« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

最近買ったCD(Huey Lewis & The News)


●Huey Lewis & The News「Japanese Singles Collection -Greatest Hits-」

80年代に大ヒットを連発したアメリカンポップロックバンド、Huey Lewis & The Newsの日本でリリースされた全シングル(CD全20曲)とミュージックビデオ(DVD全23曲)を収録した日本限定のベスト盤である。彼らの曲で真っ先に思い浮かぶのは映画「Back To The Future」で使われた「Power Of Love」であるが、他もいずれも軽快なポップロックナンバーばかりで、まさにThe 80’sといえるアルバムである。

|

全米ビルボード最新チャート 2023-07-29


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:GÉNESIS
今週のTop10内初登場は無し。1位は先週に続いて2週連続となるTaylor Swift’「Speak Now (Taylor’s Version)」。121,000 units。2位も先週と変わらずMorgan Wallen「One Thing at a Time」。105,000 units。3位は先週の4位からワンランクアップのPeso Pluma「Génesis」。55,000 units。
11位以下で気になったものとしては、24位初登場のヒップホップ、Lil Tjay「222」、49位初登場のポップ、Lauren Spencer Smith「Mirror」、75位初登場のカントリー、Colter Wall「Little Songs」など。

シングルチャート:
今週の1位は初登場となるJung Kook Featuring Latto「Seven」。BTSのメンバーの1人であるが、ソロとして初となるNo.1ソングとなった。2位も初登場のJason Aldean「Try That In A Small Town」。3位は先週の1位から後退したMorgan Wallen「Last Night」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週7位今週6位のGunna「Fukumean」、先週9位今週8位のTaylor Swift「Cruel Summer」の2曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週17位今週14位のJelly Roll「Need A Favor」、先週30位今週22位のMorgan Wallen「Thinkin' Bout Me」、先週32位今週25位のDua Lipa「Dance The Night」、先週49位今週27位のNicki Minaj & Ice Spice With Aqua「Barbie World」、34位初登場のBillie Eilish「What Was I Made For?」、39位初登場のNoah Kahan「Dial Drunk」、先週52位今週40位のKane Brown「Bury Me In Georgia」など。
25位のDua Lipa「Dance The Night」、27位のNicki Minaj & Ice Spice With Aqua「Barbie World」、34位のBillie Eilish「What Was I Made For?」はいずれも映画「Barbie」の収録曲で、映画も大ヒットしているのでいずれもまだまだ上昇していきそうだ。

|

最近買ったCD(Barbie The Album)


●Soundtrack「Barbie The Album」

バービー人形の実写版である話題の映画「バービー」のサントラ盤である。先週に全米で公開されると、最初の週末に全米だけで1億5500万ドルの興行成績を上げ、今年最大のオープニング興行を記録したことがニュースにもなっているが、個人的には映画自体と言うよりが使用されている曲の豪華さにひかれこのサントラ盤を入手してみた。Lizzo、Dua Lipa、Nicki Minaj、Charli XCX 、BILLIE EILISH、GAYLE、Ava Maxなど、今がまさに旬の女性アーティストが勢揃いで、よくこれだけ集められたなと思う。全編キラキラポップの文句なしに楽しい1枚。

|

燕岳登山

73_20230724221401
先週の木曜日、今年も燕岳のコマクサを見に出かけて来た。気持ちピーク過ぎだったが、それでも大きな株のコマクサが多く楽しめた。ただガスが予想より早く湧いてしまい、展望がいまいち楽しめなかったのは残念だった。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 燕岳登山 2023年7月

|

最近買ったCD(Greta Van Fleet)

●Greta Van Fleet「Starcatcher」

ミシガン州出身の3兄弟を中心とする4人組ロックバンド、Greta Van Fleetの2年ぶりとなるサードアルバムである。Led Zeppelinを彷彿とさせるハードロック、ハイトーンヴォイスが印象的な彼らであるが、今作も懐かしさと新しさが同居する最高のハードロックアルバムに仕上がっていると思う。

|

乗鞍岳登山

95
快晴が期待出来た三連休の最終日、大混雑を覚悟で乗鞍に出かけて来た。朝は快晴で360度の大展望を楽しむことが出来た。富士見岳のコマクサはちょうど満開で見事だった。雛を連れた雷鳥も見ることが出来た。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍岳登山 2023年7月

|

全米ビルボード最新チャート 2023-07-22

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:Pink Tape
今週のTop10内初登場は1枚のみだった。1位初登場はカントリー、Taylor Swift「Speak Now (Taylor’s Version)」。716,000 units。今年最大のセールスを記録すると共に、彼女にとって12枚目となるNo.1アルバムともなり、これは女性アーティストとしてはBarbra Streisandが持っていた11枚を超え、歴代1位の記録となるもの。2010年の「Speak Now」を再録したもので、再録シリーズとしては「Red」「Fearless」に続いて3作目となる。2位は先週と変わらずMorgan Wallen「One Thing at a Time」。104,000 units。3位は先週の1位から後退したLil Uzi Vert「Pink Tape」。61,000 units。
なおTaylor Swiftは1位の「Speak Now (Taylor’s Version)」に加え、5位に「Midnights」、7位に「Lover」、10位に「Folklore」とTop10に4枚ものアルバムをチャートインさせている。
11位以下で気になったものとしては、29位初登場のラテンポップ、Rauw Alejandro「Playa Saturno」、30位初登場のロック、Dominic Fike「Sunburn」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位から再び首位に返り咲いたMorgan Wallen「Last Night」。1位は通算14週目。2位も先週の3位からワンランクアップのLuke Combs「Fast Car」。3位は先週の1位から後退したOlivia Rodrigo「Vampire」。
以下10位内で順位を上げているのは、5位初登場のTaylor Swift「I Can See You (Taylor's Version) (From The Vault)」、先週8位今週7位のGunna「Fukumean」の2曲のみ。
11位以下でもTaylor Swiftは15位「Mine (Taylor's Version)」、16位「Back To December (Taylor's Version)」、19位「Enchanted (Taylor's Version)」、22位Taylor Swift「Sparks Fly (Taylor's Version)」、26位「Dear John (Taylor's Version)」、28位「Better Than Revenge (Taylor's Version)」、31位「Castles Crumbling (Taylor's Version) (From The Vault)」、33位「Speak Now (Taylor's Version)」、34位「When Emma Falls In Love (Taylor's Version) (From The Vault)」、35位「Electric Touch (Taylor's Version) (From The Vault)」、39位「Mean (Taylor's Version)」、40位「Foolish One (Taylor's Version) (From The Vault)」などSpeak Now (Taylor’s Version)」から全22曲をチャートインさせている。

|

第4の波 ~大前流「21世紀型経済理論

「第4の波 ~大前流「21世紀型経済理論」~ Kindle版」 大前研一 / 小学館

大前研一氏によるこれからの経済動向分析(第4の波)と、それに対して何をしたら良いのかが書かれている。アルビン・トフラー氏のベストセラー「第3の波」を引用しつつ、現在はAI・スマホ革命によるサイバー社会が世の中にもたらす変化としての第4の波が訪れていると定義している。大前氏の以前の著書にも出てくる考え方であるが、第4の波を書籍のテーマとして発表したのはこれが初めてでは無いかと思う。

|

シリコンバレーのエンジニアはWeb3の未来に何を見るのか

「シリコンバレーのエンジニアはWeb3の未来に何を見るのか Kindle版」 中島 聡 / SBクリエイティブ

過去にWeb3についての解説本をいくつか読んできたが、概要の解説で終わっているものが多く、どうもWeb3の実態がつかめなかったので、評判の良い本書を読んでみた。WindowsOSの開発にも携わった経験を持つプログラマーである著者が、実際に手を動かしてプログラミングしてWeb3に参加することで見えてきた世界が説明されていて、エンジニアにはとてもしっくり来る内容となっている。今のWeb3の悪い点、そして今後どうあるべきかもエンジニア目線で書かれていて分かりやすい。

|

車山ハイキング ニッコウキスゲ観賞

20_20230712230001
昨日の早朝、ニッコウキスゲの様子を見に近くの霧ヶ峰に出かけて来た。最初に訪れた富士見台はちょうど満開で黄色い絨毯状態だった。車山肩周辺は咲いているけれどまだ昨年の1~3割位かなと感じた。今週末頃が良い感じではないだろうか。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 車山ハイキング 2023年7月

|

最近買ったCD(MONGOL800)

●MONGOL800「LAST PARADISE」

沖縄出身のバンド、MONGOL800の7年ぶり通算9枚目となるオリジナルアルバムである。今夏で結成25周年になるという。今作で特に印象的なのは、演奏にブラスが加わったことで全体的にブラスロック色がかなり濃くなったことで、曲によってはモンパチ with 東京スカパラという雰囲気も。なおキヨサクのソロ曲としてすでにリリースされていた「想うた ~親を想う~」がバンドサウンドにアレンジされ、少しメロコア調もあってモンパチらしい曲になっていると思う。

|

入笠山登山

12_20230712193901
一昨日の早朝、3週間ぶりとなる入笠山に出かけて来た。すずらん、レンゲツツジ、クリンソウは終了し、替わってノハナショウブ、アヤメ、ハクサンフウロ、キバナノヤマオダマキ、ニッコウキスゲなど初夏の花が咲いていた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 入笠山登山 2023年7月

|

全米ビルボード最新チャート 2023-07-15

アルバムチャート:
1位:Pink Tape 2位: 3位:GÉNESIS
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位初登場はヒップホップ、Lil Uzi Vert「Pink Tape」。167,000 units。彼にとってNo.1アルバムは3枚目。2位は先週の1位から後退したMorgan Wallen「One Thing at a Time」。110,000 units。3位は先週と変わらずPeso Pluma「Génesis」。68,000 units。
9位初登場はK-ポップ、Aespa「MY WORLD」。40,000 units。彼女らにとって2枚目となるTop10アルバムとなった。10位初登場はヒップホップ、Rylo Rodriguez「Been One」。35,000 units。
11位以下で気になったものとしては、11位初登場のラテンポップ、Tainy「Data」、35位初登場のメキシコ音楽、Natanael Cano「Nata Montana」、159位初登場のフォーク/ロック、Lucinda Williams「Stories From A Rock N Roll Heart」など。

シングルチャート:
今週の1位は初登場となるOlivia Rodrigo「Vampire」。9月リリース予定のセカンドアルバム「Guts, 」からの先行シングルであるが、彼女にとって3枚目となるNo.1ソングとなった。ちなみに2021年のNo.1ソング「Drivers License」「Good 4 U」共々全て初登場No.1というのがすごい。2位は先週の1位から後退したMorgan Wallen「Last Night」。3位も先週の2位からワンランクダウンのLuke Combs「Fast Car」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週13位今週7位のTaylor Swift「Cruel Summer」、先週12位今週8位のGunna「Fukumean」の2曲。
11位以下で気になったものとしては、先週31位今週29位のDua Lipa「Dance The Night」、先週32位今週30位のBailey Zimmerman「Religiously」、先週37位今週33位のMorgan Wallen「Thought You Should Know」など。

|

人生100年時代の年金・イデコ・NISA戦略

「人生100年時代の年金・イデコ・NISA戦略 (日本経済新聞出版) Kindle版」 田村正之 / 日経BP

老後の資金計画、資金作りの解説本である。著者はテレ東の「マネーのまなび」でもおなじみであるが、日本経済新聞編集委員に加え社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー、証券アナリストでもあると言うことで、年金や投資についてかなり詳しく説明している。そろそろ年金受給年齢になるという人にとっても、年金の詳しい話はとても参考になると思うが、資金作りの面はできれば40代で読んで行動を始めることが重要かなと感じた。
それにしても雨の週末ということで、登山も畑仕事も出来なかったので、久しぶりにのんびりと読書三昧で過ごすことが出来た。

|

完全保存版 カヌーイスト野田知佑メモリアルブック

「完全保存版 カヌーイスト野田知佑メモリアルブック 」 小学館

昨年3月に亡くなったカヌーイスト、野田知佑氏のメモリアルブックである。私も20代の頃に野田さんの著書と出会い、大いに影響を受けた1人である。野田さんの本は多分ほぼ全部読んできたのではと思う。長良川河口堰反対デモの際に、長良川上で一度お会いできたのは良い思い出である。

|

ストーリーで学ぶ ネットワークの基本

「Kindle版」 左門 至峰 / インプレス

少し前にKindleストアの日替わりセールで499円で販売されていた電子書籍である。ネットワークスペシャリストの資格は持っているものの、最近がっつりネットワーク絡みという仕事からは遠ざかっているので、基本を再確認したいと思い読んでみた。ストーリー時立てになっており、ネットワークで良くあるトラブルの解決方法も載っているので、ある程度ネットワークの知識のある人にはとても参考になる1冊だと感じた。ただ特に後半はある程度の専門知識が必要となり、全くのネットワーク初心者はちょっと厳しいかもしれない。

|

夏山JOY2023

「夏山JOY2023 夏の日本アルプスをあるこう!」

書店で見かけて購入したムックである。2年から3年に1回くらいのペースで購入している気がするが、本書を見かけると今年もいよいよ夏山JOYの季節になったなと感じる(^^)。夏に向けての気持ちを盛り上げてくれる一冊である。

|

飯盛山・大盛山ハイキング

32_20230706222401
昨日の早朝、大盛山ではニッコウキスゲが満開らしいと言うことで、楽しみに出かけて来た。斜面一面に思った以上に咲いていて感動した。またイブキトラノオがこれほど群生しているのも初めてだった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 飯盛山・大盛山ハイキング 2023年7月

|

霧ヶ峰 鷲ヶ峰・八島湿原ハイキング

77_20230706193401
快晴となった先週末日曜日の早朝、3週間ぶりに八島湿原を訪れてみた。ニッコウキスゲが咲き始めていて、一部では群落と言えるほどに。ハクサンフウロ、ヤマオダマキ、コウリンカなども咲き始めていた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 霧ヶ峰 鷲ヶ峰・八島湿原ハイキング 2023年7月

|

全米ビルボード最新チャート 2023-07-08


アルバムチャート:
1位: 2位:BUSINESS IS BUSINESS 3位:GÉNESIS
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位は先週に続いて3週連続、通算では15週目となるMorgan Wallen「One Thing at a Time」。110,500 units。2位初登場はヒップホップ、Young Thug「Business Is Business」。89,000 units。彼にとって8枚目となるTop10アルバムとなった。3位初登場はメキシコ音楽、Peso Pluma「Génesis」。73,000 units。彼のデビューアルバムであるが、彼を含むメキシコ音楽全体においても過去チャート最高位となる。
6位初登場はポップ、Kelly Clarkson「Chemistry」。53,000 units。彼女にとって9枚目となるTop10アルバム。
11位以下で気になったものとしては、44位初登場のポップ、Kim Petras「Feed The Beast」など。

シングルチャート:
今週の1位は10週連続、通算13週目となるMorgan Wallen「Last Night」。2位、Luke Combs「Fast Car」、3位、Rema & Selena Gomez「Calm Down」も先週と変わらず。
以下10位内で順位を上げているのは、7位初登場のNicki Minaj & Ice Spice「Barbie World」のみ。7位初登場のNicki Minaj & Ice Spice「Barbie World」は着せ替え人形バービーの実写映画「Barbie」の収録曲。映画のUSでの公開は7月21日。
11位以下で気になったものとしては、先週13位今週11位のSZA「Snooze」、先週18位今週13位のTaylor Swift「Cruel Summer」、先週28位今週23位のJordan Davis「Next Thing You Know」、26位初登場のFuerza Regida「Sabor Fresa」、先週38位今週27位のOld Dominion「Memory Lane」、30位初登場のPeso Pluma「Luna」、先週34位今週31位のDua Lipa「Dance The Night」、先週36位今週32位のBailey Zimmerman「Religiously」、35位初登場のPeso Pluma「Lady Gaga」など。

|

最近買ったCD(John Mellencamp / Lucinda Williams)


●John Mellencamp「Orpheus Descending」

ロック/アメリカーナのJohn Mellencampの1年ぶり通算25枚目となるニューアルバムである。70年代から活躍を続けてきており、現在71歳になる彼であるが、今作でもフォーク、ブルースに根ざした彼らしい渋いロックを聞かせてくれている。個人的にはその渋さがたまらない。

●Lucinda Williams「Stories from a Rock N Roll Heart」

フォークロックのシンガーソングライター、Lucinda Williamsの3年ぶり通算16枚目となるオリジナルアルバムである。最近はフォーク、ブルース、カントリーなどアメリカーナ色が濃かった彼女であるが、今作はタイトルにもある通りロックロールが主体のご機嫌なアルバムに仕上がっている。ちなみに2曲目のバックボーカルでボス(Bruce Springsteen)の声が聞こえてきたのであれっと思い歌詞カードを確認すると、Bruce Springsteenと彼の妻のPattiが参加していたのだった(^^)。

|

インディ・ジョーンズと運命のダイヤル


昨日より公開されたインディ・ジョーンズシリーズの最終作となる「インディ・ジョーンズと運命のダイヤル」を早速見てきた。いかにも冒険活劇という感じで楽しむことが出来たが、特に冒頭の第2次世界大戦末期のシーンは若い頃のインディ・ジョーンズが出ていて、まさか今80歳の彼が特殊メイクで若返って演じたのか、あるいはスタント+CGだったのかは良く分からないが、一瞬も目が離せないめまぐるしい展開で一気に引き込まれた。

|

100歳時代の勝間式人生戦略ハック100

「一生自由に豊かに生きる! Kindle版」 勝間 和代 / KADOKAWA

勝間流の人生100年時代の働き方、健康、お金、人間関係、学習、時間、自分らしさをテーマに人生戦略ハック100が紹介されている。「年を重ねるごとに市場価値が上がる仕事をしよう」、「人生最大の財産はお金ではなく体力」など、なるほどなと思うことが多かった。

|

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »