« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

最近買ったCD(Taylor Swift)

●Taylor Swift「1989 (Taylor's Version)」

Taylor Swiftの再録シリーズ4作目は2014年リリースの5枚目のアルバム「1989」だった。その前作「Red」でポップナンバーを取り入れ始めていたが、今作ではカントリーからすっかり足を洗ってポップフィールドに転向した最初のアルバムとなった。なお本Taylor's Versionでは5曲の未発表曲(From The Vault)が追加されている。彼女が一番キラキラポップしていた時期のアルバムでもあり、今聞いても本当に楽しいと思う。

|

最近買ったCD(ザ・クロマニヨンズ / Pink Floyd)


●ザ・クロマニヨンズ「ザ・クロマニヨンズ ツアー MOUNTAIN BANANA 2023」

今年1月に発売されたアルバム「MOUNTAIN BANANA」を携えて行われた「「ザ・クロマニヨンズ ツアー MOUNTAIN BANANA 2023」の模様を収録した熱気あふれるライブである。ザ・クロマニヨンズはこのところご無沙汰していたが(^^;、今頃になって「MOUNTAIN BANANA」がかなりThe Blue Hearsよりの好みのサウンドだったことに気が付き、その「MOUNTAIN BANANA」全曲を含む全23曲が収録された最新ライブ盤の方を購入したのだった。全曲ハイテンションのロックンロールのオンパレードで元気がもらえる1枚。

●Pink Floyd「The Dark Side of the Moon (50th Anniversary Remaster)」

今年3月に発売された「狂気:ライヴ・アット・ウェンブリー1974」は聞いたものの、やはりオリジナルの録音で聞いてみたいと思い、この最新リマスター盤を購入してみたのだった。さすがに音質がとても良く、今聴いてみても古さを感じさせないサウンドだと思う。ぜひ良いスピーカーで大音量で聞きたいアルバムである。

|

全米ビルボード最新チャート 2023-10-28


アルバムチャート:
1位:nadie sabe lo que va a pasar mañana 2位:For All The Dogs 3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位初登場はラテンポップ、Bad Bunny「Nadie Sabe Lo Que Va a Pasar Mañana」。184,000 units。彼にとって3枚目となるNo.1アルバムとなった。また全曲スペイン語のアルバムがNo.1となるのは今回を含めて4枚しか無く、そのうち3枚が彼によるもの。2位は先週の1位から後退したDrake「For All the Dogs」。164,000 units。3位初登場はK-ポップ、TOMORROW X TOGETHER「The Name Chapter: Freefall」。114,500 units。彼らにとって4枚目となるTop10アルバムとなった。
5位初登場はヒップホップ、Offset「Set It Off」。70,000 units。
11位以下で気になったものとしては、20位初登場のポップ、Troye Sivan「Something To Give Each Other」、42位初登場のロック、Beartooth「The Surface」、50位初登場のフォーク、boygenius「The Rest (EP)」、54位Re-EntryのPink Floyd「The Dark Side Of The Moon」、79位初登場のカントリー、Riley Green「Ain't My Last Rodeo」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の9位から初の首位に立ったTaylor Swift「Cruel Summer」。彼女にとって10曲目となるNo.1ソングとなった。2位は先週の4位から上がってきたDoja Cat「Paint The Town Red」。3位も先週の7位から順位を上げたSZA「Snooze」。
以下10位内で順位を上げているのは、5位初登場のBad Bunny「Monaco」、先週14位今週6位のZach Bryan Featuring Kacey Musgraves「I Remember Everything」、先週13位今週7位のLuke Combs「Fast Car」、先週19位今週9位のMorgan Wallen「Last Night」、先週25位今週10位のMorgan Wallen「Thinkin' Bout Me」の5曲。
11位以下で気になったものとしては、14位初登場のBad Bunny & Young Miko「Fina」、先週30位今週17位のTate McRae「Greedy」、20位初登場のBad Bunny & Feid「Perro Negro」、22位初登場のBad Bunny「Nadie Sabe」、24位初登場のBad Bunny & Mora「Hibiki」、28位初登場のBad Bunny「Mr. October」、30位初登場のBad Bunny「Cybertruck」、32位初登場のBad Bunny & Luar La L「Telefono Nuevo」、34位初登場のBad Bunny「Baby Nueva」、先週54位今週35位のMitski「My Love Mine All Mine」、先週53位今週37位のJelly Roll With Lainey Wilson「Save Me」、38位初登場のBad Bunny & Bryant Myers「Seda」など。

|

【倍速講義】 仕事で役立つ統計学

「【倍速講義】 仕事で役立つ統計学 (日本経済新聞出版) Kindle版」 野村総合研究所 未来創発センター / 日経BP

統計やデータサイエンスについてのイラスト中心の分かりやすい解説本である。日経BOOKプラスで本書が紹介されていたことから、興味を持って読んでみた。イラストが多く文字は必要最低限でページ数も多くないので、1時間もあれば読めてしまう内容であった。データサイエンスに興味のある文系の人や高校生を対象にした内容に感じた。ところでコロナの感染者数をアルゴリズムで予測の部分で、西浦教授のことが紹介されているが、あれ?推計は当たっていたんだっけ?。大外れで混乱を招いたという印象が強いが(^^;。

|

最近買ったCD(blink-182 / 松田聖子)


●blink-182「One More Time…」

カリフォルニア州出身のポップパンクバンド、blink-182のニューアルバムは、10年ぶりとなるTom DeLongeの復帰第一弾となるアルバムともなった。彼ららしい疾走感あふれるポップパンク全開のアルバムに仕上がっていて、ポップパンク好きにはたまらない1枚である。

最近買ったCD
●松田聖子 「Bible-pink & blue- special edition」

松田聖子の最新ベスト盤である。2020年発売のアナログ盤「Bible-blooming pink-」、この10月に発売されるアナログ盤「Bible-milky blue-」の収録曲を中心に、そのほかヒット曲、スペシャル音源を収録とあるが、スペシャル音楽はおそらく「風立ちぬ(duet version)松田聖子×大滝詠一」かな。「いちご畑でFUN×4(松田聖子×大滝詠一)」は2人の曲を切り貼りしただけでちょっとがっかり。本ベストにはシングルでない曲も入っており、久しぶりに聴く曲もあって楽しめた。個人的にはDisc 2が秋冬をイメージする曲で構成されており、これからの季節、度々聞くことになりそうだ。

|

今日の八ヶ岳 2023-10-22

今日の午後1時半頃の八ヶ岳である。紅葉の見事は標高1600〜1800mの辺りだろうか。今朝はこの秋一番の冷え込みとなり、山の紅葉も一気に降りてきたように見える。
202310221
202310222

|

諏訪湖マラソンは欠場


明日開催される諏訪湖マラソンであるが、実は3日前に出かけた雨飾山でゴール直前でふくらはぎが痙攣し、歩くことは出来るのだが、今も少し違和感があり、大事を取って欠場することにした。出場される皆さん、ぜひ気持ち良く諏訪湖畔を駆け抜けてください。

|

雨飾山紅葉登山

66_20231021171501
紅葉の名所、雨飾山に2年ぶりに出かけて来た。ちょうど荒菅沢から上部の斜面が全て見頃に紅葉していて見事だった。雲一つ無い快晴、そして大展望も素晴らしかった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 雨飾山登山 2023年10月

|

入笠山の紅葉

23_20231020214101
約2ヶ月ぶりとなる入笠山に早朝、展望を楽しみにを出かけて来た。風が強く寒かったが360度の展望を楽しむことが出来た。紅葉も色付き始めていた。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 入笠山ハイキング 2023年10月

|

最近買ったCD(The Rolling Stones / ●Chris Botti)


●The Rolling Stones「Hackney Diamonds」

The Rolling Stonesの18年ぶりとなるニューアルバムである。中心メンバーであるMick Jaggerは80歳、Keith Richardsも79歳となり、まさかその年でこのようなエネルギッシュなロックアルバムをリリースするとはと驚くほど、これぞストーンズと呼べるエネルギッシュなサウンドで満ちている。2020年に80歳で亡くなったCharlie Wattsのドラムをフューチャーした曲が2曲含まれるほか、Paul McCartney、Elton John、Lady Gaga、Stevie Wonderといった豪華アーティストも参加している。年齢を考えるとそろそろ最後のアルバムになるのかな。

●Chris Botti「Vol. 1」

ジャズ・トランペッター、Chris Bottiの2012年の「Impressions」以来となるニューアルバムであるが、ジャズの名門レーベル、Blue Noteへの移籍第一弾ともなる。プロデューサーは名匠、David Fosterで、彼らしい美しいトランペットをたっぷりと堪能出来るバラード集となっている。そのスタイルからも明確に初期のMiles Davisのフォロアーで、彼のリリカルで美しいトランペットは心に染み渡るようだ。秋の夜長にじっくりと聴きたい1枚。

|

Parallels Desktop v19

MacでWindowsを動かすための仮想化ツール、Parallels Desktopを最新版のv19にアップグレードしてみた。毎年のように更新があり、今回は良いかなと思いつつ、年賀状ソフト同様にとりあえず更新しておこうかと思った次第。
私の場合、ほとんどの日常的な作業はMac上で問題無く出来るが、作成した書類の最終確認にはやはりWindowsが必要となることも度々あり、その際別なWindows機をわざわざ立ち上げるのが面倒というのが最大の理由(^^;。

|

全米ビルボード最新チャート 2023-10-21


アルバムチャート:
1位:For All The Dogs 2位: 3位:Nostalgia
今週のTop10内初登場は1枚だった。1位初登場はヒップホップ、Drake「For All the Dogs」。402,000 units。彼にとって13枚目となるNo.1アルバムとなった。No.1アルバム13枚は歴代3位となるもので、歴代最多はThe Beatlesの19枚で、Jay-Zの14枚、Drakeの13枚と続く。2位は先週の1位から後退したMorgan Wallen「One Thing at a Time」。72,000 units。3位も先週の2位から順位を下げたRod Wave「Nostalgia」。59,000 units。
9位は先週の13位からTop10 Re-EntryのNoah Kahan「Stick Season」。39,000 units。
11位以下で気になったものとしては、14位初登場のメキシコ音楽、Junior H「$ad Boyz 4 Life II」、16位初登場のK-ポップ、NCT 127「Fact Check: The Fifth Album」、25位初登場のK-ポップ、(G)I-DLE「Heat (EP)」、30位初登場のフォーク、Sufjan Stevens「Javelin」、62位初登場のロック、Van Halen「The Collection II」など。

シングルチャート:
今週のTop3はDrakeによる独占となった。1位初登場はDrake Featuring J. Cole「First Person Shooter」。2位、Drake Featuring Yeat「IDGAF」、3位、Drake「Virginia Beach」のいずれも初登場。
以下10位内で順位を上げているのは、5位初登場のDrake Featuring 21 Savage「Calling For You」、先週18位今週6位のDrake Featuring SZA「Slime You Out」、8位初登場のDrake「Daylight」、10位初登場のDrake「Fear Of Heights」の4曲。
11以下で気になったものは特に無し(^^;。というのはTop40内にDrakeの曲が15曲も初登場したおかげで、Drake以外で順位を上げた曲は皆無のため。

|

最近買ったCD(Ed Sheeran)


●Ed Sheeran「Autumn Variations」

10年に渡って続いた数字記号をタイトルに冠したシリーズが、今年の春に「-」を最後に終了したのだが、その半年後にまさかニューアルバムがリリースされるとはとちょっと驚きの新作である。タイトルに秋とある通り秋をテーマにしたアルバムということで、秋らしいしっとりした曲が多いかなと感じる。ちなみにこの国内盤、輸入盤国内仕様ということで、輸入盤に解説と和訳が載ったライナーノーツが追加されたものとなっていた。

|

ランニング開始?

エントリーしている諏訪湖マラソンが今週末に迫ったが、実は今日まで全く走れていなかった(^^;。登山で疲れたり、少し風邪気味だったり、体調が良いときは雨だったりと言う感じで今日まで来てしまったが、コロナ禍以来ほとんど走っていなかったため、実はもう走れないのではと言う心配もあり(^^;、今夜試しに4kmほど走ってみたのだった。結果は3.87kmで27分ちょっとと、1kmあたり7分ほどのいつものペースで走ることが出来た。
ただ大会ではこの5倍以上を走らなくてはいけないので、今週あと何度か走ってみて、状態を見て出場は考えたいと思う。
それにしても走り始めて1.5kmほどは足も体も重くもう無理と思うのだが、1.5kmを過ぎた辺りからふっと足が軽くなって走るのが気持ち良くなるのが面白い。
20231016-221821

|

白駒池再び

17_20231016210801
見頃を迎えた白駒池の紅葉を見に1週間ぶりに再び訪れてみた。池の畔のドウダンツツジは全て真っ赤に色付き、とてもきれいだった。水面への映り込みも美しかった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 白駒池ハイキング 2023年10月

|

最近買ったCD(Zach Bryan)


●Zach Bryan「Zach Bryan」

米海軍に従事していた家族のもと沖縄で生まれ、オクラハマで育った注目のシンガーソングライター、Zach Bryanの大ヒットしたメジャーデビューアルバム「American Heartbreak」に続く1年ぶりのアルバムである。既に本作は全米アルバムチャートで自身初のNo.1に輝いているが、カントリー、フォーク、ロックと3つのジャンルにまたがる幅広い音楽性を持ち、そのサウンドは泥臭くまた荒削りであるが、今の時代、それが逆に大きな魅力となっていると感じる。

|

焼岳登山

12_20231016201001
秋恒例の焼岳に紅葉を楽しみに出かけて来た。広場から上部のナナカマドは見頃を迎えていてとてもきれいだった。緑の笹原に紅葉が点在し、まさにメルヘンの世界だった。山頂からの360度の大展望も素晴らしかった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 焼岳登山 2023年10月

|

今日の八ヶ岳 2023-10-16

今日の10時半頃の八ヶ岳である。昨日の雨が上の方は雪だった様で、標高2600m辺りから上が白くなっている。八ヶ岳の初冠雪かな。紅葉も中腹まで色付き始めているように見える。
20231016

|

続 窓ぎわのトットちゃん

「続 窓ぎわのトットちゃん」 黒柳徹子 / 講談社

42年ぶりの続編として話題の本書を読んでみた。前作の内容は今はあまり覚えていないので(^^;、続編ということでなく単独の小説として本書を読んでみたが、戦時中の経験やその後声優や女優として認められ、ニューヨークに旅立つ直前でストーリーは終わっている。特に後半は俳優や芸能界の有名人も多く登場し、一気に読んでしまった。ところでニューヨークでの経験から現在までを語ったさらなる続編に期待が高まるのは私だけでは無いと思う(^^;。

|

最近買ったCD(Olivia Newton-John)


●Olivia Newton-John「Just The Two Of Us: The Duets Collection Vol. 2」

2022年8月に亡くなったOlivia Newton-Johnの、今年5月にリリースされたデュエット企画盤「Just The Two Of Us」のPart 2が発表された。未発表曲を含む全11曲が収録され、デュエット相手はCliff Richard、Barry Gibb、Dionne Warwick、David Campbellを始めとして超豪華である。

|

全米ビルボード最新チャート 2023-10-14

アルバムチャート:
1位: 2位:Nostalgia 3位:
今週のTop10内初登場は1枚だった。1位は先週の3位から首位に返り咲いたMorgan Wallen「One Thing at a Time」。74,500 units。1位は通算16週目。2位は先週の1位から後退したRod Wave「Nostalgia」。71,000 units。3位も先週の2位からワンランクダウンのOlivia Rodrigo「Guts」。67,000 units。
4位初登場はポップ、Ed Sheeran「Autumn Variations」。62,000 units。彼にとって7枚目のアルバムとなるが、Top10アルバムも7枚目となる。(全て5位位内)
11位以下で気になったものとしては、22位初登場のカントリー、Thomas Rhett「20 Number Ones」、31位初登場のラテンポップ、Feid「Mor, No Le Temas A La Oscurida」、65位初登場のロック、Wilco「Cousin」、66位初登場のK-ポップ、NCT「Golden Age: The 4th Album」、74位初登場のクラシック、Joe Hisaishi / Royal Philharmonic Orchestra「A Symphonic Celebration: Music From The Studio Ghibli Films Of Hayao Miyazaki」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週に続いて2週連続となるDoja Cat「Paint The Town Red」。1位は通算3週目。2位は先週と変わらずSZA「Snooze」。3位は先週の4位から順位を上げたTaylor Swift「Cruel Summer」。
以下10位内で順位を上げているのは、5位初登場のJung Kook & Jack Harlow「3D」のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週17位今週13位のMorgan Wallen「Thinkin' Bout Me」、先週24位今週14位のTate McRae「Greedy」、先週29位今週21位のLainey Wilson「Watermelon Moonshine」、25位初登場の*NSYNC「Better Place」、先週36位今週28位のUsher, Summer Walker & 21 Savage「Good Good」、先週37位今週33位のDavid Kushner「Daylight」、先週47位今週37位のJelly Roll With Lainey Wilson「Save Me」、先週57位今週38位のChris Stapleton「White Horse」など。
25位初登場の*NSYNC「Better Place」、11月に公開される映画「Trolls Band Together」の収録曲であるが、グループとして20年ぶりの再集結ということもあり話題を呼んでいる。映画のサントラ盤、毎回聞いて楽しい内容となっており、今度も大いに期待したい。

|

白駒池・にゅう登山

50_20231008210201
遅れていた白駒池の紅葉の様子を見に3連休の初日の早朝に出かけてきた。色付きは5割ほどだったがそろそろ見頃の紅葉を楽しむことが出来た。ニュウからの大展望も素晴らしかった。それにしても早朝なのに白駒池の駐車場はほぼ満車だったのには驚き。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 北八(白駒池・ニュウ)登山 2023年10月

|

北横岳登山

38_20231008181101
地元八ヶ岳エリアの最初の紅葉として七つ池に出かけてきた。七つ池及びその周辺の紅葉は既にピーク過ぎだったがぎりぎり楽しめた。稜線ではこの秋初めての樹氷祭りだった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 北横岳登山 2023年10月

|

全米ビルボード最新チャート 2023-10-07


アルバムチャート:
1位:Nostalgia 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位は先週に続いて2週連続となるRod Wave「Nostalgia」。88,000 units。2位も先週と変わらずOlivia Rodrigo「Guts」。87,500 units。3位は先週の4位からワンランクアップのMorgan Wallen「One Thing at a Time」。73,000 units。
4位初登場はヒップホップ、Doja Cat 「Scarlet」。72,000 units。彼女にとって3枚連続となるTop10アルバムとなった。8位初登場はカントリー/ロック、Zach Bryan「Boys of Faith」。43,500 units。5曲入りのEP。彼にとって3枚目となるTop10アルバム。
11位以下で気になったものとしては、21位初登場のポップ/ダンス、Kylie Minogue「Tension」、64位初登場のロック、Staind「Confessions Of The Fallen」、83位初登場のK-ポップ/ロック、The Rose「Dual」、90位初登場のポップ、Stephen Sanchez「Angel Face」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位から3週間ぶりの首位奪還となったDoja Cat「Paint The Town Red」。1位は通算2週目。2位は先週の3位からワンランクアップのSZA「Snooze」。3位も先週の4位から順位を上げたLuke Combs「Fast Car」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週4位のTaylor Swift「Cruel Summer」、先週8位今週6位のMorgan Wallen「Last Night」、先週9位今週8位のGunna「Fukumean」、先週11位今週9位のRema & Selena GomezCalm Down」の4曲。
11位以下で気になったものとしては、14位初登場のZach Bryan Featuring Noah KahanSarah's Place」、18位初登場のDoja Cat「Agora Hills」、先週33位今週24位のTate McRae「Greedy」、26位初登場のZach Bryan Featuring Bon Iver「Boys Of Faith」、先週34位今週27位のNoah Kahan With Post Malone「Dial Drunk」、先週35位今週29位のLainey Wilson「Watermelon Moonshine」、先週57位今週36位のUsher, Summer Walker & 21 Savage「Good Good」、先週49位今週37位のDavid Kushner「Daylight」など。
今週36位に上がってきたUsher, Summer Walker & 21 Savage「Good Good」、来年2月にリリース予定のUsherの8年ぶりとなるニューアルバムからの先行シングルである。アルバムの方も楽しみだ。

|

北アルプス涸沢紅葉登山

31_20231004221401
2年ぶりとなる涸沢に紅葉狩りに出かけて来た。涸沢の色付き具合は7割ほどとピーク前だったが、その分混雑も少なく楽しめた。帰りに通った屏風のコル周辺はちょうどピークで見事だった。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 北アルプス涸沢登山 2023年10月

|

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記

「母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記 Kindle版」 松浦 晋也 / 日経BP

「小惑星探査機「はやぶさ2」の挑戦」などのサイエンスノンフィクション作家である著者が、自身の母が認知症になり介護を行った経験を語った内容となっている。母の認知症の発症、自宅での息子1人による介護、そして最後はグループホームへの入居までが語られているが、高齢の両親がいるひとにはリアルな現実として知っておくべき内容だと思う。個人的にもとても参考になった。

|

最近買ったCD(Wilco)

●Wilco「Cousin」

シカゴ出身のアメリカンロックバンド、Wilcoの1年ぶり通算13枚目となるオリジナルアルバムである。初期はオルタナカントリーと呼んでいたが、その後アルバムリリースごとにそのスタイルを変化させており、本作は従来あまり無かった路線のアメリカンロックという雰囲気と感じる。ポップさは控えめに渋さとクールさが増している。

|

乗鞍岳紅葉登山

57_20231001132501
一昨日、紅葉が始まった乗鞍に出かけて来た。位ヶ原のナナカマドは真っ赤は少ないもののほぼ見頃、ダケカンバは半分黄色という感じだったが、今年初めての本格的な紅葉を楽しむことが出来た。詳細は以下。
Fujimori World : 趣味の部屋 : 乗鞍岳登山 2023年9月

|

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »