« 第64回グラミー賞発表 | トップページ | ドクターハッシー流 すぐ元気MAXになれる61の科学的法則 »

全米ビルボード最新チャート 2022-04-09

アルバムチャート:
1位: 2位:7220 3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位初登場はロック、Machine Gun Kelly「Mainstream Sellout」。93,000 units。2020年の前作「Tickets to My Downfall」に続くポップパンク第2弾となるアルバムで、2作連続No.1を獲得した。2位は先週と変わらずLil Durk「7220」。63,000 units。3位も先週と変わらずSoundtrack「Encanto」。58,000 units。
5位は先週の11位からTop10 Re-EntryのOlivia Rodrigo「Sour」。34,000 units。8位初登場はラテン/レゲトン、Daddy Yankee「Legendaddy」。29,000 units。
11位以下で気になったものとしては、12位初登場のポップ/ジャズ、Michael Buble「Higher」、16位初登場のポップ、keshi「Gabriel」、先週147位今週18位のFoo Fighters「Greatest Hits」、21位初登場のカントリー、Maren Morris「Humble Quest」、49位初登場のロック、Wallows「Tell Me That It’s Over」、50位初登場のk-ポップ、NCT DREAM「Glitch Mode」、77位初登場のゴスペル、Reba McEntire「My Chains Are Gone: Hymns & Gospel Favorites」など。
Michael Bubleの最新作「Higher」がまさかの12位とは。過去6作はいずれも1位あるいは2位だったので、これはちょっと意外。アルバム自体は充実していて傑作だと思うのだけれど。

シングルチャート:
今週の1位はとうとう5週連続となるGlass Animals「Heat Waves」。2位、The Kid LAROI & Justin Bieber「Stay」も先週と変わらず。3位は先週の11位から一気にTop3入りしたLatto「Big Energy」。80年代風ビートがなんとも心地良い曲で元ネタは1981年ヒットのTom Tom Club「Genius of Love」。Mariah Careyの「Fantasy」でもこの元ネタ曲を使っていることは有名。
以下10位内で順位を上げているのは、先週7位今週5位のImagine Dragons X JID「Enemy」の1曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、20位初登場のYahritza y Su Esencia「Soy El Unico」、29位Re-EntryのSummer Walker & SZA「No Love」、先週40位今週36位のCole Swindell / Lainey Wilson「Never Say Never」、先週41位今週38位のWalker Hayes「AA」など。

|

« 第64回グラミー賞発表 | トップページ | ドクターハッシー流 すぐ元気MAXになれる61の科学的法則 »