« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

最近買ったCD(KT Tunstall)

●KT Tunstall 「Drastic Fantastic」

UKの女性シンガーソングライター、KT Tunstallのセカンドアルバムである。彼女はデビューアルバムに収録されている、映画「プラダを着た悪魔」に使われた「Suddenly I See」が世界的にヒットして注目されたのだが、私もその曲の雰囲気がとても気に入っていた。待望の新作であるが、前作と比べると全体的にアップテンポのポップな感じの曲が多いと感じる。アコギのバラードを基調にポップナンバーやパンク系のロックまで、いかにも彼女らしい良いアルバムに仕上がっている。

| | トラックバック (0)

平成19年度秋期試験の応募者数速報

情報処理推進機構:情報処理技術者試験センター:新着情報:平成19年度秋期試験の応募者数速報
IPAより平成19年度秋期試験の応募者数速報の発表があった。今回の試験の応募者数の前回からの増減数は-6,648人とのことだが、最近の大幅減少傾向を考えると減少幅が比較的少なくなっていると感じる。ちなみに過去の増減数は、平成18年度は春期試験が-17,885人、秋期試験が-37,919人。平成19年度は春期試験が-24,669人だった。
さてシステムアナリストに向けての勉強であるが、これから午後II対策の開始ということで、予定よりちょっと遅れ気味である。あと3週間、頑張りどころである。

| | トラックバック (0)

オークションの怖さ

先日、仕事上でPC用の古いパーツが必要となり、久しぶりにオークションに参加してみた。4年ほど前の部品で現在は販売されていないものの、オークションなら中古でかなり安く入手できるのではと思ったからである。
調べてみるとその型番はオークションに一つのみ出品されていて、最初は数百円の価格が付けられていた。この雰囲気ならまあ1000円以内で入手出来るかなと期待していたのだが、終了間際に別な人がいきなり1000円台に上げてきた。今時こんな中古パーツをほしがる人がいるんだろうかと思いつつ、他に代替品を探すのも面倒だったので、まあ2000円を付けておけば落ちるだろうと思っていたら相手は2100円を付けてきたのだった。その後はお互いにわずかずつ上げていき、最後は4000円を超えた時点で自分は諦めたのだった。
まあ今回はたかが知れた金額ではあるものの(^^;、オークションはあともう少し出せば自分のものになると言う感覚が金額を麻痺させてしまうとつくづく感じた。参加する前に上限を決めておき、それを超えないことが大事である。今後は気をつけなくては。

| | トラックバック (0)

Office 2008 for Mac

仕事をよりシンプルに : 「Office 2008 for Mac」の詳細を発表
マイクロソフトはMac版のOfficeの最新版「Office 2008 for Mac」を2008年1月に発売予定であることを発表した。今回のバージョンよりパッケージの構成が3種類となり、通常版に加えOffice 2008 Special Media Edition、Office 2008 ファミリー & アカデミックも用意されるという。Office 2008 ファミリー&アカデミックは家庭で3ライセンスまで使えて価格も22800円と通常版のアップグレード版より安いのは魅力である。通常版との差は、Entourage 2008においてMicrosoft Exchange ServerサポートとAutomatorツールが含まれないことだという。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2007-10-06

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
9月下旬から10月にかけてはメジャーアーティストのニューアルバムラッシュが続くのだが、今週もTop10内初登場は6枚と、半分以上が入れ替わる激動の週となった。1位初登場はカントリー、Reba McEntire「Reba Duets」。301,000枚のセールス。彼女にとって初のNo.1に輝いたアルバムとなったが、このアルバムはタイトルの通り、Kelly Clarkson、Rascal Flatts、Kenny Chesney、Justin Timberlakeなど多くのビッグアーティストとの共演が納められている。2位は先週の1位から後退したKanye West「Graduation」。226,000枚のセールス。3位は先週の2位からワンランクダウンの50 Cent「Curtis」。143,000枚のセールス。4位初登場はポップス、Barry Manilow「The Greatest Songs of the Seventies」。113,000枚のセールス。70年代のポップスの名曲を取り上げたもので、「the Fifties」の1位、「the Sixties」の2位に続いて3作連続でTop5入りしたことになる。まるでRod Stewartの「The Great American Songbook」の様にシリーズ化してきており、この調子だと来年は「the Eighties」版が登場するのだろうか。今作は自身がデビューした年代ということもあって、自身のヒット曲も6曲取り上げている。「Copacabana」など新しいアレンジで再び聴くと、うーん、良いなあと素直に思ってしまうのだが、他にも欲しいアルバムが目白押しなので購入するか思案中。7位初登場はポップス、James Blunt「All the Lost Souls」。92,000枚のセールス。彼はUKのシンガーソングライターで、2006年の大ヒット「You're Beautiful」の一発屋というイメージが強かったので、このセカンドアルバムの好セールスには正直意外な感じを受けたのだが、でも繊細さと共に力強さも感じさせるそのサウンドは、着実に彼の音楽の世界を築きつつあると感じさせてくれる。8位初登場はヒップホップ、Chamillionaire「Ultimate Victory」。79,000枚のセールス。9位初登場はポップス/ロック、KT Tunstall「Drastic Fantastic」。UKの女性シンガーソングライターで、これがセカンドアルバムになる。前作の「Suddenly I See」の様なキラーチューンは無いが、彼女らしい良いアルバムだと思う。10位初登場はヒップホップ、Twista「Adrenaline Rush 2007」。41,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、11位初登場のロック、Eddie Vedder「Into the Wild」、12位初登場のロック、him「Venus Doom」、16位初登場のロック、Motion City Soundtrack「Even If It Kills Me」、19位初登場のジャズ、Diana Krall「The Very Best of Diana Krall」、20位初登場のロック、Dropkick Murphys「The Meanest of Times」、先週49位今週24位のSoundtrack「Across The Universe: Deluxe Edition」、25位初登場のラテン、Gloria Estefan「90 Millas」、26位初登場のロック、Mark Knopfler「Kill to Get Crimson」、30位初登場のクラシック、Paul Potts「One Chance」、42位初登場のロック、New Found Glory「From The Screen To Your Stereo Part II」、先週179位今週43位のSoundtrack「Across The Universe」、48位初登場のR&B、Kenny "Babyface" Edmonds「Playlist」など。ちなみに今週のBillboard 200ではなんと31枚ものアルバムがニューエントリーしているとのこと。全部は紹介しきれないのでこの辺で。
11位のEddie Vedder「Into the Wild」はPearl Jamのフロントマンで、これは同名映画のSoundtrackの様だ。16位のMotion City Soundtrack「Even If It Kills Me」、キャッチーなドライブの効いたロックでかなり良い。あのCarsのRic Ocasekもプロデュースに参加しているだけのことはある。26位のMark Knopfler「Kill to Get Crimson」、元Dire Straitsのギタリストで、彼のギターの音色はDire Straitsの時代から個人的にとても気に入っている。大人向けの熟成されたロックである。48位のBabyface「Playlist」、懐かしのフォーク系を中心とした名曲のカバー集で「Fire and Rain」、「Time In A Bottle」、「Longer」などが納められている。うううっ、これも良いなあ。30位のPaul Potts「One Chance」も、デビューのいきさつを聞くと思わずこちらも欲しくなってしまう。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位から首位に立ったSoulja Boy Tell'em「Crank That (Soulja Boy)」。2位は先週1位のKanye West「Stronger」。3位変わらずはTimbaland Featuring Keri Hilson「The Way I Are」。以下10位までは大きな変動は無いものの、先週より順位を上げているのは先週6位今週5位のJ. Holiday「Bed」と先週16位今週10位のColbie Caillat「Bubbly」の2曲。Colbie Caillat「Bubbly」のTop10入りはうれしいなあ。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週12位今週11位のmatchbox twenty「How Far We've Come」、先週18位今週17位のJustin Timberlake「LoveStoned」、先週27位今週18位のBaby Bash Featuring T-Pain「Cyclone」、先週23位今週19位のMaroon 5「Wake Up Call」、先週33位今週22位のTimbaland Featuring OneRepublic「Apologize」、先週61位今週28位のFeist「1, 2, 3, 4」、先週37位今週33位のDaughtry「Over You」、先週54位今週39位のRihanna Featuring Ne-Yo「Hate That I Love You」など。
今週28位のFeist「1, 2, 3, 4」、いきなり急上昇しているのでどんな曲だろうと試聴してみたら、今iPodのCMで使われているあの曲であった。懐かしいフレンチポップスの香りがするなあと思っていたが、彼女は確かにフランス系のカナダ人とのこと。

| | トラックバック (1)

最近買ったCD(Foo Fighters / Rascal Flatts)

●Foo Fighters 「Echoes, Silence, Patience, & Grace」

Foo Fightersの6枚目のアルバムである。2006年の前作「Skin and Bones」がアコースティックライブ盤だったので、オリジナル盤としては2005年の「In Your Honor」以来となる。今作でもいかにも彼ららしい静と動のメリハリの効いた、そしてとことん真っ直ぐなロックを聴かせてくれている。前半がハード、後半がアコースティック&バラードという構成になっているが、やはり前半のハードな曲が好みである。

●Rascal Flatts 「Still Feels Good」

全米で絶大な人気を誇るカントリーロック・グループ、Rascal Flattsの、2006年の「Me and My Gang」に続くニューアルバムが発売された。Rascal Flattsはカントリー系ながらポップ・カントリー、カントリー・ロック調の曲がほとんどで、初期のEaglesを思い出させるような爽やかなサウンドで、個人的にも好きなグループである。誠実さが伝わってくるヴォーカル、そして爽やかなハーモニーが気持ちよい。

| | トラックバック (0)

Word スタイルの履歴維持


日経パソコン誌2007/9/24号の特集はWordについてであった。その中でへ〜と思った部分があったので紹介したいと思う。それはワードのスタイルについての部分である。
スタイル機能を使っていると、標準のスタイルをちょっと変更したものが全てスタイルの一覧に登録されてしまい、煩わしいなあと感じていたのだが、この自動登録をしないようにする方法が紹介されていた。「オプション」の「編集と日本語入力」の「書式の履歴を維持する」のチェックを外す、である。これでスタイルの一覧がずいぶんとすっきりした。

| | トラックバック (0)

久しぶりの乗馬

午後、家族で乗馬をしにミノワ乗馬クラブへ行ってきた。ミノワ乗馬クラブは初めてで、私自身乗馬は2年ぶりである。子供達がちょっと緊張気味で心配だったのだが、終わった後で楽しかったと言ってくれたのでホッとした。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : ミノワ乗馬クラブ 2007年9月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(James Blunt)

●James Blunt 「All The Lost Souls」

UKのシンガーソングライター、James Bluntの2年ぶりとなるセカンドアルバムが発売された。James Bluntは2006年のNo.1ヒット「You're Beautiful」の一発屋というイメージがあって、このセカンドアルバムも正直買おうか迷っていたのだが、試聴してみてその繊細で優しい歌声はやはり良いなと思い、買ったのだった。前作の「You're Beautiful」の様なずば抜けた曲は無いが、繊細さと力強さのほどよいミックス加減など、アルバムとしての完成度は上がっている。秋に似合うアルバムである。

| | トラックバック (0)

八ヶ岳硫黄岳登山

三連休の初日の今日、地元八ヶ岳の硫黄岳に登ってきた。6時に桜平をスタートし、硫黄岳、峰の松目を登って11時前には桜平に戻ってくることが出来た。それにしても桜平の駐車場は、この時間になると超満杯状態で、相当下まで道路脇に車が停まっていた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 八ヶ岳登山 2007年9月

| | トラックバック (0)

MACPOWER誌休刊

MACPOWER休刊のお知らせ
Macの雑誌「MACPOWER」が2007年10月号を最後に休刊となった。創刊は1990年ということで、18年の歴史を持つ雑誌の休刊は残念である。私もかつてはMACPOWER誌を毎月買っていた時期もあったが、2005年4月からリニューアルして「クリエイティブ・ライフスタイル誌」となって以来、読みたい内容がほとんど無くなってしまったために購入をやめていた。
今はMac系雑誌では「Mac Fan」のみを読んでいるが、かつてもっとも多いときは1ヶ月に「MACLIFE」、「MACPOWER」、「日経MAC」、「Mac User」、「Mac World」と5誌もMacの雑誌を読んでいたのには、今思い出しても笑ってしまうほどである。当時はMacが全てだった。

| | トラックバック (0)

今日の八ヶ岳 2007-09-20

今日の午後2時頃の八ヶ岳である。今日は朝から秋晴れの良い天気となり、八ヶ岳がくっきりと見えていた。こんな日に登ることが出来たら、最高に気持ちよさそうである。
20070920

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2007-09-29

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は3枚だったが、そのいずれもがビッグセールスを記録した。1位初登場はヒップホップ、Kanye West「Graduation」。957,000枚のセールス。あともう少しでミリオンだった。Kanye Westと50 Centの新作が激突する週ということで、どちらが勝つか話題を呼んでいたのだが、Kanye Westの圧勝という結果となった。2位初登場はヒップホップ、50 Cent「Curtis」。691,000枚のセールス。2005年の前作「The Massacre」の初動セールスが1.1 millionだったので、ずいぶんとセールスダウンしたことになる。3位初登場はカントリー、Kenny Chesney「Just Who I Am: Poets & Pirates」。387,000枚のセールス。本来なら堂々1位のセールスと言えるが、今週はさすがにタイミングが悪かった。4位は先週の1位から後退したSoundtrack「High School Musical 2」。今週のTop10 Re-Entry組は2枚。先週14位今週8位のColbie Caillat「Coco」、そして先週12位今週10位のJustin Timberlake「FutureSex/LoveSounds」。
11位以下で気になったものとしては、先週26位今週13位のTimbaland「Timbaland Presents Shock Value」、16位初登場のSoundtrack「Grey's Anatomy 3」、22位初登場のカントリー、Trisha Yearwood「Greatest Hits」、27位初登場のR&B、B5「Don't Talk, Just Listen」、先週95位今週44位のFeist「The Reminder」、49位初登場のSoundtrack「Across The Universe: Deluxe Edition」、58位初登場のR&B、Cupid「Time For A Change」、69位初登場のロック、Pinback「Autumn Of The Seraphs」、72位初登場のロック、Animal Collective「Strawberry Jam」、79位初登場のロック、Iced Earth「Framing Armageddon: Sometheing Wicked Part 1」、86位初登場のロック、Hot Hot Heat「Happiness LTD.」、89位初登場のポップス、Ani DiFranco「Canon」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位から上がったKanye West「Stronger」。アルバムチャートとシングルチャートの両チャートでNo.1となった。2位は先週1位のSoulja Boy「Crank That (Soulja Boy)」。3位は先週の4位から上がってきたTimbaland Featuring Keri Hilson「The Way I Are」。5位は先週の19位から一気に上がってきた50 Cent Featuring Justin Timberlake & Timbaland「Ayo Technology」。6位は先週の11位から上がってきたJ. Holiday「Bed」。7位は先週の10位から上がってきたKeyshia Cole Featuring Missy Elliott & Lil Kim「Let It Go」。9位は先週の14位から上がってきたPink「Who Knew」。
Pinkは前シングル「U + Ur Hand」」に続き、2作連続のTop10ヒットとなった。うれしいなあ。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、14位初登場のKanye West Featuring T-Pain「Good Life」、先週71位今週15位のAlicia Keys「No One」、先週21位今週16位のColbie Caillat「Bubbly」、先週20位今週18位のJustin Timberlake「LoveStoned」、先週45位今週20位の50 Cent「I Get Money」、先週40位今週23位のMaroon 5「Wake Up Call」、先週79位今週30位のKenny Chesney「Don't Blink」、先週52位今週33位のTimbaland Featuring OneRepublic「Apologize」など。
今週15位のAlicia Keys「No One」、久しぶりに彼女の歌声を聴いた気がする。ニューアルバムが待ち遠しい。33位のTimbaland Featuring OneRepublic「Apologize」、Timbalandにしては珍しくR&Bのメローなバラードである。個人的には気に入っているが、さてチャートではどこまで上がるのだろう。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Mark Knopfler)

●Mark Knopfler 「Kill To Get Crimson」

元Dire Straitsのギタリスト、Mark Knopflerの2006年の「All the Roadrunning」に続くアルバムが発売された。ただ前作はEmmylou Harrisと組んでのカントリータッチのアルバムだったので、彼自身のオリジナル盤としては2004年の「Shangri-La」以来と言っていいかもしれない。相変わらず彼の渋いヴォーカルとその何とも心地よいギターの音色が最高である。毎回、彼のアルバムは良いぞと言い続けている気がするが、今作も実に良い。まさにグッド・ミュージックである。音楽っていいなと、しみじみ感じるのであった。

| | トラックバック (0)

中小企業診断士3回目実務補習修了

9月6日(木)、7日(金)、16日(日)、17日(月)、18日(火)と続いた9月の中小企業診断士実務補習がやっと昨日終了した。これで3回目の実務補習が完了したということで、昨日実務補習の修了式があり、同時に経済産業大臣あての登録申請書の提出、診断協会への加入手続きを済ませてきた。早ければ10月にも正式に診断士登録されることとなる。思い返せば、ここまで本当に長い道のりであった。
Fujimori World : IT資格情報 : 中小企業診断士

| | トラックバック (0)

フォースープその他

●日清食品 スパイスキッチン グリーンカレー・フォースープ 165kcal
「本格スパイスがクセになる!ちょっと贅沢なフォースープ」とあり、料理方法のところにもお湯を入れた後に「まずは香りをお楽しみ下さい。」と書かれている。スープである茄子が浮いたグリーンカレーの味が心配だったが(私自身、グリーンカレーなるものは食べたことが無かったため)、香りはとてもスパイシーで、味もピリ辛系ながらスパイスの効いた味で悪くない。

●日清食品 スパイスキッチン トムヤムクン・フォースープ 137kcal
スパイスキッチンのシリーズと言うことで、こちらにも「本格スパイスがクセになる!ちょっと贅沢なフォースープ」と書かれている。香りはそれほど強く感じなかったが、味はスパイシーというか、かなり酸っぱくてピリ辛で強烈であった。でも個人的には好きな味である。

●永谷園 もちっ!ひらっ! クイチャップ トムヤムクンスープ 59kcal
クイチャップって何だろうと思って興味を持って買ってみた。クイチャップとはお米で出来た平たいビーフンと書かれていて、米麺フォーの短くて幅広で薄いバージョンと感じた。スープの味は酸っぱさはそれほど感じなかったが、結構辛くて低カロリーの割には食べ応えがあった。

●クノール スープパスタ コーンクリーム 190kcal
久しぶりにクノールのスープパスタを買ってみた。コーンクリームは以前に食べたかどうか全く覚えていないので、おそらく初めてだと思う。味はまあ予想通りというか、コーンクリーム自体は甘めでおいしいのだが、どうもその甘さの中でパスタがなじんでいないような...。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Diana Krall)

●Diana Krall 「The Very Best Of Diana Krall」

カナダ出身の女性ジャズピアニスト&ヴォーカリスト、Diana Krallのデビュー以来12年目にして初となるベスト盤である。私が彼女を聴き始めたのは2004年の「The Girl in the Other Room」からとなるので、ベスト盤と言っても知らない曲が多く、新鮮な気持ちで聴くことが出来た。これからの秋の夜長、彼女のしっとりとしたジャズヴォーカルをじっくりと聴いてみたいと思う。
なお私が買った初回限定版は9曲入りのDVDが付いていて結構お買い得と感じる。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2007-09-22

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は1枚のみと動きの少ない週となった。今週の1位は4週連続となるSoundtrack「High School Musical 2」。165,000枚のセールス。セールスは週毎に落ちているのだが、他に強力なアルバムが発売されないために1位の座を守っている。まあ嵐の前の静けさというところ。2位は先週の5位から上がってきたFergie「The Dutchess」。49,000枚のセールス。セールス自体は伸びてないが(^^;、全体的な売上が落ちたことで順位が上がったという形であるが、いずれにせよチャートイン後51週目にして2位という最高位を記録したことになる。3位は先週の4位からワンランクアップのMiley Cyrus「Hannah Montana 2 (Soundtrack)/Meet Miley Cyrus」。47,000枚のセールス。5位初登場はロック、Chiodos「Bone Palace Ballet」。39,000枚のセールス。スクリーモ系?。それにしてもメインヴォーカルが妙にヘタに聞こえる(^^;。8位は先週の10位から上がってきたNickelback「All the Right Reasons」。36,000枚のセールス。9位も先週の13位から再び上がってきたAmy Winehouse「Back to Black」。29,000枚のセールス。10位も先週の11位から再び上がってきたLinkin Park「Minutes to Midnight」。28,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、先週32位今週12位のJustin Timberlake「FutureSex/LoveSounds」、先週29位今週14位のColbie Caillat「Coco」、41位初登場のロック、Every Time I Die「The Big Dirty」、48位初登場のゴスペル、Israel & New Breed「A Deeper Level: Live」、先週68位今週57位のFlyleaf「Flyleaf」、76位初登場のクラシック、Luciano Pavarotti「The Best: Farewell Tour」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週と変わらずSoulja Boy「Crank That (Soulja Boy)」。2週連続となる。2位Kanye West「Stronger」、3位Fergie「Big Girls Don't Cry」も先週と変わらず。6位は先週の8位から2ランクアップのNickelback「Rockstar」。10位は先週11位からTop10入りを果たしたKeyshia Cole Featuring Missy Elliott & Lil Kim「Let It Go」。それにしても今週のシングルチャートTop10は目立った動きが少ないので正直つまらない。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週15位今週11位のJ. Holiday「Bed」、先週93位今週12位のmatchbox twenty「How Far We've Come」、先週18位今週16位のSean Kingston「Me Love」、先週23位今週20位のJustin Timberlake「LoveStoned」、先週38位今週21位のColbie Caillat「Bubbly」、先週33位今週28位のBaby Bash Featuring T-Pain「Cyclone」、先週38位今週44位のDaughtry「Over You」、先週52位今週40位のMaroon 5「Wake Up Call」など。
今週21位のColbie Caillat「Bubbly」、先週の38位から一気に上がってきたが、シンプルなアコースティックのバラードである。サーフ系の癒しの雰囲気が良い感じである。

| | トラックバック (0)

今日の八ヶ岳 2007-09-13

今日の午後3時頃の八ヶ岳である。9月に入ってからぐずついた天気が続いているが、昨日の午前中から今日にかけては久しぶりに青空が広がった。しかし夜はずいぶんと涼しくなった。もう秋である。
20070913

| | トラックバック (0)

論文塾申し込み

10月に受験する情報処理技術者試験のシステムアナリストに向けて、午後IIの小論文対策として論文塾の通信講座を申しこんだ。実は論文塾への申し込み3回目で、過去2回は論文模試コースであったが、いずれも時間が無くて論文を提出出来ずに終わっていたので(^^;、今回こそはきちんと論文を書く練習をしてみたいと思う。
論文塾

| | トラックバック (0)

μ795SW

水深10mまでの防水機能と耐衝撃・防塵機能を備えたコンパクトデジタルカメラ「μ795SW」を新発売
先日の「μ790SW」の発表に続き、オリンパスよりアウトドアデジカメの新機種「μ795SW」が発表された。いずれもμ770SWの後継機種であるが、μ790SWは水深が3mに落とされたのに対して、μ795SWは水深は10mとμ770SWと同じレベルとなっている。デザイン的にもμ795SWはμ790SWと違ってμ770SWとほとんど同じである。
まあ水深10mは確かに水中カメラとして中途半端であるのは確かであるが(ダイビングには使えないし、水辺で遊ぶだけには10mもいらない)、でもシュノーケル派で3mは潜って撮影したい人にとっては重宝する仕様ではあるのだ。

| | トラックバック (0)

八ヶ岳縄文の里マラソン大会

今日、地元で開催されたマラソン大会「第1回八ヶ岳縄文の里マラソン大会」に中一の息子と共に参加してきた。私はハーフマラソン、息子は3kmである。天気もまあまあで、高原の秋の涼しい風を受けながら走ることが出来た。それにしても走り始めて早々に右足のふくらはぎに違和感を感じ、筋肉が張って痛くなったのには参った。右足をかばいながらの走りとなったが、なんとか完走できて良かった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 八ヶ岳縄文の里マラソン大会 2007年9月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Atreyu / Lyle Lovett)

●Atreyu 「Lead Sails Paper Anchor」

2007-09-15付けの全米Billboardアルバムチャートで初登場8位にチャートインしたことから興味を持って買ったアルバムである。ヘヴィーでメタル系のロックながら、80年代を思い出させる懐かしい雰囲気とキャッチーなメロディーラインが気に入った。ただし時々はいるスクリーモ系のヴォーカルで今っぽい雰囲気はある。

●Lyle Lovett 「t's Not Big It's Large」

彼のアルバムは今回初めて買ったのだが、このニューアルバムを試聴してみて、そのあまりのジャンルレスの音楽性に驚いたためである。ベースはカントリー系だと思うが、フォーク、ブルーブラス、ゴスペル、ブルースなどが入り混じっており、それとは全く別ジャンルの本格的ジャズの曲もある。1曲目を試聴した時は、そのご機嫌のスイングにてっきりビッグバンドのジャズバンドかと勘違いするほどであった。個人的にはそのジャズ系の曲ばかり集めたアルバムを出して欲しいくらいである。

| | トラックバック (0)

New iPod Shuffle

アップルより9月6日付で新しいiPodのラインナップが発表された。
アップル、iPod touchを発表
アップル、新しいiPod classicを発表
アップル、まったく新しくなったiPod nanoを発表
以前よりiPhoneと同じインターフェースを採用したiPodが発売されるのではと噂になっていたので、今回の発表で特に驚きもないが、ただこの直感的で革新的なインターフェースはまさに新しい時代を感じさせてくれるのは確かである。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2007-09-15

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。今週の1位はまたまたSoundtrack「High School Musical 2」。210,000枚のセールス。これで1位初登場以来3週連続1位となり、セールスも100万枚を突破した。2位初登場はロック、Casting Crowns「The Altar and the Door」。129,000枚のセールス。クリスチャンロック系のバンドで、曲は今や全米のメインストリームロックとなったNickelbackのバラード系の曲に近い。3位初登場はヒップホップ、Yung Joc「Hustlenomics」。69,000枚のセールス。8位初登場はロック、Atreyu「Lead Sails Paper Anchor」。43,000枚のセールス。ヘヴィーでメタル系ながら懐かしさを感じさせるキャッチーなメロディーラインが気持ちよい。試聴して思わず購入のボタンをクリックしてしまった(^^)。9位初登場はR&B、Ben Harper「Lifeline」。41,000枚のセールス。ジャンルレスのアーティストで、ルーツミュージック、ロック、フォーク、ソウルなどが入り混じっている。2006年の前作「Both Sides of the Gun」の初登場7位に続いて2作連続となるTop10アルバムとなった。このアルバムも欲しいけれどどうしよう(^^;。今月はまさにアルバムラッシュの月なのだ。
11位以下で気になったものとしては、18位初登場のカントリー、Lyle Lovett「t's Not Big It's Large」、先週64位今週23位のAkon「Konvicted」、44位初登場のロック/ヒップホップ、Kottonmouth Kings「Cloud Nine」など。
18位のLyle Lovett「t's Not Big It's Large」、彼のアルバムを試聴してみたが、そのあまりのジャンルレスのサウンドにまず驚かされた。ベースはカントリー系だと思うが、フォーク、ブルーブラス、ジャズ、ゴスペル、ブルースなどが入り混じっている。1曲目を試聴した時は、てっきりビッグバンド系のジャズバンドかと勘違いするほどであった。すごい人がいるものだ。23位のAkon「Konvicted」、いきなり急上昇しているが、これは何曲か曲が追加された新盤が発売になったためである。先にアルバムを買っている私から見るとちょっとずるいと思う(^^;。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位から上がったSoulja Boy「Crank That (Soulja Boy)」。2位は先週の3位から上がってきたKanye West「Stronger」。先週1位だったFergie「Big Girls Don't Cry」は残念ながら3位へダウン。8位は先週の11位からとうとうTop10入りを果たしたNickelback「Rockstar」。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週12位今週11位のKeyshia Cole Featuring Missy Elliott & Lil Kim「Let It Go」、先週16位今週12位のPink「Who Knew」、先週93位今週17位のCarrie Underwood「So Small」、先週29位今週26位のLifehouse「First Time」、先週59位今週38位のColbie Caillat「Bubbly」、先週51位今週40位のCiara Featuring 50 Cent「Can't Leave 'Em Alone」など。
今週17位のCarrie Underwood「So Small」、10月発売予定のニューアルバムからのカットと思われる。アルバムも間違いないなく大ヒットするんだろうなあ。38位のColbie Caillat「Bubbly」、先日デビューアルバム「Coco」が初登場で5位にランクインしたポップで癒し系のアコースティックなシンガーソングライターである。

| | トラックバック (0)

今日も8km

今度の日曜日の八ヶ岳縄文の里マラソン大会に向けて、2、3日に一度のペースで夜走っている。今日は出来たら12kmほど走りたいと思ってスタートしたが、途中で雨が降ってきたため、一昨日と同じ8kmで終わりにした。
走っているのは広い歩道が両側にある幹線道路であるが、それにしても途中、いつも折り返す交差点で折り返したとたん、パトカーがこちら側に曲がってきたのであれっと思っていたら、後ろからちょっとすみませんがと呼び止められてしまったのだった(^^;。何か事件があったらしく、今までどこを走っていたかとか、氏名住所などを聞かれてしまった。もしかしてパトカーを見て急に反対側に走り出したと思われたのかとも感じたが、それにしてもなんだかなあ。

| | トラックバック (0)

やっと光に

今までインターネットは、10年以上前よりISDNを使ってアクセスしていたが、さすがに最近重いコンテンツが増えてきてこともあり、やっと重い腰を上げて光に移行することにした。そして今日、その工事が行われ、今は光で快適にインターネットを使えるようになった(^^)。
ただしホームページ作成業務をする上では、回線があまりに速いのは良い面と悪い面があり、重たいコンテンツを間違って貼り付けてしまっても、自分では気づきにくいので注意が必要である。
ところで設置されたルータはPR-220NEというもので、回線終端装置内蔵型でがっかりであった。実はもう一つ別なルータを接続する予定があったからである。でもこのPR-220NE、よく見てみるとどうやら...(ここは非公開(^^;)...で、無事もう一台のルータを接続することが出来た。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Ken Yokoyama)

●Ken Yokoyama 「Third Time's A Charm」

大好きなパンクロッカー、Ken Yokoyamaの2005年の「Nothin' But Sausage」以来となるニューアルバムが発売されたので、発売日(の前日)に早速買ってきた。まだ一聴しただけであるが、前作同様にバンドで気持ちよくパンクしているなと感じる。今作もまた聴き狂いそうだなあ(^^)。
収録曲の中では幼い息子のことをうたった#9「Father's Arms」、家族への感謝をうたった#15「I Love」が特に印象に残るが、いつもアルバムに1曲か2曲入っている懐メロが今作でも#10「Daydream Believer」、#14「Somewhere Over The Rainbow」で取り上げられている。

| | トラックバック (0)

DTPエキスパート更新試験完了

先月送られてきたDTPエキスパートの更新試験の答案の提出期限は9月5日であるが、昨日までに一通り解答し終わり、今日なんとか答案用紙を郵送することが出来た。
それにしても比較的簡単な問題と難しい問題の落差が大きく、テキストに問題文とほぼ同じ文章が載っている一方で、難しい問題ではそこまで特定ソフトの特定機能について突っ込むのかという感じであった。
さて次はいよいよ10月のシステムアナリストである。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Fergie)

● Fergie 「The Dutchess」

これはBlack Eyed Peasの紅一点、Fergieの昨年発表されたデビューアルバムである。今までアルバムを買おうか迷っていたのだが、最新のビルボードのHot100で彼女のバラード「「Big Girls Don't Cry」が1位になったことから、やっと彼女のアルバムをじっくりと聴いてみようとアルバムを買ってみた。彼女のイメージとしてはBEPあるいはNo.1ヒットを記録した「London Bridge」のヒップホップ調が強烈なイメージであるものの、アルバム全体を通してみると決してヒップホップ系アルバムという訳ではなく、バラードからレゲエ、懐かしのポップス調まで実に幅広く、ポップスアルバムとして楽しく聴くことが出来た。(逆にヒップホップ系を期待する人にはちょっと物足りないかもしれない)またボーナストラックの#15は彼女にしては珍しく本格的ロックナンバーで、意外性も感じさせてくれる。

| | トラックバック (0)

北八MTB林道ツーリング

今日、友人と二人で北八の東側を走っている林道(林道大河原峠線、大石川線)のMTBツーリングに行ってきた。大河原峠をスタートして八千穂高原自然園に出るこのコースは、以前より一度行ってみたいと思っていたコースである。前半は登りが多く、また悪路にも苦労したが、後半はずーっと下りが続き、快適なダウンヒルを楽しむことが出来た。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 八ヶ岳林道MTBツーリング 2007年9月

| | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »