« 新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実 | トップページ | 2021年初詣 »

いかなる時代環境でも利益を出す仕組み

「いかなる時代環境でも利益を出す仕組み Kindle版」 大山健太郎 / 日経BP

アイリスオオヤマを町工場から日本を代表する企業に成長させた現会長が、その成長の仕組みを解説した1冊である。「景気が良いときは業績が伸び、景気が悪いときは業績が落ちる。そうした景気連動型の経営では、ポストコロナの世界では生き残れないのです。」は実に思い言葉だと思う。実際アイリスオオヤマは危機の時においても業績を伸ばせる経営をしており、そのための戦略があり、それを実行するための仕組みがあるのだと言うことが本書を読むと良く分かる。常に想定外は起きるのだ。多くの製造業にとって参考になる経営書だと思う。

|

« 新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実 | トップページ | 2021年初詣 »