« 山スキールート212 | トップページ | 大前研一 日本の論点2019~20 »

全米ビルボード最新チャート 2018-12-08


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は1枚のみだった。今週の1位は先週の7位から再び首位に立ったTravis Scott「Astroworld」。71,000 units。通算3週目目となる1位となった。これは全体のセールスが低調なことで結果的に順位が上がったため。2位初登場はヒップホップ、6ix9ine「Dummy Boy」。66,000 units。3位は先週の2位から後退したMichael Bublé「Love」。58,000 units。
5位は先週の20位から上がってきたMichael Bublé「Christmas」。44,000 units。2011年のアルバムであるが、毎年この時期になるとチャートを急上昇してきている。7位も先週の17位からTop10入りしたPentatonix「Christmas Is Here! 」。43,000 units。彼らにとって9枚目となるTop10アルバムとなったが、そのうちの4枚は今回を含めクリスマスアルバムとなっている。この時期定番のアーティストに定着してきている。9位は先週の19位からTop10 Re-EntryのSoundtrack「The Greatest Showman」。35,000 units。
11位以下はのちほど。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位から首位に立ったTravis Scott「Sicko Mode」。Hot100での首位は初となる。2位は先週の1位から後退したAriana Grande「Thank U, Next」。3位、Marshmello & Bastille「Happier」は先週と変わらず。
以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週5位のPanic! At The Disco「High Hopes」、先週7位今週6位のSheck Wes「Mo Bamba」、先週10位今週7位のKodak Black Featuring Travis Scott & Offset「ZEZE」、先週9位今週8位のLil Baby & Gunna「Drip Too Hard」の4曲。
11位以下で気になったものとしては、先週29位今週14位のMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」、21位Re-EntryのAndy Williams「It's The Most Wonderful Time Of The Year」、23位Re-EntryのBrenda Lee「Rockin' Around The Christmas Tree」、26位Re-EntryのBurl Ives「A Holly Jolly Christmas」、先週43位今週29位のKhalid「Better」、先週35位今週32位のlovelytheband「Broken」、33位Re-EntryのBobby Helms「Jingle Bell Rock」、39位Re-EntryのNat King Cole「The Christmas Song (Merry Christmas To You)」など。
ホリデーシーズン突入を反映して14位のMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」を筆頭にTop40内だけで
5曲のクリスマスソングがRe-Entryしている。

|

« 山スキールート212 | トップページ | 大前研一 日本の論点2019~20 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22470/67453834

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ビルボード最新チャート 2018-12-08:

« 山スキールート212 | トップページ | 大前研一 日本の論点2019~20 »