« 八方尾根でBCをスタート | トップページ | 最近買ったCD(Don Henly) »

全米Billboard Year End Chart 2015

全米ビルボードの2015年の年間チャート(Year End Chart)が発表された。

アルバムチャート:Billboard 200
1位:Taylor Swift「1989」
2位:Ed Sheeran「X」
3位:Sam Smith「In The Lonely Hour」
4位:Drake「If You’re Reading This It’s Too Late」
5位:Meghan Trainor「Title」
6位:Maroon 5「V」
7位:Nicki Minaj「The Pinkprint」
8位:J. Cole「2014 Forest Hills Drive」
9位:Soundtrack「Fifty Shades Of Grey」
10位:One Direction「Four」

2015年の年間1位は、リリース時期の関係から2014年から2015年の2年間にわたって売れ続けたTaylor Swift「1989」。2014年のYear End Chartでは同アルバムが3位に入っている。

シングルチャート:Hot 100
1位:Mark Ronson Featuring Bruno Mars「Uptown Funk!」
2位:Ed Sheeran「Thinking Out Loud」
3位:Wiz Khalifa Featuring Charlie Puth「See You Again」
4位:Fetty Wap「Trap Queen」
5位:Maroon 5「Sugar」
6位:WALK THE MOON「Shut Up And Dance」
7位:Taylor Swift「Blank Space」
8位:Silento「Watch Me」
9位:The Weeknd「Earned It (Fifty Shades Of Grey)」
10位:The Weeknd「The Hills」

シングルチャートではやはり1位連続14週という歴代2位の記録となったMark Ronson Featuring Bruno Mars「Uptown Funk!」が1位となった。まさに今年を代表するナンバーと言えよう。参考までに1位獲得の過去最高は1995年のMariah Carey & Boyz II Menの「One Sweet Day」が記録した16週連続。

|

« 八方尾根でBCをスタート | トップページ | 最近買ったCD(Don Henly) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/62843936

この記事へのトラックバック一覧です: 全米Billboard Year End Chart 2015:

« 八方尾根でBCをスタート | トップページ | 最近買ったCD(Don Henly) »