« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

60分でわかる! キャッシュレス決済 最前線

「60分でわかる! キャッシュレス決済 最前線 60分でわかる!IT知識 Kindle版」 キャッシュレス研究会 / 技術評論社

日本で急拡大しているキャッシュレス決済の現状について概要がまとめられた1冊である。1時間ほどでさくっと読めるように簡潔にまとめられている。QRコード決済先進国である中国での状況の説明も多く、個人的にはとても参考になった。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2019-03-02


アルバムチャート:
1位:< 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。今週の1位は先週に続いて2週連続となるAriana Grande「Thank U, Next」。151,000 units。2位は先週の3位から順位を上げたQueen「Bohemian Rhapsody (Soundtrack)」。56,000 units。3位は先週の2位からワンランクダウンのLady Gaga & Bradley Cooper「A Star Is Born (Soundtrack)」。51,000 units。
「Bohemian Rhapsody (Soundtrack)」、「A Star Is Born (Soundtrack)」共にアカデミー賞を受賞したことから、来週のチャートではさらにセールスを伸ばすことが予想されているが、個人的にはぜひ「Bohemian Rhapsody」に1位を取らせてあげたい。
4位初登場はカントリー、 Florida Georgia Line「Can’t Say I Ain’t Country」。50,000 units。5位初登場はヒップホップ、Drake「So Far Gone」。45,000 units。2009年にリリースされたMixtapeであるが、公式リリースは今回が初めてとのこと。彼にとって10枚目となるTop10アルバムとなった。
11位以下で気になったものとしては、先週83位今週12位のQueen「Greatest Hits I II & III: The Platinum Collection」、13位初登場のポップ/ロック、Avril Lavigne「Head Above Water」、28位初登場のロック、Tedeschi Trucks Band「Signs」、152位初登場のソウル、India.Arie「Worthy」など。

シングルチャート:
今週の1位はこれで5週連続となるAriana Grande「7 Rings」。2位は先週の4位から再び上がってきたHalsey「Without Me」。3位も先週の5位から上がってきたPost Malone & Swae Lee「Sunflower (Spider-Man: Into The Spider-Verse)」。
以下10位内で順位を上げているのは、5位初登場のCardi B & Bruno Mars「Please Me」の1曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週23位今週20位のKhalid「Better」、先週36位今週23位のLuke Combs「Beautiful Crazy」、先週28位今週24位のBad Bunny Featuring Drake「MIA」、先週30位今週25位のSam Smith & Normani「Dancing With A Stranger」、先週34位今週26位の5 Seconds Of Summer「Youngblood」、27位初登場のJuice WRLD「Robbery」、先週37位今週29位のAva Max「Sweet But Psycho」、先週46位今週30位のDean Lewis「Be Alright」、先週40位今週34位のLauren Daigle「You Say」、先週42位今週37位のEllie Goulding X Diplo Featuring Swae Lee「Close To Me」、先週49位今週38位のPinkfong「Baby Shark」など。

| | トラックバック (0)

栂池 船越の頭テレマークBC

75
すばらしい快晴となった昨日、栂池 船越の頭に出かけてきた。初夏のような暑さでばててしまい途中までしか登れなかったが、予想以上に積もっていた重めの新雪を楽しむことが出来た。
詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 栂池・船越の頭テレマーク 2019年2月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Dream Theater)


●Dream Theater「Distance Over Time」

デビュー30周年を迎えたボストン出身のプログレッシブメタルロックバンド、Dream Theaterの通算14枚目となるニューアルバムである。壮大だった前作と比べると全体がコンパクトにまとまった感じを受けるが、でもその分彼らの音楽性が凝縮されているようにも感じる。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2019-02-23

アルバムチャート:
1位:< 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は1枚のみだった。1位初登場はポップ、Ariana Grande「Thank U, Next」。360,000 units。前作からわずか6ヶ月でリリースされたアルバムだが、今の彼女の充実を物語るかのように非常に素晴らしいポップアルバムに仕上がっていて、彼女にとって通算4枚目のNo.1アルバムに輝いた。ちなみにオリジナルアルバムでNo.1を逃したのは2016年の「Dangerous Woman」のみ。2位は先週の5位から上がってきたLady Gaga and Bradley Cooper「A Star Is Born soundtrack」。49,000 units。グラミー賞での彼女のパフォーマンスの影響とのこと。3位も先週の11位からチャート最高位に復帰したQueen「Bohemian Rhapsody (Soundtrack)」。48,000 units。映画のDVD、ブルーレイでの販売開始によるもので、日本ではまだDVD等の発売は未定だが、あのライブエイドのフルバージョンが収録されていると言うことで楽しみである。
9位Re-Entryはポップ/カントリー、Kacey Musgraves「Golden Hour」。35,000 units。グラミー賞での最優秀アルバム受賞効果である。個人的にも好きなアルバム。
11位以下で気になったものとしては、22位Re-EntryのBrandi Carlile「By The Way, I Forgive You」、先週73位今週23位のH.E.R.「H.E.R.」、26位Re-EntryのMichael Buble「Love」など。

シングルチャート:
今週のHot100ではBeatles以来となる大記録が生まれた!。1位はこれで4週連続となるAriana Grande「7 Rings」。2位初登場はAriana Grande「Break Up With Your Girlfriend, I'm Bored」。3位は先週の7位から再び順位を上げたAriana Grande「Thank U, Next」。なんとTop3をAriana Grandeが独占と言うことで、これは1964年のBeatles以来となる大記録である。
以下10位内で順位を上げているのは、先週11位今週10位のbenny blanco, Halsey & Khalid「Eastside」のみ。
11位以下で気になったものとしては、14位初登場のAriana Grande「Needy」、17位初登場のAriana Grande「NASA」、先週24位今週18位のLady Gaga & Bradley Cooper「Shallow」、21位初登場のAriana Grande「Imagine」、22位初登場のAriana Grande「Bloodline」、25位初登場のAriana Grande「Ghostin」、26位初登場のAriana Grande「Fake Smile」、27位初登場のAriana Grande「Bad Idea」、38位初登場のAriana Grande「In My Head」、48位初登場のAriana Grande「Make Up」など。
Ariana Grandeのニューアルバムの全曲がチャートインしており、まさにAriana Grande旋風が吹き荒れた週だったと言える。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(松田聖子)


●松田聖子「SEIKO JAZZ 2 (通常盤)」

2017年の「SEIKO JAZZ」に続く松田聖子のスタンダード集第2弾が発売された。前作同様に本格的ジャズというよりはジャズっぽい演奏も交えたスタンダードナンバー集という感じであるが、でも彼女のヴォーカルもしっとりとしていて英語の発音もきれいで、国内アーティストとは思えない極上のヴォーカルアルバムに仕上がっていると思う。

| | トラックバック (0)

50代からの『稼ぐ力』 

「50代からの『稼ぐ力』 ~会社にも年金にも頼らず生きる方法~ Kindle版」 大前研一 / 小学館

50代以降を会社にも年金にも頼らずに自立して生きるための大前流指南書である。自立にはやはり稼ぐ力は必要であり、給料や年金以外に月15万円を稼ぐことが目標としている。そのためには時代の変化に応じた「発想力」や「創造力」が求められるが、具体的な例も多く挙げられており、個人的にはとても参考になった。

| | トラックバック (0)

乗鞍テレマークBC

41
今日、久しぶりに乗鞍にバックカントリースキーに出かけてきた。3合カーブ下斜面から屋根板を滑ってみたが、前日はそれほど降っていないはずだったが20cmほどの新雪が積もっていて、気持ち良いパウダー滑走を楽しむことが出来た。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍テレマーク 2019年2月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Avril Lavigne)


●Avril Lavigne「Head Above Water」

Avril Lavigneの5年ぶり通算6作目となるニューアルバムがリリースされた。バラードが主体のアルバムになっており、ロックは一体どこに行ってしまったのという思いである(^^;。でもポップアルバムとして評価するならば、ヴォーカル、メロディ共に極上だとは思う。評価はもう少し聴き込んでからにしようと思う。

| | トラックバック (0)

ポスト新産業革命

「ポスト新産業革命 『人口減少』× 『AI』が変える経済と仕事の教科書 Kindle版」 加谷珪一 / CCCメディアハウス

人口減少、高齢化、シェアリングエコノミー、AIの進展により今後の日本の主要10産業がどう変わっていくのかが書かれている。目新しさは無いものの、産業別に解説されているので分かりやすかった。読んでみて価値観の転換が何より重要なのだと思った。簡単なことではないけれど。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Linda Ronstadt)


●Linda Ronstadt「Live In Hollywood」

突然に発表されたLinda Ronstadtのキャリア初となる公式ライブ盤である。彼女のキャリアの絶頂期後期である1980年にアメリカのTV局であるHBOの特別番組用に収録したスタジオライヴ音源が、2016年になって偶然発見されたことから本ライブアルバムのリリースにつながったとのことだ。よって音声は極めて高音質であり、彼女の声も伸びやかでバックバンドも当時の一流メンバーばかりで構成され最高の演奏を繰り広げている。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(ONE OK ROCK)


●ONE OK ROCK「Eye of the Storm 初回限定盤 (ジャケットステッカー付)」

ワンオクロックの2年ぶり通算9枚目となるオリジナルアルバムである。2015年の「35xxxv」がパワーとスピードのある曲が多く気に入っていたのだが、2017年の「Ambitions」でパワーとスピードが落ち、今作ではさらに一段とミディアム〜スローな曲が増えパワフルな曲が無くなり、じっくり聴かせるロックが主体となっている。今風の緻密な造りではあるのだが、もう少しパワーが欲しい気も(^^;。基本英語の歌詞だが、部分的に日本語が入るのが彼ららしくて良い。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2019-02-16

アルバムチャート:
1位:Hoodie SZN 2位: 3位:
今週のTop10内初登場はなし。今週の1位は先週の3位から首位に返り咲いたA Boogie Wit da Hoodie「Hoodie SZN」。47,000 units。1位は通算3週目。セールス自体は先週とあまり変わらないが、他のアルバムの売り上げが落ちたことで1位となった。2位は先週の8位から上がってきた21 Savage「I Am > I Was」。40,000 units。3位は先週の2位から後退したFuture「Future Hndrxx Presents: The WIZRD」。40,000 units。
4位は先週の9位から順位を上げたTravis Scott「Astroworld」。38,000 units。よく見ると今週のTop10は5位のLady Gaga and Bradley Cooper「A Star Is Born soundtrack」以外は皆ヒップホップ系だった。
11位以下で気になったものとしては、先週48位今週11位のQueen「Bohemian Rhapsody (Soundtrack)」、18位初登場のラテンポップ、Luis Fonsi「Vida」、26位初登場のロック、Grateful Dead「Dave's Picks, Volume 29: Swing Auditorium, San Bernardino, CA, 2/26/77」、32位初登場のVarious Artists「NOW 69」、97位初登場のロック、Linda Ronstadt「Live In Hollywood」など。
97位初登場のLinda Ronstadt「Live In Hollywood」、1980年のTV番組用に収録されたライブ音源が発掘され、彼女にとってキャリア初となる公式ライブ盤のリリースとなった。音も良く、時期的に彼女の歌も悪いはずがないのである。

シングルチャート:
今週の1位は先週に続いて3週連続となるAriana Grande「7 Rings」。2位は先週の8位から一気に上がってきたMarshmello & Bastille「Happier」。3位は先週の2位から後退したHalsey「Without Me。
以下10位内で順位を上げているのは、先週7位今週6位のPanic! At The Disco「High Hopes」のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週74位今週14位のBillie Eilish「bury a friend」、先週23位今週18位のKhalid「Better」、先週22位今週19位のBad Bunny Featuring Drake「MIA」、先週31位今週26位のSam Smith & Normani「Dancing With A Stranger」、28位Re-EntryのMarshmello「Alone」、先週32位今週30位のAva Max「Sweet But Psycho」、先週38位今週36位のLuke Combs「Beautiful Crazy」など。

| | トラックバック (0)

第61回グラミー賞


第61回グラミー賞が今日発表となった。主要4部門について簡単にご報告。

●Album Of The Year
Kacey Musgraves「Golden Hour」

●Record Of The Year
Childish Gambino「This Is America」

●Song Of The Year
Childish Gambino「This Is America」

●Best New Artist
Dua Lipa

カントリー/フォーク系シンガーソングライターのKacey MusgravesがAlbum Of The Yearを獲得したのは驚きかつうれしい。カントリー系ながらフォーク、ポップがほど良くブレンドされ、初期のTaylor Swiftの様でもある。Album Of The Yearに加えBest Country Albumなど合計4部門での最多受賞となった。またヒップホップ系のChildish Gambino「This Is America」がRecord Of The Year、Song Of The Yearと主要2部門を含む合計4部門での受賞と、Kacey Musgravesと並んで最多受賞となった。注目していたGreta Van FleetはBest New Artistsこそ逃したもののBest Rock Albumを獲得した。

| | トラックバック (0)

湯の丸山テレマークBC

32
今日の午前中、前夜の降雪に期待して2年ぶりとなる湯の丸山に出かけてきた。抵抗感の無いふわふわの新雪が15cmほど積もっていて気持ち良く滑ることが出来た。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 湯の丸山テレマーク 2019年2月

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Ariana Grande)


●Ariana Grande「thank u, next」

前作からわずか5ヶ月でリリースされたAriana Grandeの最新作である。先行シングル「thank u, next」、「7 rings」が全米シングルチャートで連続No.1ヒットになるなどまさに絶好調の彼女であるが、アルバムも非常に充実した内容となっている。それにしても「thank u, next」、彼女の元彼達の名前を挙げてthank uと歌っている内容で(もちろん多少の毒もあり)、リアルな彼女を感じられる曲となっている。ただし国内盤なのに歌詞・訳詞が2曲分しか収録されていないのはかなり残念である。

| | トラックバック (0)

日本のIT産業が中国に盗まれている

「日本のIT産業が中国に盗まれている Kindle版」 深田萌絵 / ワック

先日、ファーウェイの副会長がカナダで逮捕されたが、それを聞いた本書の著者は「やっと、この日が来た!」と思わず体が震えたという。実際、読んで驚きの告発本である。

| | トラックバック (0)

全米ビルボード最新チャート 2019-02-09


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:Hoodie SZN
今週のTop10内初登場は1枚のみだった。1位初登場はポップ、Backstreet Boys「DNA」。234,000 units。彼らにとって2000年の「Black & Blue」以来となる3枚目のNo.1アルバムに輝いた。2位は先週の1位から後退したFuture「Future Hndrxx Presents: The WIZRD」。56,000 equivalent album units。3位は先週と変わらずA Boogie Wit da Hoodie「Hoodie SZN」。47,000 units。
4位は先週の8位から順位を上げたLady Gaga and Bradley Cooper「A Star Is Born (Soundtrack)」。40,000 units。5位は先週の47位から一気にTop10に飛び込んできたWeezer「Weezer (Teal Album)」。39,000 units。
11位以下で気になったものとしては、14位初登場のロック、Bring Me The Horizon「amo」、先週23位今週18位のVarious Artists「XXXTENTACION Presents: Members Only, IV」、78位初登場のVarious Artists「Grammy Nominees 2019」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週に続いて2週連続となるAriana Grande「7 Rings」。2位、Halsey「Without Me」、3位、Post Malone & Swae Lee「Sunflower (Spider-Man: Into The Spider-Verse)」も先週と変わらず。
以下10位内で順位を上げているのは、先週26位今週4位のJ. ColeMiddle 「Child」のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週24位今週16位のLady Gaga & Bradley Cooper「Shallow」、29位Re-EntryのDan + Shay「Tequila」、先週41位今週31位のSam Smith & Normani「Dancing With A Stranger」、先週35位今週32位のAva Max「Sweet But Psycho」、先週42位今週38位のLuke Combs「Beautiful Crazy」など。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Weezer)


●Weezer「Weezer (Teal Album)」

突然デジタルリリースされたWeezerの初となるカバーアルバムである。2018年にロングヒットしていたTotoの「Africa」を始めとしてa-ha「Take On Me」、Electric Light Orchestra「Mr. Blue Sky」、Michael Jackson「Billie Jean」、Ben E. King「Stand By Me」など、あまりに有名な曲を中心に10曲を取り上げて、元曲に近いアレンジで演奏している。元の曲がいずれも良いだけに、若干のWeezerテイストも加わって文句なしに聴いていて楽しい1枚に仕上がっている。思わずヘヴィローテーションで聴いてしまうのであった。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Papa Roach / Bring Me the Horizon)


●Papa Roach「Who Do You Trust?」

カリフォルニア州出身のヘヴィロックバンド、Papa Roachの約2年ぶり通算10枚目となるニューアルバムである。久しぶりにメタルのがつんとくるロックを聴きたいなと思っていたので、本作はまさに待望の1枚となった。彼ららしいへヴィーかつキャッチーなメロディーが満載であるが、曲調が1曲毎に大きく変わるなど非常に挑戦的なアルバムに仕上がっていると感じる。

●Bring Me the Horizon「amo」

UK出身のロックバンド、Bring Me the Horizonの3年半ぶり通算6枚目のニューアルバムである。彼らのアルバムは前作から聴き始めたのだが、前作がメタル/パンク色が濃かったのに比べると本作は聴いて驚きの変化を遂げており、シンセを多用した緻密なエレクトロ/ダンス調の曲が主体となっており、まるで別のバンドのようである。本アルバムの評価はもう少し聴き込んでからにしたいと思うが、ただ変化を恐れずに大胆に変化していくその姿勢は素晴らしいと思う。

| | トラックバック (0)

天狗岳テレマークBC

63

昨日、前夜の降雪に期待して今シーズン初の天狗岳に出かけてきた。樹林帯の新雪は20cmから吹き溜まりで30cmほどだったが、この日は登山者が少なくラッセルが続き疲れた。でも西天狗岳東斜面には腰ほどのディープパウダーが吹き溜まっていて最高だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 八ヶ岳天狗岳テレマーク 2019年2月

| | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »