« 医者が教える食事術 最強の教科書 | トップページ | 英語なんて これだけ聴けて これだけ言えれば 世界はどこでも旅できる »

たった一人の熱狂


「たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫) Kindle版」 見城徹 / 幻冬舎

出版社、幻冬舎の社長がその生き様を熱く語った1冊である。幻冬舎は村上龍「13歳のハローワーク」、郷ひろみ「ダディ」、劇団ひとり「陰日向に咲く」、堀江貴文「多動力」などのベストセラーを出しているが、それらの書籍の出版の課程や著者との交流も語られており、その熱い思いをひしひしと感じながら一気に読むことが出来た。これほど熱い人はそういないのではと思えるほどに熱いのである(^^)。「昨日と同じ今日、今日と同じ明日。そんなものはつまらない。『君がなんとなく生きた今日は、昨日死んでいった人達が、どうしても生きたかった大切な明日だ』」などカツを入れられる言葉が満載である。

|

« 医者が教える食事術 最強の教科書 | トップページ | 英語なんて これだけ聴けて これだけ言えれば 世界はどこでも旅できる »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たった一人の熱狂:

« 医者が教える食事術 最強の教科書 | トップページ | 英語なんて これだけ聴けて これだけ言えれば 世界はどこでも旅できる »