« 御嶽山テレマーク | トップページ | 最近買ったCD(Carole King & James Taylor) »

μTOUGH- 6020の使い勝手その2

今年3月に買ったオリンパスのデジカメ「μTOUGH- 6020」であるが、アウトドアで写真撮影をしていて最近大きな不満を感じたことがあった。動作速度は当初より遅めなのは感じていたが、つい先日友人と乗鞍に滑りに行った際、友人の滑りを撮影しようとした時に、1枚撮影してから次の写真を撮れるまでに時間がかかりすぎ、シャッターチャンスを逃してしまうのだ。斜面上部の滑り始めで1枚撮ると、次に撮影できるのは自分の横を通り過ぎた後ろ姿という感じである。今まで使っていた古いμ770SWでも1秒間隔で撮影出来るのに対して、μTOUGH- 6020だと4秒間隔という感じだろうか。普段は単独が多いので撮影するのは静止画であり、撮影間隔が多少かかってもそれほど気にならなかったが、今回のようなケースだとこの遅さはかなり致命的である。
マニュアルを見直してみたところ、一応高速連写機能もあるようであるが、撮影に制約があるのでスキーのように位置関係が大きく変わる対象の撮影には果たして有効なのか、今度一度試してみようかと思う。
それともう一つ、使っていると時々固まって操作が出来なくなることがあるのだ。頻度は低く、バックカントリーに出かけて500枚撮影している間に1度あるかないかというところであるが、レンズシャッターは開きっぱなしでボタンを押しても何も起きない(撮影も出来ないし、終了も出来ない)状態がしばらく続き、あれ?っと思って軽く振ったりしていると大抵は復帰するので大きな実害はないが、でもこのフリーズ現象はネットで調べてみるとμTOUGHを使っている他の人でも発生することがあるようなので、ぜひ対策をしてほしいものだと思う。

|

« 御嶽山テレマーク | トップページ | 最近買ったCD(Carole King & James Taylor) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/48426956

この記事へのトラックバック一覧です: μTOUGH- 6020の使い勝手その2:

« 御嶽山テレマーク | トップページ | 最近買ったCD(Carole King & James Taylor) »