« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

良い戦略、悪い戦略

「良い戦略、悪い戦略」 リチャード・P・ルメルト / 日本経済新聞出版社

経営戦略の名著として知られる本書であるが、この雨の週末、入手後2年目にしてやっと読むことが出来た。予想していた内容と少し違っていたが(^^;、でも経営戦略を考える上で様々な示唆に富む内容だと思う。「念ずれば夢が叶う」、「勝つまで続ける」、これらは個人の気持ちの持ちようとしては意味があるが、企業の戦略としては駄目は納得。また紹介されている良い戦略としてのNVIDIAであるが、その後7年を経過した現在も継続して勝ち組で居続けている点は凄いことだと思う。

|

キャッシュレス覇権戦争

「キャッシュレス覇権戦争 (NHK出版新書) Kindle版」 岩田昭男 / NHK出版

昨日のAmazon Kindleストアの日替わりセールで399円で販売されていた電子書籍である。前半はクレジットカードやQRコード決済などのキャッシュレス化の最新動向、後半は米国や中国で顕著となっている、それらの購入履歴等を元にした信用格差社会、データ監視社会の問題点について論じている。匿名性の高い現金から紐付け可能なキャッシュレス決済に移行することは、便利な面ばかり強調されるが、リスクもあることも意識する必要がある。

|

CASE革命

「CASE革命 2030年の自動車産業 Kindle版」 中西孝樹 / 日本経済新聞出版社

CASEとはConnected, Autonomous, Shared & Service, Electricの頭文字で、コネクティッド=ネットワークへ常時接続、自動運転、シェアリング&サービス、電動化という自動車産業の4つの重大トレンドを表した造語である。その4つを中心にこれから2030年にかけて、世界と日本の自動車産業がどう変わっていくのかの展望が書かれている。

|

孟司と誠の 健康生活委員会

「孟司と誠の 健康生活委員会 (文春e-book) Kindle版」 養老孟司、近藤誠 / 文藝春秋

東京大学医学部教授だった養老孟司氏と、がん放置療法の近藤誠氏が健康、病気、がんについて自由に語り合った対談集である。共感できる部分が多かった。それにしても最初に出てくるOECD調査による自分を健康だと思う人の割合のグラフには笑った。日本人は一番低くて約3割なのに対し、一番高いのはアメリカ人の約9割でなるほどと。

|

根子岳・四阿山のレンゲツツジ

11

梅雨の晴れ間の昨日、午前中仕事をお休みして4年ぶりとなる根子岳、四阿山に出かけてきた。菅平牧場のレンゲツツジは満開で素晴らしかった。また稜線ではイワカガミ、ミツバオウレンその他多くお花も咲いていた。展望も最高だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 根子岳・四阿山登山 2019年6月

|

全米ビルボード最新チャート 2019-06-29


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位初登場はポップ、Madonna「Madame X」。95,000 units。彼女にとって9枚目となるNo.1アルバムとなった。ちなみに女性アーティストの最多No.1アルバムはBarbra Streisandの11枚なので、そう遠くないうちにMadonnaが上回りそうな気がする。2位初登場はロック、Bruce Springsteen「Western Stars」。66,000 units。彼にとって20枚目となるTop10アルバムとなった。3位は先週の2位からワンランクダウンのBillie Eilish「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」。58,000 units。
5位初登場はロック、Bastille「Doom Days」。41,000 units。2016年の前作「Wild World」の4位に続き、2作連続でのTop10入りを果たした。9位は先週の14位から上がってきたLizzo「Cuz I Love You」。27,000 units。
11位以下で気になったものとしては、39位初登場のロック、Baroness「Gold & Grey」、158位初登場のロック、Dave Matthews Band「Rhino's Choice」など。

シングルチャート:
今週の1位は12週連続となるLil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus「Old Town Road」。新記録達成まであと5週。2位初登場はTaylor Swift「You Need To Calm Down」。3位は先週の2位からワンランクダウンのBillie Eilish「Bad Guy」。
以下10位内で順位を上げているのは、7位初登場のDrake Featuring Rick Ross「Money In The Grave」の1曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週17位今週14位のLizzo「Truth Hurts」、先週31位今週24位のPanic! At The Disco「Hey Look Ma, I Made It」、先週36位今週25位のLee Brice「Rumor」、35位初登場のDrake「Omerta」、先週39位今週37位のThomas Rhett「Look What God Gave Her」など。

|

がん 生と死の謎に挑む

「がん 生と死の謎に挑む (文春文庫) Kindle版」 立花隆、NHKスペシャル取材班 / 文藝春秋

先日、「ぼくの血となり肉となった五〇〇冊 そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊」を読んでから立花隆氏の著書に興味を持ち、何冊か購入した内の1冊である。本書は2章構成となっており、第一章では2009年にNHKで放送された「立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑む」での取材内容を元に構成されている。がんの本は主に治療法について書かれたものが多いが、本書はがんとはなにかに焦点を当てて調査されており、とても参考になる。第二章では月刊「文藝春秋」に連載された自身の膀胱がんの手術の実体験がまとめられている。

|

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち Kindle版」 新井紀子 / 東洋経済新報社

先週末のAmazon Kindleストアの日替わりセールで699円で販売されていた電子書籍で、この週末にやっと読むことが出来た。話題になった東ロボ君のチャレンジを通してAIの限界が書かれていて参考になった。AIは万能ではないと言うことで、読解力などはAIが苦手とする部分であり人間に優位性があるが、ただ著者らの調査を通じて子供達の読解力が落ちてきてAI並み?となってきていることも書かれている。

|

エネルギー管理士試験(電気分野)徹底研究(改訂2版)

「エネルギー管理士試験(電気分野)徹底研究(改訂2版)」 不動弘幸 / オーム社

現在仕事で省エネ関係にも携わっているため本資格に興味を持ち、どんな内容かを確認するために本書を購入してみた。今年の試験の申込期間はもう過ぎてしまったので申し込むとしても来年になるが、内容的にはこの電気分野の範囲は私が30年ほど前に行っていた業務(モータの制御装置設計)と重なる部分が多いものの、問題は当時の知識をほとんど覚えていないことかな(^^;。エネルギー管理の基本の良い参考書でもあるので、じっくり勉強してみたいと思う。

|

最近買ったCD(Jonas Brothers)


●Jonas Brothers「Happiness Begins」

2007年から2009年にかけてヒットを連発するなどボーイズアイドルグループとして大活躍したJonas3兄弟からなるJonas Brothersの10年ぶりとなる再結成第一弾のニューアルバムである。先行シングル「Sucker」が全米チャートで初登場1位を記録したのに続いて本アルバムも今週の全米チャートで初登場1位を記録するなど、相変わらずの絶大な人気ぶりを見せてくれているが、サウンド的には従来の路線を踏襲しながらも、10年の年の流れを感じさせる大人の色気が加わった極上のポップヴォーカルアルバムに仕上がっていると思う。

|

最近買ったCD(The Raconteurs)


●The Raconteurs「Help Us Stranger」

Jack White、Brendan Bensonを中心とする4人組バンド、The Raconteursの11年ぶりとなる通算3枚目のアルバムが届けられた。Jack Whiteらしいガレージロックにフォーク、ブルース、ロックンロール、トラッド、70年代風オールドロックなどの要素が絶妙に入り交じって、ひねりの効いた極上のギターロックアルバムに仕上がっていると思う。やはりこのメンバーが揃えばやってくれるなあ。

|

甘利山のレンゲツツジは満開

23_20190620195601

今日の早朝、見頃を迎えている甘利山のレンゲツツジを見に3年ぶりに訪れてみた。レンゲツツジはちょうどピークという感じで斜面一面がオレンジ色に染まっていて見事だった。山ツツジも奧甘利山にかけて満開だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 甘利山・千頭星山登山 2019年6月

|

全米ビルボード最新チャート 2019-06-22

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は5枚だった。1位初登場はポップ、Jonas Brothers「Happiness Begins」。414,000 units。本当に久しぶりとなる10年ぶりのニューアルバムであるが、彼らにとって3枚連続3作目となるNo.1アルバムとなった。2位は先週と変わらず、Billie Eilish「When We Fall Asleep, Where Do We Go?」。59,000 units。3位初登場はロック、Santana「Africa Speaks」。57,000 units。彼らにとって15枚目となるTop10アルバムとなった。アフリカのリズムとラテンが融合したサウンドが素晴らしい。
4位初登場はカントリー、Luke Combs「The Prequel (EP)」。48,000 units。5位初登場はヒップホップ、Future「SAVE ME (EP)」。42,000 units。6位初登場はヒップホップ、Polo G「Die A Legend」。38,000 units。
11位以下で気になったものとしては、27位初登場のロック、Motionless In White「Disguise」、先週70位今週59位のCreedence Clearwater Revival Featuring John Fogerty「Chronicle The 20 Greatest Hits」、100位初登場のロック、Bob Dylan「The Rolling Thunder Revue: The 1975 Live Recordings (Soundtrack)」、108位初登場のロック、Neil Young & Stray Gators「Tuscaloosa」、183位初登場のブルース、Peter Frampton Band「All Blues」など。

シングルチャート:
今週の1位は11週連続となるLil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus「Old Town Road」。どこまでこの記録が伸びるのか楽しみ。過去最高は16週なので、新記録達成まであと6週。2位、Billie Eilish「Bad Guy」、3位、Khalid「Talk」も先週と変わらず。
以下10位内で順位を上げているのは、先週5位今週4位のJonas Brothers「Sucker」、9位初登場のChris Brown Featuring Drake「No Guidance」の2曲のみ。「No Guidance」は6月28日リリース予定のニューアルバム「Indigo」からの先行シングル。今作もCD2枚組の大作。
11位以下で気になったものとしては、先週14位今週12位のShawn Mendes「If I Can't Have You」、先週21位今週17位のLizzo「Truth Hurts」、先週38位今週22位のLuke Combs「Beer Never Broke My Heart」、先週39位今週31位のPanic! At The Disco「Hey Look Ma, I Made It」、先週48位今週33位のDan + Shay「Speechless」、先週43位今週34位のLady Gaga & Bradley Cooper「Shallow」など。

|

甲斐駒黒戸尾根登山

47_2

梅雨の晴れ間の昨日、5年連続となる甲斐駒ヶ岳黒戸尾根日帰りに挑戦してきた。山頂まで6時間14分と、とうとう6時間を超えてしまい、過去最長記録となってしまったが、これが今の自分の実力だろう。朝は快晴だったが、あっという間にガスがかかってしまい、その後は時々青空という感じだった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 甲斐駒ヶ岳黒戸尾根登山 2019年6月

|

あなたがセキュリティで困っている理由

「あなたがセキュリティで困っている理由 Kindle版」 辻伸弘 / 日経BP

辻伸弘氏による「あなたのセキュリティ」シリーズ第3弾である。日経ネットワーク誌で連載されている「裏読みセキュリティ事件簿」を加筆・修正・再構成した内容となっており、私自身日経ネットワーク誌も読んではいるものの、セキュリティ事件について再度確認する意味も含めて本シリーズは毎回購入している。ネットワーク、セキュリティに関してある程度の知識は前提となるが、セキュリティ専門家なら読んで損は無い内容だと思う。

|

最近買ったCD(Lizzo)


●Lizzo「Cuz I Love You」

CDジャケの写真の圧倒的存在感に驚き、試聴してみたらそのパワフルなヴォーカルに圧倒されて思わず購入したアルバムである。デトロイト出身のR&Bシンガー、ラッパーであるが、迫力あるヴォーカルが素晴らしく、中でも1曲目の「Cuz I Love You」は出だしから一気に圧倒されたのだった。R&B、ソウル、ゴスペルを中心に時にラップも入れるというスタイルで、ヒップホップ色はあまり無い。個人的には優れたソウルアルバムとして紹介したい1枚である。

|

誰にも負けない努力

「誰にも負けない努力 仕事を伸ばすリーダーシップ Kindle版」 稲盛和夫 / PHP研究所

本書は経営者の心構えとリーダーシップについて、稲盛さんの講演録より抜粋された文章で構成されており、読んでいると彼の講演をその場で聴いているかのような気分にさせられる。稲盛イズムの集大成とも言える1冊だと思う。

|

最近買ったCD(Rammstein)


●Rammstein「Rammstein」

ドイツのロックバンド、Rammsteinの10年ぶり7枚目となるニューアルバムである。地元ドイツでは6枚連続No.1を記録しているが、全米では今作が初めてTop10入りしたと言うことで、彼らに興味を持ち初めて聴いてみた。メタルであるが、低いヴォーカルが印象的で、重厚かつダークでありながらも意外にキャッチーでもあり、でも時にがつんとくるメタルさもあり、面白いバンドだと思う。今月のヘヴィロテの1枚に決定かな(^^)。

|

人に困らない経営

「人に困らない経営 ~すごい中小建設会社の理念改革~ Kindle版」 森本尚孝 / あさ出版

中小ゼネコンの三和建設の社長が書いた本である。「つくるひとをつくる」を経営理念として人材育成を会社経営の中心に据える当社の取り組みが詳しく紹介されている。そんな取り組みが評価され、「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の審査委員会特別賞も受賞している。取り組み内容は建設業界でなくても参考になることは多いと思う。独自の社内日報システムもここまでするのかと驚いた。部下の日報を上司がチェックするだけでなく、即時全社員に対して公開され、全社員からの書き込みもできる。日報を書いて報告するのは社長も例外では無いという。

|

霧ヶ峰(鷲ヶ峰、八島湿原)ハイキング

84

週末の天気が悪い予報なので、その前にと昨日の早朝、仕事前に霧ヶ峰のレンゲツツジの様子を見に出かけて来た。レンゲツツジも山ツツジもまだ咲き始めという感じだったが、咲いているものはそれなりに楽しめた。すずらんも咲き始め、ズミは見頃だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 霧ヶ峰 鷲ヶ峰・八島湿原ハイキング 2019年6月

|

入笠山ハイキング 再び

14

昨日の早朝、出張に出かける前に急いで1週間ぶりとなる入笠山にすずらんの様子を見に出かけて来た。入笠湿原のすずらんは一斉に咲き始めていた。ズミも咲き始め。クリンソウはそろそろ見頃を迎えていた。それにしても早朝は見事な雲海で素晴らしかった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 入笠山ハイキング 2019年6月

|

最近買ったCD(Bruce Springsteen / Madonna)


●Bruce Springsteen「Western Stars」

Bruce Springsteenの5年ぶり通算19枚目となるオリジナルアルバムが届けられた。タイトルからカントリーかと思いきや、60年代終わりから70年代初めにかけてのサザン・カリフォルニア・ポップ・サウンドにインスパイアされたアルバムということで、多くはアメリカ西部を思わせるフォーク/カントリー調のポップナンバーとなっている。ストリングスも加わり、1曲1曲がまるで映画の1シーンのようでもある。本作の評価は...、もう少し聴き込んでからにしよう(^^;。

●Madonna「Madame X -Deluxe-」

Madonnaの4年ぶり通算14枚目となる待望のニューアルバムである。
彼女らしいポップサウンドにラテンを始めとしてレゲトン、中近東風など世界各国の多彩な音楽が混じり合った無国籍のサウンドに仕上がっていると感じる。ただ全体的にバラード系が多く、もう少しダンス系などの乗れる要素があっても良いのではとも。Deluxe盤に付属のDisc 2に収録されている4曲は、逆にリズムが強調された曲ばかりで良い。

|

出世する人の英語

「出世する人の英語 アメリカ人の論理と思考習慣 (幻冬舎新書) Kindle版」 小林真美 / 幻冬舎

今日のAmazon Kindleストアの日替わりセールで399円で販売されている電子書籍である。ビジネス英語に関する書籍であるが、会話の前提となるアメリカ人の思考や文化が日本人とどう違うのかがわかりやすく解説されていて、仕事でアメリカ人と接することがある人ならぜひ読んでおくべき1冊だと思う。TOEICの勉強をすれば自然としゃべれるようになるのかについてもばっさりと切り捨てているが、私も読めてもしゃべれない病なのである(^^;。

|

SEを極める50の鉄則 新装版

「SEを極める50の鉄則 新装版 Kindle版」 馬場史郎 / 日経BP

旧版は2000年に発売されてベストセラーとなったが、20年ぶりに新装版として出版されたので、懐かしさのあまり思わず購入したのだった。日経コンピュータ誌に97年から99年にかけて連載されていた、著者による「信頼されるSEへの道」等が元になっているが、私も当時日経コンピュータ誌を購読していたので、この連載も楽しみにしていたのを思い出す。SE(システムエンジニア)、SEマネージャー向けに書かれた書籍ではバイブルに当たる1冊。「迷ったときは顧客が51、会社や自分が49」など心が引き締められる言葉が並ぶ。約20年前に書かれたものではあるが、これらの心構えは全て今も変わらないものである。

|

全米ビルボード最新チャート 2019-06-15


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位初登場はカントリー、Thomas Rhett「Center Point Road」。76,000 units。4枚目のアルバムであるが、2作連続のNo.1アルバムとなった。2位は先週の1位から後退したBillie Eilish「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」。63,000 units。3位も先週の2位から後退したDJ Khaled「Father of Asahd」。39,000 units。
5位初登場はポップ、Miley Cyru「She Is Coming」。36,000 units。6曲入りEPであるが、どうやら今後同様なEPをあと2回リリースし、それらがフルアルバム「She Is: Miley Cyrus」として完成するというプロジェクトの様だ。7位は先週の23位から上がってきたElton John「Diamonds」。32,000 units。彼にとって20枚目となるTop10アルバムとなった。彼の半期を描いた話題の映画「The Rocketman」が5月31日に全米で公開された影響である。なお映画では主役のTaron Egerton自身が歌っている。
11位以下で気になったものとしては、20位初登場のゴスペル、Kirk Franklin「Long Live Love」、48位初登場のEDM、The Chainsmokers「World War Joy (EP)」、先週58位今週50位のSoundtrack「Rocketman: Music From The Motion Picture」、86位初登場のEDM、Avicii「TIM」など。

シングルチャート:
今週の1位はとうとう10週連続に到達したLil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus「Old Town Road」。2位、Billie Eilish「Bad Guy」、3位、Khalid「Talk」も先週と変わらず。
以下10位内で順位を上げているのは、先週7位今週6位のPost Malone「Wow.」、先週9位今週8位のDaBaby「Suge」の2曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、15位初登場のKaty Perry「Never Really Over」、先週26位今週21位のLizzo「Truth Hurts」、先週44位今週32位のThomas Rhett「Look What God Gave Her」、先週41位今週37位のLee Brice「Rumor」など。

|

最近買ったCD(DJ Khaled)


●DJ Khaled「Father Of Asahd」

パレスチナ系アメリカ人でDJ/プロデューサーのDJ Khaledの2年ぶり通算11枚目となるニューアルバムである。前々作、前作が全米No.1、本作も全米No.2を獲得するなど、今や全米を代表するDJ/プロデューサーになったということで、今作もJAY-Z、Future、Beyonce、Justin Bieber、Post Malone、Travis Scott、Cardi B、SZA、John Legendを始めとする超豪華なゲストを迎えて作成されており、ヒップホップ、ダンス、R&B、レゲエ、ポップといった多彩な音楽が融合した最先端のDJアルバムに仕上がっている。ちなみにタイトルにあるAsahdは彼の愛息の名前である。

|

知らないと恥をかく世界の大問題10

「知らないと恥をかく世界の大問題10 転機を迎える世界と日本 (角川新書) Kindle版」 池上彰 / KADOKAWA

池上彰氏の人気シリーズ「知らないと恥をかく世界の大問題」の最新刊となる第10弾が発売されたので、早速読んでみた。現在の世界、そして日本を取り巻く状況がわかりやすく解説されているので、さくっと読むことが出来た。AIについてもかなりのページを割いて解説しているが、AIの弱点やAI大国の中国の状況などとても参考になる。

|

全米ビルボード最新チャート 2019-06-08


先週に報告するのをすっかり忘れていたので1週間遅れで報告。

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:IGOR
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位は先週の3位から再び首位に立ったBillie Eilish「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」。62,000 units。1位はこれで通算3週目。2位は先週と変わらず、DJ Khaled「Father of Asahd」。58,000 units。3位は先週の1位から後退したTyler, the Creator「Igor」。51,000 units。
4位初登場はヒップホップ、Moneybagg Yo「43VA Heartless」。40,000 units。6位初登場はディズニー映画の実写版、Soundtrack「Aladdin (2019)」。38,000 units。7位初登場はヒップホップ、YG「4Real 4Real」。37,000 units。10位は先週の13位からTop10 Re-EntryのLizzo「Cuz I Love You」。31,000 units。
11位以下で気になったものとしては、11初登場のK-Pop、NCT 127「NCT #127 WE ARE SUPERHUMAN: The 4 Mini Album (EP)」、58位初登場のロック、Soundtrack「Rocketman: Music From The Motion Picture」、93位初登場のロック、Stray Cats「40」、145位初登場のロック、Sting「My Songs」など。

シングルチャート:
今週の1位はこれで9週連続となるLil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus「Old Town Road」。2位は先週の3位から上がってきたBillie Eilish「Bad Guy」。3位は選手の5位から順位を上げたKhalid「Talk」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週7位今週6位のPost Malone & Swae Lee「Sunflower (Spider-Man: Into The Spider-Verse)」、先週14位今週9位のDaBaby「Suge」の2曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週26位今週17位のMorgan Wallen「Whiskey Glasses」、先週22位今週19位のPanic! At The Disco「High Hopes」、先週24位今週20位のBlake Shelton「God's Country」、先週27位今週22位のDaddy Yankee & Katy Perry Featuring Snow「Con Calma」、先週38位今週26位のLizzo「Truth Hurts」、先週34位今週31位のCity Girls「Act Up」、34位初登場のEd Sheeran Featuring Chance The Rapper & PnB Rock「Cross Me 」、先週47位今週40位のPanic! At The Disco「Hey Look Ma, I Made It」など。

|

最近買ったCD(Santana)


●Santana「Africa Speaks」

サンタナの3年ぶりとなる新作はアフリカをテーマとしたコンセプトアルバムとなっている。ヴォーカルにスペイン人シンガーのブイカを全面的に採用し、ほぼスペイン語で歌われている。それにしてもこのエネルギッシュさ、とんでもないまでのクリエイティブさには聴いていて本当に圧倒させられる。アフリカのリズム、ラテン、ロック、ジャズといった音楽が見事に融合し昇華している。

|

いまこそ知りたいAIビジネス

「いまこそ知りたいAIビジネス Kindle版」 石角友愛 / ディスカヴァー・トゥエンティワン

シリコンバレーでAIビジネスデザイン企業を経営する著者によるAIビジネス解説本である。AIをどうビジネスに活用するのか、そのデザインをする仕事があるのだと言うことを初めて知ったが、確かにAIは多くの人が勘違いをしているが万能でも神でも無いのであらゆることがAIで解決出来る訳でもなく、だからAIをどう活用するかをデザインすることが重要となるのだ。今後のAI普及に伴い、人が行う仕事もどう変わっていくべきかも書かれていて、人の仕事が奪われるよりは新たな仕事が生まれるプラスの面も大きいと感じた。

|

今日の八ヶ岳 2019-06-08

今日の18時頃の八ヶ岳である。今日は雲の多い天気だったが、午後になると青空が見え始め、夕方にかけていつの間にかきれいな青空が広がっていた。八ヶ岳の雪解けもかなり進み、ここから見る限りでは残雪は見えなくなった。

20190608

|

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。

「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 Kindle版」 Jam / サンクチュアリ出版

今日のAmazon Kindleストアの日替わりセールで499円で販売されている電子書籍である。SNSを利用していると経験するであろう悩みや人間関係の悩みなどについて、4コママンガと共に心が軽くなるアドバイスが紹介されている内容となっている。元気が出ないときにページをめくってみると少し心が軽くなるかも

|

入笠山のすずらん

10

梅雨入り前の最後の晴れの日となりそうな昨日の朝、急きょ入笠山のすずらんの様子を見に出かけて来た。入笠すずらん山野草公園のすずらんはほぼ見頃を迎えていた。ホテイアツモリソウも見頃。入笠湿原のすずらんはまだこれからだったがクリンソウが咲き始めていた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 入笠山ハイキング 2019年6月

|

ヤマハルーターでつくるインターネットVPN [第5版]

「ヤマハルーターでつくるインターネットVPN [第5版] 」 井上孝司、のびきよ / マイナビ出版

私の場合、業務でのネットワーク構築はヤマハのルーターを使う機会が多いため、この「ヤマハルーターでつくるインターネットVPN」は過去に第3版、第4版を購入しているが、最新の第5版も購入してしまった。入門書でも無く、かといって突っ込んだ設定はヤマハのサイトの情報の方が詳しいということで本書の位置づけは少し曖昧であるが(^^;、でもなぜか毎回買ってしまうのであった。

|

乗鞍テレマークBC

2_1

稜線から滑れる内に乗鞍を再び訪れたいと思い、まあまあの天気となった昨日の午前中、急きょ出かけてきた。肩の小屋口までバスで上がれるので、そこからわずか1時間のハイクアップで3000m峰という超お手軽BCを楽しんできた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍テレマーク 2019年6月

|

ぼくの血となり肉となった五〇〇冊 そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊

「ぼくの血となり肉となった五〇〇冊 そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊 (文春e-book) Kindle版」 立花隆 / 文藝春秋

今日のAmazon Kindleストアの日替わりセールで299円で販売されている電子書籍である。ジャーナリスト、ノンフィクション作家である立花隆氏による本の紹介本である。前半は著者の書庫を回りながら本を語るというスタイル、後半は週刊文春の「私の読書日記」の連載が載っている。知の巨人とも賞される著者が、なぜそう呼ばれるのかをひしひしと感じることが出来る内容である。私も本が好きでよく読む方だと思っているが(いちいち報告はしないが書籍(デジタルも含め)は週に2〜3冊ほど、日経ビジネス、日経パソコンなどビジネス系雑誌は月に8冊ほど)、それでも著者の読書量、そしてジャンルの広大さには圧倒させられる。

|

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »