« 高ボッチ・鉢伏山ハイキング | トップページ | ソニーの情報漏えい事件で我々は何を学ぶか »

木曽駒・千畳敷テレマーク

快晴となった昨日、初めてとなる中央アルプス木曽駒ヶ岳、千畳敷へバックカントリー(テレマークスキー)に出かけてきた。ロープウェイで2600mまで一気に上がることが出来、そこからわずかなハイクアップで稜線に立てる超お手軽なバックカントリーフィールドというイメージが強かったのだが、実際に滑ってみて、特に千畳敷へ滑り込む斜面はいずれも予想以上の急斜面で、久しぶりに緊張しながら滑ったのだった。雪はすっかり緩んで快適なざらめとなっていた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 木曽駒・千畳敷テレマーク 2011年5月

|

« 高ボッチ・鉢伏山ハイキング | トップページ | ソニーの情報漏えい事件で我々は何を学ぶか »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木曽駒・千畳敷テレマーク:

« 高ボッチ・鉢伏山ハイキング | トップページ | ソニーの情報漏えい事件で我々は何を学ぶか »