« 乗鞍テレマーク | トップページ | 今日の八ヶ岳 2008-01-04 »

最近買ったCD(馬場俊英)

●馬場俊英 「人生という名の列車」

昨年末の紅白をちらっと見た際、ちょうど歌っていたのがこの人だった。「スタートライン」、まさに自分の心の琴線に響く歌詞で、思わずCDも買ってみたのだった。「くじけそうな時こそ遠くを見るんだよ、チャンスは何度でも君のそばに」。良い歌詞だなあと思うし、また彼自身もまさにこの歌詞のように、かつてメジャーを契約解除になっても決して諦めず、とうとう紅白出場まで勝ち得たのだった。
またタイトルナンバーの「人生という名の列車」は人生を列車に乗った旅に例えた歌で、10分近くある大曲であるがもっと聴いていたいと思った。機関銃のような早口の歌詞が次々と物語を展開していく様は、かつての吉田拓郎やブルース・スプリングスティーンの様でもある。この曲は今30代、40代のお父さんための人生応援歌である。

|

« 乗鞍テレマーク | トップページ | 今日の八ヶ岳 2008-01-04 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近買ったCD(馬場俊英):

« 乗鞍テレマーク | トップページ | 今日の八ヶ岳 2008-01-04 »