« 全米ビルボード最新チャート 2012-06-16 | トップページ | 関東甲信越、北陸の梅雨入り »

富士山テレマークBC

昨日、吉田大沢を滑りに富士山にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけてきた。高気圧に覆われて快晴が期待できそうだったためであるが、実際には下の方は雲海で七合目まではガス、上空には薄雲が頻繁にかかり、期待ほどはぱっとしない天気だった。しかも上の方は冷たい強めの風が吹いていて雪があまり緩まず、吉田大沢上部はかりかり気味だった。最初は須走側斜面を滑りはじめ、九合目から吉田大沢にトラバースしたが、それから下は雪も緩んでいて、今シーズン一番の最高のざらめ斜面を気持ちよく滑り降りることが出来た。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 富士山テレマーク 2012年6月
富士山も残雪は多く、まだまだ滑れそうである。

|

« 全米ビルボード最新チャート 2012-06-16 | トップページ | 関東甲信越、北陸の梅雨入り »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山テレマークBC:

« 全米ビルボード最新チャート 2012-06-16 | トップページ | 関東甲信越、北陸の梅雨入り »