« 2005-2006 season 雪崩レポート | トップページ | 明日は日商簿記2級試験 »

全米ビルボード最新チャート 2007-03-03

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は1枚のみだった。1位は先週の2位から返り咲きのNorah Jones「Not Too Late」。211,000枚のセールス。2位初登場はR&B、Gerald Levert「In My Songs」。165,000枚のセールス。80年代のソウル/ブラコンを今聴かせてくれる味わい深いヴォーカリストである。3位は先週の7位から予想通り上がってきたVarious Artists「2007 Grammy Nominees」。131,000枚のセールス。これ以外でもGrammyにノミネートあるいは受賞したアーティストのアルバムが軒並みチャートを上昇している。4位は先週の9位から上がってきたCorinne Bailey Rae「Corinne Bailey Rae」。120,000枚のセールス。7位は先週の10位から上がってきたJustin Timberlake「FutureSex/LoveSounds」。108,000枚のセールス。Grammy主要3部門を独占したDixie Chicks「Taking the Long Way」は先週の72位から8位に急上昇している。103,000枚のセールス。10位も先週の29位から上がってきたJohn Mayer「Continuum」。80,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、先週39位今週12位のRed Hot Chili Peppers「Stadium Arcadium」、先週19位今週13位のCarrie Underwood「Some Hearts」、14位初登場のカントリー/フォーク/ロック、Lucinda Williams「West」、先週57位今週21位のMary J. Blige「The Breakthrough」、先週51位今週23位のJohn Legend「Once Again」、35位初登場のロック、Van Morrison「Van Morrison at the Movies」、先週58位今週41位のChristina Aguilera「Back to Basics」など。
14位初登場のLucinda Williams「West」、カントリー、フォーク、ロックなどをベースとするアメリカン・ルーツ・ミュージックのアーティストだ。あちらでは根強い人気のあるアーティストで、4年ぶりのアルバムとなる今作も14位にチャートインしてきた。

シングルチャート:
今週の1位はなんと先週8位から一気に首位に立ったJustin Timberlake「What Goes Around...Comes Around」。これで3曲連続No.1を記録したことになる。2位は先週の5位から上がってきたLudacris Featuring Mary J. Blige「Runaway Love」。3位は1位から後退したNelly Furtado「Say It Right」。4位はなんとHot 100 Re-EntryのDixie Chicks「Not Ready To Make Nice」。Grammy受賞の効果である。5位は先週11位から上がってきたAkon「Don't Matter」。個人的にはぜひ1位になって欲しい曲である。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週18位今週13位のOmarion「Ice Box」、先週24位今週14位のJohn Mayer「Waiting On The World To Change」、先週29位今週22位のRed Hot Chili Peppers「Snow ((Hey Oh))」、先週25位今週23位のRobin Thicke「Lost Without U」、先週39位今週27位のNickelback「If Everyone Cared」など。
今週14位のJohn Mayer「Waiting On The World To Change」、Grammy受賞効果でこの曲も一気に上昇してきた。チャートイン後32週目で14位は過去最高位である。

|

« 2005-2006 season 雪崩レポート | トップページ | 明日は日商簿記2級試験 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/14014102

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ビルボード最新チャート 2007-03-03:

« 2005-2006 season 雪崩レポート | トップページ | 明日は日商簿記2級試験 »