThe Pussycat Dolls Featuring will.i.am「Beep」、これもダンス系で良い感じの曲でヒットしそうである。それにしてもThe Pussycat Dolls、最初の「Don't Cha」の1曲だけで消えていくのかとも思っていたが、次の「Stickwitu」がとても良い感じのバラードで一気に人気を広げたと思う。

| | トラックバック (1)

2006 春のクオークキャンペーン

ソフトウェア・トゥーはDTPソフト、QuarkXPress 6Jのキャンペーンを2006年3月1日から5月31日まで実施する。
ソフトウェア・トゥー:2006 春のクオークキャンペーン
今回のキャンペーンでは新規購入、3.xからのアップグレードの価格が下がったほか、クロスグレード、クロスアップグレードが用意されている。ちなみに昨年のキャンペーン同様、期間が過ぎるとこれが標準価格となる可能性が高い気がする(^^;。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Arctic Monkeys)

●Arctic Monkeys 「Whatever People Say I Am, That's What I'm Not」

Arctic MonkeysはUKでは既にブレークしているUK出身のロックグループで、このアルバムが彼らにとってデビュー作となる。UK同様に国内でもこのアルバムの前評判が非常に高く、個人的にも気になっていたグループだ。シャープな切れ味を持つUKらしいロックで、最近デビューしたグループの中では確かに衝撃度、完成度は高い。あと個人的に興味はこの音がアメリカでどこまで受けるかである。

| | トラックバック (0)

アップル、iPod Hi-FiとIntel Mac mini発表

アップルは今日付でiPod Hi-FiとIntel Mac miniを発表した。
アップル - iPod Hi-Fiニュースリリース
アップル - Mac miniニュースリリース
iPod Hi-FiはiPodをラジカセ風にする外付けスピーカだ。Mac miniのIntel化はそろそろだろうと思っていた。

| | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »