« 入笠山テレマークBC | トップページ | 山スキー百山2 »

OLYMPUS TG-6のズームレバー不具合

使用を始めてから3年が経過したオリンパスのデジカメ、 TG-6であるが、最近ズーム操作時にちょっと引っかかりがあるなと感じていたが、とうとうズーム操作がうまく行かないことが多くなってしまった。レバーを少し持ち上げ気味に操作するとズームしてくれることもあるのだが、正直面倒なので仕方なし修理に出すこととした。
そして修理に出して1週間で戻ってきたが、費用は修理工料16,000円、交換部品代500円、送料1,200円、消費税1,770円の合計19,470円だった。
ちなみにデジカメの使用頻度としては、月に山に出かける事が平均10回ほど、1回あたり平均1,000枚の写真を撮り、その半分でズーム操作をしているので、年に換算すると12×10×1,000/2=6万回。3年間で18万回。当たり外れもあるかも知れないが、ズームを頻繁に使用する場合は、この辺りが操作レバーの寿命のラインなのかも知れない。また3年後が思いやられるが、もしかすると耐久性の高い部品に変わっていることを期待して(^^;。
ちなみにTG-6、今回のズームレバー不具合以外は全く満足して使っている。

|

« 入笠山テレマークBC | トップページ | 山スキー百山2 »