« MCP 70-621受験に向けて | トップページ | 最近買ったCD(Paul Potts) »

全米ビルボード最新チャート 2007-10-13

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週も先週に続いてアルバムラッシュの週となり、Top10内初登場は5枚と半数が入れ替わる激戦の週となった。1位初登場は予想通りの強さを発揮したカントリー、Rascal Flatts 「Still Feels Good」。547,000枚のセールス。彼らにとって3枚目のNo.1アルバムとなったが、ちなみに昨年の前作「Me and My Gang」の初動セールスは722,000枚だった。カントリー系ながらポップカントリー、カントリーロック色が濃く、幅広い層に受け入れられている。2位初登場はR&B、Keyshia Cole「Just Like You」。281,000枚のセールス。昨年のデビューアルバム(最高位6位)に続くセカンドアルバムとなる。3位初登場はロック、Foo Fighters「Echoes, Silence, Patience & Grace」。168,000枚のセールス。2005年の前作「In Your Honor」は2位初登場と安定した人気を誇っているが、個人的にも彼らの真っ直ぐなロックはお気に入りである。今作もハードな面とアコースティックな面ががほどよく盛り込まれている。4位初登場はR&B、Jill Scott「The Real Thing: Words and Sounds Vol. 3」。148,000枚のセールス。3年ぶりのアルバムとなるが、今作でもR&B、ソウル、ブルースからメローでポップな曲まで、相変わらずクリエイティブな彼女の音楽の世界を聴かせてくれている。7位初登場もR&B、Jagged Edge「Baby Makin' Project」。78,000枚のセールス。安定した人気を誇る4人組みのヴォーカルグループで、2006年の前作も初登場6位だった。
11位以下で気になったものとしては、11位初登場のジャズ/R&B、Queen Latifah「Trav'lin' Light」、13位初登場のロック、Melissa Etheridge「Awakening」、14位初登場のポップス、Joni Mitchell「Shine」、15位初登場はR&B、Chaka Khan「Funk This」、16位初登場のジャズ、Tony Bennett「Sings the Ultimate American Songbook, Vol. 1」、18位初登場のヒップホップ、Gorilla Zoe「Welcome to the Zoo」、21位初登場のロック、Dethklok「Dethalbum」、22位初登場のロック、David Crowder Band「Remedy」、24位初登場のロック、Iron & Wine「The Shepherd's Dog」、26位初登場のロック、Down「Down III」、27位初登場のジャズ、Chris Botti「Italia」、先週36位今週28位のFeist「The Reminder」、38位初登場のヒップホップ、will.i.am「Songs About Girls」、44位初登場のR&B/ポップス、The Cheetah Girls「TCG」など。今週も初登場が多いのでこの辺で。
11位のQueen Latifah「Trav'lin' Light」、Jazzの名門レーベル、Verveへ移籍しての第一弾となるアルバムであるが、JazzナンバーとR&Bナンバーから構成されていて、Jazzナンバーではバラードからビッグバンドをバックのスイングナンバーまで、見事に歌い上げている。素晴らしい。思わず購入ボタンをクリック。14位のJoni Mitchell「Shine」、なんて懐かしい名前だろう。60年代70年代を代表するシンガーソングライターの一人で、昔は「Blue」など良く聴いていた。本作は彼女にとって5年ぶりの新作とのこと。

シングルチャート:
今週のシングルチャートは久しぶりに大きな動きがあった。1位は先週と変わらず通算4週目となるSoulja Boy Tell'em「Crank That (Soulja Boy)」。2位、Kanye West「Stronger」も先週と変わらず。3位はなんと先週の68位から一気にTop3に飛び込んできたBritney Spears「Gimme More」。最近は離婚騒動でゴシップばかりが聞こえてくるブリちゃんであるが、この久しぶりのシングルは大ヒットとなった。そして6位は先週の22位からTop10入りしたTimbaland Featuring OneRepublic「Apologize」。8位も先週の28位から一気にTop10に飛び込んできたFeist「1, 2, 3, 4」。カラフルなPVが印象的である。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週16位今週12位のAlicia Keys「No One」、先週50位今週19位のRascal Flatts「Take Me There」、先週39位今週26位のRihanna Featuring Ne-Yo「Hate That I Love You」、先週33位今週31位のDaughtry「Over You」、先週48位今週37位のFoo Fighters「The Pretender」など。
今週26位のRihanna Featuring Ne-Yo「Hate That I Love You」、いかにもNe-Yoという感じのバラードで、それが分かっていてもなかなかに気持ちよい曲である。アルバム「Good Girl Gone Bad」からの3枚目のシングルカットとなるが、1枚目の「Umbrella」は1位のビッグヒット、2枚目の「Shut Up And Drive」が確か最高位15位でTop10まで届かなかった。さてこのメローなバラードでどこまで順位を上げることが出来るか。

|

« MCP 70-621受験に向けて | トップページ | 最近買ったCD(Paul Potts) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/16660322

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ビルボード最新チャート 2007-10-13:

« MCP 70-621受験に向けて | トップページ | 最近買ったCD(Paul Potts) »