« 高ボッチ・鉢伏山ハイキング | トップページ | 2014年度上半期国内タブレット端末出荷概況 »

全米ビルボード最新チャート 2014-11-29

アルバムチャート:
1位:2位:3位:
今週のTop10内初登場は5枚だった。1位はこれで3週連続となるTaylor Swift「1989」。312,000枚のセールス。3週目にして速くも200万枚突破をした。2位初登場はロック、Foo Fighters「Sonic Highways」。190,000枚のセールス。2011年の前作「Wasting Light」は彼らにとって初となるNo.1アルバムとなったが、2作連続でのNo.1アルバム獲得はTaylor Swiftによって阻まれたことになる。3位初登場もロック、Pink Floyd「The Endless River」。170,000枚のセールス。Pink Floydの20年ぶりとなるまさかの新作は、2008年に亡くなったメンバーのRichard Wrightへのトリビュートアルバムでもある。なおヴォーカル入りの曲は1曲のみで残りはインストナンバーで構成されている。買う予定でいたけれど、試聴して車で聴くには静かすぎるため、いったん保留。
4位初登場はカントリー、Garth Brooks「Man Against Machine」。130,000枚のセールス。13年ぶりのスタジオアルバム。5位初登場はヒップホップ、Big K.R.I.T.「Cadillactica」。44,000枚のセールス。6位初登場はポップ、Nick Jonas「Nick Jonas」。37,000枚のセールス。以前のポップロック系からセクシーなR&B系にシフトしている。8位は先週の23位からTop10 Re-EntryのPentatonix「That's Christmas to Me」。34,000枚のセールス。10位は先週の63位から上がってきたGeorge Strait「The Cowboy Rides Away」。30,000枚のセールス。
11位以下で気になったものとしては、先週50位今週13位のMichael Buble「Christmas」、15位初登場のポップ、Damien Rice「My Favourite Faded Fantasy」、先週29位今週16位のIdina Menzel「Holiday Wishes」、19位初登場のポップ、Whitney Houston「Live: Her Greatest Performances」、20位初登場のカントリー、Zac Brown Band「Greatest Hits So Far...」、21位初登場のロック、Machine Head「Bloodstone & Diamonds」、23位初登場のロック、The New Basement Tapes「Lost On The River」、32位初登場のクリスチャン系ポップ、Tenth Avenue North「Cathedrals」、38位初登場のロック、Queen「Forever」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の13位から一気に首位に立ったTaylor Swift「Blank Space」。Taylor Swiftによる見事な1位リレーである。2位は先週と変わらずMeghan Trainor「All About That Bass」。3位は先週の1位から後退したTaylor Swift「Shake It Off」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週8位今週6位のHozier「Take Me To Church」、先週11位今週9位のSam Smith「I'm Not The Only One」、先週23位今週10位のNick Jonas「Jealous」の3曲。
11位以下で気になったものとしては、先週12位今週11位のEd Sheeran「Don't」、先週21位今週17位のRae Sremmurd「No Type」、先週30位今週29位のFall Out Boy「Centuries」、先週46位今週32位のVance Joy「Riptide」、先週45位今週37位のPharrell Williams「Happy」、先週50位今週38位のMeghan Trainor「Lips Are Movin」など。

|

« 高ボッチ・鉢伏山ハイキング | トップページ | 2014年度上半期国内タブレット端末出荷概況 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/60685502

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ビルボード最新チャート 2014-11-29:

« 高ボッチ・鉢伏山ハイキング | トップページ | 2014年度上半期国内タブレット端末出荷概況 »