« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

教養としてのロック名盤ベスト100

「教養としてのロック名盤ベスト100 (光文社新書) Kindle版」 川崎大助 / 光文社

今日のKindleストアの日替わりセールで399円で販売されている電子書籍である。洋楽のロック名盤100選であるが、面白いのは「史上初!主観抜きのランキング」とあるようにUSの音楽雑誌、Rolling StoneとUKの音楽メディア、NME(New Musical Express)がそれぞれ発表している500選のランキングポイントを単純平均したランキングとなっていて、意外と定番が混在したランキングとなっている。ロック好きなら楽しく読めるはず。

|

人工知能は人間を超えるか

「人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書) Kindle版」 松尾豊 / KADOKAWA

AIに関する解説書のスタンダードと言える本書をやっと読んでみた。人工知能に関する本は沢山あるが、第一人者の研究者である著者が過去から現在までの流れ、そして今後の見通しについて分かりやすく解説している点に本書の価値があると思う。ディープラーニングとは特徴表現学習であるという意味が良く分かった。

|

全米ビルボード最新チャート 2020-02-01

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位初登場はヒップホップ、Eminem「Music to Be Murdered By」。279,000 units。彼にとってNo.1アルバムはこれで10枚目10枚連続となる。2位初登場はポップ、Halsey「Manic」。239,000 units。サードアルバムであるが、1枚目「Badlands」が最高位2位、2枚目「Hopeless Fountain Kingdom」が1位と3作連続で2位以上を記録している。Eminemの突然のリリースが無ければ文句なしのNo.1でもあった。3位初登場はヒップホップ、Mac Miller「Circles」。164,000 units 。彼にとって6枚目のTop10アルバム、2018年9月7日に亡くなった彼の遺作となるアルバム。
11位以下で気になったものとしては、13位初登場のカントリー、Little Big Town「Nightfall」、23位初登場のポップ、Chelsea Cutler「How To Be Human」、38位初登場のカントリー、Dustin Lynch「Tullahoma」、90位初登場のVarious Artists「Grammy 2020 Nominees」など。

シングルチャート:
今週の1位はこれで3週連続となるRoddy Ricch「The Box」。2位は先週と変わらずFuture Featuring Drake「Life Is Good」。3位初登場はEminem Featuring Juice WRLD「Godzilla」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週7位今週6位のDan + Shay & Justin Bieber「10,000 Hours」、先週8位今週7位のTones And I「Dance Monkey」の2曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、16位初登場のJonas Brothers「What A Man Gotta Do」、先週32位今週21位のThe Weeknd「Blinding Lights」、先週29位今週26位のHalsey「You should be sad」、28位初登場のEminem「Darkness」、31位初登場のEminem Featuring Ed Sheeran「Those Kinda Nights」、36位初登場のEminem Featuring Young M.A「Unaccommodating」、先週41位今週37位のTrevor Daniel「Falling」、38位初登場のMac Miller「Blue World」、先週44位今週40位のCamila Cabello Featuring DaBaby「My Oh My」など。

|

第62回グラミー賞発表


第62回グラミー賞が1月26日に発表となった。主要4部門について簡単にご報告。

●Album Of The Year
Billie Eilish「When We All Fall Asleep, Where Do We Go ?」

●Record Of The Year
Billie Eilish「Bad Guy」

●Song Of The Year
Billie Eilish「Bad Guy」

●Best New Artist
Billie Eilish

なんと主要4部門を現在18歳の新人アーティスト、Billie Eilishが独占してしまった。この4部門を独占したのは1981年のChristopher Cross以来史上二人目となる快挙である。他にもBest Pop Vocal Albumも受賞し5冠に輝いた。
Billie Eilishと同様に主要4部門にノミネートされていたLizzoはBest Pop Solo Performance、Best Traditional R&B Performance、Best Urban Contemporary Albumの3部門での受賞となった。そのほか気になったところではGary Clark Jr.がBest Rock Performance、Best Rock Songの2部門での受賞など。

|

最近買ったCD(LOVEBITES)


●LOVEBITES「エレクトリック・ペンタグラム (完全限定盤B:CD3枚組)」

今や国内メタルシーンを代表するバンドの一つに成長した女性5人組バンド、LOVEBITESの約1年ぶりとなるサードアルバムである。自分たちで全て演奏し、曲も書いている本格派バンドだ。北欧風とスラッシュメタルの要素がうまくミックスされ、パワフルかつドラマティックに展開していく。なお今回購入した完全限定版Bには2019年6月にEXシアター六本木で行われた単独公演を完全収録した全19曲のライヴCD2枚組「インヴィテイション・トゥ・ザ・シアター - ライヴ・イン・トーキョー2019」がセットになっているが、ライブバンドとしての実力もさすがだなと思う。

|

久しぶりの積雪

昨夜から今朝にかけて通過した前線の影響で久しぶりに自宅周辺でも積雪があった。茅野市の市街地で5cmほどだろうか。気温も高めで湿った重い雪だった。

20200128

|

変われる会社の条件 変われない会社の弱点

「変われる会社の条件 変われない会社の弱点 (ワークスタイル変革実践講座(NextPublishing)) Kindle版」 森戸裕一、JASISA(一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会)

現在「Kindle 【40%OFF以上】自己啓発書フェア《2/6まで》」のキャンペーンで396円で販売されている電子書籍である。サイボウズ、マイクロソフト、グーグル、ソフトバンク、セールスフォース、シスコといったIT業界の超優良企業における働き方改革の先進事例を知ることが出来る良書。

|

最近買ったCD(High School Musical: The Musical: The Series)


●Soundtrack「High School Musical: The Musical: The Series」

2006年にディズニー・チャンネルのオリジナルTVムービーとして放送され大ヒットしたミュージカル「High School Musical」の最新作が2019年11月から今年1月にかけて放映されたようで、本アルバムはそのサントラ盤となる。若さはじける楽しいミュージカルで当時とても気に入っていたので、本作も懐かしさもあって購入した。映画の詳しい内容は把握していないが、当時の曲も数多く取り上げているのはうれしい限り。

|

歯科治療の本


「やってはいけない歯科治療(小学館新書) Kindle版」 岩澤倫彦 / 小学館

ジャーナリストが歯科治療のタブーに切り込んだ1冊である。歯の治療についてもっと知りたいと思い読んでみた。虫歯、歯周病などで歯科医院に行く前に読んでおくと、どんな治療をされるのか、他にどんな治療法があるのか、また良い歯科医とはといった前提知識を得られる良書である。「ご自分の歯を守りたいなら、患者自身が賢くなることです」とあるがまさにその通りだと思った。

「日本人はこうして歯を失っていく 専門医が教える歯周病の怖さと正しい治し方 Kindle版」 日本歯周病学会、日本臨床歯周病学会 / 朝日新聞出版

次に専門医の立場から書かれた歯周病に関する書籍を読みたいと思い、本書を読んでみた。本書は日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会による、歯周病に関する正しい知識の普及を目的とした内容となっていて、歯周病の治療方法についてもイラストや写真付きで丁寧に説明していて分かりやすい。いい歯科医師を見抜くポイントも紹介しているところは面白い。

|

最近買ったCD(Selena Gomez)

●Selena Gomez「Rare」

ポップクイーン、Selena Gomezの4年ぶり通算6枚目となるニューアルバムである。すでに全米アルバムチャートでは3作連続となるNo.1アルバムに輝いているが、前作以来難病やJustin Bieberとの破局などの試練を乗り越えて一回り大きくなった彼女を感じることの出来るアルバムに仕上がっていると思う。

|

全米ビルボード最新チャート 2020-01-25


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位初登場はポップ、Selena Gomez「Rare」。112,000 units。No.1アルバムはこれで3作連続、また過去6作品が全てTop10入りしたことになる。2位は先週の1位から後退したRoddy Ricch「Please Excuse Me for Being Antisocial」。110,000 units。3位初登場はヒップホップ、Moneybagg Yo「Time Served」。66,000 units。
11位以下で気になったものとしては、31位初登場のSoundtrack「High School Musical: The Musical, The Series」、45位Re-EntryのRush「The Spirit Of Radio: Greatest Hits 1974 - 1987」など。
Rushのアルバムの急上昇はバンドのドラマー、Neil Peartが1月7日に67歳で亡くなったことによるもの。

シングルチャート:
今週の1位は先週に続いて2週連続となるRoddy Ricch「The Box」。2位初登場はFuture Featuring Drake「Life Is Good」。3位は先週と変わらずPost Malone「Circles」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週10位今週5位のSelena Gomez「Lose You To Love Me」の1曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、17位初登場のMac Miller「Good News」、先週26位今週23位のMaren Morris「The Bones」、29位初登場のHalsey「You should be sad」、30位初登場のSelena Gomez「Rare」、先週39位今週32位のThe Weeknd「Blinding Lights」など。

|

車山テレマークBC

27
そろそろ滑れるかなと思い、今シーズン初の霧ヶ峰BCに出かけてきた。積雪は北面以外では平均30cmほどと少なめだったが、北面中腹以下にディープパウダーが吹き溜まっていた。あとひと降り欲しいところ。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 車山テレマーク 2020年1月

|

今日の八ヶ岳 2020-01-21

今日の午後1時半頃の八ヶ岳である。午前中は雪雲がかかっていたがいつの間にか晴れ、また一段と白くなった峰々がきれいに見えてきた。今週後半も雪マークが出ているので、山の雪も一気に増えそうだ。
202001211

202001212

202001213

|

最近買ったCD(Halsey)

●Halsey「Manic」

USの女性シンガーソングライター、Halseyの2年半ぶりのサードアルバムである。ポップが主体であるが、ロックやエレクトロなど曲調は曲によって大きく変化する。国内盤は収録曲が19曲もあるが、いずれも良い曲ばかりで、彼女の魅力が十分に発揮されたアルバムに仕上がっていると思う。なおCDジャケの写真はおそらく彼女の小さい頃の写真かな。

|

八ヶ岳天狗岳テレマークBC

52_20200119231201
今日、最近の降雪に期待して今シーズン初の天狗岳に出かけてきた。西天狗岳東斜面を滑り降りたが、まだ藪等が埋まりきっていなかったものの、それほど気にせず滑ることが出来た。どこも膝上のさらさらパウダーだった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 八ヶ岳天狗岳テレマーク 2020年1月

|

Excelでわかるディープラーニング超入門

「Excelでわかるディープラーニング超入門 Kindle版」 涌井良幸、涌井貞美 / 技術評論社

AIの仕組みで今最も注目を集めるディープラーニングについて、その簡単なモデル(ニューラルネットワーク)をExcelシートを使って解説しているのが本書である。どのようにして画像認識は○と×を識別するのか、今まではぼんやりとしたイメージしか無かったが、よく理解することが出来た。というよりExcelのごく普通の計算式でも簡単な文字認識処理は出来るんだということに少し衝撃が(^^;。

|

走れるカラダになる 体幹「3S」メソッド

「走れるカラダになる 体幹「3S」メソッド Kindle版」 青山剛 / 日本文芸社

今日のKindleストアの日替わりセールで299円で販売されている電子書籍である。私はマラソン当日も、その前の練習の際も、ほとんどがストレッチ等をせずにいきなり走りはじめているが、自分の限界も強く感じていることから本書を読んでみた。本書のテーマは走りのメソッドではなく、走れる体をつくるためのメソッドで、主にストレッチやエクササイズのメニューが紹介されている。紹介されている10分間ストレッチ、実際やってみると体の硬い自分には結構大変だが、例えいくつかでも継続してみたいと思う。

|

60分でわかる! SDGs 超入門

「60分でわかる! SDGs 超入門 Kindle版」 バウンド / 技術評論社

SDGsについて知りたいと思い、まずは本書を手に取ってみた。超入門とあるだけあって、分かりやすい説明とカラフルなイラストでコンパクトにまとめられており、さくっと全体像を把握することが出来る良書だと思う。

|

入笠山テレマークBC

8_20200115185001
前夜の南岸低気圧による降雪に期待して今日の午前中、再び入笠山にでかけてきた。新雪は6、7cmと期待したほどでは無かったがさらさらで歩きも滑りも気持ち良かった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 入笠山テレマーク 2020年1月

|

令和2年度春期情報処理技術者試験申し込み

4月の情報処理技術者試験として、何度目かの挑戦となるデータベーススペシャリストを申し込んだ。参考書もすでに入手済みである。
「情報処理教科書 データベーススペシャリスト 2020年版」 三好康之 / 翔泳社

実は4月は仕事が一番忙しい時期ということで4月の情報処理試験は申し込んでも受験断念が続いており、今回も迷ったが、データベースの知識のリフレッシュのためにも受験を申し込み勉強してみようと思う。

|

全米ビルボード最新チャート 2020-01-18


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は無し。今週の1位は先週の2位から首位に返り咲いたRoddy Ricch「Please Excuse Me For Being Antisocial」。97,000 units。1位は通算2週目。2位は先週の3位からワンランクアップのPost Malone「Hollywood’s Bleeding」。65,000 units。3位も先週の4位から上がってきたHarry Styles「Fine Line」。49,000 units。
10位は先週の17位からTop10 Re-EntryのRod Wave「Ghetto Gospel」。27,000 units。
11位以下で気になったものとしては、先週33位今週30位のTones And I「The Kids Are Coming (EP)」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の3位から首位に立ったRoddy Ricch「The Box」。2位初登場はJustin Bieber「Yummy」。今年5年ぶりとなるニューアルバムのリリースが噂されているが、それからのリードシングルとのこと。3位は先週の1位から後退したPost Malone「Circles」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週9位今週4位のDan + Shay & Justin Bieber「10,000 Hours」の1曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週21位今週14位のDua Lipa「Don't Start Now」、先週20位今週17位のThe Weeknd「Heartless」、先週23位今週19位のBillie Eilish「everything i wanted」、先週35位今週24位のHarry Styles「Adore You」、先週36位今週26位のMaren Morris「The Bones」、先週59位今週39位のThe Weeknd「Blinding Light」、先週49位今週40位のLady Antebellum「What If I Never Get Over You」など。

|

栂池・船越の頭テレマークBC

45_20200112124401
昨日、パウダーを求めて今シーズン初の栂池方面にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけて来た。船越の頭の斜面を途中まで登って滑り降りたが、20~30cmほどの柔らかい新雪を気持ち良く滑ることが出来た。天気も最高だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍テレマーク 2020年1月

|

乗鞍テレマークBC

43_20200110230901
今日の午前中、前夜の降雪に期待して2週間ぶりとなる乗鞍にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけて来た。位ヶ原まで登って滑り降りたが、前夜の降雪はツアーコースで10~30cmほどもあり、気持ち良く滑ることが出来た。藪もそれほど気にならなかった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍テレマーク 2020年1月

|

誰が科学を殺すのか

「誰が科学を殺すのか 科学技術立国「崩壊」の衝撃」 毎日新聞「幻の科学技術立国」取材班 / 毎日新聞出版

以前に日経ビジネス誌で本書が紹介されていたことから興味を持ち購入した書籍である。ノーベル賞受賞も多く、日本は科学技術立国だというイメージがあるが、実はそれは過去のもので現在はそうでは無いということが、各種取材をもとに紹介されれている。中国や米国の状況も紹介されているが、中国の莫大な予算や国民性など、良い悪いは別としてこれはかなわないという思いだ。「誰が科学を殺したのか」と過去形になる前に読むべき1冊。

|

最近買ったCD(倉木麻衣)


●倉木麻衣「Mai Kuraki Single Collection ~Chance for you~ (通常盤)」

倉木麻衣の20周年を記念しての全シングルコレクションである。CD4枚全63曲がリリース順に収録されている。もっともほとんどの曲はすでに各オリジナルアルバムで持っているが、でも全曲海外リマスタリングとのこともあり、まあ記念として。原曲と聞き比べてはいないが音がクリアになっている気がする。

|

今日の八ヶ岳 2020-01-09

今日の午前11時前の八ヶ岳である。昨日朝までの大雨は、標高の高いところでは雪だったのだろうか。上の方の積雪がどれくらい増えたのか気になるところである。
20200109

|

[新版]グロービスMBA経営戦略

「[新版]グロービスMBA経営戦略」 グロービス経営大学院 / ダイヤモンド社

2年以上前に読んだ「外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術」の中のビジネス書マンダラで、超基本の6冊の1冊に挙げられていたのが本書で、購入して以降時々ぱらぱらと読んでいて、やっと今日最後まで読み通すことが出来た(^^;。ビジネス書マンダラで「とにもかくにもこれさえ読めば全体像がわかる1冊」と紹介されているが、経営戦略が2017年の比較的最近の事例を元にわかりやすく紹介されており、多すぎず少なすぎずの内容の良書だと思った。経営分析、戦略立案の際に役に立つ各種フレームワークについても、利用時の注意点も合わせて紹介されており、知識のリフレッシュにもなった。

|

絶対に休めない医師がやっている最強の体調管理

「絶対に休めない医師がやっている最強の体調管理 Kindle版」大谷義夫 / 日経BP

私も自分一人で仕事をしている関係で著者と同じ立場といえ、興味を持って読んでみた。とりわけ前半のこの時期気になる風邪やインフルエンザについての話は身近なテーマであり参考になった。風邪の引き始めに軽い運動と体温を上げることについては機会があれば試してみようと思う。

|

全米ビルボード最新チャート 2020-01-11


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は1枚のみだった。1位初登場はヒップホップ、Travis Scott「Jackboys」。154,000 units。2位は先週の3位からワンランクアップのRoddy Ricch「Please Excuse Me for Being Antisocial」。74,000 units。3位も先週の6位から順位を上げたPost Malone「Hollywood’s Bleeding」。64,000 units。
5位も先週の9位から上がってきたSoundtrack「The Frozen II」。46,000 units。8位も先週の20位からTop10 Re-EntryのDaBaby「Kirk」。36,000 units。10位も先週の28位から上がってきたSummer Walker「Over It」。28,000 units。これらの順位上昇は、先週までチャートを席捲していたクリスマスアルバムが軒並み圏外に落ちたことで相対的に順位が上がったもの。
11位以下で気になったものとしては、先週44位今週20位のLewis Capaldi「Divinely Uninspired To A Hellish Extent」、先週81位今週33位のTones And IThe Kids Ar「e Coming (EP)」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の5位から首位に返り咲いたPost Malone「Circles」。1位はこれで通算3種目。2位は先週の9位から上がってきたMaroon 5「Memories」。3位も先週の13位から上がってきたRoddy Ricch「The Box」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週8位今週4位のLewis Capaldi「Someone You Loved」、先週6位今週5位のArizona Zervas「Roxanne」、先週10位今週6位のLizzo「Good As Hell」、先週14位今週7位のTones And I「Dance Monkey」、先週38位今週8位のTravis Scott「HIGHEST IN THE ROOM」、先週17位今週9位のDan + Shay & Justin Bieber「10,000 Hours」、先週18位今週10位のSelena Gomez「Lose You To Love Me」の7曲。クリスマスソングがいなくなり、やっと通常チャートに戻った。
11位以下で気になったものとしては、先週52位今週21位のDua Lipa「Don't Start Now」、25位Re-EntryのJonas Brothers「Only Human」、先週51位今週31位のTrevor Daniel「Falling」など。Top40のほとんどの曲が順位を大きく上げている。

|

アフターデジタル

「アフターデジタル」 藤井保文、尾原和啓 / 日経BP

中国のデジタル化の事例を中心にオフラインとオンラインが融合したビジネスとはどういうものかを、システム面でなくその背景となっている考え方を中心に解説している1冊である。自分もそうだがオンラインはオフラインのオプション、あるいはオンラインとオフラインの併用といった考え方はもう古くなってきていると本書を読んでみて感じた。

|

車山冬山登山

39_20200105181301
前夜の降雪に期待して今日の朝、今シーズン初の車山に様子を見に出かけて来た。新雪は10cm弱、斜面の積雪も30cmほどでBCは無理だったが、登山道もすっかり雪に覆われ雪山ハイキングを楽しむことが出来た。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 車山冬山登山 2020年1月

|

湯の丸山冬山登山

16_20200104205201
今日の午前中、佐久に用事で出かけた帰り、湯の丸山の積雪の様子を見に立ち寄ってみた。(もちろんバックカントリーの装備で) 積雪は50cmほどあり雪山登山としては楽しめたが、BCにはあとひと降りないと厳しい感じだった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 湯の丸山冬山登山 2020年1月

|

最近買ったCD(Pink Floyd)


●Pink Floyd「The Later Years (1987-2019)ハイライト」

Pink Floydの2016年発売の「Early Years 1965-1972」に続く、レア音源や別テイク、ライブなどからなる集大成アーカイブの第二弾「The Later Years (1987-2019)」(CD18枚組)のハイライト12曲を収録したのが本アルバムである。さすがにCD18枚は多分聴けないなと(^^; こちらを入手してみた。後期の彼らのベスト盤という内容だと思うが、実は後期は少し彼らから離れていたこともあり、新鮮な思いで聴くことが出来た。改めて凄いグループだなと思う。

|

みんなでつくるAI時代

「これからの教養としての「STEAM」 Kindle版」 伊藤恵理 / CCCメディアハウス

しばらく前のKindleストアの日替わりセールで499円で販売されていた電子書籍である。これから訪れるAI時代とはどんな時代なのか、そしてそのAI時代にはどんな教養が必要となるのかが科学者の視線でわかりやすく解説されている。AIに出来ること出来ないことの説明で、解くべき問題が答えが必ずどこかにあるパズルの場合はテラほどの大量の情報をAIに与えれば解くことが出来る場合がある。ただその問題がミステリーの場合は、情報の量では無く情報を分析し隠された意味を理解する洞察力が必要となり、AIでは難しいという例えは分かりやすかった。

|

最近買ったCD(Rodrigo Y Gabriela)

●Rodrigo Y Gabriela「Mettavolution」

メキシコ出身でダブリンを拠点に活動するアコギデュオ、Rodrigo Y Gabrielaの5年ぶり4作目となるニューアルバムである。実は昨年1月にリリースされていたもので、発売をすっかり見落としていた(^^;。今作の最大の特徴はアルバムラストにピンクフロイドの超大作「Echoes」のカバーが収録されていることで、曲の長さも18分以上あるが主要楽器はアコギ2本だけでよくあの世界観が再現できたと思う素晴らしい出来である。

|

全米ビルボード最新チャート 2020-01-04

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場はなし。1位は先週に続いて2週連続となるHarry Styles「Fine Line」。89,000 units。2位は先週の6位から上がってきたMichael Bublé「Christmas」。77,000 units。3位は先週と変わらずRoddy Ricch「Please Excuse Me for Being Antisocial」。73,000 units。
4位は先週の8位から上がってきたMariah Carey「Merry Christmas」。71,000 units。5位も先週の9位から順位を上げたBillie Eilish「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」。64,000 units。7位は先週と変わらずPentatonix「The Best of Pentatonix Christmas」。62,000 units。8位は先週の11位から上がってきたNat King Cole「The Christmas Song」。60,000 units。10位は先週の36位から上がってきたYoung Thug「So Much Fun」。53,000 units。
今週はTop10にクリスマスアルバムが4枚もチャートインしていることになる。まあこれも今週まで。
11位以下で気になったものとしては、先週23位今週12位のFrank Sinatra「Ultimate Christmas」、先週21位混種14位のBing Crosby「The Best Of Bing Crosby: 20th Century Masters: The Christmas Collection」、先週25位今週15位のVarious Artists「A Christmas Gift For You From Phil Spector」、先週26位今週16位のBurl Ives「Rudolph The Red-Nosed Reindeer」、先週33位今週17位のBrenda Lee「Rockin' Around The Christmas Tree: The Decca Christmas Recordings」、先週32位今週18位のPerry Como「The Classic Christmas Album」、42位初登場のSoundtrack「Star Wars: The Rise Of Skywalker」、97位初登場のポップ、Ariana Grande「k bye for now (swt live)」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週に続いて3週連続となるMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」。なおチャートの日付が今回より2020年に変わったことで、Mariah Careyは’90s、’00s、’10s、’20sのFour DecadesでHot100のNo.1を獲得した初のアーティストとなった。2位も先週と変わらずBrenda Lee「Rockin’ Around The Christmas Tree」。3位は先週の9位から上がってきたBobby Helms「Jingle Bell Rock」。なんとTop3が全てクリスマスソングとは。
以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週4位のBurl IvesA Holly J「olly Christmas」、先週15位今週7位のAndy Williams「It's The Most Wonderful Time Of The Year」の2曲。
11位以下で気になったものとしては、先週17位今週11位のWham!「Last Christmas」、先週23位今週12位のJose Feliciano「Feliz Navidad」、先週28位今週15位のDean Martin「Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow」、先週30位今週16位のNat King Cole「The Christmas Song (Merry Christmas To You)」、先週37位今週21位のThe Ronettes「Sleigh Ride」、先週40位今週24位のAndy Williams「Happy Holiday / The Holiday Season」、29位Re-EntryのDarlene Love「Christmas (Baby Please Come Home)」、31位Re-EntryのKelly Clarkson「Underneath The Tree」、36位Re-EntryのChuck Berry「Run Rudolph Run」、37位Re-EntryのPerry Como「(There's No Place Like) Home For The Holidays」、40位Re-EntryのElvis Presley「Blue Christmas」など。
40位内にクリスマスソングが19曲、それも50年代60年代の古い歌までということで、Hot100があたかもホリデーソングチャートの様である。まあこれも今週までで来週からは通常チャートに戻るとは思うが。

|

諏訪大社上社初詣

あけましておめでとうございます。
今年もどうかよろしくお願いいたします。

元旦の朝、さきほど地元の諏訪大社上社に家族で初詣に出かけてきました。冷え込んで寒い朝でしたが、快晴で風も無く、穏やかな朝でした。
202001011
202001012

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »