« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

ヤマケイJOY 07春

「ヤマケイJOY 07春」号が発売されていたので買ってきた。今月号の特集は「山登り、はじめたい!」ということで、比較的初心者向けの内容となっている。なおつい先日テレマークで行った湯ノ丸山が、レンゲツツジの山として紹介されていた。また花が咲いた頃にのんびりと行ってみるのも良いかもしれない。

| | トラックバック (0)

最近バージョンアップ通知の届いたソフト(Windows編)

LBコピーコマンダー9
ライフボートのHDDコピーユーティリティ「LBコピーコマンダー」の最新版が届いた。LBコピーコマンダーは、価格が個人用ソフトでありながら、バージョン8はサーバOSにも正式対応していたことが気に入って買っていたのだが、今回のバージョンよりサーバ版が別途発売となってしまったことから、こちらからはサーバ対応機能が削除されてしまったのは大いに残念である。(正式サポート外でも使えるのかは試してはいない)
削られた機能が大きい割に追加となったのはVista対応と差分コピーくらいか。

LBシステムコマンダー9
ライフボートのブートユーティリティ「システムコマンダー」の最新版である。
こちらもVista対応版ということで一応バージョンアップしておく予定であるが、ただ今回のバージョンの主な機能アップがVista対応のみと言ってもいいのは寂しい限りである。

Acronis True Image 10 Home
バックアップ・ユーティリティ「True Image」の最新版である。ただ今回より「Home」という名称が追加されているのが気になり調べてみると、「True Image 9.0」に最新アップデータをあてると「True Image 9.0 Home」になることが分かった。別に「True Image 10 Home」は「True Image 10」の機能限定版という位置づけではなさそうである。ちなみに今回のバージョンアップは使い勝手や細かい機能アップがメインの様だ。さてバージョンアップをどうしよう。

ファイナルデータ2007 復元+Office修復
データ復旧ソフトの定番、ファイルデータの最新版である。修復ソフトもいろいろとあるが、ソフトによっていろいろと特性があって、これ一本ですべてOKというものは無いと感じる。いろいろと使い比べてみて、ファイナルデータは動作がちょっと遅めながら、損傷がそれほどひどくなければ高信頼性の復旧が可能と感じた。ただし損傷がひどい場合は途中で早々にギブアップしてしまうのが残念である。

ゼンリン電子地図帳Zi9
定番の地図ソフトの一つである。ただかつては地図ソフトは結構重宝したけれど、最近はネットでもそれなりの地図が無料で見ることが出来るため、地図ソフトのありがたみがだいぶ減ってきているのは確か。それでもルート検索とか役に立たないことはないので、そのうちバージョンアップをしておこうと思う。

| | トラックバック (0)

今日の八ヶ岳 2007-02-26

今日の午後1時頃の八ヶ岳である。このところ天気の良い日が多いが、今日も朝から雲一つ無い青空となり、八ヶ岳がきれいに見えていた。この写真撮影後松本方面に仕事に行ったのだが、北アルプスの山々にも全く雲がかかっておらず、くっきりとすべての山が見えていた。今日山に登った人は最高だったんだろうなあ。
20070226

| | トラックバック (0)

日商簿記2級受験

今日行われた日商の第115回簿記検定試験の2級の試験を受けてきた。
2週間しか勉強する期間が無く、しかも簿記の勉強の時は必ず睡魔に襲われるのでなかなか勉強がはかどらず(^^;、予定していた勉強の半分くらいしか出来なかった。過去に一度合格しているとはいえ、自信はあまり無い状態であった。ただ工簿は比較的自信があったので、工簿で点を稼いで商簿で失点をある程度押さえることが出来れば合格の可能性もあるかもと思い、試験を受けてみた。
そして先ほどTACの解答速報でチェックしてみたところ、工簿問題は、第4問の解答用紙の損益計算書上の集計で、ボンミスで足し算と引き算を1ヶ所間違ってしまった以外は多分正解。商簿の第1問、第2問もほぼ正解。(第1問の仕分けを1ヶ所だけ間違った)。ただ第3問は時間切れで回答欄を半分ほど埋めただけだった。
さて記憶している範囲でTAC方式で採点してみると78点。まあぎりぎりあたりながら、3月5日の合格発表を楽しみに待ちたいと思う。
そしていずれにせよ次はいよいよ6月の1級である。ただその前に3月は中小企業診断士の実務補修、4月は情報処理技術者のテクニカルエンジニア(データベース)受験と多忙な日々が続くので、1級に向けての本格的な勉強開始は4月下旬からになりそうである。

| | トラックバック (3)

明日は日商簿記2級試験

いよいよ明日25日は日商簿記2級の試験である。2級は5年ほど前に一度合格しているのだが、今年は6月の試験でぜひ1級合格を目指したいと思い、その準備をかねて2級を再受験してみることにしてみたものだ。
ここ5年ほど勉強を続けていた中小企業診断士の勉強の中で、財務会計もある程度は勉強してきている。ただ試験範囲が若干範囲が異なることもあって、簿記2級を勉強していてもすっかり忘れている部分も多く、かなり焦っている(^^;。ま、何はともあれ最後まで諦めずに勉強をしてみたいと思う。
ちなみに簿記試験については以下のサイトの情報が役に立つのではないかと思う。
目指せ!簿記検定・税理士試験

| | トラックバック (1)

全米ビルボード最新チャート 2007-03-03

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は1枚のみだった。1位は先週の2位から返り咲きのNorah Jones「Not Too Late」。211,000枚のセールス。2位初登場はR&B、Gerald Levert「In My Songs」。165,000枚のセールス。80年代のソウル/ブラコンを今聴かせてくれる味わい深いヴォーカリストである。3位は先週の7位から予想通り上がってきたVarious Artists「2007 Grammy Nominees」。131,000枚のセールス。これ以外でもGrammyにノミネートあるいは受賞したアーティストのアルバムが軒並みチャートを上昇している。4位は先週の9位から上がってきたCorinne Bailey Rae「Corinne Bailey Rae」。120,000枚のセールス。7位は先週の10位から上がってきたJustin Timberlake「FutureSex/LoveSounds」。108,000枚のセールス。Grammy主要3部門を独占したDixie Chicks「Taking the Long Way」は先週の72位から8位に急上昇している。103,000枚のセールス。10位も先週の29位から上がってきたJohn Mayer「Continuum」。80,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、先週39位今週12位のRed Hot Chili Peppers「Stadium Arcadium」、先週19位今週13位のCarrie Underwood「Some Hearts」、14位初登場のカントリー/フォーク/ロック、Lucinda Williams「West」、先週57位今週21位のMary J. Blige「The Breakthrough」、先週51位今週23位のJohn Legend「Once Again」、35位初登場のロック、Van Morrison「Van Morrison at the Movies」、先週58位今週41位のChristina Aguilera「Back to Basics」など。
14位初登場のLucinda Williams「West」、カントリー、フォーク、ロックなどをベースとするアメリカン・ルーツ・ミュージックのアーティストだ。あちらでは根強い人気のあるアーティストで、4年ぶりのアルバムとなる今作も14位にチャートインしてきた。

シングルチャート:
今週の1位はなんと先週8位から一気に首位に立ったJustin Timberlake「What Goes Around...Comes Around」。これで3曲連続No.1を記録したことになる。2位は先週の5位から上がってきたLudacris Featuring Mary J. Blige「Runaway Love」。3位は1位から後退したNelly Furtado「Say It Right」。4位はなんとHot 100 Re-EntryのDixie Chicks「Not Ready To Make Nice」。Grammy受賞の効果である。5位は先週11位から上がってきたAkon「Don't Matter」。個人的にはぜひ1位になって欲しい曲である。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週18位今週13位のOmarion「Ice Box」、先週24位今週14位のJohn Mayer「Waiting On The World To Change」、先週29位今週22位のRed Hot Chili Peppers「Snow ((Hey Oh))」、先週25位今週23位のRobin Thicke「Lost Without U」、先週39位今週27位のNickelback「If Everyone Cared」など。
今週14位のJohn Mayer「Waiting On The World To Change」、Grammy受賞効果でこの曲も一気に上昇してきた。チャートイン後32週目で14位は過去最高位である。

| | トラックバック (0)

2005-2006 season 雪崩レポート

日本雪崩ネットワーク Japan Avalanche network
上記サイトに「2005-2006 season 雪崩レポート」が掲載されている。これは昨シーズンの雪崩による事故を分析したもので、特に事例として紹介されている3事例はとても参考になった。バックカントリーで雪山に入る人はぜひ読んでおくべき内容だと思う。

| | トラックバック (0)

今日の八ヶ岳 2007-02-21

今日の午後1時頃の八ヶ岳である。先週の土曜日の夜に降った雪が、上の方では久しぶりの大雪となったようで、山もまた白さを取り戻している。ただし今日はまるで春のようなぽかぽか陽気である。
20070221

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(The Shins)

●The Shins 「Wincing the Night Away」

米インディーズ・ロックバンド、The Shinsのサードアルバムである。このアルバムが2007/2/10付け全米billboardチャートでいきなり初登場2位を記録したことから、いったいなぜ?と興味を持って買ってみた。全体的に60年代のポップスを思わせるレトロなポップ・ロック調の曲が多いが、特に甘いサーフロック調の曲はかつてのBeach Boysを彷彿とさせる。ただレトロなだけでなく、いろいろな要素が混じり合った不思議な新感覚のポップがおもしろい。
ちなみに当初はAmazonで輸入盤を注文していたが、全然入荷しないので仕方なし国内盤を買うことになってしまった。

| | トラックバック (0)

レスキューギア2つ

このところバックカントリー(テレマークスキー)で雪山に出かけることが増えているため、いくつか新たにレスキューギアを買ってみた。これらはスキー以外でも持って行くつもりである。

●ロープ(写真左)
ファイントラック(finetrack) ゴージュバッグ15
破断強度630kgの水濡れに強い直径6.5mm×15mのロープである。まあ緊急時でなくても長めのロープは1本あると何かと便利なので買ってみた。普段の主な用途はキャンプ時の物干しロープになりそうであるが(^^;、まあそれも良しと言うことで。

●ビバークシート(写真右)
AMK(アドベンチャーメディカルキット) エマージェンシースリーピングバッグ
テレマークの場合、日帰りでもツェルトは持っていくことが多いのだが、念のためにコンパクトなビバークシート(サバイバルシート、レスキューシート、エマージェンシーブランケットなどと言われることもある)も買ってみた。シート状のものとスリーピングバッグ状のものがあるが、シート状の方が活用範囲が広いが緊急時の耐風耐水性を考慮してスリーピングバッグ状の方を選んでみた。一度試しに使ってみたいのだが、広げたらもう元のサイズに収まらないのではと不安で開けられないでいる(^^;。

20070218

| | トラックバック (0)

オリンパス μ770SW

水深10mまでの水中撮影が可能で、荷重や衝撃に強いコンパクトデジタルカメラ「μ 770SW」新発売
オリンパスより防水デジカメシリーズの最新機種「μ770SW」が発表された。デジカメ単体で10m防水を実現、また1.5m耐衝撃&100kgf耐荷重という堅牢さ、またマイナス10度での動作と、アウトドアで使用することが多い私にとって、まさにうってつけの仕様となっている。
私が今使っているデジカメは同じくオリンパスのμ-10 Digital。μシリーズの初代のモデルである。最近使いすぎでちょっと調子が悪いし、そろそろ替え時かなあ。

| | トラックバック (1)

湯の丸山テレマーク

来週以降しばらくは土日が忙しくなるために、2月最後のスキーとして今日、湯の丸山にテレマークに行ってきた。雪が少なく、また雪質もあまり良くなかったが、でも何とか滑って下りることが出来た。ここは雪が良ければ、テレマークで滑り降りるのは最高だと思う。また角間峠や旧鹿沢スキー場跡に滑り込むのも面白そうである。ぜひ次は雪のある時に来てみたいと思う。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 湯の丸山・湯の丸スキー場テレマーク 2007年2月

| | トラックバック (0)

夢の丸太小屋に暮らす 2007/3

ログハウスの雑誌「夢の丸太小屋に暮らす」2007/3月号が発売されていたので買ってきた。今回の特集は「ログハウス超入門」ということで、ログハウスに興味のある人がログハウスのことをさっと知るためにちょうど良い内容となっている。別冊付録は「小屋づくりDIY講座」で、これを見ていると小さい小屋なら自分で建ててみようかなという気にさせられる。

| | トラックバック (1)

全米ビルボード最新チャート 2007-02-24

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位初登場はロック、Fall Out Boy「Infinity on High」。260,000枚のセールス。メジャー2作目となる本作で、とうとうチャート1位を獲得した彼ら、着実に成長しビッグになっていると思う。ちなみに前作「From Under the Cork Tree」は最高位9位だった。2位は先週の1位から後退したNorah Jones「Not Too Late」。236,000枚のセールス。あちらでも今作は評価が分かれているようで、前作の時のような勢いがない。3位変わらずはDaughtry「Daughtry」。76,000枚のセールス。4位は先週の6位から再び上がってきたAkon「Konvicted」。65,000枚のセールス。5位初登場はポップス、Ashley Tisdale「Headstrong」。64,000枚のセールス。彼女はDisneyの「High School Musical」に出演していた様で、これがソロデビュー作となる。ダンス系がメインのアイドルポップである。それにしても最近の全米チャートはAmerican IdolとDisney Channelがかなり影響力を持っていると感じさせる。6位は先週の9位から上がってきたRobin Thicke「The Evolution of Robin Thicke」。61,000枚のセールス。7位も先週の10位から上がってきたVarious Artists「2007 Grammy Nominees」。61,000枚のセールス。8位初登場はカントリー、Jason Michael Carroll「Waitin' in the Country」。58,000枚のセールス。9位は先週の17位からTop10 Re-EntryのCorinne Bailey Rae「Corinne Bailey Rae」。52,000枚のセールス。10位も先週の16位からTop10 Re-EntryしたJustin Timberlake「FutureSex/LoveSounds」。48,000枚のセールス。
ちなみに今週グラミー賞が発表になったということで、グラミー絡みのアーティストのアルバムが今週からチャートを上昇を始めている。Corinne Bailey Rae、Justin Timberlakeなど。そして来週は受賞したアーティストを中心に一斉にチャートを急上昇するはずである。
11位以下で気になったものとしては、12位初登場のロック、Bloc Party「Weekend in the City」、先週33位今週17位のJosh Groban「Awake」、先週39位今週29位のJohn Mayer「Continuum」、34位初登場のポップス、Patty Griffin「Children Running Through」、64位初登場のポップス、Jordan Pruitt「No Ordinary」、71位初登場のロック、The Used「Berth」、先週146位今週72位のDixie Chicks「Taking The Long Way」、75位初登場のロック、Bayside「The Walking Wounded」など。

シングルチャート:
久しぶりにTopが入れ替わった。今週の1位はNelly Furtado「Say It Right」。Nelly Furtadoにとって「Promiscuous」に続くNo.1ヒットとなった。いかにもTimbalandという曲であるが、ダンサブルとポップが絶妙な感じの曲に仕上がっている。2位は先週の1位からとうとう後退したBeyonce「Irreplaceable」。3位は先週5位からTop3入りしたGwen Stefani Featuring Akon「The Sweet Escape」。先週3位のFall Out Boy「This Ain't A Scene, It's An Arms Race」は残念ながら4位に後退。5位は先週6位からワンランクアップのLudacris Featuring Mary J. Blige「Runaway Love」。そして今週Top10入りしたのは、先週15位今週7位のGym Class Heroes Featuring Patrick Stump「Cupid's Chokehold、先週11位今週8位のJustin Timberlake「What Goes Around...Comes Around」、先週31位今週9位のFergie Featuring Ludacris「Glamorous」の3曲。Fergie、さすがに勢いがあるなあ。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週30位今週11位のAkon「Don't Matter」、先週29位今週25位のRobin Thicke「Lost Without U」、先週34位今週29位のRed Hot Chili Peppers「Snow ((Hey Oh))」、先週43位今週40位のThe Red Jumpsuit Apparatus「Face Down」など。
今週11位のAkon「Don't Matter」、先週の30位から一気に上がってきたが、来週どこまで上がるのか楽しみである。キャッチーなR&Bナンバーで幅広い世代に受けそうである。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Lucinda Williams)

●Lucinda Williams 「West」

米Time Magazine誌より「America's Best Songwirter」と評されている女性シンガーソングライターLucinda Williamsの、2005年の「Live @ the Fillmore」以来、オリジナルアルバムとしては2003年の「World Without Tears」以来となるニューアルバムが発表された。カントリー、フォーク、ロックなどをベースとする、その独特のゆったりとしたリズムのアメリカンサウンドは決して華はないけれど、でもシンプルなワードが綴られた歌詞を大切に歌うそのスタイルは相変わらず彼女らしいと思う。いつもながら1回聴いただけではピンと来ないのであるが(^^;、聴きこむ度にじわじわと来るのである。

| | トラックバック (0)

風の谷のあの人と結婚する方法

「風の谷のあの人と結婚する方法」 須藤元気/ベースボール・マガジン社
book
本書は格闘家の書いた本で、評判が良かったことから買ってみた。内容は格闘家というイメージとは全く違って、生きると言うことについて書かれた極めてまじめなものであった。ただし語り口が重くなく、軽めで冗談も交えつつ書かれているので、人生本ながら軽いエッセイを読んでいるかのような感覚で読めてしまうのがよい。ただし語られていることはかなり深い。お勧めの1冊である。

| | トラックバック (1)

49th Grammy Awards

全米最大の音楽賞であるグラミー賞が現地時間2月11日付けで発表された。
49th Annual Grammy Awards Nominee List
主要3部門と新人賞は以下の通り。

Record Of The Year
・Be Without You / Mary J. Blige
・You're Beautiful / James Blunt
●Not Ready To Make Nice / Dixie Chicks
・Crazy / Gnarls Barkley
・Put Your Records On / Corinne Bailey Rae

Album Of The Year
●Taking The Long Way / Dixie Chicks
・St. Elsewhere / Gnarls Barkley
・Continuum / John Mayer
・Stadium Arcadium / Red Hot Chili Peppers
・FutureSex/LoveSounds / Justin Timberlake

Song Of The Year
・Be Without You / Mary J. Blige
・Jesus, Take The Wheel / Carrie Underwood
●Not Ready To Make Nice / Dixie Chicks
・Put Your Records On / Corinne Bailey Rae
・You're Beautiful / James Blunt

Best New Artist
・James Blunt
・Chris Brown
・Imogen Heap
・Corinne Bailey Rae
●Carrie Underwood

今回のグラミーは、Dixie Chicksが主要3部門独占(Record Of The Year、Album Of The Year、Song Of The Year)を含む合計5部門の大量受賞となったのが最大の特徴である。Album Of The Yearは取る可能性が高いと思っていたが、主要3部門を独占するとは思わなかった。またBest New Artistも順当にCarrie Underwoodが受賞した(計3部門で受賞)。ん、そういえばこれは皆カントリー系である。
8部門ノミネートのMary J. Bligeは、残念ながら主要部門を逃し、Best R&B AlbumなどR&B系3部門のみの受賞にとどまった。グラミーと相性の良いJohn MayerはBest Pop Vocal Albumなど2部門を獲得。Red Hot Chili PeppersはBest Rock Album、Best Rock Songを含む4部門を受賞した。レッチリ、名実共に今を代表するロックバンドとなったと言えるだろう。
他には地味な部門ではあるが、Best Traditional Folk AlbumでBruce Springsteen「We Shall Overcome - The Seeger Sessions」が、またBest Pop Instrumental AlbumでPeter Frampton「Fingerprints」が受賞したのがちょっとうれしい。

| | トラックバック (0)

乗鞍テレマーク再び

先週に続き、今日再び乗鞍にテレマークに行ってきた。肩の小屋まで登ることが出来たらと思っていたのだが、ガスと猛吹雪のために位ヶ原のちょっと先で引き返してきた。景色が全く見れなかったのは残念だが、ただ昨夜そして今日と降り続いた雪のおかげで、膝上のふかふかパウダーを滑ることが出来たのは良かった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍テレマーク 2007年2月

| | トラックバック (0)

今日の八ヶ岳 2007-02-12

今日の夕方4時15分頃の八ヶ岳である。昨日は上の方だけ雪が降ったようで、再び白さが増している。
20070212

| | トラックバック (0)

敗軍の将、兵を語る

私は仕事柄(というより個人的な興味の方が大きいが)、経済からIT関連まで沢山の雑誌を読んでいる。特にここ1年ほど読んでいて面白いと感じるのが日経ビジネス誌である。もともとは中小企業診断士の受験の助けになればと思って購読を始めたものである。(参考までに私が購読している雑誌はこちら
ただ最新号の2007.2.12号の「敗軍の将、兵を語る」には、かつて私が勤めていた会社の社長が登場していてびっくりした。私がやめた以降も厳しい状況が続いていることは風の噂で聞いていたのだが、昨年暮れに事業を取引先へ譲渡し、会社自身は今年中に清算するという。それにしても最後に残った社員が100名ちょっととは...。私がやめた当時は500名弱ほどだったと記憶している。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Celtic Woman)

●Celtic Woman 「A New Journey」

Celtic Womanは主にアイルランド出身の女性6人からなるユニットである。個人的に以前より気になっていたグループで、今作で初めてアルバムを買ってみた。そのケルト音楽をベースとする、民族音楽とクラシックが融合したようなサウンドは実にピュアで心に染み渡るのであった。天使の歌声のような透明感あふれるハーモニーも素晴らしい。2年ほど前のデビューアルバム「Celtic Woman」が全米チャートで常に100位内にランクインし続けるなど、デビュー以来静かな人気を呼んでいるグループであるが、この3枚目のアルバムは2月17日付けの全米Billboardアルバムチャートでなんと初登場4位を記録したのだった。

| | トラックバック (0)

e-typing master 1級不合格

実はタイピング技能検定イータイピング・マスター(e-typing master)1級の試験を先週受けていたのだが、その結果が数日前に届いた。結果は予想通り不合格だったが、結果そのものよりも、試験で入力ミスを思った以上にしてしまったのがちょっとショックであった(^^;。まだまだ練習しなくてはいけないと感じたのだった。受験記の詳細は以下。
Fujimori World : IT資格情報 : タイピング技能検定イータイピング・マスター
今後も練習を続け、なんとか今年中には1級に合格したいと思う。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Katharine McPhee )

●Katharine McPhee 「Katharine McPhee」

米人気オーディション番組Americal IdolのSeason 5準優勝者、Katharine McPheeのデビューアルバムである。私自身Americal Idolは全く見ていないし、このアルバムを聴くまで彼女のことはあまり興味もなかったのだが、アルバムを試聴してみてその正統派女性ヴォーカルが気に入ってアルバムを買ってみた。ポップな曲からR&B調、バラードまで幅が広く、特にバラードにおける高音の伸びが気持ちよい。もちろん歌もうまい。これは上質なポップス・アルバムである。

| | トラックバック (0)

MCP 70-431合格

今日、MCPのSQL Server 2005の試験「70-431 TS: Microsoft SQL Server 2005 - Implementation and Maintenance」を受けてきた。試験は135分で40問、合格ラインは700である。
結果は823で無事合格。勉強に使ったのは翔泳社の「MCP教科書 SQL Server 2005 試験番号70-431」だけだったが、合格するためだけならこの1冊で必要にして十分だった。受験記の詳細は以下。
Fujimori World : IT資格情報 : MCP/MCSE

さて次の試験は2週間後の日商簿記2級である。5年ほど前に一度合格はしているのだが、記憶も薄れてきているし(^^;、復習のためにここでもう一度受けてみるつもりである。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Fall Out Boy)

●Fall Out Boy 「Infinity On High」

米シカゴ出身のポップパンクバンド、Fall Out Boyの待望のニューアルバムが発売された。彼らにとってメジャー2作目(通算3作目)となるこのアルバム、ブレークした前作同様にポップでメロディアスなパンク/ロックが溢れている。ただ疾走感溢れるパンクチューンばかりでなく、ソウルフルなピアノの弾き語りのバラードまで楽曲の幅も広がっており、彼らの成長を感じさせる1枚となっている。
ちなみにアルバムからのリードシングル「This Ain't A Scene, It's An Arms Race」は、2月3日付けの全米Billboard Hot 100でなんと初登場2位にチャートイン。着実にビッグになってきていると感じる。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2007-02-17

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。そして本当に久々にビッグセールスを記録したアルバムが登場した。1位初登場はポップス/ジャズ、Norah Jones「Not Too Late」。405,000枚のセールス。彼女にとって3枚目となるアルバムだが、これで3枚連続No.1を記録したことになる。ただし前作「Feels Like Home」の初動セールスが100万枚を超えていたことを考えると、彼女にとってはこれでもまだセールスが伸びていないと言って良いかも。2位初登場はポップス、Katharine McPhee「Katharine McPhee」。116,000枚のセールス。彼女は米人気オーディション番組Americal IdolのSeason 5準優勝者で、これがデビュー作になる。同じくAmerical Idol Season 5出身者のDaughtry「Daughtry」(77,000枚のセールス)も今週3位ということで、相変わらずAmerican Idol人気が高い。4位初登場はワールドミュージック、Celtic Woman「A New Journey」。71,000枚のセールス。Enyaと同じくケルト音楽を中心とする女性グループで、ヒーリング系の美しいサウンドである。3枚目のアルバムとなるが、デビュー作「Celtic Woman」も発売以来2年近くにわたって常に100位内にチャートインし続けているなどロングセラーを記録している。6位は先週の7位からワンランクアップのAkon「Konvicted」。56,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、11位初登場のジャズ、Harry Connick, Jr.「Oh, My Nola」、12位初登場のR&B、Jill Scott「Collaborations」、15位初登場のポップス/ダンス、Madonna「The Confessions Tour」、18位初登場のカントリー、Various Artists「Totally Country 6」、20位初登場のポップス、Lily Allen「Alright, Still」、21位初登場のゴスペル、Various Artists「WOW Gospel 2007」、47位初登場のロック、Clap Your Hands Say Yeah「Some Loud Thunder」、48位初登場のポップス、Paolo Nutini「These Streets」、53位初登場のカントリー、Tracy Lawrence「For The Love」など。
15位初登場のMadonna「The Confessions Tour」は、昨年行われた彼女のツアーのライブを収録したCD/DVDセットである。ちなみに輸入盤のDVDはリージョン1なので、購入されるなら3月発売の国内盤を待った方が良いだろう。(音楽DVDは映画と違うのだから是非ともリージョンフリーにして欲しいと思う)

シングルチャート:
今週の1位はBeyonce「Irreplaceable」。とうとう10週連続となった。2位は先週の3位からワンランクアップのNelly Furtado「Say It Right」。さて来週はそろそろ首位交代なるかどうか。3位は先週の2位からワンランクダウンのFall Out Boy「This Ain't A Scene, It's An Arms Race」。5位は先週6位のGwen Stefani Featuring Akon「The Sweet Escape」。今週Top10入りしたのは、先週11位今週9位のLloyd Featuring Lil' Wayne「You」、先週17位今週10位のUnk「Walk It Out」の2曲。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週19位今週14位のHellogoodbye「Here (In Your Arms)」、先週37位今週29位のRobin Thicke「Lost Without U」、先週57位今週30位のAkon「Don't Matter」、先週51位今週31位のFergie Featuring Ludacris「Glamorous」、先週38位今週32位のNickelback「If Everyone Cared」、40位初登場のJonas Brothers「Year 3000」など。
今週30位のAkon「Don't Matter」、アルバム「Konvicted」からの3枚目のシングルカットとなるが、アルバム中最もポップで懐かしい感じのキャッチーなR&Bナンバーである。40位初登場のJonas Brothers「Year 3000」、あまり名前を聞かないグループのいきなりのチャートインであるが、どうしたんだろう。曲はいかにもなボーイズ・ポップ・ロックという感じで若さが弾けている。

| | トラックバック (1)

すごい人の頭ん中

「すごい人の頭ん中」 ビジョネット/ゴマブックス
book
著名な起業家11人にインタビューしたDVDシリーズの内容を整理して書籍として再構成したものである。一人一人の文章はそれほど長くないため、突っ込んだ内容とはなっていないが、その短い文章からも彼らの強い思いが伝わってきて、読んでいて非常に爽快感を感じた。

| | トラックバック (0)

山でクマに会う方法

「山でクマに会う方法」 米田一彦/山と溪谷社
book
昨年の秋、あちこちで熊の被害が多かったことから、山に行くにもキャンプをするにしても熊が気になっていたため、この本を書店でふと見かけて思わず買ってきた。内容としては山で熊に会う方法が書かれているが、熊の生態も詳しく書かれていて、それらより熊を避ける方法もよく分かる内容となっている。
そしてこの本を読んで、熊というものをかなり誤解していたことに気がついた。熊は怖いという思いしかなかったのだが、熊も臆病で人間を恐れていること、だから早めに人間の存在を知らせてあげること(特に6月前後の山菜の多い場所は、お互いに山菜採りに夢中で草むらでばったりとなる可能性が高く危険)、運悪く会ってしまったら背中を見せて逃げないこと(熊は逃げるものは追う習性があり、かつ熊は人間より早く走れ木登りも得意なこと)などがよく分かった。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(LOW IQ 01)

●LOW IQ 01 「That's The Way It Is」

安いCDだなあと思って買ってみたら、6曲+Bonus Trackのミニアルバムだった。LOW IQ 01は2004年のアルバム「Masterlow 3」から聴き始めたのだが、ロック、ポップス、ソウルその他いろんな音楽の要素がごちゃ混ぜになったそのポップなセンスがけっこう気に入っている。

| | トラックバック (0)

乗鞍高原温泉スキー場テレマーク

今日、乗鞍岳方面にテレマークに行く予定で乗鞍高原温泉スキー場に向かったのだが、残念ながらスキー場のリフトが強風のため昼過ぎまで動かずで、上には行くことが出来なかった。仕方なしゲレンデ内を歩いて登り、途中から動き出したリフトに乗って最上部の三本滝ゲレンデを滑ってみたのだが、なんとそこはふかふかのパウダーゲレンデであった(^^)。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍高原温泉スキー場テレマーク 2007年2月

| | トラックバック (0)

北八(北横岳)冬山登山・ピラタステレマーク

今日、あまりに天気が良かったのでたまらず、仕事が終わった午後1時半からピラタススキー場に行き、北横岳に登ってきてからテレマークスキーでゲレンデを滑り降りたのだった。テレマークスキーの板をロープウェイの山頂駅に置いておいたのだが、北横岳から戻ってきたらちょうど山頂駅を閉める準備をしているところだった。危なかった(^^;。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 北八冬山登山・ピラタステレマーク 2007年2月

| | トラックバック (0)

Mac/Windows両対応のUSBワンセグチューナー

昨年の秋以降、USBワンセグチューナーが人気の様である。私もものは試しと買ってみようと思ったのだが、でも私の場合WindowsもMacも使っていると言うことで、出来たらMac/Win両対応のものが無いかと探してみた。すると以下の2つが見つかったのだった。
ログファーム:PCTV-hiwasa
IMJ:ON TIME TV
一つのパッケージでMac/Win両対応となるのはPCTV-hiwasaで、Mac版はMacのみとなる雰囲気なのがON TIME TVである。そしていずれも1月下旬発売を予定していたものの、まだ発売日等がはっきりしていないとのことだ。この様子では早くても2月の中旬以降かなあ(^^;。

| | トラックバック (0)

インターネットにおけるルールとマナー検定「ビジネス版」

インターネットにおけるルール&マナー検定
財団法人インターネット協会が無料で実施している「インターネットにおけるルール&マナー検定」に「ビジネス版」が追加された。「ビジネス版」は「ビジネス現場におけるインターネットの安全利用のために」とある様に、ビジネスの現場で必要なインターネットやセキュリティなどに関する知識をテストするものとなっている。
ということで早速挑戦してみた。もちろん全問正解を目標としたが、結構難しい問題や知識が曖昧な部分もあったりして、結果は50問中48問正解であった。ちなみに合格ラインは45問ということで、もちろん無事合格である(^^)。
ただこの試験、初回で合格するためには比較的難易度は高いと感じる。ブログやメール等のIT絡みの問題も多いが、セキュリティや会社、社会のルールといった問題は一般常識プラスαの知識が必要となる問題もあるからである。
合格証の発行は有料であるが、受験自体は無料で可能であるし、問題の内容的にも良質な試験だと思う。ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがだろうか。我こそはという方は、ぜひ初回合格を目指して欲しい。

| | トラックバック (0)

Amazonポイント

Amazonが2月1日よりポイント制を導入した。商品によって率は異なるものの、多くは価格の1%〜5%となっている。ただし、ポイントが確定するのは発送後40日ほどしてから、一度に使えるのは10万ポイント(10万円)まで、ためたポイントは全額を一度に使う必要があるなど、使い勝手がいまいちの部分はいろいろある。特に個人的には、購入比率の高い輸入CDのポイント付与率が悪いのがなにより残念である。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2007-02-10

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は4枚と、久々に動きのある週となった。また1位のセールスもやっと10万枚台に復活した。1位初登場はR&B/ヒップホップ、Pretty Ricky「Late Night Special」。132,000枚のセールス。2位初登場はロック、The Shins「Wincing the Night Away」。118,000枚のセールス。個人的には初めて名前を見るバンドであるが、結成は97年でこれが3枚目のアルバムとなるようだ。アルバムチャートでは86位が過去最高位ということで、今作でいきなりの大ブレークとなった。いったいなぜ?。甘いポップなサーフロック調の曲はかつてのBeach Boysを彷彿させるが、全体的にポップでビューティフルなアルバムである。アルバムを入手しだいレビューを報告したいと思う(^^)。3位は先週1位から後退したDaughtry「Daughtry」。ただしセールスは80,000枚と先週より増えている。4位初登場はVarious Artists「2007 Grammy Nominees」。77,000枚のセールス。今月発表される米音楽業界最大の賞 Grammyにノミネートされた曲を集めたコンピ盤で、言ってみれば2006年のジャンルレスのベスト盤と言って良い内容となっている。23曲も収録されており、2006年を振り替えるには最適の1枚といえると思う。そして5位初登場はロック、John Mellencamp「Freedom's Road」。56,000枚のセールス。80年代を代表するアメリカンロックのロッカーだった彼が今こうして再び評価されているというのは、本当にうれしい限りである。当時の若さはもう無いけれど、代わりに渋みと深みが加わっている。8位は先週の16位からTop10入りを果たしたRobin Thicke「The Evolution of Robin Thicke」。45,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、19位初登場のロック、Saliva「Blood Stained Love Story」、先週34位今週20位のRegina Spektor「Begin to Hope」、48位初登場のロック、Grateful Dead「Live at the Cow Palace」、49位初登場のThe Good, The Bad & The Queen「The Good, The Bad & The Queen」、59位初登場のポップス、Ernie Haase & Signature Sound「Get Away, Jordan」、72位初登場のロック、Of Montreal「Hissing Fauna Are You The Dest」、86位初登場のR&B、Sunshine Anderson「Sunshine At Midnight」など

シングルチャート:
今週の1位はまたもやBeyonce「Irreplaceable」。9週連続である。おかげで2位、Fall Out Boy「This Ain't A Scene, It's An Arms Race」、3位、Nelly Furtado「Say It Right」は変わらず。4位は先週6位から上がってきたDaughtry「It's Not Over」。いよいよTop3入り目前である。6位は先週の19位からジャンプアップのGwen Stefani Featuring Akon「The Sweet Escape」。勢いがあるなあ、この曲。久々の1位獲得も夢じゃないかも。7位は先週の11位からTop10入りしたLudacris Featuring Mary J. Blige「Runaway Love」。そして10位も先週13位からTop10入りしたJustin Timberlake「What Goes Around...Comes Around」。さて3曲連続No.1なるかどうか。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週17位今週11位のLloyd Featuring Lil'「Wayne You」、先週72位今週12位のPretty Ricky「On The Hotline」、先週32位今週19位のHellogoodbye「Here (In Your Arms)」、先週27位今週20位のOmarion「Ice Box」、先週23位今週21位のKT Tunstall「Suddenly I See」、先週25位今週22位のJohn Mayer「Waiting On The World To Change」、先週33位今週31位のRed Hot Chili Peppers「Snow ((Hey Oh))」、先週57位今週37位のRobin Thicke「Lost Without U」、先週50位今週38位のNickelback「If Everyone Cared」など。
今週38位のNickelback「If Everyone Cared」、アルバム「All The Right Reasons」からの4枚目となるシングルカットで、曲は彼らお得意のバラード系のロックナンバーである。

|

最近買ったCD(John Mellencamp)

●John Mellencamp 「Freedom's Road」

80年代のアメリカンロックを代表するロッカーの一人、John Mellencampのニューアルバムを買ってみた。2004年に発売されたベスト盤「Words & Music: John Mellencamp's Greatest Hits」で彼を久しぶりに聴いて以来、再び彼に注目しているのだが、今作でもJohn Mellencampらしい泥くさい庶民派ロッカーとしてのロックを聴かせてくれている。中でも#3の「The Americans」は80年代の輝きが戻ったかの様な曲でかなり気に入っている。

| | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »