« 霧ヶ峰三峰山ハイキング | トップページ | Facebookでビジネス成果を生み出すためには何をすべきか? »

全米ビルボード最新チャート 2012-09-15

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位初登場はクリスチャン系ポップス、TobyMac「Eye On It」。69,000枚のセールス。彼にとってTop10アルバムはこれが3枚目となるが、初のNo.1を獲得したことになる。2位初登場はヒップホップ、Slaughterhouse「Welcome to Our House」。52,000枚のセールス。3位は先週の1位から後退したTrey Songz「Chapter V」。41,000枚のセールス。
5位初登場はポップス、Alanis Morissette「Havoc and Bright Lights」。33,000枚のセールス。レーベル移籍後の第一弾とのこと。8位は先週の21位から再び上がってきたCarrie Underwood「Blown Away」。28,000枚のセールス。9位も先週の11位から上がってきたfun.「Some Nights」。25,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、先週15位今週11位のThe Lumineers「The Lumineers」、15位初登場のロック、Circa Survive「Violent Waves」、23位初登場のR&B、Tamia「Beautiful Surprise」、30位初登場のR&B、Dwele「Greater Than One」、31位初登場のロック、Minus The Bear「Infinity Overhead」、32位初登場のゴスペル、John P. Kee And New Life「Life And Favor」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位から再び首位に返り咲いたFlo Rida「Whistle」。首位は通算2週目。2位は先週の1位から後退したTaylor Swift「We Are Never Ever Getting Back Together」。3位は先週の4位から順位を上げてきたMaroon 5「One More Night」。次週の1位争いが楽しみである。
以下10位内で順位を上げているのは、先週11位今週6位のNeon Trees「Everybody Talks」、先週9位今週8位のOwl City & Carly Rae Jepsen「Good Time」、先週10位今週9位のJustin Bieber Featuring Big Sean「As Long As You Love Me」の3曲。
11位以下で気になったものとしては、先週12位今週11位のP!nk「Blow Me (One Last Kiss)」、先週18位今週15位のAlex Clare「Too Close」、先週17位今週16位のDemi Lovato「Give Your Heart A Break」、先週23位今週21位のPhillip Phillips「Home」、先週25位今週21位のJason Mraz「I Won't Give Up」、先週26位今週24位のHunter Hayes「Wanted」、先週29位今週27位のChris Brown「Don't Wake Me Up」、先週31位今週30位のCarrie Underwood「Blown Away」、先週33位今週31位のJason Aldean「Take A Little Ride」、先週34位今週32位のTrain「50 Ways To Say Goodbye」、先週39位今週35位のTrey Songz「Heart Attack」、先週42位今週37位のThe Lumineers「Ho Hey」、先週53位今週40位のmatchbox twenty「She's So Mean」など。
今週40位に上がってきたmatchbox twenty「She's So Mean」、10年ぶりとなるニューアルバムからのファーストシングルであるが、ノリの良いキャッチーなロックナンバーで久々の大ヒットが期待される。今週発売されたアルバムの方も来週発表のチャートで上位でのチャートインが予想されている(^^)。

|

« 霧ヶ峰三峰山ハイキング | トップページ | Facebookでビジネス成果を生み出すためには何をすべきか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/55596316

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ビルボード最新チャート 2012-09-15:

« 霧ヶ峰三峰山ハイキング | トップページ | Facebookでビジネス成果を生み出すためには何をすべきか? »