« DTPエキスパート更新試験の通知 | トップページ | 春雨スープその他 »

今シーズンのバックカントリー総括

私の今シーズンのバックカントリー(テレマークスキー)が、6月16日の富士山吉田大沢大滑降で終了した。今シーズンは1月から6月にかけて、全部で14回テレマークに出かけたのだが、最後の富士山で今シーズン最高のいい思いをすることが出来、今もなおその余韻が残っている状態である(^^)。
振り返ってみると初回は1月の大雪の降った直後の霧ヶ峰。深雪でスキーが全く滑らず、半分遭難状態を経験できたことで、どんなに簡単な場所でも冬山を甘く見てはいけないということを思い知らされたのだった。
そして2月の乗鞍。強風でリフトが昼まで動かず、ゲレンデを歩いて登って一番上のかもしかゲレンデだけ滑ったのだが、この時今シーズンで最高に気持ちよいパウダーを味わうことが出来た。
3月、御嶽山ではテカテカツルツルのアイスバーンを経験することが出来た。あそこまでのアイスバーンというのは初めての経験だった。
次に4月の白馬乗鞍。天気が良い平日に行ったのだが、平日ゆえ人が少なくノートラックの斜面に自分だけのシュプールをくっきりと刻んでくることが出来た。週末だとあまりに人が多くて斜面が荒れているので、ここは平日がねらい目だと感じた。
そして5月。富士山に2度、吉田大沢と富士宮口の雪渓を滑ったのだが、いずれも強風で8合目でギブアップ。富士山が快適かどうかは天候に大きく左右されるのだった。
ただ6月に再び出かけた吉田大沢で、富士山初登頂、そして山頂からのドロップイン、最高のざらめ、何より吉田大沢にたった二人だけのシュプールという最高の良い思いを経験することが出来た。
それぞれのツアー記は以下を参照してほしい。
Fujimori World : 趣味の部屋

|

« DTPエキスパート更新試験の通知 | トップページ | 春雨スープその他 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンのバックカントリー総括:

« DTPエキスパート更新試験の通知 | トップページ | 春雨スープその他 »