« 最近買ったCD(MGMT / Linda Ronstadt) | トップページ | 最近買ったCD(AC/DC) »

電子書籍の衝撃

「電子書籍の衝撃」 佐々木俊尚/ディスカヴァー・トゥエンティワン
book
AmazonのKindleやAppleのiPadの登場で今大きな変化を迎えようとしている電子ブックの将来について語った本である。本が好きな人には気になる話題でもあり、興味を持って読んでみた。
ちなみに私の場合、文庫本はポケットに入るサイズで濡れても気にならず、アウトドアではたき付けに出来るメリットもあり、文庫本という形態は絶対に必要である。また一生に多分何回も読み返すであろうと思われる書籍についても、今のハードカバーの本の形態の方がいい。仮に30年後、40年後でも今手元にある紙の本なら読めるだろうから。でも読み捨てにされる可能性の高い雑誌については、保存しておくのも場所がいるし、後で内容を探しにくいし、どうせ数年後にはまとめて処分するのだしということで、電子ブックという形は大変にありがたいと感じるのである。しかも出来たら自分の興味あるページだけ切り抜いてスクラップ出来る機能があればモアベター。iPadだとカラー表示できるし、動画再生も可能なので、まさに雑誌向けのプラットフォームではと感じる。
iTunesとiPodが音楽業界を大きく変えたように、iPad/Kindleがこれからの書籍/雑誌業界をどのように変えていくのかを楽しみに見ていきたいと思う。

|

« 最近買ったCD(MGMT / Linda Ronstadt) | トップページ | 最近買ったCD(AC/DC) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/48127052

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍の衝撃:

« 最近買ったCD(MGMT / Linda Ronstadt) | トップページ | 最近買ったCD(AC/DC) »