« egword/egbridgeの終了 | トップページ | 今日の八ヶ岳 2008-01-30 »

誰も書けなかった年金の真実

「誰も書けなかった年金の真実」 辛坊治郎/幻冬舎
book
書店でふと見かけて買ってみた本である。年金問題に注目していればメディアやネットから分かる内容が多いと感じるので、タイトルはちょっとオーバーかなとも感じるが、いずれにせよ今年金システムが抱えている問題を整理した上で著者なりの一つの方向性を示しているのは、年金問題を見つめ直す良い材料になると思う。
個人的には現行制度は、払ったお金の8倍ももらえる持ち逃げ層がいて、その年金より少ない年収の若者がその年金を支えているということが、何ともやりきれないと感じる。

|

« egword/egbridgeの終了 | トップページ | 今日の八ヶ岳 2008-01-30 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/17896549

この記事へのトラックバック一覧です: 誰も書けなかった年金の真実:

« egword/egbridgeの終了 | トップページ | 今日の八ヶ岳 2008-01-30 »