« GIGAZINE 未来への暴言 | トップページ | なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか »

全米ビルボード最新チャート 2011-01-01

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位は先週の2位から再び首位に返り咲いたTaylor Swift「Speak Now」。259,000枚のセールス。1位獲得はこれで通算3週目。2位は先週の1位から後退したusan Boyle「The Gift」。254,000枚のセールス。1位とはわずか5千枚の僅差だった。3位初登場はポップス、Michael Jackson「Michael」。228,000枚のセールス。彼にとって9枚目のソロアルバムとなるが、ちなみに昨年のベスト盤的アルバム「This Is It」は初登場1位を記録している。単に未発表曲を集めました的なアルバムでなく、彼の後期の音楽性が凝縮された傑作となっている。6位初登場はR&B、R. Kelly「Love Letter」。154,000枚のセールス。R&Bの帝王、R. Kellyの13枚目となるTop10アルバムとなった。今作は50年代60年代の懐かしきR&B/ソウル風ナンバーが多く、歌っている彼も本当に楽しそう。7位初登場はヒップホップ、Diddy-Dirty Money「Last Train To Paris」。101,000枚のセールス。9位は先週の15位から再びTop10入りしたKid Rock「Born Free」。94,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、28位初登場のポップス、Crystal Bowersox「Farmer's Daughter」、35位初登場のR&B、Tank「Now Or Never」、44位初登場のR&B、Ciara「Basic Instinct」、91位初登場のR&B、Kandi「Kandi Koated」など。
44位初登場のCiara「Basic Instinct」、過去のアルバム3枚全てがTop3入りしていた彼女としては考えられない低順位である。アルバムとしては彼女らしいポップなストリートR&Bでかなり良いのだが。

シングルチャート:
今週の1位は先週に続いて3週連続となるKaty Perry「Firework」。このまま来年にかけて首位を独創するのだろうか。2位は先週の3位からワンランクアップのBruno Mars「Grenade」。3位は先週の2位からワンランクダウンのRihanna Featuring Drake「What's My Name?」。以下10位内で順位を上げているのは、先週7位今週6位のBruno Mars「Just The Way You Are」、9位初登場のLil Wayne Featuring Cory Gunz「6 Foot 7 Foot」の2曲のみ。年末年始ということでチャートの停滞がそろそろ始まってきているようだ。
11位以下で気になったものとしては、先週15位今週13位のEnrique Iglesias Featuring Ludacris & DJ Frank E「Tonight (I'm Lovin' You)」、先週19位今週16位のEdward Maya & Vika Jigulina「Stereo Love」、先週22位今週20位のChris Brown「Yeah 3X」、先週34位今週26位のTaylor Swift「Back To December」、先週65位今週39位のMichael Jackson Duet With Akon「Hold My Hand」など。

|

« GIGAZINE 未来への暴言 | トップページ | なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/50379381

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ビルボード最新チャート 2011-01-01:

« GIGAZINE 未来への暴言 | トップページ | なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか »