« パソコン満足度ランキング2013 | トップページ | ドコモ、iPhone販売へ »

全米ビルボード最新チャート 2013-09-14

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。1位初登場はロック、Avenged Sevenfold「Hail to the King」。159,000枚のセールス。6枚目のアルバムであるが、2010年の前作「Nightmare」に続いて2作連続でNo.1デビューとなった。今作はミドルチューンが多く賛否が分かれているが、この圧倒的なセールスはさすがのひと言。2位は先週の1位から後退したLuke Bryan「Crash My Party」。92,000枚のセールス。3位初登場はヒップホップ、Big Sean「Hall of Fame」。72,000枚のセールス。
4位初登場もヒップホップ、Juicy J「Stay Trippy」。64,000枚のセールス。6位は先週の22位から再びTop10入りしたJustin Timberlake「The 20/20 Experience」。37,000枚のセールス。8位初登場はカントリー、Various Artists「Alabama & Friends」。32,000枚のセールス。カントリーバンド、Alabamaへのトリビュートアルバム。9位も先週の18位から上がってきたBruno Mars「Unorthodox Jukebox」。27,000枚のセールス。Justin Timberlake、Bruno Marsの急上昇は、8月25日に行われたMTV Video Music Awardsでの出演による影響らしい。
11位以下で気になったものとしては、19位初登場のラテンポップ、Alejandro Fernandez「Confidencias」、21位初登場のフォーク/ロック、Bob Dylan「Another Self Portrait (1969-1971): The Bootleg Series Vol. 10」、24位初登場のロック、Franz Ferdinand「Right Thoughts, Right Words, Right Action」、29位初登場のR&B/ポップ(クリスチャン系)、Mandisa「Overcomer」、32位初登場のロック、DevilDriver「Winter Kills」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位からやっと首位に立ったKaty Perry「Roar」。彼女にとってNo.1ソングはこれで8曲目となる。もうすぐニューアルバムも発売されるが、前作と同様にNo.1ヒットを量産するのか今後の動向も楽しみである。ちなみに女性アーティストとして最も多くのNo.1ヒットを持つのはMariah Careyの18曲で、以下MadonnaとRihannaの12曲、Whitney Houstonの11曲、Janet Jackson の10曲と続く。2位は先週の1位から後退したRobin Thicke Featuring T.I. + Pharrell「Blurred Lines」。連続1位の記録は12週で終わったことになる。3位初登場は久しぶりの登場となるEminem「Berzerk」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週5位のJay Z Featuring Justin Timberlake「Holy Grail」、先週12位今週8位のLorde「Royals」の2曲のみ。今週8位に上がってきたLordeはニュージーランド出身の女性シンガーソングライターで、なんとまだ16歳とのこと。
11位以下で気になったものとしては、先週50位今週14位のMiley Cyrus「Wrecking Ball」、先週83位今週25位のRobin Thicke Featuring Kendrick Lamar「Give It 2 U」、先週44位今週29位のJustin Timberlake「Take Back The Night」など。

|

« パソコン満足度ランキング2013 | トップページ | ドコモ、iPhone販売へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/58135245

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ビルボード最新チャート 2013-09-14:

« パソコン満足度ランキング2013 | トップページ | ドコモ、iPhone販売へ »