« 入笠湿原と入笠すずらん山野草公園の花 | トップページ | 最近買ったCD(Bea Miller / Halsey / Melanie Martinez) »

明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい

「明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい」 樋野興夫 / 幻冬舎

本書がAmazonで売れ筋ランキング上位にあり、タイトルを見てどういう意味なんだろうと興味を持ち購入してみた。著者の本は初めて読んでみたが、がん患者に言葉で生きる希望を与える「がん哲学外来」の創始者ということで、基本的にはがん患者に向けてのメッセージが書かれた1冊である。ただ読んでみて、特にガンで無くても中高年以降の悩める人(自分もそう(^^;)向けの自己啓発という意味合いも強い内容であると感じた。「人間に必要なのは正論よりも配慮」、心に刺さる言葉である。ところでFaceBook等のSNSについての言及もあるが、確かにSNSはほかの人とつながるメリットもあるが、他の人からの評価を気にしすぎるようになるというデメリットもあり、それゆえ著者はSNSをしていないと言うが、それは確かにあるなあと私も強く同感である。「いいね」や「拍手」を期待して投稿していないか、私も気をつけたいと思う。

|

« 入笠湿原と入笠すずらん山野草公園の花 | トップページ | 最近買ったCD(Bea Miller / Halsey / Melanie Martinez) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/62218947

この記事へのトラックバック一覧です: 明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい:

« 入笠湿原と入笠すずらん山野草公園の花 | トップページ | 最近買ったCD(Bea Miller / Halsey / Melanie Martinez) »