« “ひらめき”の作法 | トップページ | 入笠山早朝ハイキング アヤメが満開 »

10年後に生き残る最強の勉強術

「10年後に生き残る最強の勉強術 Kindle版」 鈴木秀明 / クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

Kindleストアにて資格に関する本がふと目にとまり、久しぶりに興味を持って読んでみた。本書の著者は、なんと450と途方も無い数の資格に合格していることに興味を持ったためである。(そんなに資格ってあったっけ?というのが素直な感想)。中小企業診断士や行政書士、証券アナリスト、気象予報士など高難易度の資格も合格しているが、ハローキティ検定など趣味系の資格もかなり多くあって少し戸惑ったのも事実であるが(^^;、でもまあそれらを通して雑学力としては途方もないものを持てたのではないかと思う。
ちなみに私も合格した資格数は100弱ほどあるが、私はほとんどがIT系の資格で、その後、中小企業診断士や簿記など経営や財務に関連する資格を取得したという流れになっている。資格に挑戦するメリットは私もほぼ同様に感じている。今後も仕事に関連する資格は重点的に取りたいと思っているが、受験は年に2回か3回で良いかな(^^;。

|

« “ひらめき”の作法 | トップページ | 入笠山早朝ハイキング アヤメが満開 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/63834737

この記事へのトラックバック一覧です: 10年後に生き残る最強の勉強術:

« “ひらめき”の作法 | トップページ | 入笠山早朝ハイキング アヤメが満開 »