« 茅野縄文の里マラソン大会の通知 | トップページ | 目標まであと2kg »

全米ビルボード最新チャート 2006-07-01

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は2枚のみだった。1位初登場はヒップホップ、Busta Rhymes「The Big Bang」。212,000枚のセールス。彼のアルバムがNo.1を記録したのは、今回が初めての様だ。2位は先週と変わらずDixie Chicks「Taking The Long Way」。130,000枚のセールス。3位は先週の1位から後退したAFI「Decemberunderground」。104,000枚のセールス。5位初登場はロック、Three Days Grace「One - X」。78,000枚のセールス。カナダのヘヴィロックバンドで、セカンドアルバムとなる。
11位以下で気になったものとしては、先週25位今週12位のAndrea Bocelli「Amore」、14位初登場のロック、Billy Joel「12 Gardens Live」、48位初登場のロック、Widespread Panic「Earth to America」、70位初登場のカントリー、Trent Willmon「A Little More Livin'、71位初登場のロック、Sonic Youth「Rather Ripped」、83位初登場のロック、Shadows Fall「Fallout From The War」、先週186位今週85位のOriginal Broadway Cast Recording「Jersey Boys」、93位初登場のカントリー、Blaine Larsen「Rockin' You Tonight」など。
14位のBilly Joel「12 Gardens Live」、Madison Square GardenでのLiveの模様を納めたCD2枚組だ。

シングルチャート:
今週の1位はなんと初登場でNo.1に輝いたTaylor Hicks「Do I Make You Proud」。先のAmerical Idol優勝者であるが、最初のシングル「Takin' It To The Street」がチャート下位のまま上昇することなく終わってしまったことから、Americal Idol優勝者で初めてこけた人になるかと思っていたので、本当に驚きである。と言うことで先週1位だったShakira Featuring Wyclef Jean「Hips Don't Lie」は今週赤丸無しの2位にダウン。3位は先週2位からダウンしつつも赤丸付きのNelly Furtado Featuring Timbaland「Promiscuous」。次のNo.1最有力候補と思っていたが、今週下からもどんどん勢いのある曲が上がってきているので、来週の上位は予測が付かなくなってきている。6位は先週の15位から一気にTop10に飛び込んできたGnarls Barkley「Crazy」。そしてもっと驚いたのが先週の25位から今週7位にジャンプアップしてきたRascal Flatts「Life Is A Highway」。快調なロックチューンに仕上がっていてヒット性十分である。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週19位今週13位のChristina Aguilera「Ain't No Other Man」、先週22位今週19位のPanic! At The Disco「I Write Sins Not Tragedies」、44位初登場のBeyonce Featuring Jay-Z「Deja Vu」など。

|

« 茅野縄文の里マラソン大会の通知 | トップページ | 目標まであと2kg »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/10636490

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ビルボード最新チャート 2006-07-01:

« 茅野縄文の里マラソン大会の通知 | トップページ | 目標まであと2kg »