« 小さな会社・儲けのルール | トップページ | 宛名職人14 »

全米ビルボード最新チャート 2006-10-07

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は5枚と、先週同様に半数が半数が入れ替わる激動の週となった。そんな中、今週1位は2週連続となるJustin Timberlake「FutureSex/LoveSounds」。217,000枚のセールス。2位初登場はポップス、Clay Aiken「A Thousand Different Ways」。205,000枚のセールス。米人気オーディション番組American Idolの2nd season準優勝者である。相変わらず高い人気を維持している。3位初登場はR&B/ポップス、Fergie「The Dutchess」。142,000枚のセールス。人気ヒップホップグループBlack Eyed Peasの紅一点のソロデビュー作である。このアルバムからは既にシングル「London Bridge」が3週連続No.1を記録している。4位初登場はカントリー、Kenny Chesney「LIVE: Live Those Songs Again」。137,000枚のセールス。アルバムを出す度にTop3が定位置の人気者である。7位初登場はジャズ、Diana Krall「From This Moment On」。85,000枚のセールス。カナダ出身の女性ジャズ・ピアニスト&シンガーで、彼女もアルバムを出す毎にTop10入りしている。ちなみにJazz Albums chartでは7枚目のNo.1アルバムを記録したとのことだ。8位初登場はヒップホップ、Chingy「Hoodstar」。Hinder「Extreme Behavior」は今週は順位こそ先週の7位から9位に落ちているが、セールス自身は69,000枚と増えている。
11位以下で気になったものとしては、12位初登場のヒップホップ、Lupe Fiasco「Food & Liquor」、14位初登場のポップス、Jesse McCartney「Right Where You Want Me」、先週19位今週15位のThe Fray「How To Save A Life」、18位初登場のポップス/ロック、Elton John「The Captain & The Kid」、24位初登場のロック、New Found Glory「Coming Home」、25位初登場のラテンポップス、Paulina Rubio「Ananda」、31位初登場のヒップホップ、Bone Thugs-N-Harmony「Thug Stories」、37位初登場のソウル/R&B、Aaron Neville「Bring It on Home」、41位初登場のポップス、Julio Iglesias「Romantic Classics」、44位初登場のポップス、Indigo Girls「Despite Our Differences」、46位初登場のロック、Jonny Lang「Turn Around」、73位初登場のロック、Mushroomhead「Savior Sorrow」など。
18位初登場のElton John「The Captain & The Kid」は、彼の75年の歴史的名作「Captain Fantastic and the Brown Dirt Cowboy」の続編にあたるもののようだ。試聴してみて、アルバムとしては悪くないと思うが、ヴォーカルにちょっと年齢を感じさせられた。買おうか迷うなあ。24位初登場のNew Found Glory「Coming Home」も、前作「Catalyst」が元気いっぱいのパワーポップだったのに比べてちょっと落ち着いた曲が多く、賛否が分かれている。37位初登場のAaron Neville「Bring It on Home」、実に味わいのあるソウルフルなヴォーカルである。

シングルチャート:
今週の1位はこれで5週連続となるJustin Timberlake「SexyBack」。さていつまでこの勢いが続くかどうか。2位変わらずはLudacris Featuring Pharrell「Money Maker」。3位は先週の7位から上がってきたThe Fray「How To Save A Life」。秋に似合うバラードの名曲だ。5位Hinder「Lips Of An Angel」、6位Snow Patrol「Chasing Cars」は順位は変わらず赤丸付き。7位は先週3位急上昇中からいきなりダウンしてしまったJoJo「Too Little Too Late」。どうしたんでしょ。そして今週のTop10入りは先週15位今週9位のChingy Featuring Tyrese「Pullin' Me Back」の1曲のみ。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週19位今週16位のEvanescence「Call Me When You're Sober」、先週24位今週18位のDanity Kane「Show Stopper」、先週27位今週20位のJohn Mayer「Waiting On The World To Change」、先週29位今週25位のJustin Timberlake Featuring T.I.「My Love」、先週30位今週26位のChris Brown「Say Goodbye」、先週34位今週31位のBlue October「Hate Me」、先週36位今週33位のRascal Flatts「What Hurts The Most」、先週50位今週36位のJanet & Nelly「Call On Me」、先週62位今週37位のNelly Furtado「Maneater」、先週43位今週39位のHeartland「I Loved Her First」など。
今週37位のNelly Furtado「Maneater」、先のNo.1ヒット「Promiscuous」に続く第二弾で、こちらも「Promiscuous」同様に乗りの良い曲で大ヒットしそうである。

|

« 小さな会社・儲けのルール | トップページ | 宛名職人14 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/12073873

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ビルボード最新チャート 2006-10-07:

« 小さな会社・儲けのルール | トップページ | 宛名職人14 »