« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

最近買ったCD(Madonna)

●Madonna 「Hard Candy」

Madonnaの2005年の「Confessions on a Dance Floor」以来となる2年半ぶりの通算12作目のオリジナルアルバム。前作で大成功したダンスミュージック路線をさらに進めていて、ヒップホップ、R&Bなどと融合したポップなダンスアルバムに仕上がっている。しかもあくまでメインはダンスのリズムではなく彼女のヴォーカルである点はさすが。かなり良いぞ、このアルバム。
ただしこのジャケット写真だけはいただけない。持って歩くだけで恥ずかしくなる(^^;。

| | トラックバック (0)

残雪の入笠山登山

午前中時間があったので、久しぶりに近くの入笠山に登ってみた。それにしてもテレマークスキーやスノーシュー以外で山に登るのは本当に久しぶりである。登山道にはまだかなりの残雪があったが、今日歩いたときはつぼ足でもそれほど沈むことなく歩くことが出来た。ストックは特に下りで重宝した。またゴールデンウイークということもあってか、多くの人が登りに来ていた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 入笠山登山 2008年4月

| | トラックバック (0)

御岳テレマーク

昨日、御岳にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけてきた。ゴールデンウイーク前半で人出が予想されたため、まだ道路が上まで開通していなくて入る人が少ないであろう大滝側から登ってみた。さすがにおおたけ2240の営業していないスキー場を登って入る人は少なく、途中で見かけた人は登山者のみ数名だけだった。スキーは私一人だけということで、大滝側の斜面を独り占めで滑ることが出来た。雪も前日降った雪のために、この時期としては考えられないほど快適だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 御嶽山テレマーク 2008年4月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Ashlee Simpson / Tristan Prettyman)

●Ashlee Simpson 「Bittersweet World」

Ashlee Simpsonの2005年の「I Am Me」に続くサードアルバムである。それにしてもこのCDジャケットの写真のきつさはどうしたんだろう?もっと彼女のキュートさを出して良いと思うのだが、これはそういう路線からの決別なのか...。アルバムもポップさがあまり感じられないほろ苦いものとなっている。1曲目の「Outta My Head (Ay Ya Ya)」はTimbalandプロデュースのヒップホップ調のナンバーで、もしかしてロックからも決別かと不安になったが、アルバムを通してみるとロックなナンバーも何曲もありほっとした。

●Tristan Prettyman 「Hello...X」

Tristan Prettymanの2005年のデビュー作「Twentythree」に続くセカンドアルバムである。彼女はJack Johnsonに似た雰囲気を持つサーフ系アーティストとして注目されており、前作は私も気に入って良く聴いていた。今作はプロデューサーが変わったこともあってか、前作のアコースティックで爽やかないかにもサーフ系という作風と比べると、ちょっと雰囲気の違いを感じる。個人的にはもう少しハワイの海岸という雰囲気が欲しいところであるが、ただシンガーソングライターとして音楽の幅が広がったのは確かである。

| | トラックバック (0)

乗鞍テレマーク

24日より三本滝駐車場まで車で上がれる様になったので、昨日久しぶりに乗鞍にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけてきた。ゴールデンウイーク直前の平日ということもあってか、途中では3人見かけただけの静かな山行きとなった。天気も朝の内は曇っていたものの、間もなく気持ち良い青空が広がった。位ヶ原までの雪もざらめ雪で、これなら乗鞍岳山頂からも気持ち良く滑ることが出来るのではと期待したのだが、現実はそう甘くなかった(^^;。上はかりっかりのアイスバーンで、久しぶりに緊張から足が筋肉痛となったのだった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍テレマーク 2008年4月
ところで位ヶ原山荘まで上がることの出来る春スキーバスは5月3日から運行開始とのことで、それからはアプローチも楽になる。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2008-05-03

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位初登場はポップス、Mariah Carey「E=MC2」。463,000枚のセールス。前作「The Emancipation of Mimi」の世界的な大ヒットに続き今作も好スタートとなったが、今年発売されたアルバムの中ではJack Johnson「Sleep Through the Static」の375,000枚を抜いて一番のビッグセールスを記録した。前作と比べるとポップス色が濃いアルバムとなっている。2位は先週の1位から後退したLeona Lewis「Spirit」。95,000枚のセールス。3位は先週の31位から一気に上がってきたMiley Cyrus「Hannah Montana/Miley Cyrus: The Best of Both Worlds Concert」。47,000枚のセールス。なぜ急に上がったのかというと、今まではWal-Mart限定販売だったのが一般発売されたための様。4位初登場はカントリー、Lady Antebellum「Lady Antebellum」。43,000枚のセールス。男女3人からなるグループのデビュー作。8位は先週の42位から再び上がってきたSoundtrack「Juno」。31,000枚のセールス。10位も先週の13位から再び上がってきたTaylor Swift「Taylor Swift」。29,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、17位初登場のロック、Thrice「The Alchemy Index, Vol. 3 & 4: Air & Earth」、18位初登場のロック、Rush「Snakes & Arrows: Live」、22位初登場のロック、Children Of Bodom「Blooddrunk」、23位初登場のロック、The Naked Brothers Band「I Don't Want To Go To School」、27位初登場のポップス、Tristan Prettyman「Hello...X」、41位初登場のロック、The Kooks「Konk」、45位初登場のロック、Dark Lotus「The Opaque Brotherhood」、52位初登場のロック/ポップス、Jason Mraz「We Dance. (EP)」、59位初登場のロック、Apocalyptica「Worlds Collide」、73位初登場のロック、Asia「Phoenix」など、
27位初登場のTristan Prettyman「Hello...X」、サーフ系のシンプルな癒し系のアーティストで、2005年のデビュー作「Twentythree」も気に入って聴いていた。59位初登場のApocalyptica「Worlds Collide」、フィンランドのチェロ4人組によるクラシックとヘヴィメタが融合した唯一無二の音楽である。世の中にはいろいろな音楽があるものだとつくづく感じる。73位初登場のAsia「Phoenix」は25年?ぶりにオリジナルメンバーが集まってリリースされたものの様だ。ただし全盛期と比較するものではなく、あくまで当時の雰囲気を今楽しむためのアルバムだと思う。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位からとうとう首位に立ったLil Wayne Featuring Static Major「Lollipop」。2位はおかげで先週の1位からダウンしたLeona Lewis「Bleeding Love」。3位変わらずはJordin Sparks Duet With Chris Brown「No Air」。以下、先週と順位があまり変わらない曲が続いている。今週の10位は先週の11位からとうとうTop10入りを果たしたMiley Cyrus「See You Again」。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週35位今週12位のJohn Mayer「Say」、先週20位今週14位のDanity Kane「Damaged」、先週25位今週16位のNatasha Bedingfield「Pocketful Of Sunshine」、23位初登場のMariah Carey「Bye Bye」、先週36位今週29位のTaylor Swift「Picture To Burn」、先週42位今週34位のColbie Caillat「Realize」、先週39位今週35位のLifehouse「Whatever It Takes」など。
今週23位にいきなり飛び込んできたMariah Careyのニューシングル「Bye Bye」、ソフトなポップバラードで派手さはないもののじわじわと来る味わいがある。

| | トラックバック (0)

プロフェッショナルの条件

「プロフェッショナルの条件」 P・F. ドラッカー/ダイヤモンド社
book
ドラッカーは経済やマネージメントについての名著は多いが、これは我々個人がいかに成果をあげ成長を図っていくかについてをまとめた本となっている。文章も読みやすく書かれていて、確かに「はじめて読むドラッカー【自己実現編】」というサブタイトルそのものとなっている。正直言えばまだあまり読めていないのだが、目次を見る限りは「自分の強みを知る」、「時間を管理する」、「何によって憶えられたいか」など普遍的なテーマについて書かれていると感じる。

| | トラックバック (0)

今日の八ヶ岳 2008-04-22

今日の午後1時頃の八ヶ岳である。昨日今日と初夏を思わせる暖かい日が続いているが、そのせいか八ヶ岳もちょっとかすんでしまっている。
20080422

| | トラックバック (0)

八方尾根テレマーク

今日の午後予定していた仕事が延期になってしまったため、半日コースということで八方尾根にテレマークに出かけてきた。八方尾根はゲレンデスキーでは良く行くのだが、バックカントリーで行くのは今回が初めてである。今回は時間が無く、八方池の先の下の樺にさしかかったところで引き返してきたが、とにかく天気が良く、白馬三山を見ながらの滑降はとても気持ちが良かった。無名沢、ガラガラ沢などもいつか滑り降りて見たいと思う。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 八方尾根テレマーク 2008年4月

| | トラックバック (0)

平成20年春期情報処理技術者試験受験

今日行われた平成20年春期情報処理技術者試験を受けてきた、受けたのはシステム監査技術者である。
4月に入って仕事が忙しくなってなかなか勉強が進まず、しかも最後の追い込みを予定していた今週は連日深夜まで激務が続き、久しぶりに胃がきりきりして夜は勉強をする気力もなくダウン。こりゃ土曜日くらいは発散しないと体が持たないと、思い切って午前中近くの山にテレマークスキーに出かけてきたのだった。おかげで時間は無くなったものの気力は回復して(^^)、なんとか今日受験しに行ったのだった。
ただしいつもの事ながら小論文対策はほとんど出来ず...。これでは受けるだけ無駄という思いも強かったが、ただ受験しなければ可能性すら出てこないし、まあ年に2回、こうして1日集中する機会を持つのも悪くないなと思い、受験することにしたのだった。
午前は新傾向の問題が多く(と言っても午前対策をしたのは今朝試験会場に向かう列車の中だけ)、手応えとしては80%位とちょっと苦戦。午後Iは一応回答欄を埋めたものの手応えはあまり無く、55〜60%位の感触。午後IIは3つとも想定していた題材と合わずに悩んで20分間一文字も書けず。結局問3の「外部組織に依存した業務に関する事業継続計画のシステム監査について」を選んで書き始めたものの展開に苦しんでなかなか筆が進まず、終了3分前にやっと規定文字数を超えたのだった。出来はなんとも...。
戻ってきてから、18時に公開された午前問題の答えあわせをしてみたら、44/55のちょうど80%だった。
さて秋のシステムアナリストの時にはきちんと準備が出来る様にしなくては。

| | トラックバック (0)

霧ヶ峰三峰山テレマーク

今朝、霧ヶ峰と美ヶ原の間にある三峰山に、雪が全部溶ける前にもう一度滑っておきたいと思い出かけてきた。昨日よりビーナスラインの冬期閉鎖が解除にり、車で気軽に行かれるようになったためだ。残雪がどれくらいあるのか心配だったが、東側斜面になんとか山頂から下まで滑ることが出来る程度は残っていた。ざくざくの柔らかい雪だったが、まあそこそこ快適に滑ることが出来た。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 霧ヶ峰三峰山テレマーク 2008年4月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Mariah Carey / P.O.D. / John Legend)

●Mariah Carey 「E=MC2」

Mariah Careyの、世界的に大ヒットを記録した2005年の「The Emancipation of Mimi」に続く待望のニューアルバムが発売された。R&B/ヒップホップ色が濃かった前作と比べると、今作ではミディアムなポップな曲が中心となっていて雰囲気の違いを強く感じたが、でも何度も聴き込む内にじわじわと良さがにじみ出てきたのだった。前作は間違いなくR&B路線の最高傑作だと思うが、今作はR&Bからポップスまで幅広い曲で彼女の歌をじっくりと聴ける秀作だと思う。個人的には#6「I'm That Chick」のどことなく懐かしいベースのビートに心地よさを感じてしまった。

●P.O.D. 「When Angels & Serpents Dance」

カリフォルニアのクリスチャン・ロック系のバンド、P.O.D.(Payable On Deathの略とのこと)の2006年の「Testify」以来となる通算5枚目のオリジナルアルバムである。メタル、ラップ、ミクスチャー、ラテン等ジャンルを超えたスケールの大きなロックを聴かせてくれている。このグループのアルバムは始めて買ってみたが、どことなく初期の元気いっぱいだった頃のLinkin Park(あ、決して今の彼らが嫌いというわけではないが)の雰囲気もあって、なかなか気に入ったのだった。

●John Legend 「Live From Philadelphia」

R&B/ソウルアーティスト、John Legendの最新ライブ盤である。ソウルシンガーとして類い希な彼のヴォーカルが、ライブではさらに生き生きとしてくるのがよく分かる。中でもBeatlesナンバーを取り上げた#10「I Want You (She's So Heavy)」のヘヴィーなソウルフルな熱唱はすごい。また後半のピアノの弾き語りのバラードではしみじみと聴かせてくれる。やはり彼こそがMarvin Gaye、Stevie Wonderに続く正統派ソウルアーティストだとしみじみ思うのである。

| | トラックバック (0)

PsystarのMac互換機

PC Watch:Psystar、本物より安くて高性能なMac互換デスクトップ
PC Watchによれば、Psystarというところから本家より安くて高性能なMac互換デスクトップが発売されたという。久しぶりにMac互換機の話題を見た気がする。実際に使い物になるのかは全く不明で、実際にライセンス的な問題もかかえている感じである。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2008-04-26

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位初登場はポップス、Leona Lewis「Spirit」。205,000枚のセールス。シングル「Bleeding Love」もアルバム発売を受けて今週1位に返り咲き。アルバム、シングル両チャートでTopを飾った。ちなみにUKのソロ女性アーティストが1位になるんは、1986年のSade「Promise」以来とのこと。全体的にポップス色が濃く、とても聴きやすいアルバムである。2位は先週の1位から後退したGeorge Strait「Troubadour」。59,000枚のセールス。3位初登場はカントリー、James Otto「Sunset Man」。58,000枚のセールス。7位初登場はR&B、Ray J「All I Feel」。39,000枚のセールス。9位初登場はロック、P.O.D.「When Angels & Serpents Dance」。34,000枚のセールス。クリスチャン・ロック系ながらメタル、ラップ、ミクスチャー、レゲエなどなんでもありのロックで、2006年の前作「Testify」も初登場9位だった。
11位以下で気になったものとしては、11位Re-EntryのVarious Artists「A Body + Soul Collection: Midnight Fire」、先週36位今週16位のDaughtry「Daughtry」、14位初登場のロック、Nine Inch Nails「Ghosts I-IV」、29位初登場のポップス、Marie Digby「Unfold」、36位初登場のロック、Ashes Divide「Keep Telling Myself It's Alright」、64位初登場のロック、Nick Cave & The Bad Seeds「Dig!!! Lazarus Dig!!!」、86位初登場のロック、Various Artists「Punk Goes Crunk」など。
14位初登場のNine Inch Nails「Ghosts I-IV」はCD2枚組みのなんとインストゥルメンタル・アルバム。ロックではなく幻想的な「白昼夢のサウンドトラック」?。29位初登場のMarie Digby「Unfold」、YouTubeでアコースティックバージョンの「Umbrella」が人気だったらしい彼女のデビューアルバムとなるが、初めて聴いてみて何よりその声が心地いいのが気に入った。日系という彼女にぜひ今後も注目していきたいと思う。86位初登場のVarious Artists「Punk Goes Crunk」、R&B/ヒップホップの有名な曲をパンクロックに仕上げているコンピ盤で、New Found Glory以外のバンドは全く知らないのだがいずれも元気が良く、なかなかユニークなアルバムだと思う。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位から再び首位に返り咲いたLeona Lewis「Bleeding Love」。通算2週目。2位は先週の4位から2ランクアップのLil Wayne Featuring Static Major「Lollipop」。3位も先週の7位から上がってきたJordin Sparks Duet With Chris Brown「No Air」。来週の上位争いも楽しみである。4位は先週の5位からワンランクアップのUsher Featuring Young Jeezy「Love In This Club」。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週12位今週11位のMiley Cyrus「See You Again」、18位初登場のDaughtry「What About Now」、先週27位今週24位のDaughtry「Feels Like Tonight」、27位初登場のCarrie Underwood「Praying For Time」、先週42位今週30位のJames Otto「Just Got Started Lovin' You」、先週53位今週35位のJohn Mayer「Say」、先週44位今週36位のTaylor Swift「Picture To Burn」、先週47位今週40位のCherish Featuring Yung Joc「Killa」など。
今週11位のMiley Cyrus「See You Again」、ここしばらくTop10直前の辺りを上がったり下がったりしている。せっかくなのでTop10入りして欲しいと願う。18位にいきなり飛び込んできたDaughtry「What About Now」、アルバム「Daughtry」からの4枚目か5枚目のシングルカットとなるが、初のロックバラードの曲でなかなかしみじみと良い感じである。

| | トラックバック (0)

billboard Japan チャート

全米の代表的な音楽ヒットチャートのBillboardであるが、今年になってから日本でも国内向けのチャート集計と発表が行われる様になった。
ビルボードジャパンチャート
特にシングルチャートでは実売だけでなくラジオ放送回数データも合算しているということで、国内の代表的なチャートであるオリコンチャートとずいぶんと違いがあって面白い。邦楽だけでなく洋楽もチャートの上位に入っているし、最新チャートでも羞恥心が浜崎あゆみを押さえて1位になっているのも興味深い。

| | トラックバック (0)

Windows Server 2008日本語版

マイクロソフトより新サーバ用OS「Windows Server 2008」日本語版のパッケージ版が4月16日より発売される。
Microsoft(R) Windows Server(R) 2008日本語版パッケージの販売を4月16日(水)より開始
Windows Server 2008 ホーム
発売前にMCSEの2008アップグレード試験を受けるつもりだったのだが、とうとう発売より後になってしまった(^^;。ま、情報処理試験が終わった後でじっくりと取り組みたいと思う。

| | トラックバック (0)

バックカントリー、これからの予定

街はすっかり春めいてきているが、今年も山には雪がまだまだ多いので、おそらく6月いっぱいまではあちこちで滑ることが出来そうで、どこに行こうかと考えてはわくわくしている(^^)。
さて今後のバックカントリー(テレマークスキー)の予定であるが、春スキーバスの運行が始まってからの乗鞍に2回、御岳にも出来たらあと2回(可能なら1回はマイアまたはチャオから登って北面を攻めてみたい)。5月に入ると富士山にも3回か4回ほど(そのうち1回はまだ滑ったことのない須走の斜面を滑ってみたい)。白馬方面では金山沢方面に1回、可能なら白馬岳にも1回。そして中央アルプスの千畳敷にも一度でいいから行ってみたいと思っている。

| | トラックバック (0)

バックカントリー・セルフレスキュー

「バックカントリー・セルフレスキュー」 近藤謙司/スキージャーナル
book
冬山事故、特に雪崩事故に仲間が巻き込まれてしまった際に、捜索、掘り出し、応急手当、搬送など、仲間を助けるために自分たちが行わなくてはいけないことが書かれた本である。付属のDVDに映像が100分収録されており、特に実際の雪崩の跡で埋没者を発見するまでのシュミレーションの様子は、単に文章で読むだけよりも流れがよく分かってとても良かった。またビーコンの操作についても、まだ発信モードでしか使ったことのない私にとってとても参考になった。

| | トラックバック (0)

車山テレマーク

近くの車山高原スキー場は先週末で今シーズンの営業が終了したのだが、まだ比較的雪が残っているらしいということで、今日の午前中、車山にテレマークに出かけてきた。営業が終了したゲレンデを通って山頂に登り、山頂からは冬は滑ることが出来なかった北面を滑ってみた。最近降った新雪のおかげで真っ白な斜面を滑ることが出来、なかなかに気持ち良かった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 車山テレマーク 2008年4月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Rolling Stones / Van Morrison)

●Rolling Stones 「Shine A Light」

マーティン・スコセッシ監督によるRolling Stonesの2006年のライブを収録したドキュメンタリーのサントラ盤である。それにしても60歳代にしてこのパワー、そして演奏も実に素晴らしい。ライブにしては音も実にクリアでまるでスタジオで録音している様な感じすらある。ゲストとしてJack White III、Buddy Guy、Christina Aguileraが参加しているのも注目されるが、それ以上に彼らの抜群の存在感に圧倒されたのだった。正直なところ、予想以上に素晴らしいライブで驚いた。
ところで「Shine A Light」は通常はCD2枚組みの全23曲であるが、今回はCD1枚組みの輸入盤を買ってみた。こちらは全17曲収録されている。(Amazonでは16曲となっているが、実際には2曲目の「Shattered」が抜けている)

●Van Morrison 「Keep It Simple」

Van Morrisonのアルバムを本当に久しぶりに買ってみた。最も聴いた彼のアルバムは1974年の「Veedon Fleece」だから、実に30年ぶりに彼のアルバムを聴いたと言っても良いかもしれない。きっかけは最新の全米ビルボードアルバムチャートで、なんとこの最新作が彼の40年以上にわたるキャリアの中で初めてTop10内にチャートインしたということで、興味を持ったためである。ジャケットからもその渋さがよく伝わってくるが、実際に音も実に渋く、ロック、ブルース、カントリーまでレイドバックしたソウルフルなヴォーカルを聴かせてくれている。タイトル通り極めてシンプルでありながら奥が深いのである。

| | トラックバック (0)

カヌーライフ No.1

カヌーの季刊誌「カヌーライフ」がエイムックとして完全リニューアルし、そのno.1号が昨日(4月10日)に発売された。フィールドライフ責任編集とあり、「旅」を基軸とした雑誌になる様だ。今号では、初回と言うことでカヌーの購入ガイド、そしてこの時期定番の四万十川のツーリングの紹介がメインで載っている。
四万十、久しぶりに行ってみたいとは思うが、問題は時間...。今年のゴールデンウイークもまた南紀かなあ。ただ私の頭の中はまだすっかり雪山一色なので、4月下旬になったらカヌーの予定は考えることとしよう(^^;。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2008-04-19

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。1位初登場はカントリー、George Strait「Troubadour」。166,000枚のセールス。アルバムがリリースされる度にTop3内が定位置の安定した人気を誇るカントリーシンガーである。2位初登場はロック、R.E.M.「Accelerate」。115,000枚のセールス。3年半ぶりとなる新作であるが、今作ではプロデューサーが変わり、実にエネルギッシュで力強いロックンロールを聴かせてくれている。3位は先週の5位から上がってきたVarious Artists「NOW 27」。60,000枚のセールス。5位は先週の16位から再び上がってきたSoundtrack「Alvin and the Chipmunks」。51,000枚のセールス。6位初登場はヒップホップ、Trina「Still Da Baddest」。47,000枚のセールス。彼女にとって初のTop10入りとなった。10位はロック、Van Morrison「Keep It Simple」。37,000枚のセールス。彼のアルバムがTop10入りするのは、40年以上のキャリアの中で初とのこと。素晴らしい。相変わらずの渋いヴォーカルを聴かせてくれている。
11位以下で気になったものとしては、11位初登場のロック、The Rolling Stones「Martin Scorsese: Shine A Light (Soundtrack)」、14位初登場のロック、Black Keys「Attack and Release」、19位初登場のロック、Sevendust「Chapter VII: Hope and Sorrow」、23位初登場のポップス、George Michael「Twentyfive」、26位初登場のロック、Theory Of A Deadman「Scars & Souvenirs」、27位のダンス、Moby「Last Night」、28位のロック、In Flames「A Sense Of Purpose」、33位初登場のカントリー、Josh Gracin「We Weren't Crazy」、34位初登場のロック、Hawk Nelson「Hawk Nelson...Is My Friend」、46位初登場のロック、Muse「HAARP Live At Wembley Stadium, London, 16 June 2007」など。今週は本当にニューエントリーが多い。
11位初登場のThe Rolling Stones「Martin Scorsese: Shine A Light (Soundtrack)」、マーティン・スコセッシ監督によるStonesの2006年のライブを収録したドキュメンタリーのサントラ盤。60代にしてこのパワー、そして演奏も素晴らしい。久しぶりに彼らのライブ盤を買ってみようと思う。34位初登場のHawk Nelson「Hawk Nelson...Is My Friend」、メロディックパンク系の若さ溢れるロックで、個人的に好きな音である。

シングルチャート:
今週の1位は先週と変わらずMariah Carey「Touch My Body」で2週目。2位は先週の4位から再び上がってきたLeona Lewis「Bleeding Love」。3位は先週と変わらずのMadonna Featuring Justin Timberlake「4 Minutes」。4位は先週の7位から上がってきたLil Wayne Featuring Static Major「Lollipop」。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週14位今週12位のMiley Cyrus「See You Again」、先週22位今週19位のFall Out Boy Featuring John Mayer「Beat It」、先週38位今週25位のNatasha Bedingfield「Pocketful Of Sunshine」、先週32位今週27位のDaughtry「Feels Like Tonight」、先週33位今週28位のTaylor Swift「Our Song」、先週53位今週35位のGeorge Strait「I Saw God Today」、37位初登場のRadiohead「Nude」、先週43位今週38位のLifehouse「Whatever It Takes」、先週46位今週40位のMario「Crying Out For Me」など。
37位初登場のRadiohead「Nude」はアルバム「In Rainbows」の収録曲であるが、いきなりのこのヒットはどうしたんだろう。決してポップでも派手でも無い曲なのだが。

| | トラックバック (0)

御岳テレマーク

雨の合間の晴天だった昨日、久しぶりに御岳にテレマークに出かけてきた。2日前に御岳ロープウェイスキー場上部では雪が30cmほど降ったと言うことで、まだパウダーが残っていることを期待していたものの、前日に日本列島を吹き荒れた暴風のために上の方の新雪はほとんど吹き飛ばされていたのだった。おまけにいつも滑っている斜面では大規模雪崩れの跡まで...。それにしても午前中は本当に天気が良く、まるで初夏の様な陽気だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 御嶽山テレマーク 2008年4月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Leona Lewis / Counting Crows)

●Leona Lewis 「Spirit」

UKで先にブレークしていたLeona Lewisだが、それがUSにも飛び火する形で2008年4月5日付けのビルボードHot100でシングル「Bleeding Love」がいきなり1位を獲得してしまった。第二のMariah Careyと言われているだけあって歌唱力はさすがで、特にバラード系の伸びやかな高音が心地よい。もっとR&B色の強いアルバムかなと思って聴き始めたのだが、実際にはポップス系が中心のとても聴きやすいアルバムであった。Mariah Carey、Whitney Houston、Celine Dionといったアーティストが好きな方にはぜひお勧めしたい。
ところでこのアルバム、2008年4月8日発売盤を買ったのだが、昨年11月に発売されていたものと一部曲と順番が変わっているようで、これは新装盤ということの様だ。

●Counting Crows 「Saturday Nights & Sunday Mornings」

Counting Crowsの2002年の「Hard Candy」以来5年ぶりの新作とのことだが、私は今作で初めて彼らを聴いてみた。まさに今のアメリカンロックという音だと感じる。前半が「Saturday Nights」、後半が「Sunday Morning」と名付けられた二部構成になっていて、それぞれ担当するプロデューサーも異なり、音も前半がロック調、後半がバラード調と変わる。前半は激しい調子のDave Matthews Bandっぽく感じ気に入ったが、後半はもう少しロックっぽさが欲しいと感じた。

| | トラックバック (0)

スープ系いろいろ

●ハウス食品 スープdeおこげ とろみスープの海鮮しお味 97kcal
玄米入りおこげの入ったスープである。これは海鮮塩味ということであっさり系で嫌みが無く、味は悪くない。ただおこげの量があまり無いので、ちょっと物足りない感じがした。

●日清食品 スパイスキッチン フォースープ・ココナッツミルク入りトムヤムクン 172kcal
以前にも一度スパイスキッチンのトムヤムクンフォースープを食べているが、そのときは「ココナッツミルク入り」バージョンでは無かった気がする。酸っぱくてピリ辛の強烈な味がココナッツミルクで多少マイルドになっている。

●ポッカコーポレーション じっくりコトコト煮込んだスープ こんがりパンのはいったオニオンコンソメ 84kcal
ベースがコンソメで低カロリーということで、かなりあっさり系を予想していたのだが、実際に食べてみるとスープの味も濃いめで思いのほかパンとマッチしている。

●江崎グリコ ひじき練込み黒はるさめスープ 80kcal
ひじきを練り込んだ黒い春雨とあり、どんな味だろうと興味を持って買ってみた。低カロリーで薄塩味ゆえあっさり系ではあるが、ただ春雨に海草の味があって色も黒ということでなんとなく海草を食べている様な感じにもなった。

| | トラックバック (0)

白馬乗鞍テレマーク

スーパー快晴に恵まれた昨日、白馬乗鞍岳にテレマークに出かけてきた。雲一つ無い青空とほぼ無風でぽかぽかと言うことで、本当に春スキーらしいバックカントリーとなった。雪は上部はパックスノー。そして下の方はざらめであった。それにしても天気の良い週末と言うことで、ハクノリの斜面は大賑わいだった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 白馬乗鞍テレマーク 2008年4月

| | トラックバック (0)

今日の八ヶ岳 2008-04-05

今日の午後1時頃の八ヶ岳である。今日も春真っ盛りという感じのぽかぽかと暖かい日となった。暖かいと言うより、むしろ暑いと言った方がいいほどである。明日も晴れの予報なので、ここで一気に山の雪解けも進むのかも知れない。
20080405

| | トラックバック (0)

湯の丸山テレマーク

昨日(4日)、久しぶりに湯の丸山にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけてきた。雪は2月末の時と比べると多少減った様に感じるが、滑るにはまだ大丈夫だった。雪質は斜面により軽くパックされたパウダーから重い雪、クラスト、パックスノー、ざらめと変化したが、まあ楽しく滑ることが出来た。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 湯の丸山テレマーク 2008年4月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(太陽族)

●太陽族 「少年」

今年2月に太陽族のニューアルバムが発売されていたことに今やっと気がついた(^^;。さてこのアルバムであるが、久々のアップテンポの曲中心の力強いメッセージが込められた太陽族らしいアルバムとなっている。最近の迷いが吹っ切れたかの様な気持ち良い青春パンクアルバムで、中でも「生きてやれ」とのメッセージが込められた#10「声」、#2「素晴らしい人生じゃないか」は、今生きることに悩んでいる若い人(中学生、高校生を含む)にぜひ聴いて欲しいと思う。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2008-04-12

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。1位初登場はR&B、Day26「Day26」。190,000枚のセールス。Bad Boyレーベルからの新グループで、初めて見る名前だなあと思ったら「making the band」という、あちらで人気のTV番組の中で結成されたグループの様で、先週1位のDanity Kaneのまさに男性版となる。2位初登場はロック、Panic At The Disco「Pretty. Odd.」。139,000枚のセールス。Fall Out Boyライクなデビュー作と比べると、違うバンドではと思うほど音楽性が異なるセカンドアルバムとなっており、まさにBeatles時代のレトロなロック/ポップスとなっている。3位初登場もロック、Counting Crows「Saturday Nights & Sunday Mornings」。106,000枚のセールス。2002年の「Hard Candy」以来5年ぶりの新作。その前作は5位初登場だった。まさに今のアメリカンロックという音だ。7位初登場はロック、The Raconteurs「Consolers of the Lonely」。42,000枚のセールス。ご存じWhite StripesのJack Whiteを中心とするサイドプロジェクト的?なバンドで、今作でもはじけた音楽を聴かせてくれている。
11位以下で気になったものとしては、11位初登場のロック、The B-52s「Funplex」、先週18位今週12位のGnarls Barkley「The Odd Couple」、18位のラテン、Enrique Iglesias「95/08」、24位初登場のSoundtrack「WWE: The Music Volume 8」、先週58位今週26位のTrace Adkins「American Man: Greatest Hits Volume II」、33位初登場のポップス、Simon & Garfunkel「Live 1969」など。
11位初登場のThe B-52s「Funplex」、とても懐かしいバンドであるが、スタジオ盤としては1992年以来16年ぶりの新作とのこと。アルバムを試聴したが、当時にまさにタイムスリップしたかの様な音だ。

シングルチャート:
今週は激動の週となった。1位は先週の15位から一気に首位に立ったMariah Carey「Touch My Body」。ダウンロード解禁の影響か?。2位は先週と変わらずUsher Featuring Young Jeezy「Love In This Club」。3位は先週の68位からジャンプアップのMadonna Featuring Justin Timberlake「4 Minutes」。うーん、今週のTop3はまさに役者がそろったという感じである。いずれも近いうちにニューアルバムが発売となるので、それを楽しみに待ちたいと思う。先週1位のLeona Lewis「Bleeding Love」はおかげで4位に転落。5位は先週の6位からワンランクアップのJordin Sparks Duet With Chris Brown「No Air」。7位は先週の9位からツーランクアップのLil Wayne Featuring Static Major「Lollipop」。
11位以下上昇中の曲で気になったものとしては、先週40位今週12位のTrace Adkins「You're Gonna Miss This」、先週27位今週21位のDanity Kane「Damaged」、22位初登場のFall Out Boy Featuring John Mayer「Beat It」、先週29位今週27位のJonas Brothers「When You Look Me In The Eyes」、先週57位今週38位のNatasha Bedingfield「Pocketful Of Sunshine」など。
22位初登場のFall Out Boy Featuring John Mayer「Beat It」、なんとMichael Jacksonのあの名曲のカバーである。試聴した限りではそのまんまという感じであるが、まあ聴いていて楽しいのは確か。

| | トラックバック (0)

乗鞍テレマーク

3月31日から4月1日にかけて山では再び雪が降ったと言うことで、最後のパウダーを期待して再び乗鞍に出かけてきた。営業が終わったかもしかゲレンデでは30cmほどの新雪が積もっていて、気持ち良く滑ることが出来たが、上の方は残念ながら前日の強風でパックされパウダーはあまり残っていなかった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍テレマーク 2008年4月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(The Raconteurs / R.E.M.)

●The Raconteurs 「Consolers Of The Lonely」

White StripesのJack Whiteを中心とする4人で結成された新バンド、The Raconteursの2006年のデビュー作「Broken Boy Soldiers」に続くセカンドアルバムが発売された。60年代のロックテイスト、そしてガレージっぽさも相変わらずであるが、ただレトロというだけでなく彼らなりにサイケにブルージーにはじけているのが実に気持ち良い。

●R.E.M. 「Accelerate」

2004年の「Around the Sun」以来3年半ぶりとなるオリジナルアルバムが届けられた。前3作を手がけたプロデューサーが今作より変わり、それに伴いサウンドも大きく変わったのだが、一言で言えば激しさすら感じさせる力強いロックンロールへの復帰である。これほどエネルギッシュかつクールななギターロックは久しぶりに聴いた気がする。

| | トラックバック (0)

カラーレーザプリンタ

レーザプリンタを久しぶりに買い換えた。今まではLP-8300という古いA3モノクロレーザプリンタを使ってきたのだが、MacOS X用のドライバが無いと言うこともあり、WindowsではLP-8300を、Macからは複合機のPX-A550で印刷するという風にしていたのだが、いかんせんインクジェットでは何枚も印刷する際に時間がかかってしまい、とうとうレーザプリンタを新しいものに買い換えることにしたのだった。
新しいレーザプリンタは、せっかくなのでカラーにしてみた。機種は沖データのC8600dnというモデルで、ネットワークカード、両面印刷ユニットが標準で付いているのも便利である。サイズも、一昔前のカラーレーザプリンタを考えると、ずいぶんとコンパクトになってきている。

| | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »