« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

全米ビルボード最新チャート 2010-10-09

今日はいろいろあって忙しいため、チャートの上位のみ簡単に。
アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は6枚だった。1位初登場はカントリー、Zac Brown Band「You Get What You Give」。153,000枚のセールス。彼らのメジャーデビュー作であう前作「The Foundation」は最高位9位だったので、これが彼らにとって初のNo.1アルバムとなった。前作同様にカントリー、フォーク、サザンロックが入り混じったとても楽しいアルバムに仕上がっている。2位初登場はロック、Maroon 5「Hands All Over」142,000枚のセールス。今週はZac Brown Bandに首位争いで破れたが、ちなみに彼らの前作「It Won't Be Soon Before Long」は初のNo.1アルバムを記録している。3位は先週の1位から後退したLinkin Park「A Thousand Suns」。70,000枚のセールス。4位初登場はポップス、Selena Gomez & the Scene「A Year Without Rain」。66,000枚のセールス。前作のデビュー作「Kiss and Tell」は最高位9位だった。前作のガールズポップロック路線から一転、ダンス/エレクトロポップ路線のアルバムとなっているが、きらめき感はさすが。5位初登場はロック、Santana「Guitar Heaven」。66,000枚のセールス。過去のロックの名曲を取り上げたカバーアルバムで、ZepやPurpleの曲なども取り上げられており純粋に楽しいアルバム。8位初登場はR&B、John Legend and the Roots「Wake Up!」。63,000枚のセールス。John Legendにとって、デビュー以来5作連続となるTop10アルバムとなった。懐かしのR&B/ソウルのカバーアルバムであるが、ヒップホップのthe Rootsと組んだことで、単に懐かしさだけで無いのがかなり新鮮である。9位初登場はカントリー、Billy Currington「Enjoy Yourself」。45,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、17位初登場のロック、Michael Franti & Spearhead「The Sound Of Sunshine」、35位初登場のロック、Serj Tankian「Imperfect Harmonies」、38位初登場のロック、My Darkest Days「My Darkest Days」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週に続いて2週連続となるBruno Mars「Just The Way You Are」。2位は先週の4以下から再び上がってきたKaty Perry「Teenage Dream」。3位は先週の2位からワンランクダウンのEminem Featuring Rihanna「Love The Way You Lie」。以下10位内で順位を上げているのは、先週5位今週4位のUsher Featuring Pitbull「DJ Got Us Fallin' In Love」、先週6位今週5位のTaio Cruz「Dynamite」、先週10位今週5位のFar*East Movement Featuring Cataracs & Dev「Like A G6」、先週8位今週7位のNelly「Just A Dream」の4曲。
11位以下で気になったものとしては、先週20位今週14位のMaroon 5「Misery」、先週19位今週15位のChris Brown Featuring Tyga & Kevin McCall「Deuces」、21位初登場のGlee Cast「Empire State Of Mind」、23位初登場のGlee Cast「Telephone」、先週28位今週24位のOneRepublic「Secrets」、先週29位今週25位のUsher Featuring Jay-Z「Hot Tottie」、28位初登場のGlee Cast「Billionaire」、先週41位今週36位のJay Sean Featuring Nicki Minaj「2012 (It Ain't The End)」、先週40位今週37位のThe Band Perry「If I Die Young」、38位初登場のGlee Cast「Listen」、先週53位今週40位のDaughtry「September」など。

| | トラックバック (0)

乗鞍の紅葉

今年の紅葉は残暑の影響で遅れていたが、このところの冷え込みで少しは紅葉も進んだかなと、紅葉を楽しみに乗鞍に出かけてきた。肩の小屋口から剣ヶ峰山頂まで登り、帰りは位ヶ原山荘まで歩いて降りたが、位ヶ原あたりの紅葉はまだ3分ほどという感じだろうか。見頃まであともう少しというところである。ただこの間の日曜に降りた霜で枯れてしまった葉も目に付きた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍岳登山 2010年9月

| | トラックバック (0)

中古ソフトDM

つい最近あるお客様より、中古ソフトの販売のDMが届いたけれどどうかなと聞かれた。有名メーカーの業務ソフトを中心に一律の比較的安価な価格が付けられていて、シリアル付きとも書かれている。封筒には株式会社******と社名が入っているが、見るからに怪しいDMであり、念のために書かれている住所をネットで調べてみたら、ここは警視庁から発表されていた振り込め詐欺でよく使われる住所の一つにもなっていることが分かった。多分ここは私設私書箱と思われる。要注意である。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Santana / John Legend & The Roots)

●Santana 「Guitar Heaven: The Greatest Guitar Classics Of All Time」

ロックギタリスト、Santanaの約5年ぶりの新作が発表された。今作はタイトルからも分かるように、過去のギターロックの名曲を取り上げたカバーアルバムとなっており、Zepの「Whole Lotta Love」からPurpleの「Smoke On The Water」、比較的新しいところではAC/DCの「Back In Black」あたりも取り上げられており、個人的にはとても楽しめる1枚であった。ゲストヴォーカルもChris Cornell、Rob Thomas、Daughtryを始めとして豪華。なお歌詞カードは付属していない。

●John Legend & The Roots 「Wake Up!」

John Legendの久しぶりの新作は、なんとヒップホップグループのThe Rootsと組んだコラボアルバムということで、聴くまでは一体どんな仕上がりになるのかと興味と心配が半分ずつであった(^^;。実際には60/70年代のR&B/ソウルナンバーを取り上げたカバーアルバムと言うことで、全編とても懐かしい雰囲気に溢れたアルバムとなっている。ただ60/70年代ソウル・ミーツ・ラップという感じで、単に懐かしさだけでは無いのも新鮮である。なおこちらも歌詞カードは付属していなかった。

| | トラックバック (0)

守屋山登山

久しぶりに気持ちよい青空が広がったため、仕事が一段落した午後2時過ぎから慌てて近くの守屋山まで登ってみた。今日は時間と共にどんどんと雲が無くなっていき、午後3時でも霧ヶ峰、八ヶ岳から南アルプスにかけては素晴らしい展望を楽しむことが出来た。ちなみに守屋山は標高が高くないため、紅葉は当分先である。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 守屋山登山 2010年9月

| | トラックバック (0)

今日の八ヶ岳 2010-09-25

今日の午後2時頃の八ヶ岳である。久しぶりの晴れの日であるが、午前中はそれでもかなり雲が多く、午後になって雲がどんどん無くなってすっきりした青空が広がった。なお紅葉であるが、ここから見る限りはまだほとんど進んでいないように見える。
20100925

| | トラックバック (0)

Access 2007

リファレンス : Access 2003 のコマンドに対応する Access 2007 のコマンド
Microsoft Officeであるが、リボンインターフェースになじめず(^^;、慣れた2003のまま今まで使い続けてきたが、さすがにそろそろ2007を使わざるを得ない状況となってしまった。このところAccess 2007を本格的に使い始めているのだが、あのメニューはどこに行ったと言う時に便利なのが上記のページで提供されている新旧のメニュー、ツールバーの対比表である。
それにしてもいまだに以前の方が良かったなあと感じるのは、まだまだリボンに馴染んでいないせい?
参考までに他のOfficeソフトの対比表は以下のページで提供されている。
リファレンス: Excel 2003 のコマンドに対応する Excel 2007 のコマンド
リファレンス: Word 2003 のコマンドに対応する Word 2007 のコマンド
リファレンス: PowerPoint 2003 のコマンドに対応する PowerPoint 2007 のコマンド

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2010-10-02

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は6枚とニューアルバムラッシュの週が相変わらず続いている。1位初登場はロック、Linkin Park「A Thousand Suns」。241,000枚のセールス。彼らにとって4枚目となるNo.1アルバムとなったが、ただ2位との差は非常に僅差である。また2007年の前作「Minutes to Midnight」の初動セールスは623,000枚だったのに比べると大幅に売上を落としている。2位初登場はR&B、Trey Songz「Passion, Pain & Pleasure」。240,000枚のセールス。昨年の「Ready」の3位を上回り、彼にとってチャート最高位を記録した。3位は先週の2位からワンランクダウンのEminem「Recovery」。ただしセールスは89,000枚と先週より伸ばしている。4位初登場はカントリー、Jamey Johnson「The Guitar Song」。63,000枚のセールス。5位初登場はロック、Robert Plant「Band of Joy」。49,000枚のセールス。グラミー賞の最優秀アルバムを獲得した前作「Raising Sand」はAlison Kraussと組んでのオルタナカントリーアルバムであったが、今作でもゆったりさは相変わらずであるがもう少しロックよりのアルバムとなっている。6位初登場もロック、Weezer「Hurley」。45,000枚のセールス。6枚目のスタジオアルバムであるが、彼らにとってTop10アルバムもこれが6枚目ということで、全作Top10入りさせてきたことになる。8位初登場もロック、Brandon Flowers「Flamingo」。41,000枚のセールス。現在活動休止中?のThe Killersのフロントマンでヴォーカリストのソロアルバムである。当たり前であるがヴォーカルやメロディラインはまんまKillersで、彼のメロディセンスのすばらしさを再認識させられる1枚。
11位以下で気になったものとしては、先週44位今週14位のFlorence + The Machine「Lungs」、22位初登場のカントリー系、Various Artists「NOW That's What I Call Country 3」、24位初登場のロック、Sully Erna「Avalon」、27位初登場のロック、The Walkmen「Lisbon」、34位初登場のロック、of Montreal「False Priest」、38位初登場のロック、Grinderman「Grinderman 2」、42位初登場のR&B、Will Downing「Lust, Love & Lies (An Audio Novel」、44位初登場のロック、John Lennon「Opus Collection: Remember」、47位初登場のカントリー、Justin Townes Earle「Harlem River Blues」、50位初登場のクリスチャン系ロック、Disciple「Horseshoes & Handgrenades」、52位初登場のロック、The Black Angels「Phosphene Dream」、60位初登場のカントリー、Joey + Rory「Album Number Two」、61位初登場のゴスペル、Shekinah Glory Ministry「Refreshed By Fire」、63位初登場のカントリー、James Otto「Shake What God Gave Ya」、69位初登場のR&B、Mavis Staples「You Are Not Alone」、70位初登場のエレクトロ、Chromeo「Business Casual」、71位初登場のR&B、Marques Houston「Mattress Music」、74位初登場のロック、Kamelot「Poetry For The Poisoned」、79位初登場のロック、Blonde Redhead「Penny Sparkle」、85位初登場のロック、Superchunk「Majesty Shredding」、94位初登場のロック、Black Mountain「Wilderness Heart」など。うーん、初登場が多すぎる(^^;。(なおこのチャート紹介では個人的に興味のあるもののみ紹介しており、あまり興味のないヒップホップ系、ラテン系のアルバムは紹介から省いているのでご了承を)
24位初登場のSully Erna「Avalon」、誰?と思い調べてみたらヘヴィメタルバンド、Godsmackのフロントマンだった。ただアルバムはメタルっぽさは全くなく、静かな美しさに満ちたアルバムで意外であった。

シングルチャート:
今週の1位は先週の3位から首位に立ったBruno Mars「Just The Way You Are」。自身のデビューシングルでいきなりNo.1を獲得してしまった彼であるが、Featuringでは既にB.o.Bの「Nothin' On You」で1位を獲得している。私自身、Bruno Marsは、その「Nothin' On You」の心地よいヴォーカルから気になっていた。2位は先週と変わらずEminem Featuring Rihanna「Love The Way You Lie」。3位はなんと先週の75位から3週目にしていきなりTop3に飛び込んできたRihanna「Only Girl (In The World)」。11月発売予定のニューアルバムからの先行シングルであるが、クラブミュージック的な感じの強い曲。アルバムもこの路線なんだろうか?。以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週5位のUsher Featuring Pitbull「DJ Got Us Fallin' In Love」、先週16位今週10位のFar*East Movement Featuring Cataracs & Dev「Like A G6」の2曲。
11位以下で気になったものとしては、先週17位今週13位のTrey Songz Featuring Nicki Minaj「Bottoms Up」、先週93位今週21位のFlorence + The Machine「Dog Days Are Over」、先週24位今週22位のNeon Trees「Animal」、先週73位今週27位のLinkin Park「The Catalyst」、37位初登場のKings Of Leon「Radioactive」、先週43位今週39位のParamore「The Only Exception」など。
37位初登場のKings Of Leon「Radioactive」、10月発売予定のニューアルバムからの先行シングルであるが、いかにも彼ららしいサザンテイストに溢れた曲である。

| | トラックバック (0)

寒い1日

今日は秋になって初めて寒いと感じた日となった。朝方はものすごい雨と雷で目が覚めたが、とにかく風が冷たく、部屋にいても窓を閉めて上着を着るほどであった。天気予報を見ても、今後は最高気温もがくんと下がり、いよいよ秋本番という感じである。この寒さで山の紅葉もどれくらい進むのか楽しみであるが、そろそろ雪の便りも聞こえてきそうな今日この頃である(^^)。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Maroon5)

●Maroon5 「Hands All Over」

Maroon5の、スタジオアルバムとしては2007年の「It Won't Be Soon Before Long」以来となるサードアルバムが届けられた。今作もRock、PoP、R&B、Funkなど様々な音楽が融合された彼ららしいアルバムに仕上がっていて、期待を裏切らない素晴らしいアルバムとなっている。特に今作では全体的に勢いのあるナンバーが多く、聴いていて実に心地よい。そしてそんなアルバム最後の#12をLady Antebellumと共演したカントリーナンバーで締めるというのもさすが。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Zac Brown Band / Selena Gomez & The Scene)

●Zac Brown Band 「You Get What You Give」

今年春のグラミー賞で最優秀新人賞を獲得したカントリーバンド、Zac Brown Bandの待望のセカンドアルバムが発売された。カントリーからロック、フォークまでと幅が広く、また先のライブ盤ではジャムバンドとしてのライブの楽しさも教えてくれた彼らであるが、今作でもカントリーというジャンルにとらわれずにとにかく楽しいアメリカンミュージックを聴かせてくれている。中でも#12は10分を越える大曲で、カントリーとサザンロックが融合したような彼らのジャムバンドとしての本領発揮の楽しいナンバーである。ところでアルバムを聴いていて、どこかで聴いたことがあるなという曲が何曲もあり、あれっと思って確認してみたら、先のライブ盤「Pass the Jar」とかぶっている曲が5曲もあった。おいおい。(^^;

●Selena Gomez & The Scene 「A Year Without Rain」

全米で大人気のティーンアイドル、Selena Gomezの2009年のデビュー作「Kiss & Tell」に続くセカンドアルバムが発売された。前作の元気なガールズポップロックが気にいっていたのだが、今作ではロック調はほとんど無くなり、エレクトロ/ダンスポップ調のナンバーが主体となっている。これも最近の傾向かな....。でも全体的に勢いもあって、きらめくエレクトロポップアルバムとしては極上の1枚である。ところでCDジャケットの彼女は随分と幼い雰囲気であるが、アルバムを聴いているとヴォーカルも随分と力強くなり、進化を感じさせる。

| | トラックバック (0)

御岳ロープウェイの来年の営業期間

御岳ロープウェイスノーシーズン
今年の冬はスキー場の休業が発表されている御岳ロープウェイであるが、来年のロープウェイの営業開始は7月1日のようだ。ここ数年ほど冬から春にかけて、バックカントリーでよく訪れていた御岳ロープウェイであるが、2010-2011シーズンではバックカントリーにロープウェイを使えないことが明確となった。冬期の御岳ロープウェイまでの道路の除雪がどうなるかも気になるが、まあ基本はおんたけ2240側からのアプローチとなるのだろう。

| | トラックバック (0)

地元小宮御柱里曳き

昨日今日と地元の塚原の小宮御柱里曳きが行われた。昨日は仕事だったので、今日からの参加となった。先日の山出しはかなり苦労したが、今回は曳く距離もそれほどなく、また街中を曳くために人出も多く、やっと祭り気分で楽しく曳くことが出来た。(今年は隣組長をしているため、一応役員の腕章はもらっている(^^;)
201009191

201009192

201009193

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Robert Plant / Brendan James)

●Robert Plant 「Band of Joy」

元Led Zeppelinのヴォーカリスト、Robert Plant の2007年のグラミー賞受賞アルバム「Raising Sand」以来となるニューアルバムが発売された。前作がオルタナカントリーアルバムだったので、今作がどういう方向になるのか興味であったが、オルタナカントリー色が随分と薄くなり、代わってルーツロック、トラッド色が濃くなっており、前作と比べるとそれなりにロック色は濃くなっていると感じる。ただしZepの様なハードロックは今回も一切無く、やはりこれが今後の彼が目指す方向性なのだろうとも感じる。
ちなみにBand of Joyとは、彼がZepに参加する前に活動していたバンド名でもあるようで、原点復帰という意味合いもあるのかも知れない。

●Brendan James 「Brendan James」

あまり知られていないピアノマンのシンガーソングライターのセカンドアルバムであるが、試聴してみたらその哀愁感あるメロディラインがすっかり気に入って購入ボタンをクリックしてしまった。どことなく寂しげで、大好きだったGilbert O'Sullivanを彷彿とさせる雰囲気もあり、同じようにGilbert O'Sullivan好きな人には是非お勧めしたいアーティストである。それにしてもこのメロディライン、絶対に日本人好みだと思う。「落ち葉のコンチェルト」のAlbert Hammondにも似ているかも。amazon.comでBrendan Jamesで検索すれば試聴が出来るので、だまされたと思って一度聴いてみて!。

| | トラックバック (0)

中小企業診断士理論政策更新研修

今日松本市で開催された中小企業診断協会長野県支部主催の平成22年度理論政策更新研修に参加してきた。中小企業診断士は年に1度、こうした研修に参加が義務付けられているためでもあるが、いろんな刺激を受けることが出来る良い機会ともなった。
ただ会場は冷房のために少し肌寒く、上着を持っていって正解であった。

| | トラックバック (0)

車山ハイキング

今日の午前中に予定していた仕事が延期となったため、それではと急いで近くの車山にお昼をもって出かけてきた。今回は久しぶりに車山高原(車山高原スキー場)側から登ってみることにしたが、途中にきつい登りもあり、歩きごたえのあるコースだった。ただ出発が遅かったこともあり、周囲の山はすっかりガスがかかって展望はいまいちだった。ところで草原にもススキの穂が目立つようになり、夏から秋への移り変わりを強く感じた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 車山ハイキング 2010年9月

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2010-09-25

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。1位初登場はポップス、Sara Bareilles「Kaleidoscope Heart」。90,000枚のセールス。ポップな女性シンガーソングライターで、2008年のメジャーデビューアルバム「Little Voice」は最高位7位だったので、彼女にとって初のNo.1アルバムとなった。2位は先週の3位からワンランクアップのEminem「Recovery」。81,000枚のセールス。3位は先週の2位からワンランクダウンのVarious Artists「Now 35」。63,000枚のセールス。6位初登場はロック、Stone Sour「Audio Secrecy」。46,000枚のセールス。メタルバンド、SlipknotのCorey TaylorとJim Rootによるサイドプロジェクトバンドで、2006年の前作「Come What(ever) May」は最高位4位を記録している。もっとごりごりのメタルをイメージしていたが、試聴してみたら意外にもメローな美メロナンバーが多くて驚いた。Slipknotのファンにしたら物足りないかも知れないが。7位初登場もロック、Interpol「Interpol」。38,000枚のセールス。彼らにとって2007年の「Our Love to Admire」以来となる2枚目のTop10アルバムとなった。9位初登場もロック、Anberlin「Dark Is the Way, Light Is a Place」。31,000枚のセールス。彼らにとって2008年の「Surrender」の最高位13位を上回り、初のTop10アルバムとなった。
11位以下で気になったものとしては、先週26位今週16位のMumford & Sons「Sigh No More」、27位初登場のケルト音楽、Celtic Thunder「Christmas/Celtic Thunder」、30位初登場のロック、Jerry Lee Lewis「Mean Old Man」、41位初登場のポップス、Robyn「Body Talk Pt. 2 (EP)」、先週100位今週44位のFlorence + The Machine「Lungs」、64位初登場のカントリー、Rodney Atkins「Rodney Atkins」、72位初登場のロック、Ludo「Prepare The Preparations」、93位初登場のポップス、Brendan James「Brendan James」など。
93位初登場のBrendan James「Brendan James」、Sara Bareillesの男性版という感じで同じくピアノマンのシンガーソングライターである。ただSara Bareillesの明るさとは対照的にこちらははかとない哀愁感漂う、秋にはぴったりの1枚。ふとGilbert O'Sullivanを思い出してしまった。けっこう好みかも。

シングルチャート:
今週の1位は先週に続いて2週連続となるKaty Perry「Teenage Dream」。2位も先週と変わらずEminem Featuring Rihanna「Love The Way You Lie」。3位は先週の4位からTop3入りを果たしたBruno Mars「Just The Way You Are」。以下10位内で順位を上げているのは、先週9位今週7位のNelly「Just A Dream」、先週13位今週9位のFlo Rida Featuring David Guetta「Club Can't Handle Me」の2曲。
11位以下で気になったものとしては、先週21位今週16位のFar*East Movement Featuring Cataracs & Dev「Like A G6」、先週20位今週17位のTrey Songz Featuring Nicki Minaj「Bottoms Up」、先週24位今週22位のSugarland「Stuck Like Glue」、先週30位今週24位のNeon Trees「Animal」、先週29位今週26位のOneRepublic「Secrets」、先週35位今週31位のAdam Lambert「If I Had You」、先週51位今週32位のSara Bareilles「King Of Anything」、先週44位今週34位のTrain「If It's Love」、35位初登場のSelena Gomez & The Scene「A Year Without Rain」、先週40位今週37位のSean Kingston Featuring Nicki Minaj「Letting Go (Dutty Love)」、先週43位今週39位のThe Band Perry「If I Die Young」など。
35位初登場のSelena Gomez & The Scene「A Year Without Rain」、もうすぐ発売される同名のニューアルバムからの先行シングルである。少し大人っぽさを感じさせる曲となっている。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Sara Bareilles / Hey Monday)

●Sara Bareilles 「Kaleidoscope Heart」

女性シンガーソングライター、Sara Bareillesの2008年の大ヒットアルバム「Little Voice」に続くメジャーセカンドアルバム(通算では3枚目?)が発売された。前作は聴いていなかったので比較は出来ないが、躍動感溢れるピアノポップスナンバーがメインで構成されていてとても親しみやすいアルバムとなっている。まさに極上のアメリカンポップスアルバムであるといえよう。ピアノということで、大先輩のElton JohnやCarole Kingにどこか通じるものも感じるが、ぜひそんなアーティストに今後成長していったら良いなと思う。ちなみに本アルバム、今日発表される最新全米アルバムチャートで初登場1位を獲得している。歌詞カードは付属

●Hey Monday 「Beneath It All 」(EP)

Fall Out BoyのPete Wentzが主宰しているレーベルDacayDanceから2008年にデビューした女性ヴォーカル、Cassadeeをメインとするポップパンクバンド、Hey Mondayの6曲入りの最新ミニアルバムである。初期のFall Out Boy、あるいは同じく女性ヴォーカルメインのParamoreに通じる元気なポップパンクが主体で、いずれも実にキャッチーで聴いていて楽しいナンバーばかりである。是非次回はフルアルバムを期待したいと思う。歌詞カードは付属。

| | トラックバック (0)

涼しい1日

曇りのち雨のぐずついた天気となった今日、今年の夏以降で初めて昼間でも涼しいと感じられる1日となった。涼しいと言うよりはひんやりという表現の方があっているかもしれない。窓を開けていると少し寒さを感じた。猛暑の今年であったが、季節は着実に秋に向かっているのを感じる。そして楽しみの紅葉の時期ももうすぐである。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Linkin Park / Weezer / Michelle Branch)

●Linkin Park 「A Thousand Suns」

2007年の「Minutes to Midnight」以来3年半ぶりとなる通算4枚目のLinkin Parkのニューアルバムが届けられた。1枚目、2枚目でガツンと衝撃を受けたそのLinkin Parkサウンドは、前作で大きく方向性を変え、そして今作も前作以上に変化したサウンドとなっている。初期の彼らのファンにとってはかなり微妙なアルバムであろう(私もそう)。全く違うバンドのアルバムとして聴けば、その緻密感やミクスチャー感は悪くないと思うが、いかんせんロックとしてがつんと来るものがあまり無いのである。なおアルバム自体はコンセプトアルバムとして構成されているようで、完成度は極めて高いと感じる。もう少しじっくりと聴き込んでみることにしよう。歌詞カードは付属。

●Weezer 「Hurley」

Weezerの「Raditude」以来1年ぶりとなる通算8枚目のアルバムが発売された。ここ数作がぱっとしなかったので今作はもうパスしようかなとも思ったが、今作はレーベルをEpitaphに移籍しての第一弾ということもあって買ってみることにした。そして聴いてびっくり、最近になくロックしていて、キャッチーなパワーポップ全開の彼ららしいアルバムに仕上がっていたのであった。一段とパワーアップもしているのもうれしい。ちなみにインパクトのあるCDジャケットの写真は、「LOST」のHurley役で有名な俳優のJorge Garcia氏とのこと。タイトルの「Hurley」も彼から取ったもよう。歌詞カードは無し。

●Michelle Branch 「Everything Comes And Goes」

Michelle Branchのソロとしては2003年の「Hotel Paper」以来となる本当に久しぶりのミニアルバムが発表された。てっきりフルアルバムかと思っていたら、6曲入りのミニアルバムであった。「Hotel Paper」以降の彼女は、カントリーデュオのThe Wreckersのメンバーとしてアルバムをリリースしているが、今作もそんな流れを組んで、とてもシンプルなカントリー/フォークアルバムとなっている。彼女はもうロック、ポップス路線に戻ることはないのかな...。歌詞カードは付属。

| | トラックバック (0)

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか

「トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか」 羽根田治、飯田肇、金田正樹、山本正嘉/山と渓谷社
book
昨年7月に北海道トムラウシ山で起きた遭難事故をまとめた1冊が発売されたので、興味を持って読んでみた。ちなみに事故の経過を確認していく中で、事故発生当時にニュースとなって問題視されたいくつかの内容が、実際には事実確認できない事だったりというのは興味深いことであった。ただもっと前に引き返す、あるいはビバークと判断するチャンスがあったのになぜ突き進んでしまったのかについては、やはり納得のいく答えは出てこなかった。
いずれにせよツアー登山に対する大きな警鐘でもあり、ツアー登山に参加される人には是非とも読んで欲しい1冊である。

| | トラックバック (0)

八ヶ岳縄文の里マラソン大会はまた来年に...

今日開催される第4回八ヶ岳縄文の里マラソン大会であるが、諸事情(仕事が忙しく今日も仕事(^^;、体調が万全でないこと、事前の走り込み不足など)により残念ながら参加は見送ることとした。なお次に予定している10月末の諏訪湖マラソンは本命の大会でもあり、是非とも走りたいと思う。

| | トラックバック (0)

オールフリー

売れすぎで発売中止となっていたサントリーのノンアルコールビール、オールフリーが発売再開されたので、早速買って飲んでみた。アルコール0、カロリー0、糖質0、ということで、かなりあっさり目かなと思っていたが、思ったよりのどごしも悪くないし、ビールテイスト清涼飲料としてカロリーを気にせずに飲めるのは良いと思う。ちなみに私は普段はノンアルコールビールとしてキリンフリーを飲むことが多いが、こちらはアルコールは0ながらカロリー16kcal、糖質3.1g(いずれも100mlあたり)となっている。

| | トラックバック (0)

入笠山登山

Fujimori World : 趣味の部屋 : 入笠山登山 2010年9月
台風が過ぎ去り、今日は朝から気持ち良い秋晴れとなったため、その好天に誘われて久しぶりに近くの入笠山まで出かけてきた。山頂では正面に見える八ヶ岳の大展望を楽しみながらお昼にしたが、私と同じような思いの人も多いようで、平日にもかかわらず多くの人が入笠山を訪れていた。
それにしても今月は公私に多忙で、山に出かける予定が全く立てられない状況である。なんとか紅葉の頃にはもう少し余裕が出来ることを願って...。

| | トラックバック (0)

今日の八ヶ岳 2010-09-10

今日の11時頃の八ヶ岳である。台風が過ぎ去り、再び青空が広がった。日射しも強く、まだまだ残暑は続きそうである。
20100910

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2010-09-18

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は5枚だった。1位初登場は予想通りの強さを発揮したロック、Disturbed 「Asylum」。179,000枚のセールス。全米で大人気のメタルバンドであるが、No.1獲得はこれでなんと4作連続となる快挙である。2位初登場は最近のヒット曲のコンピ盤、Various Artists「Now 35」。105,000枚のセールス。3位は先週と変わらずEminem「Recovery」。93,000枚のセールス。6位初登場はR&B、Lyfe Jennings「I Still Believe」。36,000枚のセールス。ちなみに2008年の前作「Lyfe Change」は最高位4位だった。7位初登場はロック、Goo Goo Dolls「Something For the Rest Of Us」。34,000枚のセールス。ちなみに2006年の前作「Let Love In」は最高位9位だった。9位は先週の22位から再び上がってきたSoundtrack「Camp Rock 2: the Final Jam」。28,000枚のセールス。10位初登場はロック、Heart「Red Velvet Car」。27,000枚のセールス。70年代から活躍する大ベテランロックバンドの6年ぶりの新作であるが、Top10入りはなんと1990年の「Brigade」の3位以来とのこと。デビュー当初の様なアコースティック&ハードなアルバムとなっている。
11位以下で気になったものとしては、17位初登場のロック、10 Years「Feeding The Wolves」、19位初登場のロック、Ryan Bingham & The Dead Horses「Junky Star」、23位初登場のロック、Papa Roach「Time for Annihilation on the Record & On the Road」、27位初登場のゴスペル、Israel Houghton「Love God. Love People.」、34位初登場のフォーク、The Weepies「Be My Thrill」、36位初登場のクリスチャン系ポップス、Casting Crowns「The Altar And The Door」、37位初登場のロック/ポップス、Jenny And Johnny「I'm Having Fun Now」、43位初登場のロック、Murderdolls「Women And Children Last」、54位初登場のロック、For Today「Breaker」、62位初登場のR&B、Gerald Levert「The Best Of Gerald Levert」、先週177位今週76位のクリスチャン系ロック、Sanctus Real「Pieces Of A Real Heart」、83位初登場のロック、Richard Thompson「Dream Attic」、97位初登場のロック、The Word Alive「Deceiver」など。

シングルチャート:
今週のHot100は久しぶりに首位が交代した。1位は先週の2位から首位に立ったKaty Perry「Teenage Dream」。「California Gurls」に続き、これで2曲連続No.1を獲得したことになる。素晴らしい。2位は先週の1位から後退したEminem Featuring Rihanna「Love The Way You Lie」。3位は先週と変わらずTaio Cruz「Dynamite」。以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週4位のBruno Mars「Just The Way You Are」、先週9位今週7位のTaylor Swift「Mine」、先週10位今週8位のKe$ha「Take It Off」、先週13位今週9位のNelly「Just A Dream」の4曲。
11位以下で気になったものとしては、先週16位今週13位のFlo Rida Featuring David Guetta「Club Can't Handle Me」、先週24位今週19位のChris Brown Featuring Tyga & Kevin McCall「Deuces」、先週27位今週20位のTrey Songz Featuring Nicki Minaj「Bottoms Up」、先週41位今週21位のFar*East Movement Featuring Cataracs & Dev「Like A G6」、先週26位今週24位のSugarland「Stuck Like Glue」、先週35位今週29位のOneRepublic「Secrets」、先週33位今週30位のNeon Trees「Animal」、先週53位今週40位のSean Kingston Featuring Nicki Minaj「Letting Go (Dutty Love)」など。

| | トラックバック (0)

ヤマケイJOY 2010 秋

book
ヤマケイJOYの秋号が発売されていたので買ってきた。特集は「紅葉トレイルを歩こう」で、誌面はすっかり秋一色である。今年は暑い日が続いてまだ夏気分が抜けきらないが、考えてみるとあと3〜4週間も経てばそんな見事な紅葉を楽しめる時期なのである。今年はどこの山に紅葉を見に行こうかとページをめくりながら考えるのであった。

| | トラックバック (0)

久しぶりの暑くない日

いつもなら8月のお盆過ぎ辺りから涼しくなるのだが、今年は異常気象で昨日まで連日真夏のような暑さがずーっと続いていた。でも今日は台風が日本を横断しているために1日中雨となり、暑さの面では本当に一息ついたというところである。そしてこのまま季節は秋に切り替わってくれたら良いなと思う。実際にも週間予報をみると、来週は私のところでも最高気温が30度以下となっており、秋の気配が濃厚である。

| | トラックバック (0)

UUDの地図データ V3.0

UUD - GARMIN GPS用 日本全国デジタル道路地図
UUD製作所の英語版GARMIN GPS用地図データがV3.0にバージョンアップした。10m等高線が標準となり、また道路地図は住友電工製全国デジタル道路地図データベースの2010年3月版が採用されている。V2からのアップグレードは10,500円の様なので、今度のバックカントリーシーズン開始前には更新しておこうかなと思う。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Goo Goo Dolls / Gov't Mule)

●Goo Goo Dolls 「Something For The Rest Of Us」

Goo Goo Dollsの4年ぶり通算9枚目のアルバムである。彼らのアルバムを買うのはこれが初めてであるが、試聴してみて、派手さは無いものの1曲1曲がじっくり聴ける良いアメリカンロックアルバムだと感じ、アルバムを通して聴きたくなったためである。まさに大人向けの良質なロックであり、キャッチーさと渋さ、またアップテンポなナンバーとロックバラードのバランスも絶妙である。

●Gov't Mule 「Mulennium」

サザンロックバンド、Gov't Muleの1999年12月31日にAtlantaのRoxy Theatreにて開催された年越しライブの模様を収録したライブ盤である。価格は1枚ものと変わらないが、なんとCD 3枚組みとなっていて、合計で3時間20分ものライブが収録されている。Allman Brothers BandのWarren HanesとAllen Woody(2000年8月に亡くなった)がメインとなって結成されたバンドで、まさにAllman Brothers Bandの流れを組むサザンロック、ブルースロックをたっぷりと聴かせてくれている。1枚目がGov't Muleのトリオによるライブ、2枚目がブルースマン、Little Miltonをゲストに迎えてのブルースライブ、3枚目がBlack CrowsのAudley Freedなどをゲストに迎えてのカバーナンバー集という構成となっているが、なんと言っても圧巻なのは1枚目のライブで、年越しカウントダウン後のKing Crimsonの「21st Century Schizoid Man」、そしてZepの「Dazed And Confused」へとなだれ込んでいく様は聴いていて本当にぞくぞくさせられる。

| | トラックバック (0)

光前寺の早太郎伝説

今日の朝、中二の娘の希望で駒ヶ根にある光前寺に出かけてきた。一番の興味は霊犬早太郎の伝説のようで、夏休み中という約束が今になってしまったものだ(^^;。ちなみに一番上の写真は、ちょうど正面に見える千畳敷、宝剣岳の様子。7月には息子とあそこを散歩してきた。
201009041

201009042

201009043

201009044

201009045

| | トラックバック (0)

ポーター教授『競争の戦略』入門

「ポーター教授『競争の戦略』入門」 グローバルタスクフォース/総合法令出版
book
経営学、マーケティングを学ぶ際に必ず出てくるポーターの経営戦略論について、もう一度じっくりと勉強してみたいと思い買ってみたのが本書である。本当はポーター教授自身の名著「競争の戦略」を買って読むのが筋であろうが、ただ少し高めなのとページ数が多く途中でくじけそうな予感がしたため(^^;、その簡略本である本書の方をまず読んでみることにしたものである。入門編だけあって、極めて分かりやすく書かれており、競争の戦略のエッセンスを手っ取り早く知るにはうってつけの1冊だと思う。
ちなみに「競争の戦略」の続編である「競争優位の戦略」はさらに難敵なので(価格面およびページ数の両方で(^^;)、ぜひそちらもこのような入門書を出して欲しいと願う。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2010-09-11

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は先週に続いて6枚と、相変わらずニューアルバムラッシュの週が続いている。1位初登場はポップス、Katy Perry「Teenage Dream」。192,000枚のセールス。彼女にとって初のNo.1アルバムとなったが、ちなみにデビュー作の前作「One of the Boys」は最高位9位だった。2位初登場はR&B、Fantasia「Back To Me」。117,000枚のセールス。2004年の「Free Yourself」の最高位8位を上回り、彼女にとって過去チャート最高位を記録した。3位は先週の1位から後退したEminem「Recovery」。98,000枚のセールス。4位初登場はR&B、Usher「Versus (EP)」。46,000枚のセールス。9曲入りのEPで、これをBunus Discとして付属した「Raymond v Raymond」新装盤も今週19位に急上昇している。5位初登場はカントリー、Little Big Town「The Reason Why」。42,000枚のセールス。8位初登場もカントリー、Randy Rogers Band「Burning the Day」。29,000枚のセールス。10位初登場はロック、The Devil Wears Prada「Zombie(EP)」。25,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、14位初登場のポップス、Never Shout Never「Harmony」、15位初登場のクリスチャン系ポップス、Jeremy Camp「We Cry Out: The Worship Project 」、先週48位今週27位のSufjan Stevens「All Delighted People (EP)」、31位初登場のロック、Apocalyptica「7th Symphony」、32位初登場のクリスチャン系ポップス、Natalie Grant「Love Revolution」、36位初登場のロック、Ra Ra Riot「The Orchard」、42位初登場のロック、The Sword「Warp Riders」、43位初登場のラテンポップス、Ricardo Arjona「Poquita Ropa」、59位初登場のクリスチャン系ポップス、Press Play「NY2LA」、74位初登場のポップス、JJ Grey & MOFRO「Georgia Warhorse」、83位初登場のロック、eels「Tomorrow Morning」など。
43位初登場のRicardo Arjona「Poquita Ropa」、ラテンポップスと言っても陽気なダンス系音楽ではなく、哀愁感たっぷりのアコギの弾き語りであった。スペイン語?なので、何を歌っているのかさっぱり分からないが、妙に印象的である。

シングルチャート:
今週の1位はEminem Featuring Rihanna「Love The Way You Lie」。これで7週連続。2位は先週の3位からワンランクアップのKaty Perry「Teenage Dream」。Eminemの独走をそろそろ止めることが出来るか。3位は先週の2位からワンランクダウンのTaio Cruz「Dynamite」。以下10位内で順位を上げているのは、先週9位今週6位のBruno Mars「Just The Way You Are」、先週8位今週7位のKaty Perry Featuring Snoop Dogg「California Gurls」、先週14位今週9位のTaylor Swift「Mine」、先週16位今週10位のKe$ha「Take It Off」の4曲。
11位以下で気になったものとしては、先週21位今週16位のFlo Rida Featuring David Guetta「Club Can't Handle Me」、先週19位今週17位のMaroon 5「Misery」、先週29位今週24位のChris Brown Featuring Tyga & Kevin McCall「Deuces」、先週88位今週25位のUsher Featuring Jay-Z「Hot Tottie」、先週31位今週29位のKenny Chesney「The Boys of Fall」、先週43位今週33位のNeon Trees「Animal」など。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Heart)

●Heart 「Red Velvet Car」

Ann & Nancy Wilson姉妹をメインとする70年代から活躍するベテランロックバンドの久々のニューアルバムである。76年のデビュー以来80年代までは良く聴いていたが、Heartのアルバムをこうして買うのはもしかして15年ぶり位になるかも知れない。今やすっかり貫禄あるおばさんになってしまった二人であるが(^^;、でもその声はまだまだ当時とそれほど変わってはいない。アルバム自体は初期のHeartに通じる、アコースティックナンバーとハードなロックナンバーが入り混じる構成となっている。ただポップさをあえて排除したかのような感じでかなり渋めのアルバムとなっているが、個人的にはそのテイストは悪くないと思う。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Disturbed / Papa Roach)

●Disturbed 「Asylum」

過去3枚のアルバムが連続で全米チャートNo.1を獲得という、全米で脅威的な人気を誇るヘヴィーメタルバンド、Disturbedの通算5枚目のアルバムが発売された。従来と大きな変化はなく、彼ららしいソリッドなメタルロックを聴かせてくれている。鋼鉄度はかなり高いが、若干メロディアスさもあって意外に聴きやすいのも人気のポイントなのだろう。ただし私の年になると、通して聴くのはそろそろ少し疲れてしまったりする(^^;。なおBunus Trackの#13はどこかで聴いた事がある曲だなあと思ったら、なんとU2の「I Still Haven't Found What I'm Looking For」のカバーであった。

●Papa Roach 「Time For Annihilation...On The Record & On The Road」

レーベル移籍で少しごたごたのあったロックバンド、Papa Roachの新作が届けられた。(ちなみについ2ヶ月ほど前には旧レーベルから、彼らの意に反してベスト盤「To Be Loved: The Best of Papa Roach」が発売されている)ただし本作はフルオリジナルアルバムという訳ではなく、5曲の新曲に加えてライブを9曲という変則的なアルバムとなっている。新曲も悪くないが、それ以上に本アルバムでの聴き所はライブナンバーであろう。まさにライブバンドとしての本領発揮といったところで、いずれも素晴らしいライブとなっている。

| | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »