« 日本の論点2023~24 | トップページ | 大川入山の白羊 »

全米Billboard Year End Chart 2022

全米ビルボードの2022年の年間チャート(Year End Chart)が発表されていた。

 

アルバムチャート:Top Billboard 200 Album
1位:Bad Bunny「Un Verano Sin Ti」
2位:Adele「30」
3位:Morgan Wallen「Dangerous: The Double Album」
4位:Taylor Swift「Midnights」
5位:Taylor Swift「Red (Taylor's Version)」
6位:Soundtrack「Encanto」
7位:Harry Styles「Harry's House」
8位:Olivia Rodrigo「Sour」
9位:Drake「Certified Lover Boy」
10位:The Weeknd「The Highlights」
今年の1位は通算13週1位そして2位以上を連続24週(これは歴代1位の記録となるもの)続けたBad Bunny「Un Verano Sin Ti」だった。しかも全曲スペイン語というのもいかにもアメリカらしい。2位は6週1位を獲得したAdele「30」。3位は昨年の1位だったMorgan Wallen「Dangerous: The Double Album」。しかもチャートイン後98週目となる最新チャートでも5位につけており、もしかすると来年のYear End ChartのTop10にもまた顔を出すかも?。

 

シングルチャート:Hot 100 Songs
1位:Glass Animals「Heat Waves」
2位:Harry Styles「As It Was」
3位:The Kid LAROI & Justin Bieber「Stay」
4位:Adele「Easy On Me」
5位:Ed Sheeran「Shivers」
6位:Jack Harlow「First Class」
7位:Latto「Big Energy」
8位:Justin Bieber「Ghost」
9位:Kodak Black「Super Gremlin」
10位:Elton John & Dua Lipa「Cold Heart (PNAU Remix)」
1位のGlass Animals「Heat Waves」は3月から4月にかけて5週No.1を記録したが、なんと言ってもすごいのはチャートイン後59週をかけてトップに上り詰めたことで、これは歴代1位の長い記録となる。2位のHarry Styles「As It Was」は1位を通算14週記録しており、1位の通算週としては今年最大となるもので、歴代でも4位となる大ヒットとなった。10位のElton John & Dua Lipa「Cold Heart (PNAU Remix)」はHot100での最高位は7位だったが、Elton Johnにとっては1997年以来となる久しぶりのTop10ヒットとなり、随分とロングヒットを記録していたのが印象的だった。

|

« 日本の論点2023~24 | トップページ | 大川入山の白羊 »