« 全米ビルボード最新チャート 2019-06-01 | トップページ | 乗鞍テレマークBC »

ぼくの血となり肉となった五〇〇冊 そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊

「ぼくの血となり肉となった五〇〇冊 そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊 (文春e-book) Kindle版」 立花隆 / 文藝春秋

今日のAmazon Kindleストアの日替わりセールで299円で販売されている電子書籍である。ジャーナリスト、ノンフィクション作家である立花隆氏による本の紹介本である。前半は著者の書庫を回りながら本を語るというスタイル、後半は週刊文春の「私の読書日記」の連載が載っている。知の巨人とも賞される著者が、なぜそう呼ばれるのかをひしひしと感じることが出来る内容である。私も本が好きでよく読む方だと思っているが(いちいち報告はしないが書籍(デジタルも含め)は週に2〜3冊ほど、日経ビジネス、日経パソコンなどビジネス系雑誌は月に8冊ほど)、それでも著者の読書量、そしてジャンルの広大さには圧倒させられる。

|

« 全米ビルボード最新チャート 2019-06-01 | トップページ | 乗鞍テレマークBC »