« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

ソフトバンクで占う2025年の世界

「ソフトバンクで占う2025年の世界 全産業に大再編を巻き起こす「孫正義の大戦略」 (PHPビジネス新書) Kindle版」 田中道昭 / PHP研究所

大学教授で上場企業取締役、経営コンサルタントでもある著者によるソフトバンク分析本である。主に公表されているデータを元にソフトバンクのこれからの戦略を解説している。「日本に欠けているのはビッグ・ビジョンだ」と熱く語る孫氏を応援する著者の思いを感じる事が出来る内容となっている。ウィーワークの問題も本質が初めて分かった気がする。

|

今日の八ヶ岳 2019-12-29

今日の正午頃の八ヶ岳である。高気圧に覆われ穏やかな快晴となったが、八ヶ岳も全山クリアに見えていた。12月の冬山らしい風景である。

201912291

201912292

201912293

|

乗鞍テレマークBC

68_20191229110701
前日の降雪に期待して昨日、再び乗鞍にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけてきた。かもしかゲレンデには予想を上回る20~30cmの新雪が積もっていてパウダー祭り状態だった。位ヶ原まで行ってみたが、途中藪がうるさいところはあるが通過、滑走は問題無く出来た。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍テレマーク 2019年12月

|

伝説のハッカーが教える超監視社会で身をまもる方法

「伝説のハッカーが教える超監視社会で身をまもる方法 Kindle版」 ケビン・ミトニック、ロバート・バモシ / 日経BP

最近、情報セキュリティがらみの仕事をしていたこともあり、本書に興味を持ち読んでみた。IT系技術者だとITの技術にばかり目が行ってしまいがちだだ、ソーシャルエンジニアリングの有効性に改めて驚かされる。考えてみると振り込め詐欺もソーシャルエンジニアリングの一種と言えそうだし。また今後のIoTやコネクテッドカーの普及においても懸念が示されており、心配の種は尽きない。

|

山と溪谷2019年12月号

「山と溪谷2019年12月号 (別冊付録 星野道夫 2020カレンダー)」

最近自分で使用しているカレンダーは、年末の山渓に付いている星野道夫氏のものを使うことが多く、今年も買い忘れていたことに今頃気がつき、購入したのだった。極北の動物の写真のカレンダーだが、本当にきれいで見ているだけで癒やされる。
冬山として八ヶ岳天狗岳も紹介されているが、今シーズンも早くまたあの斜面を滑りに出かけてみたい。

|

被災小規模事業者再建事業


台風第19号、第20号及び第21号の暴風雨による災害に対する再建事業としての持続化補助金の公募がいつの間にか始まっていた。公募は12月17日から来年1月17日まで。長野県の場合は直接被害でなくても売上減少という被害でも良い。3分の2補助で上限は長野県は200万円。車両購入費や設備処分費もあるので、直接被害を受けた小規模事業者には使い勝手の良い内容だと思う。また機械装置としてPCも対象になるとある。問題は年が明けてほぼ2週間後の締め切りか。
令和元年度 被災小規模事業者再建事業 「持続化補助金台風19号型」公募

|

今日の八ヶ岳 2019-12-25

今日の午後3時頃の八ヶ岳である。22日夜の降雪では茅野市市街地でも白くなったが、八ヶ岳の上の方はそれなりの積雪になっていそうである。
20191225

|

最近買ったCD(The Who)


●The Who「WHO」

UKのベテランロックバンド、The Whoの13年ぶり通算12枚目となるオリジナルアルバムである。個人的にThe Whoのアルバムを聞くのは40年ぶり位になるような気がする(^^;。60年近いキャリア、主要メンバーのRoger Daltrey 75歳、Pete Townshend 74歳なのにロックのオリジナルアルバムを完成させたということで、久しぶりに聞いてみたくなり入手してみた。年齢を感じさせないエネルギッシュな曲が多く、The Whoらしいアルバムに仕上がっていると思う。ただこれがラストアルバムになるのかな。

|

全米ビルボード最新チャート 2019-12-28


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位初登場はポップ、Harry Styles「Fine Line」。478,000 units。世界的アイドルグループ、1Dのメンバーの一人であるが、2017年のセルフタイトルのデビューアルバムに続き2作連続でのNo.1アルバムとなった。またこの初動セールスは今年3番目となるものである。2位初登場はカントリー、Blake Shelton「Fully Loaded: God’s Country」。96,000 units。彼にとって12枚目となるTop10アルバム。3位は先週の1位から後退したRoddy Ricch「Please Excuse Me for Being Anti-Social」。81,000 units 。
6位は先週の8位から上がってきたMichael Bublé「Christmas」。58,000 units。7位も先週の9位から上がってきたPentatonix「The Best of Pentatonix Christmas」。56,000 units。8位も先週の12位からTop10 Re-EntryのMariah Carey「Merry Christmas」。51,000 units。
11位以下で気になったものとしては、先週15位今週11位のNat King Cole「The Christmas Song」、先週20位今週13位のVince Guaraldi Trio「A Charlie Brown Christmas (Soundtrack)」、22位Re-EntryのTool「Fear Inoculum」、23位Re-EntryのFrank Sinatra「Ultimate Christmas」、56位初登場のエレクトロ、KAYTRANADA「BUBBA」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週に続いて2週連続となるMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」。2位は先週の3位からワンランクアップのBrenda Lee「Rockin' Around The Christmas Tree」。Hot100の1位と2位が古いクリスマスソングとは!。3位は先週の2位から後退したPost Malone「Circles」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週4位のArizona Zervas「Roxanne」、5位初登場のLil Uzi Vert「Futsal Shuffle 2020」、先週10位今週6位のBurl Ives「A Holly Jolly Christmas」、先週15位今週9位のBobby Helms「Jingle Bell Rock」の4曲。
11位以下で気になったものとしては、先週20位今週15位のAndy Williams「It's The Most Wonderful Time Of The Year」、先週26位今週17位のWham!「Last Christmas」、先週34位今週23位のJose Feliciano「Feliz Navidad」、先週35位今週24位のHarry Styles「Adore You」など。

|

入笠山テレマークBC

40_20191224082301
前夜に南岸低気圧による降雪があったので、新雪を期待して入笠山に仕事の合間に今シーズン初BCにでかけてきた。さらさらの新雪が20cm以上積もっていて滑りを楽しむことが出来た。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 入笠山テレマーク 2019年12月

|

「国家の衰退」からいかに脱するか

「「国家の衰退」からいかに脱するか Kindle版」 大前研一 / 小学館

先日読んだ大前氏の「日本の論点2020~21」が過去1年間に発表された記事のまとめだったのに比べると、こちらは今の情勢分析となっていて、いずれにしても大前氏の意見の総括といって良い内容となっている。今の日本を考える良いきっかけになる1冊だと思う。

|

里で初積雪

昨日夕方から湿った雪が降っていたが、今朝起きると自宅周辺(茅野市市街地)で5cmほど積もっていた。ただしシャーベットに近い重い雪で、雪かきは大変だった。山の方はどれくらい積もったのだろう。
201912231
201912232

|

蓼科山冬山登山

36_20191221190401
今日の午前中、霧氷を楽しみに地元の蓼科山に出かけて来た。期待通りに真っ白な霧氷を楽しめたが、稜線では積雪が10cmほどもあり、今期初の雪山登山ともなった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 蓼科山冬山登山 2019年12月

|

最近買ったCD(Harry Styles)


●Harry Styles「Fine Line」

世界的アイドルグループ、1Dのメンバーの一人、Harry Stylesの2017年のセフルタイトルのデビューアルバムに続くセカンドアルバムである。不思議な雰囲気のCDジャケ同様に、どこかふわふわした白昼夢のような雰囲気を感じさせる独特なサウンドに満ちたポップアルバムだなと感じた。

|

情報処理技術者試験の結果


今日、令和元年度秋期情報処理技術者試験の合格発表があった。私が受けたITストラテジストの結果であるが、午前Iは78.2点、午前IIは76点、午後Iは55点で、午後Iで足切り不合格となってしまった。まだまだ挑戦は続行中(^^;。
情報処理技術者試験受験記

|

山とスキー 2020

「山とスキー 2020 (別冊山と溪谷)」

山と渓谷社による山スキーのムック本である。50ページほどが用具カタログとなっているが、山スキーのビギナー向け教本的な内容も含まれており、山スキーを始める人が最初に読む1冊としてはちょうど良い内容となっている。ただ信州は今日も雨降りでしばらく寒波も無さそうということで、いまいち気分が盛り上がらない今日この頃(^^;。

|

全米ビルボード最新チャート 2019-12-21


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。1位初登場はヒップホップ、Roddy Ricch「Please Excuse Me for Being Antisocial」。101,000 units。デビューアルバムとのこと。2位初登場はロック、The Who「Who」。89,000 units。13年ぶりのニューアルバムとなるが、これで9枚連続Top10入り、かつ2位は彼らにとって1973年「Quadrophenia」、1978年「Who Are You」で記録した2位にならびキャリア最高位となる。3位初登場はポップ、Camila Cabello「Romance」。86,000 units。
5位初登場はヒップホップ、XXXTentacion「Bad Vibes Forever」。65,000 units。彼が亡くなる前に制作が進んでいたアルバムである。6位は先週の71位から上がってきた Juice WRLD「Goodbye & Good Riddance」。59,000 units。このチャートアクションは彼の12月8日が亡くなったことによるもの。空港で倒れ、そのまま息を引き取ったという。Juice WRLDも歌うようなラップが印象的で好きなアーティストだった。10位も先週の88位から上がってきたJuice WRLD「Death Race for Love」。49,000 units。
11位以下で気になったものとしては、23位Re-EntryのFrank Sinatra「A Jolly Christmas From Frank Sinatra」、65位初登場のダンス、The Chainsmokers「World War Joy」、111位初登場のポップ、Liam Payne「LP1」など。
それにしても1DメンバーであるLiam Payneのデビューアルバム「LP1」が111位とは順位が低すぎて驚き。でもアルバムの出来はすごく良いと思う。

シングルチャート:
今週の1位は先週の3位から首位を獲得したMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」。1994年のクリスマスソングのスタンダードが25年経って初となる1位を獲得するとは!。そして彼女にとって19曲目のNo.1ソングとなり、最多のThe Beatlesの20曲にあと1曲となった。2位は先週と変わらずPost Malone「Circles」。3位も先週の8位がTop3入りを果たしたクリスマススタンダード、Brenda Lee「Rockin' Around The Christmas Tree」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週5位のLizzo「Good As Hell」、先週7位今週6位のArizona Zervas「Roxanne」、8位Re-EntryのJuice WRLD「Lucid Dreams」、先週13位今週9位のTones And I「Dance Monkey」、先週18位今週10位のBurl Ives「A Holly Jolly Christmas」の5曲。
Mariah Carey「All I Want For Christmas Is You」を始め往年のクリスマスソングが3曲もTop10入りするとは本当に驚き。またTones And I「Dance Monkey」も9位とTop10入りし、いよいよ全米でも火が付いてきたかな。
11位以下で気になったものとしては、先週40位今週12位のJuice WRLD & YoungBoy Never Broke Again「Bandit」、先週23位今週15位のBobby Helms「Jingle Bell Rock」、先週24位今週20位のAndy Williams「It's The Most Wonderful Time Of The Year」、先週28位今週24位のDean Martin「Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow」、29位Re-EntryのJuice WRLD「Legends」、先週39位今週34位のJose Feliciano「Feliz Navidad」、35位初登場のHarry Styles「Adore You」、先週41位今週36位のTrevor Daniel「Falling」、先週43位今週37位のThe Ronettes「Sleigh Ride」、先週44位今週38位のGene Autry「Rudolph The Red-Nosed Reindeer」など。
このクリスマスソング旋風も来週までかな。

|

八方尾根テレマークBC

52
昨日、今シーズンの初バックカントリー(テレマークスキー)として雪の多そうな八方尾根にでかけてきた。いつもに八方沢上部を滑ったが、稜線近くはハードパックだったものの100mほど下ると柔らかい雪が吹き溜まっていて気持ち良く滑ることが出来た。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 八方尾根テレマーク 2019年12月

|

霧ヶ峰鷲ヶ峰の霧氷

2_20191214162801
今日の朝、ライブカメラでチェックすると霧ヶ峰にガスが流れていたため、霧氷目当てで鷲ヶ峰い出かけてきた。期待通りの霧氷を楽しむことが出来たが、稜線は風が強く極寒だった。また登山道の積雪はまだゼロだった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 霧ヶ峰鷲ヶ峰登山 2019年12月

|

今日の八ヶ岳 2019-12-13

今日の15時30分頃の八ヶ岳である。昨日は上の方に雪雲がかかっていたのでもう少し白くなったかなと期待していたが、依然として雪が少ない状態の八ヶ岳が継続している。

20191213

|

最近買ったCD(XXXTentacion)


●XXXTentacion「Bad Vibes Forever」
Bad Vibes Forever
2018年6月に強盗に撃たれて20歳で亡くなったラッパー、XXXTentacionの死後2枚目となるニューアルバムである。未発表曲を集めたアルバムではなく、生前にオリジナルアルバムとして制作が進んでいたものである。ラッパーではあるもののほとんど歌っており、ジャンルもR&B、ポップ、フォーク、ロックなどジャンルレスで、例えば2曲目や7曲目などはアコギの弾き語りバラードそのもので、彼らしい美の世界を感じることが出来る。ちなみにラストの曲はBlink-182がフューチャーされたロックナンバーである。
ところでiTunesストアで本アルバムは762円で販売されており、ニューアルバムとして破格の安さであるがなぜ?。

|

経営参謀としての士業戦略

「経営参謀としての士業戦略 AI時代に求められる仕事 Kindle版」 藤田耕司 / 日本能率協会マネジメントセンター

弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、司法書士、行政書士、中小企業診断士、弁理士といった士業が、これからのAI時代にどのように対応していけば良いかが丁寧に書かれている。最終的には経営参謀にということであるが、それに至るまでの業務の獲得方法やマーケティング、人事面についても書かれているので、士業の事務所の経営者には特に参考になるのではと感じた。

|

全米ビルボード最新チャート 2019-12-14


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は1枚のみだった。1位は先週の3位から首位に立ったSoundtrack「The Frozen 2」。80,000 units。2位は先週の4位から順位を上げたPost Malone「Hollywood’s Bleeding」。65,000。3位は先週の1位から後退したTrippie Redd「A Love Letter to You 4」。54,000 units。
6位は先週の17位からTop10 Re-EntryのMichael Bublé「Christmas」。48,000 units。毎年この時期になるとチャートを駆け上がってくる定番のアルバムとなった。7位初登場はヒップホップ、Fabolous「Summertime Shootout 3: Coldest Summer Ever」。44,000 units。8位は先週の18位から上がってきたPenatonix「The Best of Pentatonix Christmas」。43,000 units。彼らにとって10枚目となるTop10アルバムとなった。9位も先週の21位から上がってきたMariah Carey「Merry Christmas」。37,000 units。
11位以下で気になったものとしては、先週31位今週14位のNat King Cole「The Christmas Song」、先週32位今週15位のVince Guaraldi Trio「A Charlie Brown Christmas (Soundtrack)」、先週43位今週20位のFrank Sinatra「Ultimate Christmas」、21位Re-EntryのKacey Musgraves「A Very Kacey Christmas」、先週50位今週26位のVarious Artists「A Christmas Gift For You From Phil Spector」、先週52位今週30位のJohn Legend「A Legendary Christmas」、41位初登場のラテンポップ、Ozuna「Nibiru」、45位Re-EntryのPrince「1999」、81位初登場のロック、Pearl Jam「MTV Unplugged」など。
今週のチャートは過去のクリスマスアルバムが軒並み順位を上げていて1/3がクリスマスアルバムではという感じだ。

シングルチャート:
今週の1位は先週の31位から2週目にして首位に立ったThe Weeknd「Heartless」。彼にとってNo.1ソングは4曲目。2位は先週の1位から後退したPost Malone「Circles」。3位は先週の18位から一気に上がってきたMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」。24年前の曲がその時期とは言えここまで上がるとは。せっかくなのでぜひ1位も。
以下10位内で順位を上げているのは、先週29位今週8位のBrenda Lee「Rockin' Around The Christmas Tree」のみ。この曲も1958年リリースの曲であるが、なぜ今ここまでヒットする?。
11位以下で気になったものとしては、11位初登場のThe Weeknd「Blinding Lights」、先週48位今週18位のBurl Ives「A Holly Jolly Christmas」、先週47位今週23位のBobby Helms「Jingle Bell Rock」、先週49位今週24位のAndy Williams「It's The Most Wonderful Time Of The Year」、先週46位今週27位のWham!「Last Christmas」、28位Re-EntryのDean Martin「Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow」、33位Re-EntryのNat King Cole「The Christmas Song (Merry Christmas To You)」、39位Re-EntryのJose Feliciano「Feliz Navidad」など。
アルバムチャート同様にHot 100でも新旧のクリスマスソングがチャートを駆け上がっている。まあこれも恒例行事ではあるが。

|

最近買ったCD(Camila Cabello / Liam Payne)


●Camila Cabello「Romance」

元Fifth Harmonyのメンバーというよりも2018年の「Havana」の世界的大ヒットでソロとして大成功を収めたキューバ出身のシンガーソングライター、Camila Cabelloの待望のセカンドアルバムである。本作からも先行シングルの「Señorita」がすでに全米No.1の大ヒットを記録しているが、そのラテンとポップがほどよくミックスされたサウンドは、情熱的でありながらどっぷりラテンで無くアメリカンポップよりの点が今の時代広く受けているのだと感じる。

●Liam Payne「LP1」

One Directionのメンバーの一人、Liam Payneのソロデビューアルバムである。すでにシングルは何曲も発表しており、今作でも10曲目までと20曲目は新曲、11曲目から16曲目の6曲は既存のヒット曲、17曲目から19曲目までは日本語盤ボーナストラックという構成で、ニューアルバムとベストアルバムがミックスされたようなアルバムになっている。ポップ、R&B、ダンスを中心にした極上のポップアルバムと言える。

|

大川入山登山

68_20191208222901
快晴となった今日の午前中、霧氷を期待して初となる大川入山に出かけてきた。南面側は霧氷がうっすらで残念だったっが、北面には一面の霧氷があって楽しめた。天気、展望も最高だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 大川入山登山 2019年12月

|

全米Billboard Year End Chart 2019


全米ビルボードの2019年の年間チャート(Year End Chart)が発表された。集計期間は2018年11月24日から2019年11月16日の間である。

アルバムチャート:Top Billboard 200 Album
1位:Billie Eilish「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」
2位:Ariana Grande「Thank U, Next」
3位:Lady Gaga & Bradley Cooper「A Star Is Born (Soundtrack)」
4位:Taylor Swift「Lover」
5位:Post Malone「beerbongs & bentleys」
6位:Drake「Scorpion」
7位:Meek Mill「Championships」
8位:Travis Scott「ASTROWORLD」
9位:Post Malone「Hollywood's Bleeding」
10位:A Boogie Wit da Hoodie「Hoodie SZN」
今年はアルバムチャートの上位4位までが全て女性かつポップフィールドという珍しい年となった。それにしてもBillie Eilishの今年のぶっちりぎでのブレイクぶりは凄かった。自宅で兄と録音したアルバムがここまで売れるというシンデレラストーリーである。またPost Maloneはアルバムが2枚Top10に入るなど、まさに人気絶頂と言える勢いである。

シングルチャート:Hot 100 Songs
1位:Lil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus「Old Town Road」
2位:Post Malone & Swae Lee「Sunflower (Spider-Man: Into The Spider-Verse)」
3位:Halsey「Without Me」
4位:Billie Eilish「Bad Guy」
5位:Post Malone「Wow.」
6位:Marshmello & Bastille「Happier」
7位:Ariana Grande「7 Rings」
8位:Khalid「Talk」
9位:Travis Scott「Sicko Mode」
10位:Jonas Brothers「Sucker」

今年の1位は過去最高だった16週という記録を大きく塗り替えて1位19週というという大記録を打ち立てたLil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus「Old Town Road」。ラップとカントリーの融合がいかにもUSらしい曲だ。

|

最近買ったCD(Summer Walker)

●Summer Walker「Over It」

アトランタ出身のR&Bシンガーのデビューアルバムである。すでに本アルバムは全米アルバムチャートで初登場2位を記録するなど大いに注目を集めているが、メローなR&Bが聞いていて実に心地よく、ネクストエラ・メイの最有力候補と言えそう。あ、もしエラ・メイを知らなければぜひエラ・メイの「ブード・アップ」から聞いてみて(^^)。

|

Mt.乗鞍スキー場かもしかゲレンデで初滑り

23_20191206202901
今日の早朝、今シーズンの滑り始めとしてまだオープン前のMt.乗鞍スキー場に出かけてきた。ただ雪が思った以上に少なく、かろうじて滑れたのはかもしかゲレンデ上部だけだった。
Fujimori World : 趣味の部屋 : Mt.乗鞍スキー場テレマーク 2019年12月

|

最近買ったCD(Tones & I)


●Tones & I「Kids Are Coming (EP)」

現在「Dance Monkey」が世界的な大ヒットとなっているオーストラリア出身の女性シンガーソングライター、Tones & I(本名はToni Watson)のデビューEPである。バンに寝泊まりしながらのストリートパフォーマンスが注目を集めデビューに至ったとのことだが、私も「Dance Monkey」を聞いてその印象的なヴォーカルが耳について離れなくなった一人である(^^)。

|

全米ビルボード最新チャート 2019-12-07


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。1位初登場はヒップホップ、Trippie Redd「A Love Letter to You 4」。104,000 units。4枚目となるTop10アルバムで初となるNo.1アルバムを獲得した。2位初登場はカントリー、Jason Aldean「9」。83,000 units。彼にとって8枚目となるTop10アルバム。3位は先週の15位から上がってきたSoundtrack「The Frozen 2」。79,000 units。
5位は先週の9位から上がってきたBillie Eilish「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」。52,000 units。7位初登場はロック、Coldplay「Everyday Life」。48,000 units。7枚連続7枚目となるTop10アルバムとなったが、ただ最近の彼らにしては少しセールスが低調気味か。8位初登場はヒップホップ、YNW Melly「Melly vs. Melvin」。43,000 units。
11位以下で気になったものとしては、先週28位今週14位のQueen「Greatest Hits」、先週20位今週18位のPentatonix「The Best Of Pentatonix Christmas」、先週26位今週20位のLewis Capaldi「Divinely Uninspired To A Hellish Extent」、先週36位今週21位のMariah Carey「Merry Christmas」、30位Re-EntryのSoundtrack「Guardians Of The Galaxy: Awesome Mix Vol. 1」、40位初登場のロック、Beck「Hyperspace」、61位初登場のロック、Leonard Cohen「Thanks For The Dance」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週に続いて2週連続となるPost Malone「Circles」。2位、Lewis Capaldi「Someone You Loved」、3位、Lizzo「Good As Hell」も先週と変わらず。
以下10位内で順位を上げているのは、先週12位今週5位のArizona Zervas「Roxanne」、先週9位今週8位のDan + Shay & Justin Bieber「10,000 Hours」、先週10位今週9位のLizzo「Truth Hurts」の3曲。
11位以下で気になったものとしては、先週19位今週11位のTones And I「Dance Monkey」、先週17位今週14位のBillie Eilish「Bad Guy」、先週31位今週18位のMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」、先週27位今週20位のLil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus「Old Town Road」、29位Re-EntryのBrenda Lee「Rockin' Around The Christmas Tree」、32位初登場のThe Weeknd「Heartless」、先週39位今週34位のHalsey「Graveyard」、先週42位今週37位のDua Lipa「Don't Start Now」など。

|

最近買ったCD(Lady Antebellum)


●Lady Antebellum「Ocean」

ポップカントリーグループ、Lady Antebellumの2年ぶり通算7枚目となるニューアルバムである。彼らのサウンドはカントリー色がそれほど濃くなく、カントリーテイストのポップチューンという感じで、普段カントリーを聞かない人でも違和感なく聴くことが出来る。今作も彼ららしいアルバムだと思う。

|

はじめて「資金繰りに悩む社長」を担当したときに読む本

「はじめて「資金繰りに悩む社長」を担当したときに読む本 「経営改善計画」の活用による業績改善コンサルティングの実践手法」 藤井正徳 / セルバ出版

先日、SNSの知り合いが紹介されていたことで本書を知り、早速購入してみた。まさにタイトル通りの内容で、個人的にもタイムリーでとても参考になった。

|

最近買ったCD(Jimmy Eat World / Rod Stewart)

●Jimmy Eat World「Surviving」

いつの間にかデビュー25周年を迎えたエモロックバンド、Jimmy Eat Worldの3年ぶり通算10作目となるニューアルバムである。アルバム毎に少しづつ変化をしている彼らであるが、今作は乗りの良いロックナンバーが多く、聞いていて爽快になれる。

 

●Rod Stewart With The Royal Philharmonic Orchestra「You're in My Heart」

ソロデビュー50周年を迎えた大ベテランのRod Stewartの特別企画アルバムである。彼の名曲がロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団のオーケストラ・アレンジでよみがえるというもので、てっきりオーケストラ演奏による完全新録のセルフカバーかと思っていたが、どうもそうではなく、以前の録音から彼のヴォーカルや演奏を取り出してオーケストラ演奏とバランス良くミックスさせたものとなっている。なお1曲全くの新曲もある。オーケストラが主役で無く、原曲の良さを引き出すようなアレンジがされていて、聞いていてとても好印象を持った。

|

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »