« 最近買ったCD(Vampire Weekend) | トップページ | 日本百名山 »

経営の教科書

「経営の教科書—社長が押さえておくべき30の基礎科目」 新将命/ダイヤモンド社
book
何社もの外資系優良企業のトップを務めた著者が、その経験を元に経営の基本を体系化した本である。サブタイトルにも基礎科目と書かれているとおり、全く新しい手法等が紹介されている訳ではなくあくまで経営の原理原則が書かれている。私も最初、今更そんな基本的なことはとも感じたが、本書の意義は最初に書かれている「会社をつぶす社長には、実はこの『経営の原理原則』を押さえていない、という共通の特徴があるのだ。」というところにあるのである。本書は分かっているつもりの経営の基本を見つめ直す良いきっかけになる1冊である。

|

« 最近買ったCD(Vampire Weekend) | トップページ | 日本百名山 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/47335303

この記事へのトラックバック一覧です: 経営の教科書:

» 経営の教科書(新将命著 書評・感想) [blog50-1]
「最近おもしろい本はないか?」なんて経営者の方に聞かれることがある。旬のビジネス書や小説をすすめることがある。ところで、米国にはプロの経営者というのがいる。日本ではサラリーマンから経営者になるか、さもなくば創業者、その二代目の経営者しかいない。MBAの取得に...... [続きを読む]

受信: 2010.02.09 00:05

« 最近買ったCD(Vampire Weekend) | トップページ | 日本百名山 »