« 2019年7月 | トップページ

最近買ったCD(Taylor Swift)


●Taylor Swift「Lover (Japan Special Edition)」

Taylor Swiftの約2年ぶり通算7枚目となるニューアルバムが届けられた。今作も今の彼女らしい素晴らしいポップアルバムに仕上がっていると思う。はじけた曲は少ないものの、CDジャケのパステルカラーの雰囲気の様に楽しくてハッピーな気持ちにさせてくれる曲ばかりだ。でもカントリーと縁を切ったと思っていたのに、久々にカントリーのDixie Chicksと競演したカントリーバラードナンバーがあったのにはびっくり。

|

ロケットマン


エルトン・ジョンの半生を描いた伝記映画「ロケットマン」が今日から封切りとなったので早速見てきた。事前情報通りミュージカル仕立てとなっていて、ストーリーと歌の両面を楽しめる映画になっている。私自身、彼をリアルで聴き始めたのは「クロコダイルロック」の頃だった。それにしても華やかな印象しか無かった彼の裏側がこんなに切なかったなんてちょっと驚いた。ところでエンドロールで流れる「(I'm Gonna) Love Me Again」、これはぜひ歌詞を字幕で出して欲しかったなあ。「もう一度、ぼくは自分を好きになる」と歌われる歌詞は「I’m Still Standing」に次ぐテーマ曲だと思うので。

|

最近買ったCD(Killswitch Engage)


●Killswitch Engage「Atonement」

結成20周年を迎えたメタルコア・ロックバンド、Killswitch Engageの3年半ぶり通算8枚目となるニューアルバムである。ソニーミュージックへのレーベル移籍第一弾ともなる。彼らのアルバムを聞くのは前作に続いて2枚目となるが、ソリッドながらもメロディアスさも兼ね備えており、また1曲あたり平均3分とコンパクトなのも聞きやすい。

|

全米ビルボード最新チャート 2019-08-24


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:!
今週のTop10内初登場は3枚だった。今週の1位初登場はロック、Slipknot「We Are Not Your Kind」。118,000 units。彼らにとって3枚目となるNo.1アルバムとなった。2位初登場はヒップホップ、Rick Ross「Port of Miami 2」。80,000 units。3位初登場もヒップホップ、Trippie Redd「!」。51,000 units。
9位は先週の13位からTop10 Re-EntryのKhalid「Free Spirit」。30,000 units。
11位以下で気になったものとしては、20位初登場のポップ、Bazzi「Soul Searching」、26位初登場のロック、Bon Iver「i,i」、先週49位今週36位のLewis Capaldi「Divinely Uninspired To A Hellish Extent」、97位初登場のポップ、Tori Kelly「Inspired By True Events」など。

シングルチャート:
今週の1位は9週続いた2位からやっと首位に立ったBillie Eilish「Bad Guy」。彼女にとって初のNo.1ソングとなった。2位は先週の3位から上がってきたShawn Mendes & Camila Cabello「Senorita」。3位は19週続いた1位から後退したLil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus「Old Town Road」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週10位今週8位のLil Tecca「Ran$om」、先週11位今週10位のShawn Mendes「If I Can't Have You」の2曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週17位今週11位のLewis Capaldi「Someone You Loved」、先週22位今週20位のEd Sheeran Featuring Khalid「Beautiful People」、先週33位今週31位のDan + Shay「All To Myself」など。

|

5Gビジネス

「5Gビジネス Kindle版」 亀井卓也 / 日本経済新聞出版社

国内でも2020年春にサービス開始が予定されている5Gとはどういったものか、そして5Gにより私たちの生活やビジネスがどう変わる可能性があるかをコンパクトにまとめた1冊である。特に4Gまでと5Gでは通信業者等プレーヤーの役割が大きく変わる点が参考になった。

|

乗鞍岳御来光登山

5

今日の早朝、3年ぶりとなる乗鞍御来光登山に出かけてきた。個人的にはこの夏一番の快晴に恵まれ、御来光はもとより大展望を満喫することが出来た。夏から秋にかけての花も楽しめた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍岳登山 2019年8月

|

最近買ったCD(倉木麻衣)


●倉木麻衣「Let’s GOAL!~薔薇色の人生~(初回限定盤 Blue)」

倉木麻衣の約1年ぶりとなるニューアルバムである。ところで本作は彼女にとって20周年記念アルバムとのこと。もうそんなに経つんだと少しびっくり。アップテンポとバラードで構成されているが、アップテンポの曲が多いのは個人的にうれしい。曲のタイトルを見てもLet’s Go、Change、Jumpといったポジティブなものが多く、元気をもらえる。

|

三ツ峠山のレンゲショウマ

41_20190817202501

夏恒例の三ツ峠山のレンゲショウマを見に今日の早朝、出かけてきた。レンゲショウマは少し数が減った感じがするが、それでも可憐に咲いていて楽しめた。富士山も雲海の上になんとか見えていた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 三ツ峠山登山 2019年8月

|

最近買ったCD(Creedence Clearwater Revival)


●Creedence Clearwater Revival「Live at Woodstock」

ウッドストックにおいて1969年8月17日の夜中に行われた約1時間のライブが収録されたライブ盤である。公式ライブアルバムとしては3枚目となる。時期的にはCCRにとってサードアルバムである「Green River」をリリースした直後にあたり、まさに絶頂期といって良い時期で演奏もエネルギッシュかつワイルドで素晴らしい。CCRファンならマストバイな1枚である。

|

墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便

「新装版 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 (講談社+α文庫) Kindle版」 飯塚訓 / 講談社

昨日のAmazon Kindleストアの日替わりセールで299円で販売されていた電子書籍である。30年前の1985年8月12日に起きた日航機墜落事故で、遺体の身元確認の責任者として最前線で捜査に当たった著者が、現場の壮絶な状況を語っている。想像が出来ない、いや想像すらしたくない状況の中、でも実際に作業を粛々と行っている多くの人がいるということに改めて気づかせてくれた1冊である。

|

全米ビルボード最新チャート 2019-08-17


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。今週の1位初登場はヒップホップ、Drake「Care Package」。109,000 units。過去に公式リリースされていなかったりサントラやYouTubeのみで公開されていたナンバーを集めたアルバムで、彼にとって9枚目となるNo.1アルバムとなった。2位は先週の3位からワンランクアップのEd Sheera「No.6 Collaborations Project」。49,000 units。3位も先週の4位から順位を上げたBillie Eilish「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」。47,000 units。
4位初登場はヒップホップ、Lil Durk「Love Songs 4 the Streets 2」。44,000 units。7位初登場はSoundtrack「The Descendants 3」。36,000 units。Disney ChannelのTVムービーシリーズの第3作目であるが、同シリーズのサントラは3作ともTop10入りしている。10位Re-EntryはTool「Ænima」。33,000 units 。1996年に2位を記録しているアルバムであるが、デジタル配信に伴い10位に飛び込んできた。
11位以下で気になったものとしては、12位初登場のカントリー、Tyler Childers「Country Squire」、16位Re-EntryのTool「Lateralus」、17位初登場のロック、Skillet「Victorious」、18位Re-EntryのTool「10,000 Days」、19位Re-EntryのTool「Undertow」、26位Re-EntryのSoundtrack「BTS WORLD」、27位初登場のロック、Volbeat「Rewind, Replay, Rebound」、39位初登場のVarious Artists「NOW That's What I Call Music! 71」、51位初登場のポップ、Clairo「Immunity」、59位初登場のロック、Tool「Opiate (EP)」など。

シングルチャート:
今週の1位はなんと19週1位となるLil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus「Old Town Road」。一体この独走はいつまで続くのか。2位は9週連続2位となるBillie Eilish「Bad Guy」。3位も先週と変わらずShawn Mendes & Camila Cabello「Senorita」。
以下10位内で順位を上げているのは、8位初登場のAriana Grande & Social House「Boyfriend」のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週18位今週17位のLewis Capaldi「Someone You Loved」、先週37位今週32位のLuke Bryan「Knockin' Boots」、先週43位今週33位のDan + Shay「All To Myself」、先週40位今週37位のSam Smith「How Do You Sleep?」、先週40位今週37位のJason Aldean「Rearview Town」など。

|

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

「破天荒フェニックス オンデーズ再生物語 (NewsPicks Book) Kindle版」 田中修治 / 幻冬舎

つい最近のテレビ東京「カンブリア宮殿」で紹介されたオンデーズの再生劇をテーマとした小説である。社長自らが書いており、フィクションという設定ではあるが、ほぼ実話に沿っていると言うことで、引き込まれるように一気に読んでしまった。ベンチャー企業の経営者ならこれはぜひ読んでおくべき1冊だと思う。それにしても売上は伸びているのに先行投資に伴う資金繰りの緊迫は本当に手に汗握るものがある。

|

最近買ったCD(Blinded By The Light)

●Soundtrack「Blinded By The Light (Original Motion Picture Soundtrack)」
ブルース・スプリングスティーンに触発されたパキスタンの少年が成長していく過程を描いた映画「Blinded By The Light」のサントラ盤である。ほぼ無名の映画であるが、スプリングスティーンの「Badlands」、「Hungry Heart」、「Thunder Road」といった代表曲に加え、未発表曲(「I’ll Stand By You」の初となるオフィシャルリリース)や過去のライブアルバムに収録されていないライブ曲も何曲もあり、これは期待出来るかと思って購入してみた。確かに70年代のスプリングスティーンの歌詞は10代の若者にはぐっと来るものが多かったな。私も若い頃のテーマ曲の一つはスプリングスティーンの「Hungry Heart」だった。

|

八島湿原ハイキング

11_20190810213901

今日の早朝、3週間ぶりとなる八島湿原に出かけてきた。ヤナギラン、アサマフウロ、ハクサンフウロ、シモツケソウ、チダケサシ、コオニユリ、キンバイソウなど夏の花を始め秋の花も咲き始めていて鮮やかだった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 霧ヶ峰 八島湿原ハイキング 2019年8月

|

最近買ったCD(Slipknot)


●Slipknot「We Are Not Your Kind」

アイオワ州出身の9人組覆面メタルロックバンド、Slipknotの5年ぶり通算6枚目となるニューアルバムである。甘さを排したヘヴィーネスと狂気、攻撃性には聞いていて圧倒させられる。現在の最強メタルバンドと言っても良いのでは。

|

人を動かす

「人を動かす 文庫版 Kindle版」 D・カーネギー / 創元社

デール・カーネギーの名著「人を動かす」を買うのはこれが3冊目となる。20年ほど前に単行本の新装版を買って大いに感動し、その後いつでも手元に置いておけたらと文庫版を買ったが、今回はスマホでというよりは文字を拡大して読めるようにと(^^;、電子書籍版を購入した。あらゆる自己啓発本の原点とも言われ、人間関係の原則が分かりやすい表現で書かれていて、何度読んでも沢山の気づきがある。

|

最近買ったCD(Rocketman)


●Soundtrack「Rocketman」

エルトン・ジョンの半生を描いた伝記映画「ロケットマン」のサントラ盤である。「ボヘミアン・ラプソディ」の最終監督であるデクスター・フレッチャーを監督に迎え制作された映画ということで、今から見るのが楽しみであるが、ちなみに日本での封切りは8月23日となっている。「ボヘミアン・ラプソディ」はQueenの音源をそのまま使用していたが、「ロケットマン」では主演のタロン・エガートンが全て実際に歌っており、アレンジも映画のシーンにに合わせて変えられている。曲の雰囲気からするとミュージカルの要素が強い映画なのかな。

|

全米ビルボード最新チャート 2019-08-10


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。1位初登場はヒップホップ、NF「The Search」。130,000 units。2位初登場もヒップホップ、Chance the Rapper「The Big Day」。108,000 units。3位は先週の1位から後退したEd Sheeran「No.6 Collaborations Project」。58,000 units。
8位初登場はヒップホップ、Key Glock and Young Dolph「Dum and Dummer」。36,000 units。9位初登場はロック、Of Monsters and Men「Fever Dream」。34,000 units 。アイスランド出身のバンドであるが、彼らにとって3枚目となるTop10アルバムとなった。
11位以下で気になったものとしては、22位初登場のカントリー、Justin MooreLate Nights 「And Longnecks」、26位初登場のロック、Grateful Dead「Dave's Picks, Volume 31: Uptown Theatre, Chicago, IL - 12/3/79」、29位初登場のポップ、Andy Grammar「Naive」、48位初登場のダンス、DJ Snake「Carte Blanche」、49位初登場のOriginal Broadway Cast Recording「Hadestown」など。

シングルチャート:
今週の1位はこれで18週1位となるLil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus「Old Town Road」。もちろん歴代1位の記録を更新しつづけている。2位は8週連続2位となるBillie Eilish「Bad Guy」。3位は先週と変わらずShawn Mendes & Camila Cabello「Senorita」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週5位今週4位のLizzoTruth「 Hurts」、先週11位今週6位のChris Brown Featuring Drake「No Guidance」、先週19位今週10位のLil Tecca「Ran$om」の3曲。
11位以下で気になったものとしては、先週20位今週18位のLewis Capaldi「Someone You Loved」、先週24位今週21位のLuke Combs「Beer Never Broke My Heart」、先週25位今週23位のEd Sheeran Featuring Khalid「Beautiful People」、先週27位今週25位のMarshmello & Bastille「Happier」、先週30位今週26位のDan + Shay「Speechless」、先週32位今週29位のKaty Perry「Never Really Over」、先週79位今週34位のSech Featuring Darell「Otro Trago」など。

|

唐松岳登山

125

昨日の午前中、梅雨明け後の快晴が続いている間にと7年ぶりとなる唐松岳に出かけてきた。登山道脇は常にお花畑状態で最高だった。少しガスったが、まあまあの天気、まあまあの展望を楽しめた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 北アルプス唐松岳登山 2019年8月

|

最近買ったCD(Skillet)

●Skillet「Victorious」

クリスチャン系ヘヴィーロックバンド、Skilletの3年ぶり通算10枚目となるニューアルバムがリリースされた。男女2人づつの4人組で、男女のヴォーカルの掛け合いが印象的な彼らであるが、ヘヴィー過ぎずストリングスも交えて適度にドラマティックでメロディアスで聴きやすいサウンドなのは相変わらずでさすが。それにしても今月は良質なヘヴィロックアルバムが多くリリースされて個人的にはうれしい(^^)。

|

重大事件に学ぶ「危機管理」

「重大事件に学ぶ「危機管理」 (文春文庫) Kindle版」 佐々淳行 / 株式会社文藝春秋

以前にKildleストアの日替わりセールで199円で販売されていた書籍である。元警察官僚で内閣官房内閣安全保障室長を務めた著者による危機管理本で、内容は2001年出版の「仕事の《実例》危機管理術」を増補改訂したものとなっており、取り上げられている事件は皆古いものばかりであるが、ただ危機管理の基本は今も当時も変わっていないと思う。

|

入笠山は夏の花で色鮮やか

47_20190804230101

今日の午前中、1ヶ月ぶりに入笠山を訪れてみた。ノハナショウブ、キバナノヤマオダマキはほぼ終了し、替わってハクサンフウロ、クガイソウ、コバギボウシ、チダケサシ、シモツケ、シモツケソウなど夏の花が見頃を迎えていて色鮮やかだった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 入笠山ハイキング 2019年8月

|

日韓の断層

「日韓の断層 Kindle版」 峯岸博 / 日本経済新聞出版社

日韓の関係悪化が一段と進んでいることもあり、先日テレビの解説で出演していた著者に興味を持ち、本書を読んでみた。日本経済新聞社のソウル支局長として韓国を見てきた著者による最新の日韓情勢本である。日本人と韓国人の考え方の違い、文大政権の状況など参考になる。

|

最近買ったCD(Crown The Empire)

●Crown The Empire「Sudden Sky」

ダラス出身のメタルコアバンド、Crown The Empireの3年ぶり通算4枚目となるニューアルバムである。クリーンとグロウルのツインボーカル、ドラマティックでシアトリカルな構成が特徴の彼らであるが、毎作メンバーチェンジを繰り返しながらも彼らしさが維持できているのはさすがだと思う。それにしてもこのがつんとくるヘヴィネス、なんて心地よいんだろう。さらにエレクトロビートやラップっぽいヴォーカルが加わってのミクスチャーっぽさもあり、初期のLinkin Parkをふと思い出してしまった。Linkin Park好きな人にもぜひ聞いて欲しいバンドである。

|

最近買ったCD(Chris Brown / The Allman Betts Band)


●Chris Brown「Indigo」

Chris Brownの2年ぶり通算9枚目となるニューアルバムは、前作同様にCD2枚組全33曲という大作であった。前作も全45曲ということで、この2年でなんと78曲もリリースしているということで、彼のキャリアの中でも最も創造性豊かな時期を迎えているのかなと思う。共演者もおなじみのTygaを始め、Nicki Minaj、Drake、Justin Bieber、Trey Songzなど超豪華。

●The Allman Betts Band「Down To The River」

バンド名にあるAllmanとBettsにピンときて調べてみると、やはり予想通りだった(^^)。The Allman Brothers Bandのオリジナル・メンバーであるGregg Allmanの息子であるDevon Allmanと、Dickey Bettsの息子、Duane Bettsを中心としたバンドで、しかもメンバーにはさらにThe Allman Brothers Bandのオリジナル・ベーシストであるBerry Oakleyの息子であるBerry Duane Oakleyもベースで参加している。サザンテイストのアメリカンロックが主体で、The Allman Brothers Bandを聞いていたものとしては、そのサウンドが次の世代に引き継がれていることに感慨もひとしおである。

|

霧ヶ峰車山肩のニッコウキスゲ

32

今日の早朝、仕事前にと10日ぶりに車山肩のニッコウキスゲを見に出かけて来た。ビーナスの丘側はピーク気持ち過ぎ、車山側はちょうど満開で見事だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 霧ヶ峰 車山肩ハイキング 2019年8月

|

« 2019年7月 | トップページ