« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

最近買ったCD(Alicia Keys)

●Alicia Keys 「VH1 Storytellers」

Alicia Keysのライブアルバムである。USのTV番組「VH1 Storytellers」でのライブを収録したものということで、曲数は11曲とそれほど多くないものの彼女の新旧の代表作がほぼ網羅されたお手頃なライブとなっている。若干声がかれ気味?な所もあるが、ピアノの弾き語りを中心に構成されていて、個人的にはとても良い雰囲気だと思う。なおライブと言うことで歌詞カードは付属していなかった。

| | トラックバック (0)

戸隠

今日は娘を長野市まで送っていく用事があり、昼間は少し時間があったので戸隠まで散策とそばを食べに足をのばしてみた。
201306291

201306292

201306293

| | トラックバック (0)

車山肩・車山湿原のレンゲツツジ

お昼頃から急に青空が広がった昨日、お昼休みも兼ねて慌てて霧ヶ峰にレンゲツツジを見に出かけてきた。車山湿原の斜面はレンゲツツジがちょうどピークという感じで、オレンジに染まっていて本当に見事だった(^^)。車山肩周辺はレンゲツツジは少し少なめながら白いコバイケイソウが大発生していた(^^)。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 霧ヶ峰蝶々深山ハイキング 2013年6月

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2013-07-06

今週も忙しいので両チャートとも20位までの紹介ということで。
アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。1位初登場はヒップホップ、Kanye West「Yeezus」。327,000枚のセールス。2位初登場もヒップホップ、J. Cole「Born Sinner」。297,000枚のセールス。3位初登場もヒップホップ、Mac Miller「Watching Movies With the Sound Off」。102,000枚のセールス。
4位初登場はR&B、Kelly Rowland「Talk a Good Game」。68,000枚のセールス。7位は先週の80位から上がってきたHunter Hayes「Hunter Hayes」。40,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、17位初登場のロック、Falling In Reverse「Fashionably Late」、19位初登場のカントリー、Danielle Bradbery「The Voice: The Complete Season 4 Collection」、20位初登場のダンス、Empire Of The Sun「Ice On The Dune」など。

シングルチャート:
今週の1位はとうとう3週連続となるRobin Thicke Featuring T.I. + Pharrell「Blurred Lines」。2位は先週と変わらず、Daft Punk Featuring Pharrell Williams「Get Lucky」。3位は先週の3位から上がってきたImagine Dragons「Radioactive」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週4位のFlorida Georgia Line Featuring Nelly「Cruise」、先週27位今週5位のMiley Cyrus「We Can't Stop」、先週11位今週8位のBruno Mars「Treasure」の3曲。
11位以下で気になったものとしては、先週18位今週17位のAnna Kendrick「Cups (Pitch Perfect's When I'm Gone)」、先週31位今週19位のHunter Hayes「I Want Crazy」など。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Skillet)

●Skillet 「Rise」

テネシー州出身の男女混成のヘヴィーロックバンド、Skilletの2009年の大ヒットアルバム「Awake」に続く通算9枚目のアルバムが届けられた。今作も前作同様にリンキン風のミクスチャーロックからストリングスを交えたドラマティックなナンバー、パワーバラードまで、現在のヘヴィーロックシーンのいいとこ取りの様なアルバムに仕上がっている。1曲ごとに曲調も大きく変わり、ヘヴィー過ぎずポップ過ぎずという感じで、前作が気に入った人なら安心してお勧めできる1枚である。なお歌詞カードは付属していた。

| | トラックバック (0)

QuarkXPress 10とアップグレードポリシーの変更

QuarkXPress 10が近日公開予定
久々にQuarkXPressの話題である(^^;。
QuarkXPress 10を今年8月にリリース予定。
バージョンアップは、6月30日までならどの古いバージョンからも可能だが、7月以降は一つ前のバージョンに限定。
QuarkXPress 9へアップグレードあるいは新規購入した人を対象に10を無償提供するキャンペーンを8月30日まで実施。

| | トラックバック (0)

富士山登山

48
富士山が世界遺産に正式登録されたことから、7月の山開き以降は例年以上に混むことが予想され、ぜひ山開き前の空いている時期に一度登っておきたいと思い、梅雨の晴れ間が期待できた今日、出かけてきた。最短で剣ヶ峰まで登れる富士宮口から登ったが、七合目から上は雲海の上に出ていて、青空のもとで気持ちよく山頂まで登ることが出来た。九合五勺より上では残雪が目立ち、かつ前日の新雪もあって、山頂はまだ春という雰囲気だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 富士山登山 2013年6月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Big Time Rush)

●Big Time Rush 「24/Seven」

USの人気コメディTV、「Big Time Rush」から誕生した4人組アイドルボーイズグループで、これが(多分)3枚目のアルバムとなる。勢いのあるポップなナンバーを中心に構成され、はじける若さがなんとも心地よいアルバムである。UKのOne Directionに対してUSのBig Time Rushという位置付けと見ても良いと思うが、このアルバムも今週の全米チャートで4位に初登場するなどあちらでは高い人気を誇る彼らであるが、日本ではまだ無名に近いというのがなんとも。なお歌詞カードは付属していなかった。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2013-06-29

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は5枚だった。1位初登場はロック、Black Sabbath「13」。155,000枚のセールス。43年目にして初となるNo.1アルバムを獲得した。ヘヴィーさも相変わらずで素晴らしい。2位は先週と変わらず、Daft Punk「Random Access Memories」。48,000枚のセールス。3位は先週の9位から上がってきたJustin Timberlake「The 20/20 Experience」。35,000枚のセールス。
4位初登場はポップ、Big Time Rush「24/Seven (Soundtrack)」。35,000枚のセールス。5位は先週の8位から順位を上げたFlorida Georgia Line「Here's to the Good Times」。33,000枚のセールス。8位初登場はロック、Goo Goo Dolls「Magnetic」。29,000枚のセールス。9位初登場はSoundtrack「Man of Steel」。29,000枚のセールス。10位初登場はコメディ?、The Lonely Island「The Wack Album」。28,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、12位初登場のR&B、Chrisette Michele「Better」、13位初登場のエレクトロ「Boards Of Canada「Tomorrow's Harvest」、14位初登場のロック、Jimmy Eat World「Damage」、23位初登場のロック、Jason Isbell「Southeastern」、30位初登場のゴスペル、Hezekiah Walker「Azusa: The Next Generation」、32位初登場のロック、The Black Dahlia Murder「Everblack」、33位初登場のジャズ/ポップ、Harry Connick, Jr.「Every Man Should Know」、先週179位今週38位のBob Seger & The Silver Bullet Band「Ultimate Hits: Rock And Roll Never Forgets」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週に続いて2週連続となるRobin Thicke Featuring T.I. + Pharrell「Blurred Lines」。2位は先週の2位から上がってきたDaft Punk Featuring Pharrell Williams「Get Lucky」。3位は先週の2位から後退したMacklemore & Ryan Lewis Featuring Ray Dalton「Can't Hold Us」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週4位のImagine Dragons「Radioactive」の1曲のみ。停滞気味である。
11位以下で気になったものとしては、先週16位今週11位のBruno Mars「Treasure」、先週19位今週13位のFall Out Boy「My Songs Know What You Did In The Dark (Light Em Up)」、先週24位今週14位のZedd Featuring Foxes「Clarity」、先週22位今週18位のAnna Kendrick「Cups (Pitch Perfect's When I'm Gone)」、先週34位今週20位のAvril Lavigne「Here's To Never Growing Up」、先週35位今週24位のMaroon 5「Love Somebody」、先週29位今週25位のJason Derulo「The Other Side」、先週38位今週30位のCalvin Harris Featuring Ellie Goulding「I Need Your Love」、先週36位今週31位のHunter Hayes「I Want Crazy」、先週44位今週39位のThe Lumineers「Ho Hey」、先週46位今週40位のCiara「Body Party」など。
今週39位と再びTop40入りしたThe Lumineers「Ho Hey」、チャートインは既に54週目という超ロングヒットである。

| | トラックバック (0)

竹中先生、日本経済 次はどうなりますか?

「竹中先生、日本経済 次はどうなりますか?」 竹中平蔵、田原総一朗 / アスコム
book
アベノミクスについての本はいろいろ出ているが、本書はアベノミクスを推進するための「産業競争力会議」のメンバーでもある竹中氏とジャーナリストの田原総一朗氏が討論したものが1冊の本となったものである。アベノミクスも三本目の矢である成長戦略をどこまで実現出来るかが大きな鍵と言われており、その部分の議論に多くのページが費やされている。対談スタイルなので、2時間ほどでサクッと読めるのが良い。

| | トラックバック (0)

Adobe Creative Cloud

月額制だけになった「Photoshop CC」「Dreamweaver CC」など提供開始 -INTERNET Watch
アドビは6月18日、Creative Suite 6の後継となる新バージョン、Creative Cloundをリリースした。以前よりアナウンスはされていたものの、使用期限の無いパッケージ版としてはCS 6が最後となり、CCからはAdobe Creative Cloud経由でのみ入手可能で、月額あるいは年額の利用料を支払う形での利用となる。
ウイルス対策ソフトの多くやMicrosoftのOffice365もそうだが、ソフトウェアは今後は年間の利用料を支払う形での利用形態が増えていくんだろうなあ。

| | トラックバック (0)

Microsoft Office Mobile for iPhone

米Microsoft、「Office Mobile for iPhone」米国向けに公開、日本は18日から -INTERNET Watch
いよいよiPhone向けにMicrosoftからOfficeアプリがリリースされるとのこと。ただし利用にはOffice 365のアカウントが必要と言うことだ。ちなみにそうなるとAndroid版の期待も高まるが、そちらはどうなのだろう。

| | トラックバック (0)

霧ヶ峰八島湿原・鷲ヶ峰のレンゲツツジ

14
梅雨の晴れ間となった今日の昼、霧ヶ峰のレンゲツツジの様子を見にお昼をもって鷲ヶ峰に出かけてきた。八島湿原周辺のレンゲツツジはまだつぼみも多く3〜5分咲きという感じがしたが、それでも満開の花もあちこちで見かけ、そろそろ見頃という感じである。鷲ヶ峰の方は山ツツジが多いが、開花の状況は同じようなものだった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 霧ヶ峰鷲ヶ峰登山 2013年6月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Best Of Kokua Festival)

●Jack Johnson & Friends 「Best Of Kokua Festival」

Jack Johnsonのニューアルバムがそろそろリリースされるが、そういえば昨年に発売されたこのライブアルバムをまだ聴いてなかったなとまずはこちらから買ってみることにした。Jack Johnsonを始めとしてWillie Nelson、Ben Harper、Eddie Vedder、Jackson Browne、Dave Matthews、Jake Shimabukuroなどそうそうたるアーティストが参加しており、アコースティックな演奏を中心にまさにハワイのゆったりとした時の流れを感じさせるような癒しのサウンドに満ちたライブとなっている。聴いていると久しぶりに海を見たくなってしまった。今年は久しぶりに波と戯れに行こうかな。なおライブと言うことで歌詞カードは付属していなかった。

| | トラックバック (0)

夏山JOY 2013

book
今年も夏山JOYの季節がやってきた(^^)。最新刊である2013を書店で見かけ、毎年買っているので惰性で(^^; つい購入してみた。そしてぱらぱらとめくりながら今年の夏の予定をあれこれ考えてみるのである。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(The Anthems)

●Iocofrank×Hawaiian6×Dustbox 「The Anthems」

Hawaiian6も参加しているこの共作アルバムが話題なので購入してみた。Hawaiian6以外にIocofrank、Dustboxという国内のメロディックパンクバンドが参加し、それぞれ4曲の新曲がシャッフル状態で収録されている。Hawaiian6以外は初めて聴くバンドだが、いずれも個性的ながら疾走感あふれる美メロなメロディアスパンクが心地よく、アルバムを通して楽しく聴くことが出来た。現在の国内のメロディックパンクシーンを知る格好の1枚といえよう。

| | トラックバック (0)

最高だったバックカントリー記録 Best 14

ホームページの雑記帳に「最高だったバックカントリー記録Best14」をセレクトしてみた。最初はBest 10を選ぼうと思って始めたが、14まで増えてしまった(^^;。
Fujimori World : 雑記帳 : 最高だったバックカントリー記録Best14

| | トラックバック (0)

変な人の書いた世の中のしくみ

「変な人の書いた世の中のしくみ」 斎藤一人 / サンマーク出版

久しぶりに斉藤一人さんの本を読んでみた。最近は本はスマホのKindleで読むことが多いが、今回もKindle版を購入した。今回も一人さんらしい軽快な語り口でいろんな事を話してくれており、さくっと読める内容ではあるものの、随所ではっとするような気づきが得られる1冊である。「あなたに起きることは心が引き寄せているの」、「人間関係は写し鏡です」など。書かれていること全てに納得できる訳ではないが(^^;、共感出来る部分は多い。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2013-06-22

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。1位初登場はロック、Queens of the Stone Age「. . . Like Clockwork」。91,000枚のセールス。2005年のアルバム「Lullabies to Paralyze」の最高位5位を上回り、彼らにとって初となるNo.1アルバムとなった。2位は先週の1位から後退したDaft Punk「Random Access Memories」。62,000枚のセールス。3位初登場はロック、Sleeping With Sirens「Feel」。59,000枚のセールス。男女のヴォーカルが印象的なバンドであるが、こちらも2011年の「Let's Cheer to This」の最高位17位を上回り、彼らにとって初となるTop10アルバムとなった。
6位初登場はロック、Megadeth「Super Collider」。29,000枚のセールス。8位は先週の17位から上がってきたFlorida Georgia Line「Here's to the Good Times」。28,000枚のセールス。10位初登場はロック、Barenaked Ladies「Grinning Streak」。26,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、16位初登場のロック、City And Colour「The Hurry And The Harm」、28位初登場のロック、Portugal. The Man「Evil Friends」、36位初登場のカントリー、LeAnn Rimes「Spitfire」、38位初登場のエレクトロ/ダンス、Disclosure「Settle」、39位初登場のロック、The Maine「Forever Halloween」、89位初登場のジャズ/ポップ、George Benson「Inspiration: A Tribute To Nate King Cole」など。

シングルチャート:
今週の1位はなんと先週の6位から一気に首位に立ったRobin Thicke Featuring T.I. + Pharrell「Blurred Lines」。2位は先週の1位から後退したMacklemore & Ryan Lewis Featuring Ray Dalton「Can't Hold Us」。3位は先週と変わらず、Daft Punk Featuring Pharrell Williams「Get Lucky」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週8位今週6位のImagine Dragons「Radioactive」、先週12位今週9位のAriana Grande Featuring Mac Miller「The Way」の2曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、11位初登場のMiley Cyrus「We Can't Stop」、先週17位今週15位のMariah Carey Featuring Miguel「#Beautiful」、先週25位今週16位のBruno Mars「Treasure」、先週27位今週22位のAnna Kendrick「Cups (Pitch Perfect's When I'm Gone)」、先週29位今週24位のZedd Featuring Foxes「Clarity」、先週31位今週27位のLuke Bryan「Crash My Party」、先週30位今週29位のJason Derulo「The Other Side」、先週37位今週35位のMaroon 5「Love Somebody」、先週48位今週36位のHunter Hayes「I Want Crazy」、37位初登場のCassadee Pope「Wasting All These Tears」、先週42位今週38位のCalvin Harris Featuring Ellie Goulding「I Need Your Love」など。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Jimmy Eat World)

●Jimmy Eat World 「Damage」

アリゾナ出身の4人組エモロックバンド、Jimmy Eat Worldの3年ぶり通算8枚目となるニューアルバムがリリースされた。大人の失恋をテーマしたアルバムとのことで、パワーバラードやスロー系の曲が多めの構成となっている。じっくりと聴けるアルバムではあると思うが、個人的には一気に突き抜けるような勢いのあるナンバーをもっと聴きたいなと感じた。なお歌詞カードは付属していた。

| | トラックバック (0)

iOS 7とMacOS 10.9 Mavericks

アップルは現在開催されているWWDCにおいて、iOSの最新版iOS 7と新MacOS 10.9「Mavericks」を発表した。いずれも今年秋リリース予定。
iOS 7のデザインが平面的でシンプルなものに変更されているのが目をひくが、Windows 8もそうだったし最近のデザインの傾向なのかな。

| | トラックバック (0)

富士山吉田大沢テレマークBC

昨日、今シーズン初めてとなる富士山にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけてきた。吉田口登山道を山頂まで登り、吉田大沢を山頂から七合目まで滑り降りたが、上部は一昨日降ったと思われる新雪が10cmほど積もっていて、久しぶりに新雪の感触を味わうことが出来た。ただ富士山も今年は残雪が少なく、楽しく滑ることが出来たのは八合目までだった。とりあえずこれで今シーズンの滑り納めとなりそうだ。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 富士山テレマーク 2013年6月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Alice In Chains / Amy Grant)

●Alice In Chains 「The Devil Put Dinosaurs Here」

ヘヴィーロックバンド、Alice In Chainsの5枚目となるニューアルバムである。彼らのアルバムを買うのは初めてであるが、試聴してみてその重厚かつヘヴィーなサウンドが意外に心地良かったため、アルバムでじっくりと聴いてみたいと思ったためである。美メロでもキャッチーでも無いが、そのミドルテンポの重厚なうねるようなダークなサウンドは、聴いているとけっこうクセになるのである(^^)。なお歌詞カードは付属していた。

●Amy Grant 「How Mercy Looks from Here」

クリスチャン・ポップにジャンルされるAmy Grantの最新盤である。クリスチャン系アーティストにもいろいろなタイプがあるが、彼女の場合はゴスペルっぽさは全く無くとても素直でさわやかなポップサウンドなのが好印象である。また今作ではCarole King、James Taylor、Sheryl Crowなどフォーク系アーティストとの共演も多く、個人的にはさらに好印象度アップである(^^)。聴いていると心落ちつく1枚。なお歌詞カードは付属していた。

| | トラックバック (0)

八ヶ岳縄文の里マラソン大会にエントリー

9月8日に地元で開催される第7回八ヶ岳縄文の里マラソン大会へのエントリーを済ませた。出場はもちろんハーフマラソンである。まだ暑い時期であるが、今年最初のマラソンとして徐々に体を慣らしていきたいと思う。走り始めはお盆の頃かな(^^;。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2013-06-15

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位は先週に続いて2週連続となるDaft Punk「Random Access Memories」。93,000枚のセールス。2位初登場はロック、Alice in Chains「The Devil Put Dinosaurs Here」。61,000枚のセールス。彼らにとって5枚目のTop10アルバムとなった。重厚かつヘヴィなサウンドが意外に心地よい。3位初登場もロック、John Fogerty「Wrote a Song for Everyone」。51,000枚のセールス。CCR時代を中心とする代表曲のセルフカバー集で、豪華なスーパースター達と共演している。
4位初登場はポップ、Little Mix「DNA」。50,000枚のセールス。UKの4人組ガールズグループで、2011年の「The X Factor」の優勝者で。これがUSデビュー盤となる。ちなみに今をときめくボーイズグループのOne Directionは2010年の「The X Factor」から世界デビューしている。5位は先週の16位から上がってきたBlake Shelton「Based on a True Story」。42,000枚のセールス。8位は先週の13位から上がってきたImagine Dragons「Night Visions」。33,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、16位初登場のR&B、The-Dream「IV Play」、22位Re-EntryのPaul McCartney And Wings「Wings Over America」、56位初登場のロック、Imagine Dragons「iTunes Session (EP)」、74位初登場のジャズ、Tony Bennett/Dave Brubeck「Bennett/Brubeck: The White House Sessions, Live 1962」など。

シングルチャート:
今週の1位はMacklemore & Ryan Lewis「Can't Hold Us」。これで5週連続1位。2位は先週の3位からワンランクアップのJustin Timberlake「Mirrors」。3位も先週の4位から上がってきたDaft Punk Featuring Pharrell Williams「Get Lucky」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週11位今週6位のRobin Thicke Featuring T.I. + Pharrell「Blurred Lines」、先週9位今週8位のImagine Dragons「Radioactive」の2曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週16位今週13位のBlake Shelton Featuring Pistol Annies & Friends「Boys 'Round Here」、先週20位今週17位のMariah Carey Featuring Miguel「#Beautiful」、先週36位今週25位のBruno Mars「Treasure」、先週30位今週27位のAnna Kendrick「Cups (Pitch Perfect's When I'm Gone)」、先週37位今週30位のJason Derulo「The Other Side」、先週41位今週31位のLuke Bryan「Crash My Party」、先週54位今週37位のMaroon 5「Love Somebody」など。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Jill Scott)

●Jill Scott 「The Light Of The Sun」

2011年7月に発売され、全米Billboardアルバムチャートで初登場1を記録したJill Scottの通算4枚目のアルバムである。当時よりいつかは買おうと思いつつもそれが今になってしまった。
改めてじっくりと聴いてみて、このアルバムは評判通りの素晴らしい現代ソウルの傑作であると感じた。彼女らしい実にクリエイティブなサウンドで、時に芸術的な香りすら感じられる。聴く度に新たな発見のある素晴らしいアルバムで、ソウルファンならマストバイな1枚。
なお今回は国内盤を購入したが、おそらく輸入盤には歌詞カードは付属していないと思われる。

| | トラックバック (0)

乗鞍テレマークBC

28
午前中快晴が期待できた今日、今シーズン最後の乗鞍バックカントリーに出かけてきた。春山バスで大雪渓・肩の小屋口まで上がり、そこから1時間少しのハイクアップで済むという超お手軽な3000m峰バックカントリーである(^^;。朝のうちはクリアな快晴だったものの、あまりの暑さであっという間にガスが湧いてきて、滑る頃には展望も日射しもなくなってしまったのは残念だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍テレマーク 2013年6月

| | トラックバック (0)

諏訪湖マラソン、エントリー無事完了

今秋の諏訪湖マラソンのエントリーが先ほど(6月3日0時)スタートした。今年は募集人数が1000人増えているので昨年のようなことは無いだろうとは思いつつも、でものんびりしていてエントリー締め切りとなったら悲しいので、昨年同様にスタート直後を狙ってエントリー手続きを行った。アクセス集中のためかなり待たされるかなと覚悟していたが、意外にも数分待っていたら登録画面にアクセスすることが出来、あっという間に手続きは完了出来た。たまたま運が良かったのかな?。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Little Mix)

●Little Mix 「DNA」

全米でも今非常な注目を集めているグループである。2011年結成のUKの4人組のガールズグループで、The X Factor 第8シーズンの優勝者とのことだ。既にUKでは大ブレークしているが、いよいよUS進出ということで本アルバムがUSデビューアルバムとなる。試聴してみて、ダンサブルなポップアルバムとしてとても親しみやすかったので入手してみた。CDジャケはアイドルチックな雰囲気が強いが(^^;、そのヴォーカル、ハーモニーはかなりのものである。中でも#16の「We Are Young」のアコギ弾き語りバージョンの素晴らしいハーモニーには魅惑されたのだった(^^)。なお歌詞カードは付属していた。

| | トラックバック (0)

印象派の巨匠たちとピカソ

娘の希望で今日、長野県信濃美術館で開催されている「ひろしま美術館コレクション~印象派の巨匠たちとピカソ~」に家族で出かけてきた。
201306021

せっかくなので隣の善光寺にもおまいり。
201306022

| | トラックバック (0)

Cheek Guard 切断防止

ガラケーからAndroidスマホに乗り替えて約1.5ヶ月ほど経った。電話機能以外の部分は、まあそれなりに便利な面も多いと思うが、ただ肝心の電話機能についてはガラケーの方が直感的で使いやすかったなあというのが正直な感想である。まあ操作性は慣れの面もあるかと思うが、電話が途中で切れてしまうことが多いのにはまいった。おそらく電話をしている時に耳から離したり近づけたりしてしまい、画面上の切断ボタンに耳や頬がさわってしまうためだろうと思い、「Cheek Guard 切断防止」と言うアプリを入れてみた。とりあえずそれからは途中で切れてしまうことはなくなった。
ちなみに私はiPhone 5も持っているが、電話が途中で切れてしまうことはそれほど無かったが気がする。まあiPhoneではあまり電話をかけないので頻度の問題かもしれないが。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(John Fogerty / Bob Dylan)

●John Fogerty 「Wrote A Song For Everyone」

John Fogertyの久々の新作はセルフカバー集であった。主にCCR時代の名曲の数々を様々なジャンルのスーパースターと共演しながらリメイクしたもので、共演者はロックのFoo Fighters、Kid Rock、Bob Seger、カントリーのKeith Urban、Zac Brown Band、Brad Paisley、R&BのJennifer Hudsonなどと超豪華である。でもそんな共演者に負けない、いまだ衰えない彼のパワフルなヴォーカルはさすがのひと言。実に楽しいアメリカンロックアルバムである。歌詞カードは付属していなかったが、彼自身の手による詳細な解説が付属していた。

●Bob Dylan 「Tempest」

2012年9月にリリースされたBob Dylanのデビュー50周年となる通算35枚目のアルバムである。欲しい欲しいと思いつつ、やっと今頃になって入手してみた。最近の彼のアルバムはいずれも素晴らしいが、今作は特にそのエネルギッシュさにおいて圧倒される思いである。71歳にして今なお前に進むことをやめないその姿勢は本当にすごいとしか言いようがない。なお歌詞カードは付属していなかった。

| | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »